[CML 031190] (2-2)【報告】第1113日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2014年 5月 7日 (水) 07:02:35 JST


青柳行信です。5月7日。
<つづき>
10’.<再処理工場:国の「重点区域」未定で避難計画策定できず>毎日新聞  
2014年05月06日 18時44分
http://mainichi.jp/select/news/20140507k0000m040025000c.html
<日本原燃が青森県六ケ所村に建設中の使用済み核燃料再処理工場に関し、重大 
事故を想定した「地域防災計画」の見直しや避難計画の策定ができない状況が続 
いている。東京電力福島第1原発事故を受け、国は「原子力災害対策重点区域」 
の範囲を原発に関しては大幅に拡大したが、核燃料サイクル施設に関する見直し 
が進んでいないためだ。三村申吾知事は4月30日の記者会見で「範囲が示され 
ないとさすがに防災と避難の計画は取り組めない。国として早期にお話をいただ 
きたい」と話した。・・・・・・
原発事故を受け、2012年10月に原発周辺の重点区域は半径8~10キロか 
ら半径30キロに拡大。・・・・一方、核燃施設の重点区域は、事故前の半径5 
キロのまま。国の原子力災害対策指針では、「見直しを行うべく、原子力規制委 
員会で検討する」としているが、規制庁原子力防災課は、見直し時期や範囲につ 
いて「未定」としたままだ。見直し後の重点区域が現状通り半径5キロの場合は 
六ケ所村内におさまるが、10キロに拡大すると横浜、野辺地、東北の3町が対 
象地域となり、30キロの場合はさらに、むつ市▽東通村▽三沢市▽七戸町▽平内町 
に加え、十和田市や六戸町の一部も対象となる。
 原燃は再処理工場の10月完成を目指しているが、国の方針が定まらなけれ 
ば、それまでに対象市町村の地域防災計画の見直しや避難計画の策定が間に合わ 
ない可能性が高い。>

10”.<六ケ所村長選で反核派不出馬か>東奥日報5月5日?
記事全文<任期満了に伴う六ケ所村長選(6月17日告示、22日投開票)が1カ月半 
後に迫る中、過去の村長選で毎回候補者を擁立してきた反核燃派に、不戦敗ムー 
ドが漂っている。東京電力福島第1原発事故後、初めての村長選となるが、村内 
で反核燃運動が広がりに欠いている上、メンバーの高齢化による人材不足で人選 
が進んでいない。村長選に出馬表明したのは、現職・古川健治氏(79)の後継指名 
を受けた前副村長の戸田衛氏(67)のみで、戦後初の無投票となる公算が大きく 
なっている。>

原発立地地域、
11.<福井県 原発:停止影響、「今後も改善」と分析??敦賀信金・500社 
アンケート>毎日新聞 2014年05月06日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20140506ddlk18020348000c.html
<敦賀信用金庫が敦賀市内などの取引先企業約500社を対象に定期的に実施し 
ている原発の長期停止の影響などの調査で、今年3月の調査は売り上げの減少幅 
が10%超とする企業は20・6%となり、前回(昨年9月)の23・4%に比 
べて改善した。同信金は「原発停止の影響が徐々に緩和され、今後も改善してい 
くのでは」と分析している。・・・・・・・・・・・・>

原発再稼働反対運動、
12.<茨城県 東海第2原発:再稼働反対で学習会 地震や津波対策に疑問 
 >毎日新聞 2014年05月06日 地方版
記事全文<日本原子力発電東海第2原発の再稼働に反対する市民グループ「リリ 
ウムの会」が5日、東海村須和間の中丸コミュニティセンターで学習会を開い 
た。講師に招かれた元原子力プラント設計技術者、後藤政志さん(64)は各原 
発の地震・津波対策について、「不確かな過去の情報から(地震や津波の)最大 
規模を予測することは危険」と疑問を示した。日本原電が近く第2原発の安全審 
査(再稼働)申請を行うとみられることを受けて企画。後藤さんは「東京電力福 
島第1原発事故は、多くの未解明な問題がある」と指摘した上で、「日本の原発 
は安全上の欠陥があり、安全性の基準はないに等しい」と話した。>

関連記事、
13.<核廃絶の機運盛り上げを / 平和大行進、東京出発>佐賀新聞2014年05 
月06日17時43分
記事全文<核兵器廃絶や脱原発を訴えて全国を歩く「国民平和大行進」が6日、 
東京・夢の島の第五福竜丸展示館前を出発した。出発前の集会は800人以上が 
参加。来年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向け、世界的な核廃絶の機 
運を盛り上げ「気持ちを一つにしよう」とする声が相次いだ。
原水爆禁止日本協議会(原水協)などでつくる実行委員会が主催。今年が57回 
目で、8月4日に広島市の平和記念公園へ到着する予定だ。 大型連休最終日の 
東京は、冷たい風が吹く曇り空。全行程を歩く人のほか、リレー方式もあり、誰 
でも途中から参加できる。>????

