[CML 031092] 【報告】第1107日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2014年 5月 1日 (木) 07:35:21 JST


青柳行信です。5月1日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--

『1000日目記念誌冊子』5/1
安田行純(アメリカ在住)さん1冊。青木由香里さん1冊。匿名者1冊。
・・・・・
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。
<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1107目報告☆
          呼びかけ人賛同者4月30日3324名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】4月30日6名。
 安田行純 高田裕子 新井丸絵恵 青木由香里 
 東浦大樹 匿名者
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さん
お疲れさまです。
脱原発の動きは 世界的な広がりを持っていることを感じました。
電力会社は 株主総会を控え、「原発が動かないと、燃料代の高騰で赤字が続く」
という宣伝をしています。
エネルギーの転換をやれば、赤字は解消されるはずです。
原発を動かせば、廃炉や事故処理の費用が先延ばしになるだけで、
そして、費用は膨れ上がるばかりです。
原発の無い沖縄電力は正常な経営を続けています。
あんくるトム工房
核をなくそう  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2981

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆首相への質問プラカード奪取さる「原発ゼロ」は是か非かを問ふ
      (左門 5・1-643)
※昨日につづく。
ギリシャ神話のミダス王は強欲の祈りが聞かれて「触るものが皆黄金になった」。
日本の『新霊異記』に現れたアベノ王は、「触るものが皆翼賛になる」。
それもその筈。
「識者」は皆「色者(色つき)」であり、民の声は、
このように無下に奪い取られて見向きもされない。
「驕るアベ一族久しからず」!

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日は、各電力会社の決算が発表されています。※九電の株主総会の日程も発表 
されています。
また、経産省の作業部会でも核のごみについて、“何これ”という方向をまとめ 
た、という報道がありましたが、その記事はさておき、今朝も、“川内原発”とい 
う文言のある記事からはじめ九州関連へ、と続けます。
※川内原発の記事にある地震動についてのコメントを記事下方に書き込んでいま 
す。 

1.<川内原発の補正申請提出=審査の指摘事項反映-九電>時事通信 
(2014/04/30-16:11)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014043000640
<原発再稼働の前提となる安全審査で、九州電力は30日、優先審査対象の川内 
原発1.2号機(鹿児島県薩摩川内市)について、これまでの審査での指摘事項 
を反映した補正申請を原子力規制委員会に提出した。規制委はこれをもとに、事 
実上の合格通知となる審査書案をまとめる。
昨年7月の申請の際、九電は想定する地震の揺れ(基準地震動)を540ガル、 
取水口付近での到達津波高さを約4メートルとしていたが、審査の過程で、それ 
ぞれ620ガル、5メートルに引き上げた。その結果、冷却用ポンプの防護壁や 
配管の耐震補強工事などを追加。このほか、水素爆発を防ぐ装置や火災感知器の 
追加設置などの対策を加えた。>

1’.<「川内原発」再稼働へ 原子炉設置変更許可申請の補正書提出>毎日新 
聞 4月30日(水)20時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140430-00000090-mai-soci
<・・・・・・・・・・・・・補正書では、原発の耐震設計のもとになる最大の 
地震の揺れ「基準地震動」を540ガル(ガルは加速度の単位)から620ガ 
ル、最大の津波の高さ「基準津波」を約4メートルから約5メートルにそれぞれ 
引き上げた。・・・・・規制委は、活断層が知られていない場所で起きた上に規 
模に比べて揺れが強かった北海道留萌支庁南部地震(2004年、マグニチュー 
ド6.1)のような地震も想定するよう要求。九電も同意し、基準地震動と基準 
津波を引き上げたため、規制委は今年3月、安全審査を申請している10原発 
17基では初めて、審査を優先的に行う原発に決めた。>
・・・・・大間原発訴訟を引き受けた弁護士の一人の内山成樹氏によれば、「マ 
グニチュードの数字の増加の一方で地振動をは対数倍となる、・・・・“Mは 
0.2ごとに地震のエネルギーは2倍となっていき、Mが1大きくなると地震の 
エネルギーは32倍とな”」ので、川内原発の場合、4~10倍の数字は設定すべ 
き」、と指摘しています。

