[CML 031128] (2-2)【報告】第1109日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 5月 3日 (土) 07:19:40 JST


青柳行信です。5月3日。
<つづき>
栃木県、
23.【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞5月2日 17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140502/1582879
<▼空間放射線量率(2日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上 
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル) ・・・・・・・>

24.<野生ゼンマイに基準超セシウム 鹿沼>下野新聞5月2日20:35
記事全文<県環境森林部は2日、鹿沼市で採取した野生のゼンマイから、国の基 
準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムを検出した 
と発表した。同部は同市に対して、同市で採取した野生のゼンマイの出荷自粛と 
採取の注意喚起を要請した。基準値を超えたのは同日採取された検体で110ベ 
クレル。出荷前に検査を実施したため、流通はしていないという。>

群馬県、
25.<震災避難者1500人下回る 県内 >上毛新聞2014年5月2日(金) AM 11:00
http://www.jomo-news.co.jp/ns/5313989953833231/news.html
<東日本大震災の被災4県(岩手、宮城、福島、茨城)から群馬県内への避難者 
は4月末現在で25市町村の1466人となり、震災直後のピーク(3730人)以降、公 
表ベースで初めて1500人を割ったことが1日、県のまとめで分かった。 県危機 
管理室によると、1年前と比べて231人減少した。減少理由について、「原発事 
故による避難指示が解除されるなど、被災地の生活再建が進んだため」と説明し 
ている。・・・・・・・・・・・>

山形県、
26.<待ち望む「クマ肉」の出荷制限解除 小国・名物「熊汁」、続くお預 
け>2014年05月02日 12:04
http://yamagata-np.jp/news/201405/02/kj_2014050200032.php
<マタギの里・小国町で4日、「小玉川熊まつり」が開かれるが、名物「熊汁」 
は昨年に続き提供できない状況だ。東京電力福島第1原発事故の影響で、クマ肉 
の出荷制限が今なお県内全域に出されているのが理由。国が食品全般に定めた出 
荷制限解除の条件は、クマ肉にはあまりにハードルが高く、解除の見通しが立た 
ない。地元の関係者は不満を募らせている。出荷制限が出されたのは2012年9 
月。同年4月に上山市と米沢市で捕獲されたクマの肉から国の基準値(1キロ当た 
り100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された。野生鳥獣は移動性が高 
いため出荷制限は原則的に県全域とされる。
国は出荷制限された食品の解除条件を「原則として、1市町当たり3カ所以上、直 
近1カ月以内の検査結果が全て基準値以下であること」としている。この条件の 
下で本県のクマ肉の出荷制限を解除するには、同じ1カ月の間に県内ほぼ全ての 
市町村でクマを3頭ずつ捕獲し、全て検査する必要がある。小国町ならともか 
く、それほど捕獲できない市町村もある。基準値をクリアするという以前に、短 
期間にこれだけの数を捕獲することは困難だ。 13年度に県が県内全域で検査し 
たクマは6頭のみ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小国町猟友会の遠 
藤春男副会長は「県内一律の制限はおかしいのではないか」と訴える。これまで 
町内で最も放射性物質の値が高かったクマ肉は1キロ当たり58ベクレルだったと 
いう。
・・・・・・先の見えない現状に遠藤副会長は「このままでは猟を辞める人が出 
てくるかもしれない」と危機感を抱いている。 >
・・・・熊は東北・北関東全域も出荷制限が続いているはずです、だから「クマ 
と遭遇・・・」という記事が多くなっているかもです。ただでさえ、漁師がへっ 
ているところへ。

