[CML 031135] 今日の言葉~抜録~ 憲法記念の日に ――安倍内閣の「集団的自衛権合憲論」は司法からも「違憲」とみなされている

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 5月 3日 (土) 13:10:34 JST


      毎日新聞が3日の憲法記念日を前に行った全国世論調査によると、憲法9条を 「改正すべきだ と思わない」 との
      回答は 51%と半数を超え、「思う」の36%を15ポイント上回った。昨年4月は同じ質問に「思う」46%、「思わない」
      37%だった。安倍晋三首相が憲法解釈変更で集団的自衛権行使を認めようとしていることも影響したとみられる。
                                                           (毎日新聞 2014年5月3日)
      http://mainichi.jp/shimen/news/20140503ddm001010150000c.html

・政府は、集団的自衛権の行使を「放置すれば日本が武力攻撃を受ける」事態に限定し、自衛隊を他国の領土、領海、領空
には原則として派遣しない方針を固めた。限定的な行使容認にとどめることで、慎重論が根強い公明党との妥協点を探る。
                                                           (毎日新聞 2014年5月3日)
http://mainichi.jp/shimen/news/20140503ddm001010164000c.html

・訪米中の石破茂自民党幹事長は2日、ワシントンで講演し、安倍晋三首相が目指す集団的自衛権の行使容認に関し、「ス
タート段階はかなり(範囲が)限定されたものになる」と述べ、公海上の米艦防護などが対象になるとの考えを示した。その上
で「もし必要であれば、それをさらに広げることは可能だ」と語った。(時事通信 2014年5月3日)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2014050300026

・石破自民党幹事長が集団的自衛権の行使容認に向けた安倍政権の「戦略」をあけすけに語りました。高村自民党副総裁が
打ち出した「限定的行使」論の正体がこれです。(井上澄夫 米空軍嘉手納飛行場・一坪反戦地主 2014年5月3日)
http://list.jca.apc.org/public/cml/2014-May/031147.html

・寺田逸郎最高裁長官は憲法記念日の3日に先立ち記者会見し、集団的自衛権の行使容認を巡る解釈改憲の論議が活発
化している現状について、「国民的な議論に委ねられるべき課題と考えている」と述べた。(毎日新聞 2014年5月3日)
http://mainichi.jp/shimen/news/20140503ddm041010065000c.html

      引用者注:司法は憲法記念の日に政府の解釈改憲は違憲と釘を刺したということでしょう。


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内