14.<(プロメテウスの罠)震災と皇室:20 にじみ出たお気持ち>朝日デ 
ジタル2014年5月6日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11121482.html
<◇No.911
 2011年3月の震災当時、天皇は77歳だった。皇后は76歳。その高齢の 
2人が震災直後、驚くほど積極的な行動を取った。
異例のビデオメッセージ発表。専門家や政府指導者を次々と呼んでの情報収集。 
 前例のない7都県の連続訪問で、被災者を直接見舞う――。・・・・・・・・
「天皇は、災害もまた自分の責任と考えているのかもしれない。宮中祭祀(きゅ 
うちゅうさいし)で国民の平安を神に祈る熱心な姿と、災害地を訪れて被災者を 
直接に慰める姿は、表裏一体といえるのではないかと思いま 
す」・・・・・・・・・・
次から第47シリーズ「不安を消せ!」に入ります。>

毎朝3時に記事を更新する新聞社もきょうは関連記事はありません。今朝は以上 
です。(5.7.3:14)
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ 
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
メールサービス 2014年5月6日 第413号
-------------------------
 集会・アクション
-------------------------
■全国のデモ開催情報まとめ
http://www47.atwiki.jp/demomatome/

■【大拡散!】緊急署名  桜島も怒っている! 火山リスク無視の川内原発再稼働
は許しません!
原子力規制を監視する市民の会
一次締切:5月18日(日)
二次締切:6月 1日(日)
http://www.kiseikanshishimin.net/2014/05/04/大拡散-緊急署名-桜島も怒っている
-火山リスク無視の川内原発再稼働は許しません/
--------------------
 原発関連情報
--------------------
■北海道内原発ゼロ2年、反再稼働訴える 札幌でパレード
「原発が動かないと停電になる、死者が出ると脅されたが、この2年間で北海道は原
発がなくても大丈夫だと証明された」と主催団体代表
(北海道新聞 2014年5月6日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/537480.html

■川内原発再稼働反対59% 南日本新聞世論調査
(南日本新聞 2014年5月5日)
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=56639

■「東電の論理破綻」 凍土遮水壁設置問題
(福島民報 2014/05/03)
http://www.minpo.jp/news/detail/2014050315462

■【新潟】柏崎刈羽原発再稼働を食い止めろ!新潟反原発金曜集会(動画)
(IWJ Independent Web Journal-2014/05/02)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/137733

■川内原発・再稼働 噴火予知は適合性審査と別物
(田中龍作ジャーナル 2014年4月30日)
http://tanakaryusaku.jp/2014/04/0009210

★ 紅林進 さんから:
安倍政権は、日本と同じ地震国のトルコなどに原発を輸出しようとして、
先週4月18日(金)には、トルコやUAEへの原発輸出に道を開く、トルコ・
UAEとの原子力協定の国会承認を参議院本会議で強行しましたが、
日本が原発を輸出しようとしているトルコの現状、日本からの原発輸出
に反対している現地のトルコ市民の声などを伝え、トルコへの原発輸出
問題を考えるセミナーが、5月8日(木)に東京・渋谷(表参道)の地球環
境パートナーシッププラザで開催されます。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/58-b11b.html

トルコの100団体近くの市民団体からなる「トルコ反原発同盟」から、
日本の国会議員宛に届けられた下記の「トルコの市民団体から国会
議員に当てた手紙」もぜひご覧になってください。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-3e84.html

以下、eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)のMLより、
FoE Japan の満田夏花さんのご案内投稿を転載させていただきます。

先般、原子力協定が締結されてしまいましたが、まだまだ原発輸出を阻止
するためにできることはたくさんあります。

その一環として、まずは現地の状況を知ることから。
ジャーナリストの守田敏也さんを迎え、下記のセミナーを開催します。
JACSESの田辺有輝さんにも発言していただきます。
ぜひご参加ください。?
----------------------------------------------------
セミナー「考えよう!トルコへの原発輸出~現地からの報告」(5月8日)
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/58-b11b.html
---------------------------------------------------
トルコへの原発輸出が問題になっています。
地震国トルコに原発を輸出しても大丈夫でしょうか?
現地の人たちはなぜ原発建設に反対しているのでしょうか?

