[CML 031169] 「自然放射能レベルの10倍程度では、影響はゼロ」の根拠は?

檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2014年 5月 6日 (火) 07:35:16 JST


檜原転石です。

藪田さん、こんちは。

「佐藤さんの完全な間違いです。自然放射能レベルの10倍程度では、影響はゼロです。宇宙飛行士は、1日1ミリシーベルトの被ばくを受けます。若田光一さんは、半年も宇宙に滞在しますので、180ミリシーベルトの被ばくを受けます。60年代70年代の宇宙飛行士は、数十ミリシーベルトの被ばく受けているので、ことごとく癌死しているはずですが、ほとんどピンピンしています。」

以上発言のすべてが問題ですが、 ここでは「自然放射能レベルの10倍程度では、影響はゼロ」の具体的な意味、そして根拠は?

あと「日本の発がんの4.4%はエックス線検査(医療ヒバク)が原因」という知見もあります。どう思います?



CML メーリングリストの案内