次の短い記事に比較表があります、
1”.<川内再稼働、九電が申請書再提出>西日本電子版2014年05月01日 03時00 
分 更新
http://qbiz.jp/article/36856/1/

2.<「最も厳しい」いえぬ 原発新規制基準 塩川氏が追及>しんぶん赤旗4 
月30日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-04-30/2014043004_02_1.html
<塩川鉄也議員は25日の衆院経済産業委員会で、安倍政権が原発の新規制基準 
を「世界で最も厳しい水準」としている問題を取り上げ、重大事故シナリオに関 
する独自の解析も避難計画もない、「まやかし」を突きました。塩川氏は、九州 
電力が再稼働に向け原子力規制委員会の審査を受けている川内(せんだい)原発 
の「重大事故シナリオ」を示し、事業者とは別の解析プログラムを使って妥当性 
を調べる「クロスチェック解析」を実施するべきだと求めました。塩川氏はさら 
に、過酷事故が起こった際に、原子炉の溶融炉心を炉の内部で受け止める「コア 
キャッチャー」と呼ばれる装置が義務付けされていない点を追及。
田中俊一規制委員長は、コアキャッチャーについてフランスの新設炉に設置され 
ているが既設炉には設置「不可能」などと答弁。
塩川氏は日本でも既設炉への導入に向け資源エネルギー庁が「コアキャッ 
チャー」を研究開発している事実を指摘しました。また、原発周辺住民の「避難 
計画」がアメリカ原子力規制委員会では「規制基準」に含まれているのに、日本 
では含まれていない問題を指摘。「これでは世界で最も厳しい規制水準とは到底 
いえない」と強調しました。>

九電、
3.<【九州電力】第90回定時株主総会の日時及び場所について>西日本電子版 
2014年04月30日 16時43分 更新
<九州電力は30日、定時株主総会の開催日時と場所を発表した。>
関連資料(PDF)⇒http://qbiz.jp/apdf/2e80fc440a17c1931927757e4d763919.pdf
1 日 時 平成2 6 年6 月2 6 日( 木) 午前1 0 時
2 場 所 福岡市中央区渡辺通一丁目1 番2 号 ホテルニューオータニ博多 4 
階「鶴の間」

4.<〔決算〕九電の15年3月期は増収、損益未定=燃料費算定できず>時事 
通信04/3017:33
記事全文<九州電力=2015年3月期の連結決算は増収を予想。原発再稼働の 
見通しが不透明で燃料費などの費用を算定できないため、損益は未定とした。>
詳報は次の記事で、

4’.<九電、最終赤字960億円 値上げで大幅圧縮、14年3月期>西日本 
電子版2014年05月01日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/36852/1/
長い記事<・・・・・・・・・・・・・・
◆「黒字化非常に厳しい」 九電・瓜生社長
3年連続で大幅な最終赤字になった九州電力。瓜生道明社長は30日、2014 
年度中に黒字転換を図るには、早ければ8月にも再稼働する可能性がある川内原 
発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)だけでなく、玄海原発3、4号機(佐賀県 
玄海町)の再稼働も必要との認識を示した。主なやりとりは次の通 
り。・・・・・・・・・

5.<【人事】九州電力>西日本電子版2014年05月01日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/36849/1/
・・・・役員人事です。

玄海原発、
6.<住民避難に25時間=玄海原発の事故想定-佐賀など3県>時事通信 
04/3022:31
記事全文<佐賀、福岡、長崎3県は30日、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町) 
で重大事故が起きた場合、住民の避難に必要な時間の推計を公表した。標準的な 
ケースでは、原発30キロ圏外への避難が完了するまで24時間50分かかると 
予測した。
推計は、事故が起きた場合すぐに避難する原発5キロ圏内の区域(PAZ)と、 
事故に備え避難対策が必要な5~30キロ圏内の区域(UPZ)の住民ら計約 
27万人が対象。自家用車で避難すると想定し、区域ごとに段階的に避難する 
ケースなど52例を示した。>