宮城県、
27.<指定廃棄物最終処分場問題 国と候補地自治体協議 3首長「不適地」 
訴える意向 26日で調整>大崎タイムス5月3日付
記事全文<東京電力福島第一原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場建設を 
めぐり、国と県、候補地となっている栗原市、加美町、大和町3市町による5者 
協議の初会合が、今月26日に県庁で開かれる方向で調整が進んでいることが1 
日、分かった。最終処分場建設をめぐっては、環境省が今年1月、県内の候補地 
として3市町を提示したが、いずれも地元の反発が根強く、県が仲介役となり、 
協議の場設置を調整していた。協議は国が主催し、話し合いの場は報道機関に公 
開される見通し。国は処分場建設に向けた詳細調査の受け入れに理解を求めると 
みられる。一方、3人の首長は1日、それぞれ協議で、候補地が不適地であるこ 
とを訴える意向を示した。>

この人が、海外でやりたい放題、
29.<首相、経済成長へ原発再稼働明言 英シティーで講演 >日経2014/5/2 
10:14
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0203Z_S4A500C1EAF000/
<【ロンドン=地曳航也】安倍晋三首相は1日夜(日本時間2日未明)、ロンド 
ンの金融街シティーで講演し、「法人税の改革を一層進める」と述べ、法人実効 
税率引き下げへの意欲を示した。「原子力発電所を一つ一つ慎重な手順を踏んで 
稼働させていく」と語り、経済成長に向け再稼働を進める方針を明言し 
た。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・>

29’.<原発再稼働、進める方針を明言 / 安倍首相、ロンドンの講演で>佐 
賀新聞5月2日
http://www.saga-s.co.jp/news/global/corenews.0.2673419.article.html
<・・・・・・・・・・経済成長のためには安定的で安いエネルギー供給の実現 
が不可欠とし「世界のどこにも劣らないレベルの厳しい安全基準を満たした原発 
を、慎重な手順を踏んで再稼働させる」と表明。英国と原子力技術の開発に取り 
組む考えを明らかにした。 >

29”.<東電、原発廃炉で英企業と協力 ノウハウを共有>日経 2014/5/2 2:56
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO70672090S4A500C1TJ1000/
<【ロンドン=地曳航也】東京電力の社内分社で福島第1原子力発電所の廃炉や 
汚染水対策に当たる「福島第1廃炉推進カンパニー」と英原子力施設関連のセラ 
フィールド社は1日、放射性廃棄物の管理などに関する情報共有を進めることを 
柱とした「協力声明」を発表した。英国訪問中の安倍晋三首相も出席した日英原 
子力協力イベントの開催に合わせたもの。セラフィールド社は使用済み核燃料の 
処理などを手掛け、現在、英国内で原発の廃炉処理を進めるなどノウハウを持 
つ。一方、東電は福島第1原子力発電所の廃炉や汚染水対策が課題となってい 
る。技術面などで両社が協力し、廃炉作業を円滑に進める。>

原発立地自治体、
30.<敦賀市長が規制委会合を批判 科学的な審議になっていない>福井新聞 
(2014年5月2日午前7時10分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/50258.html
福井県敦賀市の河瀬一治市長は1日の定例記者会見で、日本原電敦賀原発2号機 
直下の破砕帯(断層)をめぐる原子力規制委員会の有識者調査団会合について 
「ピアレビュー委員や外部の専門家が入っておらず、科学的、技術的な審議に 
なっていない」と批判した。・・・・・・・・・・市長は「幅広い専門家の意見 
を聞いて判断し、国民や市民に分かりやすく説明すべきだ」と注文を付けた。ま 
た、規制委の運営について「規制庁が絶対的な存在で誰も介入できないというの 
はおかしな話。疑問があれば政治が入っていくべきで、そう思っている政治家も 
たくさんいる」と述べた。 >
・・・・・・再稼働させたくてたまらない声です。

31.<福井 小浜市:防災計画改訂 原発30キロ圏外避難、兵庫県内9市町 
に >毎日新聞 2014年05月02日 地方版
記事全文<小浜市は原子力災害発生時に対応する市地域防災計画の原子力災害対 
策編を改訂し、1日の市防災会議で承認した。原発の30キロ圏外への市民の避 
難については、県の広域避難要綱に基づく兵庫県内9市町とすることを盛り込ん 
だ。 従来の防災計画では、防災対策を重点的に充実すべき区域として関西電力 
大飯原発(おおい町)の8?10キロ圏を設定していた。改訂版では国の原子力 
災害対策指針で対策重点区域が30キロ圏に拡大されたことを受け、同原発につ 
いて市全域に対象を広げた。さらに県内の他の4原発についても30キロ圏に含 
まれる市内地域を対策重点区域とし、同指針に基づく災害の事象レベルに応じた 
防災体制を決めた。>