原発建設が予定されているトルコ・シノップを取材したフリージャーナリスト
の守田敏也さんが、美しい写真をまじえて、わかりやすくお話されます。

【日 時】 2014年5月8日(木) 18:30~20:30
【場 所】 地球環境パートナーシッププラザ セミナースペース
  住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53?70 国連大学1階
        アクセス地図 http://www.geoc.jp/access
【申込み】 下記のフォームからお申込みください。
             https://pro.form-mailer.jp/fms/cee221cc57593
【参加費】 500円
【主催・問い合わせ先】 FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
Tel: 03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219 携帯:090-6142-1807

★ 木村(雅) さんから:
川内原発再稼働をやめろ!全国一斉規制委抗議行動(5月14日12時~13時)

私たちは、新規制基準の施行日以来、連続的に原子力規制委員会への抗議
行動を実施してきました。しかし、規制委は、先行原発の評価成績表を出
し、川内原発の「審査書案」作成に着手しています。

東電福島第一原発(イチエフ)事故を踏まえていない新規制基準で、地震
対策も火山噴火対策もプラント評価も全く不十分なままで、また、避難対
策も住民理解も得られないままで、再稼働などあり得ません。まして、放
射能汚染水対策も廃炉への道も見えず、イチエフをコントロールできてい
ない中で、原子力規制委員会の再稼働容認は許せません。

私たち「再稼働阻止全国ネットワーク」は、4月26日~27日に京都で全国
合宿を開催し、再稼働促進組織・原子力規制委員会を糾弾し、川内原発の
再稼働を阻止するために、原子力規制委員会(六本木一丁目)のみならず、
全国の規制庁現地事務所に対しても、各地の仲間が抗議行動を実施するこ
とを決めました。全国一斉規制委抗議行動の第一波行動です。首都圏及び
原発現地・周辺の方々の同時行動への参加を呼びかけます。

川内原発再稼働をやめろ! 5・14 全国一斉規制委抗議行動

日時:5月14日(水)12時~13時
場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前
( http://www.nsr.go.jp/nra/map.html )

★ たんぽぽ舎 さんから:
       【TMM:No2159】
   ◆5/17東電解体講座第6回
  川内原発再稼働の危険-火砕流が川内原発を襲う時
  高温で速度の速い火砕流が原発を襲えば、防御は不可能

日 時:5月17日(土)17時30分開場 18時開会
講 師:山崎久隆さん (たんぽぽ舎副代表)
会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
参加費:800円
呼びかけ:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎 賛同78団体

★ 前田 朗 さんから:
ヘイト・クライム禁止法(74)フィンランド
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/05/blog-post_6.html

★ 井上澄夫 さんから:
 沖縄は5日、平年より4日早く梅雨入りしました。
稲嶺名護市長は15~23日(日本時間)まで米国に滞在します。

------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 迄>●
〒住所氏名電話番号冊数よろしく。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!福岡」例会 5月9日(金)18時30分~ ●
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
   福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
         地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●第二回目 <鹿児島川内原発再稼働を阻止するための全九州相談会>●
日時: 5月10日(土)1時半開場、2時開始
場所: 熊本県民交流会館パレア(つるや東館10階)第8会議室
   熊本市中央区手取本町8-9 電話096-355-1186
   地図:http://tinyurl.com/lf8gl89 
   アクセス情報. 高速道路: 九州自動車道 熊本 30分.
     最寄り駅: 熊本市電 水道町 下車1分
呼びかけ:さよなら原発!九州沖縄連絡会(各県・地区世話人代表)
連絡先:さよなら原発九州世話人・熊本(永尾佳代・096-389-9810)

● 九電株主総会で再稼動を阻止するための行動●
   6月26日(木)「8:30集合」
場所:ホテルニューオータニ博多
住所:福岡市中央区渡辺通1-1-2 tel092-714-1111
       地図:http://tinyurl.com/kfd8lpm

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
          第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
                原告総数 原告総数  7686 (5/2現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9/26(金)開場19:00 / 開始19:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5?8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

○-----------------------------○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
    場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
      <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************














CML メーリングリストの案内