詳報は次の記事で、
6’.<玄海30キロ圏の避難25時間、原発事故で3県推計 27万人、最短 
で17時間>西日本電子版2014年05月01日 03時00分
http://qbiz.jp/article/36853/1/
長い記事<・・・・・・・・・・・・・・・
◆原発避難、甘い想定 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)で大規模な事故が起 
きたら、避難にどれくらい時間がかかるのか。福岡、佐賀、長崎3県が30日公 
表した試算では、30キロ圏内の約27万人を圏外に逃がすのに約17~43時 
間費やすとした。ただ、想定するのは原発から5キロ圏と、5~30キロ圏の住 
民を段階的に逃がす手法。高齢者などの要援護者や離島からの避難も課題が浮き 
彫りになり、自治体や住民からは「現実的でない」との声が上が 
る。・・・・・・・・・・・
◆祭りで飲酒後は  今回は、同県唐津市の秋の祭り「唐津くんち」(1日の観 
光客約8万7千人)の期間中も試算。全員が自家用車で移動することを想定して 
いるが、くんち期間中は各家庭で客を料理や酒でもてなすため、多くの人が飲酒 
しているとみられる。唐津市の坂井俊之市長は「酒が残った状態で運転できな 
い」と首をかしげた。・・・・・・・・・・・
今回の試算は30キロ圏外は対象外。原発から約33キロの福岡県糸島市志摩津 
和崎で飲食店を経営する馬淵崇さん(32)は「事故が起きたらすぐに逃げる準 
備をする。私のような商売人にも、正確な情報が伝わってくるのか」と話し 
た。・・・・・・・・・
避難計画に詳しい環境経済研究所(東京)の上岡直見代表は「佐賀県は被ばく前 
に避難が可能と強調しているが、そう言い切るには想定があまりにずさんだ」と 
指摘する。 >

6”.<長崎)避難完了21時間35分 玄海事故想定>朝日デジタル2014年5月 
1日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG4Z6DSGG4ZTOLB01K.html
<・・・・・・・・県内では松浦市、佐世保市、平戸市、壱岐市の4市で計6万 
2500人が30キロ圏内の避難対象となる。シミュレーションでは、5キロ圏 
内の住民が先に避難し、その後に5~25キロ圏内の住民が避難することを前提 
に、計画通りに住民が避難した場合や、そうでない場合など、30通りの推計結 
果を示した。・・・・・・・・・・・>

被災地フクシマでも、
7.<避難に最大27時間=新たな原発事故想定し計画-福島県>時事通信 
04/3022:12
記事全文<福島県は30日、新たな原発事故に備えた広域避難計画を策定した。 
原発周辺住民の被ばく線量を抑えながら、早期避難を可能にするのが目的。東京 
電力福島第1、第2原発で事故が発生した場合、避難に最大27時間超かかると 
した。今後、県内外の自治体と協議し、より詳細な計画作りを進める。>

7’.<新たな原発事故で30万人茨城へ 福島計画、最長16時間超>西日本 
(2014年04月30日 22時25分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/85559
<・・・・・計画では、両原発から半径30キロ圏に一部が含まれる13市町村 
に現在住んでいる計約47万人のうち、茨城県に約30万人が避難するとし、現 
状で避難にかかる最長時間は16時間45分と推計した。福島県の担当者は「茨 
城県の具体的な避難先は、今後調整したい」としてい 
る。・・・・・・・・・・・・・>

8.<避難で無人の家、ネズミから守れ 住民向け冊子>朝日デジタル2014年5 
月1日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/ASG484694G48UGTB008.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG484694G48UGTB008
<東京電力福島第一原発事故による避難指示で無人になっている家をネズミから 
守ろうと、県が対策をまとめた冊子を作った。住民ができる防衛策を示すこと 
で、自治体が業者に依頼して進める駆除の効果アップを狙う。 冊子は「避難指 
示区域におけるネズミ対応マニュアル ~住民版~」。先祖伝来の家屋も多い避 
難指示区域では、隙間から侵入したネズミがフンなどで屋内を汚したり、家財を 
かじったりする被害が目立ち、県は2月に自治体用にまとめた130ページの冊 
子を住民向けにA4判13ページにまとめ直した。・・・・・・・・
県は冊子を5万2千部作成したほか、インターネットでも公開している。>