32.<新潟が福島から20万錠借り入れ ヨウ素剤未配備で>西日本(2014年 
05月02日 13時36分)
記事全文<新潟県が東京電力柏崎刈羽原発(同県)の過酷事故に備えた安定ヨウ 
素剤を一部未配備だった問題で、県は2日、緊急対応として福島県から20万錠 
を借り入れたことを明らかにした。新たなヨウ素剤を調達するめどが立ち次第返 
却する。福島県地域医療課によると、20万錠は同県が原発から30キロ圏内に 
配備を済ませ、予備として保管していた一部。担当者は「新潟県の緊急事態に協 
力できると判断した」と説明している。これにより新潟県は3月末で期限が切れ 
た14万錠や新たな購入分と合わせ、5〜30キロ圏に84万錠を確保した。>

参考記事、
33.<チェルノブイリ原発事故:28年 「現場の声、無視は危険」 事故処 
理担当の元技術者が警鐘>毎日新聞 2014年05月03日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140503ddm007030037000c.html
<【モスクワ真野森作】ウクライナ東部で不安定な情勢が続く中、首都キエフの 
北約100キロに位置するチェルノブイリ原発は4月26日、1986年の事故 
発生から28年を迎えた。技術者として事故処理に当たったウクライナ系ロシア 
人、ワレリー・ウォルコフさん(66)=モスクワ在住=が取材に応じ、「エ 
リートたちが現場の専門家の意見を聞き入れないとき、惨事が起きる」と、改め 
て事故の教訓を語った。・・・・・・・・・・・チェルノブイリ事故の前にロシ 
ア西部のレニングラード原発で同種の小事故が起きていながら上層部が報告を握 
りつぶしていたのを知ったという。「ひどい過ちだ」と今でも憤りを隠さな 
い。・・・・・・・・・・・・・・事故当日に被ばくした妻は直腸、肺、骨にがん
が次々発症し、95年に48歳で亡くなった。だが、原発に人生をかけた者とし 
て「原子力なしに人類の未来はない」との持論を変えるつもりはない。ただ、 
「絶対に安全でなければ」と語気を強めた。・・・・・・・・・・・・>

34.<漫画「美味しんぼ」:原発取材後の鼻血描写 特集記事掲載へ>毎日新 
聞 2014年05月02日 東京夕刊
<記事全文<小学館の週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」(4月28日発売 
号)の人気漫画「美味(おい)しんぼ」で、福島第1原発を訪れた主人公らが鼻 
血を出す場面が描かれ、読者からの問い合わせが相次いだことについて、同誌の 
19日発売号に批判意見や識者の見解をまとめた特集記事が掲載されることが分 
かった。漫画の内容は、主人公らが福島第1原発を取材後に疲労感を訴え、鼻血 
を出す表現がある一方、診察した医師が「福島の放射線とこの鼻血とは関連づけ 
る医学的知見がありません」と答える場面もある。>

35.<(プロメテウスの罠)震災と皇室:16 放射能、次々と質問>朝日デ 
ジタル2014年5月2日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11114728.html
<◇No.907 福島行きは震災2カ月の節目、2011年5月11日と決 
まった。その前から天皇と皇后は原発や放射能についての専門家を次々と皇居・ 
御所へ呼び、猛烈な勉強を始めていた。・・・・・・・・・・・・・>

この新聞社、下のようなデータを紙面の載せているようです、
36.<全国の大気中環境放射線量>毎日新聞 2014年05月01日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140501ddm041040203000c.html
<●全国の大気中環境放射線量(4月29日)・・・・・・(以下、各県のデー 
タ)・・・・>

佐賀県、
37.<水面を照らす夕日 玄海町・浜野浦の棚田 >佐賀新聞2014年05月02日
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2673770.article.html
<日本の棚田百選にも選ばれている東松浦郡玄海町の浜野浦の棚田では、夕日が 
水面に反射して輝き、一年で一番美しい時期を迎えている。 玄界灘に面した棚 
田の美しさは全国的にも有名で、県内外から多くのアマチュアカメラマンが訪れ 
ている。大型連休前半は曇りがちだったこともあり、快晴となった1日夕は 
100人ほどが詰めかけ、オレンジ色に輝くその瞬間を待った。 
・・・・・・・・・・・昨年のゴールデンウイーク期間中は10日間で約 
3400人が訪れた。 >
・・・・・・・あの玄海原発の地元にこんな場所があるようです。原発事故が一 
度あれば、先祖伝来の地の維持は困難になります。

38.<公共工事、12.7%増 2013年度県内 > 佐賀新聞2014年5月2日
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2673506.article.html 
<西日本建設業保証佐賀支店がまとめた2013年度の佐賀県公共工事動向によ 
ると、請負額は前年度比12・7%増の1168億9400万円、件数は6・ 
4%増の3204件だった。・・・・・・・・・・市町は、原発関連交付金を 
使った東松浦郡玄海町の小中一貫校建設(33億900万円)などで11・9% 
増の433億5100万円。・・・・・・・・・・・・・・・・>

39.<県労連など生活向上訴え メーデー集会>佐賀新聞2014年5月2日
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2673460.article.html
<佐賀県労連などでつくる実行委員会は1日、県内4カ所でメーデー集会を開い 
た。・・・・・・・・・・参加した各団体の代表もステージに上がり、年金引き 
下げや原発、改憲に反対した。>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面トップは、憲法記念日らしく、そのテーマの記事が大きく、左下方に、1. 
の類似記事があります、
40.<川内原発の申請書類に不備 九電、再稼働時期に影響も>2014年05月03 
日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/37019/1/
3面に、官邸前の6.の類似記事。
今朝の紙面は以上です。5.3.5:40)
昨日の1.の記事は南日本新聞です。
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ 
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば964日目 テント日誌 
5月1日(木)商業用原発停止228日

朝方まで降り続いた雨が上がって緑がいちだんと輝いて気持のよい朝
11時頃から第85回日比谷メーディーのデモ隊がテント前を通った。

K さん、Sさんが6月8日のチラシを懸命に配る。通り過ぎるデモ隊の中には「原 
発再稼働反対!」のシュプレヒコールをあげて下さったりして、テントがんば 
れ!の声もあって励まされた。
デモの隊列から抜けてテントにカンパしてくださる人も居て感激!私たちも負け 
ずにデモ隊に手を振って応援した。

 デモの通る合間に「制服向上委員会」のメンバーが寄ってくださり、男性ス 
タッフは興奮気味、握手してもらったりして大喜びだった。メンバーも少し入れ 
替わってより若くなったようですね。またテント前で歌ってくれる日を楽しみに 
しています。
 デモが通り過ぎた後、サラリーマンらしき人が名も告げずにカンパしてくだ 
さったりして、今日は嬉しいことの連続でした。(I・K)

再稼働が画策される川内原発現地での行動を伝えるビラから
14-5/2「川内の家」ニュース5号
連絡先:090-4759-2927岩下

せんだい原発,再稼働反対!
原発事故時、避難路は車のすれ違い不可能

川内市は住民の安全を守る気がある
川内原発が事故を起こした時、ちゃんと避難できるかどうかは、住民の「命」の 
問題です。ところが川内市長は「原発再稼働に同意するつもり」と言う一方、ま 
ともな避難計画も立てていません。それどころか、実際に避難は困難という事例 
がたくさんあります。