9.<「滝桜」、震災前の人出に近づく=福島県三春町>時事通信(2014/04 
/30-11:21)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014043000292
<福島県三春町の国指定天然記念物「滝桜」が見頃を迎えている。東日本大震災 
の直後、観光客が一気に半減したが、3年かけて徐々に回復。今年は、震災前の 
水準に近づく25万人程度を見込んでいる。日本三大桜に数えられ、樹齢 
1000年以上と推定されるベニシダレザクラ。一本桜の大木は高さ13.5 
メートル、左右の枝ぶりは最大25メートルに及ぶ。「滝桜」の名は、無数の花 
を付けた枝がこうべを垂れる様子に流れ落ちる滝を重ねたもの。5年ぶりに枯れ 
枝を剪定(せんてい)したため、花の薄紅色がより鮮やかになった印象だ。> 

10.<30日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定 
値・県内震災関連死者・行方不明者>福島民報5月1日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・・・・・・・「楢葉のわらび出荷制限指示」の見出しがあります、「除 
染の終わった町」と言われてますが野山は手つかずです・・・・・。

栃木県、
11.【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞4月30日 17:39
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140430/1580740
<▼空間放射線量率(30日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上 
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル) ・・・・・・・>

12.<那須塩原、野生のタラノメ基準値超える>下野新聞4月30日 18:34
記事全文<県環境森林部は30日、那須塩原市で採取した野生のタラノメから、国 
の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムを検出 
したと発表した。同部は同市に対し、基準値を超えたタラノメの出荷自粛と採取 
の注意喚起を要請した。基準値を超えたのは、同日採取された検体で220ベク 
レル。出荷前に検査を実施したため、流通はしていないという。>

福島第1の現場では、
13.<「地下水流入の可能性」 汚染水の誤移送建屋で水位上昇>福島民友 
(04/30 10:25)
http://www.minyu-net.com/news/news/0430/news9.html
<福島第1原発で通常は使わないポンプ4台が動き、移送先ではない建屋に 
203トンの汚染水が誤って移送された問題で、東電は29日、汚染水が流入し 
た「焼却工作建屋」の地下にたまった水位が1ミリ上昇したと発表した。14日 
に汚染水の移送を停止した後も水位は上昇傾向にあり、東電は「地下水が流入し 
た可能性もある」としている。
建屋地下の水位は、14日の移送停止時点で17.6センチだったが、24日に 
は5ミリ上昇。今回1ミリ上昇したことで、水位は18.2センチとなった。東 
電は建屋の面積から、移送停止後に増えた水の量は約5.4トンと試算してい 
る。同建屋について東電は「止水処理を施している」と説明してきた。地下水の 
流入が認められれば、建屋に穴が開いている可能性も否定できない。>

14.<トリチウム濃度が上昇=地下水バイパス井戸上流―福島第1>時事通信 4 
月30日(水)12時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140430-00000042-jij-soci
<東京電力は30日、福島第1原発で汚染前の地下水を海に放出する「地下水バイ 
パス計画」のくみ上げ用井戸の上流で、放射性物質のトリチウム濃度が4月中旬 
から上昇傾向にあると発表した。昨年8月のタンクからの高濃度汚染水漏えいが 
原因とみられる。
東電によると、上昇が見られるのは8月に300トンの高濃度汚染水が漏えいしたタ 
ンク近くの観測用井戸で採取した地下水。12カ所のくみ上げ用井戸より山側にあ 
り、距離は最短で約100メートル。4月16日時点で1リットル当たり4500ベクレル 
だったトリチウム濃度が28日に同7700ベクレルまで上がった。> 

15.<水の分析を週2回に 第1原発、地下水バイパス専用井戸>福島民友 
(04/30 09:50)
http://www.minyu-net.com/news/news/0430/news7.html
<東京電力福島第1原発の汚染水対策の「地下水バイパス計画」で東電は29日 
までに、地下水をくみ上げる専用井戸で採取した水の放射性物質濃度の測定を現 
行の週1回から週2回に見直した。濃度監視の頻度を増やすことで、東電は「基 
準値を超えた場合に対応を早める」としている。これまでは専用井戸12本全て 
の水を火曜日に採取し、測定結果は木曜日に判明していた。今後は隣り合う井戸 
を2本一組にして、それぞれ曜日を変えて1本ずつ測定す 
る。・・・・・・・・・・・・>