●県道は大渋滞、山越え避難も無理
地域で「川内の家ニュース」を配布中、城地区の女性が「何とかして欲しい」と 
訴えました。
「川内川沿いの県道3号線は、事故時、大渋滞で逃げ切れない。山越えの市道を 
使うしかないが、道が崩れて車がすれ違いできない。市になんど言っても直して 
くれない」――と言うのです。実際に市道を走ってみると、アスファルト舗装は山 
側からの流水でえぐられ、反対側は崖です。軽自動車どうしでもすれ違い不能、 
避難が無理であることが判りました。
川内市の住民を守る「本気度」が疑われても仕方がありません。

●渋滞中、車の中でも放射能は防げない
それでは県道を避難する人はどうでしょうか? 高江地区のインターから橋を 
通って車で北に逃げることになりますが、大渋滞は必至です。そのとき車の「放 
射線防護係数」はゼロとされています(アメリカ環境保護庁の「指針」)。
つまり何時間もの渋滞中、100%の放射能を浴び続けるということです。
しかも住民全体が車を持っている、運転できる、とは限りません。高江地区の男 
性は、「徒歩で避難することになるが、高速道路だから橋には歩道がない」――と 
話していました。

●「ぶじ避難可能か」、と市長に問い合わせを
車でも徒歩でも、避難は「放射能地獄」に変わりありません。避難後、何年にも 
わたる「避難生活」の大変さ――生活苦や一家離散などは、福島の例を見れば判り 
ます。しかし安全に避難できるかどうかも疑わしい。市長に「再稼働して本当に 
安全か」、と質問しましょう。

5月7日(水)第8回東電本店合同抗議行動 18時30分〜東電前
呼びかけ団体/経産省テント前ひろば たんぽぽ舎 76団体協賛

★ たんぽぽ舎 さんから:
※【TMM:No2160】2014年5月2日(金)地震と原発事故情報
┏┓
┗■ 5/14(水)川内原発再稼働をやめろ! 全国一斉規制委抗議行動
   └────  木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

 私たちは、新規制基準の施行日以来連続的に原子力規制委員会への抗議行動を 
実施してきたが、規制委は、先行原発の評価成績表を出し川内原発の「審査書 
案」作成に着手している。イチエフ事故を踏まえていない新規制基準で、地震対 
策も火山噴火対策もプラント評価も全く不十分なままで、また避難対策も住民理 
解も得られないままの再稼働容認は許されない。まして、放射能汚染水対策も廃 
炉への道も見えずイチエフをコントロールできていない中で、原子力規制委員会 
の再稼働容認は許せない。
 私たち「再稼働阻止全国ネットワーク」は、4月26日―27日に京都で全国 
合宿を開催し、再稼働促進組織・原子力規制委員会を糾弾するために、原子力規 
制委員会(六本木一丁目)のみならず、全国の規制庁現地事務所に対しても各地 
の仲間が抗議行動を実施することを決めた。
 全国一斉規制抗議行動の第一波行動である。
 首都圏及び原発現地・周辺の方々の同時行動への参加を呼びかける。
     川内原発再稼働をやめろ!全国一斉規制委抗議行動
日時:5月14日(水)12時−13時
場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前
           (http://www.nsr.go.jp/nra/map.html )
      港区六本木1 丁目9 番9 号 TEL:03-3581-3352(規制庁)
      東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」徒歩4分、日比谷線「神谷 
町駅」徒歩8分
主催:再稼働阻止全国ネットワーク
      HP http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/inquiry
     メール info at saikadososhinet.sakura.ne.jp
    TEL 070-6650-5549   FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク 
宛と明記)
   (東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付)