16.<福島第1原発・正門周辺の大気中の環境放射線量 >毎日新聞 2014年 
05月01日東京朝刊  
<4月30日正午 1.6マイクロシーベルト毎時  数値は東京電力のホーム 
ページから抜粋  前日は1.6マイクロシーベルト毎時...2014年05月01日03時 
22分>

政府は、
17.<核のごみ:再回収可能に…処分計画転換、エネ庁部会報告>毎日新聞  
2014年04月30日 11時25分(最終更新 04月30日 13時01分)
http://mainichi.jp/select/news/20140430k0000e020153000c.html 
<原発から出る高レベル放射性廃棄物の処分方法見直しについて、経済産業省資 
源エネルギー庁の専門部会(委員長・増田寛也元総務相)は30日、廃棄物を地 
中深く処分した後でも、将来世代が再回収し、処理方法を意思決定できることを 
目指す中間報告をまとめた。従来の政府方針は高レベル廃棄物の再回収を前提と 
しておらず、国の「核のごみ」の処分計画は大きく転換することになる。
現行では、原発の使用済み核燃料を再処理する工程で出る高レベル放射性廃棄物 
をガラスで固め、一定期間冷却した後、金属容器に入れて地下300メートル以 
上の深い地層に埋める「地層処分方式」が採用されている。地上と保管場所をつ 
なぐ坑道が閉鎖されれば再回収は不可能になる。
中間報告はこの方式について「現時点で最も有望」と評価する一方、「将来世代 
が最良の処分方法を再選択することが不可欠だ」と指摘。処分地変更など計画を 
柔軟にする「可逆性」と、放射性物質の短寿命化など将来の科学技術による処理 
を念頭に「回収可能性」の二つの文言を盛り込み、坑道を塞がない方策を提案した。
坑道を残すとテロの脅威などのリスクが増すが、立地地域の変更など処分計画に 
幅を持たせ、立地受け入れ市町村の負担感を軽減する狙いを優先した。
処分地選定については、経産省が所管する原子力発電環境整備機構(NUMO) 
が2002年以降、処分場受け入れ自治体を公募しているものの、難航してい 
る。こうした現状について中間報告は、「国が前面に立って説明責任を果たすこ 
とが不可欠」と指摘。NUMOについては「経営責任があいまいで、『針路なき 
航海』に陥っていた」と批判する一方、「組織のガバナンス(統治)を強化し、 
目的意識を持った組織に変革すべきだ」とした。
30日の会合では、部会メンバーの伴英幸・原子力資料情報室共同代表が「拙速 
すぎる」として審議のやり直しを求めたが、判断については増田氏に一任するこ 
とで大筋まとまった。
高レベル放射性廃棄物の処分方法をめぐっては、日本学術会議が12年、高レベ 
ル廃棄物について「今後数十~数百年間、暫定保管すべきだ」との提言をまとめ 
たほか、原子力委員会も同年「可逆性・回収可能性を考慮した段階的アプローチ 
の導入」を提唱していた。>

17’.<受け入れ地域へ支援策=放射性廃棄物の処分場で-経産省作業部会> 
時事通信04/3012:29
記事全文<民間有識者で構成する経済産業省の放射性廃棄物作業部会(委員長・ 
増田寛也元総務相)は30日、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃 
棄物の最終処分に関する中間取りまとめ案を大筋で了承した。案は処分場の選定 
に当たり、国が地元への説明などで前面に出るよう求めたほか、処分場を受け入 
れた地域に対して雇用創出などにつながる支援策を講じることを盛り込んだ。>

17”.<記者の目:難航する「核のごみ」の処分地選定=山田大輔(とうきょう 
支局<前東京科学環境部>)>毎日新聞 2014年05月01日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140501ddm005070049000c.html
・・・・・・・・こちら、解説的な記事です、時間があれば検索してどうぞ。