┏┓
┗■新聞より
 └──── 
◆ 原発再稼働阻止へ声を 下京で鎌田さんら訴え

 原発の再稼働に反対する「ストップ!原発再稼働関西のつどい」が26日、京都 
市下京区のキャンパスプラザ京都で開かれた。ルポライターの鎌田慧さんら反原 
発運動に取り組む団体のメンバーが活動報告し、参加した市民ら約180人に活動 
への協力を求めた。九州電力川内原発が新規制基準施行後の再稼働第1号となる 
可能性が高まる中、反対運動の機運を高めようと、市民団体などでつくる再稼働 
阻止全国ネットワークなどが企画した。鎌田さんは「国や電力会社は原発やその 
電力は安全・安定と推進してきたが、全くのフィクションだった。うそや金のば 
らまきによって原発立地の住民を洗脳してきた」と批判し、「経済のために人命 
を犠牲にさせない。保守層にも反原発の動きがあるので、広範な人が参加しやす 
い運動を展開して再稼働を阻止しよう」と訴えた。福井県小浜市の中嶌哲演・明 
通寺住職は、関西電力大飯原発の運転差し止めを求めた福井地裁での訴訟につい 
て報告。「国策としての原発を三権の一つである司法機関も追認してきたのでは 
なか。地裁の裁判官には、福島第一原発事故を踏まえた画期的な判決を期待して 
いる」と話した。(4月27日京都新聞)

※TMM:No2159】2014年5月1日(木)午後 09:48 地震と原発事故情報より転載
┏┓
┗■ 台湾第4原発の新展開−数万の市民が抗議行動
 |  市民運動が計画中止を勝ち取るか
 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎)

台湾第4原発(龍門原発)について、政府は工事を中止し住民投票で稼働の是非 
を決めることを26日に明らかにしました。しかし現段階では計画中止とはならな 
いことから、台北市内の道路では数万の市民が抗議行動を続けています。結果と 
して東京新聞と他の報道では書き方がかなり違うので、他報道とは別に最後に東 
京新聞の記事を紹介します。

[1]台湾第四原発、工事停止へ 住民投票終了まで
                朝日新聞 4月27日
 台湾の馬英九総統は27日、建設停止を求める動きが強まっている第四原発につ 
いて、安全検査を行って住民投票で稼働の是非を決めるまで、工事をとめる方針 
を決めた。

[2]台湾 原発建設中止求め座り込み  NHK 4月26日
 台湾で建設の是非が論争となっている原子力発電所を巡り、建設中止を求める 
市民団体が総統府の前で無期限の座り込みを始めました。 台湾では、台北近郊 
の新北市に「第4原発」の建設が進められ、工事は9割以上終わっていますが、 
東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、安全性に対する不安が住民の間 
で高まり、工事は中断されています。【中略】
 市民団体は、政権側が歩み寄りをみせるまで無期限で座り込みを続けるとして 
います。
 台湾のテレビ局が行った最新の世論調査では、原発の建設中止を求めると答え 
た人が60%と、建設賛成の25%を大きく上回っており、馬英九政権にとって、原 
発を巡る対応は大きな課題となっています。

[3]原発建設中止求めて座り込み、野党元主席はハンスト 台湾
                    AFPBB 4月27日
 台湾の台北市内で26日、第4原子力発電所の建設中止を求める数千人の市民が 
総統府の前で座り込みを始め、最大野党・民進党の元主席でハンガーストライキ 
を行っている林義男氏(72)への支持を表明した。
 この日の台北は雨に見舞われたものの、参加した市民らは厳戒態勢が敷かれる 
中、反原発のスローガンが入った横断幕やプラカードを掲げた。
 林氏は完成間近の状態にある第4原発の建設中止を求め、22日に無期限ハンス 
トに突入した。20年ほど前から一貫して反原発運動をしている同氏は人望を集め 
ている。