原発施設で、
18.<地元業者、数億円所得隠し=浜岡原発の津波対策工事-名古屋国税局 
>時事通信04/3012:24
記事全文<中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)で進む防波壁建設などの地震・ 
津波対策工事に絡み、下請け企業など地元の数十の業者が名古屋国税局の税務調 
査を受け、合わせて数億円の所得隠しを指摘されたことが30日、分かった。関 
係者によると、下請け企業の他に、建設作業員らが使っていた宿泊業者や飲食業 
者が不正な税務処理を行っていた。業績の伸びた2012年を中心に、工事費用 
の計上時期をずらしたり、売り上げの一部を申告から除外したりしたという。>
・・・・・ざぶざぶの利益がえられるんでしょうね、こうした工事は。

電力会社、
19.<電力決算、6社が赤字=原発停止、火力燃料費増-14年3期 >時事 
通信04/3021:06
記事全文<電力10社の2014年3月期(前期)連結決算が30日出そろっ 
た。期末時点では原発が全て停止しており、再稼働の見通しも不透明な中で、輸 
入に頼る火力発電用燃料費が円安を背景に過去最大規模となり、九州、関西、北 
海道、中部、中国、四国の6社の経常損益が赤字となった。東京電力と東北電力 
は、電気料金の値上げと経費圧縮で3期ぶりに黒字転換した。>
・・・・・・・北陸電力も黒字・・・・。

20.<東電、経常益1014億円=値上げ、費用減で3年ぶり黒字ー14年3月期>時 
事通信 4月30日(水)17時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140430-00000094-jij-bus_all
<東京電力が30日発表した2014年3月期連結決算は、経常利益が1014億円(前期 
は3269億円の赤字)と3年ぶりに黒字を回復した。電気料金の引き上げで増収と 
なったほか、設備修繕の先送りで経費を削減した。必達目標としてきた経常黒字 
は確保したが、収支改善の柱である柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働はめどが 
立っておらず、経営再建の先行きはなお不透明だ。純利益は4386億円(同6852億 
円の赤字)と、福島第1原発事故前の10年3月期以来4年ぶりに黒字を計上した。 
原子力損害賠償支援機構からの原発事故の賠償資金交付で特別利益が発生し、見 
かけ上の利益が膨らんだ。
3年連続で経常赤字に陥れば銀行融資を受けられなくなる懸念があるため、東電 
は黒字化に全力を挙げてきた。>
・・・・・賠償の支払いや事故対応経費をケチる一方で「原子力損害賠償支援機 
構からの・・・賠償資金交付で特別利益が発生し、見かけ上の利益が膨らん 
だ」・・・・とんでもない。

20’.<東電、原賠機構に特別負担金=500億円納付-13年度>時事通信 
04/3020:57
記事全文<政府は30日、東京電力が原子力損害賠償支援機構に納付する 
2013年度の特別負担金について、当初予定の271億円から500億円に増 
額することを認可した。同日発表された東電の13年度決算が想定より好調だっ 
たことを受けた措置。>

金融機関が、
20”.<東電に無担保融資を再開=期間短縮など与信管理強化-大手4行>時 
事通信04/3021:09
記事全文<東京電力の取引銀行である三井住友、三菱東京UFJ、三菱UFJ信 
託、三井住友信託の大手4行は30日までに、東京電力に対する無担保融資を再 
開した。東電の2014年3月期の業績改善を踏まえ、金融面から再建への協力 
に足並みをそろえる。ただ、融資期間を短縮化したほか、信用力が低下すれば担 
保付きに切り替えるようにし、与信管理に万全を期す。>

21.<関西電、3期連続の最終赤字 14年3月期に974億円>日経2014/4/30 
15:10 
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNASHD3000Z_30042014000000
<関西電力が30日発表した2014年3月期連結決算は、最終損益が974億円の赤字 
(前の期は2434億円の赤字)だった。最終赤字は3期連続。原子力発電所の再稼 
働が遅れ、代替の火力発電所で使う燃料購入費が1兆1592億円と過去最高にな 
り、収益を押し下げた。売上高は16%増の3兆3274億円。昨年春の電気料金の引 
き上げが寄与した。経常損益は1113億円の赤字で、こちらも3期連続で赤字と 
なった。15年3月期の連結業績予想は、原発の再稼働時期が見通せないため「未 
定」とした。15年4~9月期の売上高のみ、前年同期比7%増の1兆7200億円と 
の見通しを発表した。>

22.<四国電力 千葉社長:伊方原発、夏の運転再開厳しい>時事通信04/3018:34
記事全文<四国電力の千葉昭社長は30日の記者会見で、再稼働に向け作業を進 
めている伊方原発3号機について「できるだけ早くというスタンスは変わらな 
い」としながらも九州電力の川内原発が優先的に審査されている現状に触れ、 
「夏の再稼働は厳しい」との見方を示した。>

23.<東北電 海輪社長:再値上げは回避したい=「復興の妨げ」に >時事 
通信04/3016:32
記事全文<東北電力の海輪誠社長は30日の決算会見で、電気料金の再値上げに 
ついて「被災地の復興の妨げになるので心苦しい。経営の効率化を深掘りして再 
値上げを回避したい」と述べた。また、再値上げ回避の根拠として「これまで電 
気料金値上げの認可を受けた6社の中で、当社は原発の比率が低く、再稼働が遅 
れる影響も他電力に比べて小さい」と語った。>
・・・・・・北陸電力も原発比率は少ない。

24.<北海道電、3期続け大赤字 「夏ごろ再値上げ判断」>朝日デジタル 
2014年5月1日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG4Z42RRG4ZIIPE006.html
<北海道電力が30日発表した2014年3月期決算は、純損失が629億円 
と、3期続けての大赤字になった。川合克彦社長は、泊原発(泊村)が再稼働で 
きなければ、「夏ごろには再値上げについて最終判断をせざるを得ない」と明言 
した。・・・・・・・・・・>

海外、
25.<安倍首相に脱原発訴え=首脳会談場前でデモ-ベルリン>時事通信 
04/3023:44
<【ベルリン時事】安倍晋三首相とドイツのメルケル首相の首脳会談が行われた 
ベルリンの首相府前で30日、会談時間に合わせ、市民や在留邦人ら約50人が 
安倍首相に脱原発を訴えるデモを行った。デモ隊は「安倍首相に抗議します」と 
の横断幕を掲げ、「再稼働反対」「さよなら原発」とシュプレヒコールを上げた。
参加した主婦ヘートウィヒ・ツォーベルさん(63)は「東京電力福島第1原発 
の事故が起きた日本で原発が再稼働されたら最悪」。タクシー運転手ベルント・ 
フリーベーゼさん(54)は「安倍首相に国民と子供を守れと言いたい」と話し 
た。>

26.<米テキサス州の電力大手が破綻 負債総額4兆円超>朝日新聞デジタル 
4月30日(水)10時46分配信
記事全文<米西部テキサス州で発電事業などを手がける電力大手エナジー・ 
フューチャー・ホールディングス(EFH、本社テキサス州)は29日、米連邦 
破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破綻(はたん) 
した。負債総額は約400億ドル(約4・1兆円)。米調査会社によると、負債 
総額の大きさは、1980年以降に倒産した米企業の中では8番目の規模という。
EFHはテキサス州の約150万世帯に電力を供給しており、破綻後も事業を続 
けながら経営再建をめざす。すでに、お金を借りている債権者らに借金(負債) 
の一部を棒引きにしてもらうことなどを柱とした再建計画をまとめていて、11 
カ月以内に再建手続きを終える見込みだという。>

原発関連施設
27.<再処理工場の安全審査、長期化の様相>デーリー東北2014/4/30 09:00
記事全文<新規制基準に基づく使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の安全審 
査は、1月中旬のスタートから3カ月余りが経過。原子力規制委員会側の指摘や 
示唆を踏まえ、日本原燃は重大事故対策の拡充や断層の追加調査など申請内容の 
見直しを迫られ、審査は長期化の様相を呈しつつある。原燃が計画通り10月に 
工場を完成させるには、あと3、4カ月程度で審査を終える必要があるが、困難 
な見通しが強まっている。>