[4]台湾の第四原発 2号機建設中止 住民が反対運動
                     東京新聞 4月28日
 台湾で建設中の龍門原子力発電所(通称、第四原発)について、馬英九総統は 
二十七日、国民党の江宜樺行政院長(首相に相当)や県市首長らと政権与党の緊 
急協議を行い、第四原発2号機の建設中止などを決めた。台湾では反原発世論が 
高まっており、同日には市民団体などが台北市内で反原発の大規模なデモを行 
い、約五万人(主催者発表、警察発表では一万数千人)が台北駅前の道路を占拠 
して座り込みを続けていた。
 一方、1号機は、現在行われている安全検査の終了後に封鎖し、商業運転する 
かどうかを住民投票で決めるとしている。馬総統の決定は世論を一部受け入れた 
形だが、市民団体などが求めている完全な建設中止とはなお隔たりがある。
 第四原発は米国のゼネラル・エレクトリック社が受注し、原子炉は1号機が日 
立、2号機は東芝製。いずれも出力百三十五万キロワット。台湾北部の新北市貢 
寮区に台湾電力が建設している。すでに完成間近で年内にも商業運転を始める予 
定だった。
 しかし、度重なる事故に加え、福島第一原発の事故後、建設中止を求める声が 
高まった。今月二十二日から野党、民進党の林義雄元主席(72)が建設中止を求め 
てハンストを開始。二十六日から市民団体が総統府前で座り込みを行っていた。

★ 前田 朗 さんから:
※上野千鶴子の選憲論(改憲論)
上野千鶴子『上野千鶴子の選憲論』(集英社新書)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/05/blog-post.html

※朝日新聞は護憲とヘイト・スピーチを同列に並べるのか
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/05/httpmaeda-akira.html

★ 井上澄夫(米空軍嘉手納飛行場・一坪反戦地主) さんから:
 ご存知のように、沖縄の辺野古新基地建設問題は1月19日の名護市長選で 
「辺野古の海にも陸にも基地をつくらせない」と公約した稲嶺進さんが再選され 
て以来、新しい局面を迎えました。

 安倍政権は市長選の直後、名護市民の選択を正面から踏みにじって基地建設を 
「粛々と進める」(菅官房長官)と表明し、市長選のわずか二日後、防衛省の沖 
縄出先機関、沖縄防衛局は辺野古埋め立てのための調査・設計を受注する会社の 
募集公告に踏み切りました。名護市民をはじめ沖縄県民が憤激したのは当然です。

 その後、防衛局の公告に応募した会社が8社決まり、それが公表されたので、 
私を含む「Stop!辺野古埋め立てキャンペーン」はその8社に対して、ジュ 
ゴンの餌場(えさば)があり貴重・希少な生物多様性に富む辺野古・大浦湾の美 
しい海を破壊する安倍政権の新海兵隊基地建設に協力・加担しないよう要請する 
ことにしました。

 みなさん、沖縄防衛局による自然と住民生活の破壊に加担する問題の8社に契 
約の破棄を求めるFAXや手紙の送付運動に、どうかご協力ください。
 添付したチラシに要請先と8社それぞれの受注額を記しました。

 なお、沖縄防衛局は最近、名護市に対し、辺野古漁協の使用許可などを申請し 
回答期限を勝手に押し付けましたが、これは法令に基づかない脱法行為であるこ 
とが明らかになり、琉球新報など沖縄の新聞が厳しく糾弾しています。
 それらの政治情勢については、私たちの運動のホームページに情報を掲載して 
います。どうかご覧ください。
 Stop!辺野古埋め立てキャンペーンのホームページ
 http://stop-henoko-umetate.blogspot.jp/ 

 私たちは美(ちゅら)海、辺野古の埋め立てを阻止するため、うまず、たゆま 
ず、粘り強く努力を続けます。みなさんのご支援・ご協力を心からお願いいたし 
ます。

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 迄>●
〒住所氏名電話番号冊数よろしく。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!福岡」例会 5月9日(金)18時30分〜 ●
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
        福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
           地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

● 九電株主総会で再稼動を阻止するための行動●
   6月26日(木)「8:30集合」
場所:ホテルニューオータニ博多
住所:福岡市中央区渡辺通1-1-2 tel092-714-1111
       地図:http://tinyurl.com/kfd8lpm

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
          第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
                原告総数 原告総数  7686 (5/2現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 小出裕章さん講演会 ●
日時: 9/26(金)開場19:00 / 開始19:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5?8 tel092?714?5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
    場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
      <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内