脱原発のうごき、
28.<脱原発:静岡・湖西市長、訴え講演??名古屋 /愛知>毎日新聞 2014 
年04月30日 地方版
記事全文<反原発を訴える全国の市町村長らでつくる「脱原発をめざす首長会 
議」世話人の三上元(はじめ)・静岡県湖西市長(69)の講演会が29日、名 
古屋市昭和区で開かれた。三上市長は、元経営コンサルタントの経験から、経費 
の面からも脱原発を進めるべきだと主張した。また「国は原発の低コストを主張 
するが、放射性廃棄物の保管料や廃炉費用などを含めると火力発電などより割高 
だ」と指摘した。湖西市は、中部電力浜岡原発から約60キロ離れている。三上 
市長は、事故が起きた東京電力福島第1原発から同距離の福島県伊達市などで除 
染の様子をつぶさに見て、「60キロでも(原発事故で被害を受ける)地元だ」 
と主張する。愛知県についても「100キロ先でもホットスポットと呼ばれる
放射線量が多い地点が生じる」と訴えた。講演後には「河村たかし名古屋市長も 
首長会議会員。積極的な活動に期待したい」と強調した。>

参考記事、
29.<米、核弾頭4804発保有と公表 最多時期から85%減>朝日新聞デ 
ジタル 5月1日(木)0時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140501-00000002-asahi-int
<米国のゴットメラー国務次官は29日、国連本部で開催中の核不拡散条約 
(NPT)再検討会議第3回準備委員会で、米国が保有する攻撃に使用できる核 
弾頭は昨年9月時点で4804発だと公表した。最多だった1967年の3万 
1255発に比べ、85%減った。核弾頭について、米国防総省は2010年の 
NPT再検討会議で機密指定を解除。09年9月時点では、5113発としてい 
た。・・・・・・・・・・・・・・・・>
・・・・・・・・それでも、4804発もある、地球が何個も破滅させられる 
数・・・・・。

30.<電力 首都へ 中編・戦後再編](11)分割への定見なく変心>新潟 
日報2014/04/29 09:23
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20140429109232.html
<連合国軍総司令部(GHQ)は、信越地区の電気事業を独立させる10分割案 
を自ら示しながらも結局、9分割する政府案を認めた。電力供給区域外に発電所 
を持たせないとする属地主義へのこだわりも捨て去った。その結果として、東京 
電力が供給区域外の本県や福島県に原発を建設する素地がつくられたことにな 
る。政府案が認められたのは1950(昭和25)年3月11日。東電福島第1 
原発事故発生のちょうど61年前に当たる。
GHQの変心はなぜか。電気事業再編の歴史に詳しい一橋大大学院教授の橘川武 
郎(62)は「GHQには地域分割について定見がなかった。組織も一枚岩では 
なかった」と指摘する。その根拠として、分割案の地区数が「5→7→9→10」 
と変遷したことを挙げる。組織内の人によって推す案が異なったため「非常にぶ 
れていた」という。属地主義の撤回についても、橘川はGHQの調査不足が背景 
にあるとみる。「アメリカでは、よその地域に出て行って発電所をつくるという 
仕組みがなかったから嫌がったのだろう。しかし調べてみると、日本ではそれが 
自然だと分かったのではないか」・・・・・・・・・・・・・・・
占領終結は電気事業再編に関与できる期限ともいえる。だが、政府案の法制化は 
国会の抵抗を受けて停滞した。再編自体が暗礁に乗り上げる恐れが出ていた。 
「再編成が進捗(しんちょく)しないことになれば…今後は見返り資金の融資も 
受けられず」と書かれている。電源開発のための米国による融資を“人質”に、再 
編の実施を強く迫ったのだ。首相・吉田茂は民主的手続きをあきらめ、50年 
11月24日、ポツダム宣言に基づく政令という強硬手段で再編成を実現させ 
た。本県は東北地区に組み込まれた。>

30’.<[電力 首都へ 中編・戦後再編](12)国家管理、本県「東北」 
に>新潟日報2014/04/30 09:32
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20140430109233.html
<・・・・・・・・ここで、そもそもの疑問について考えたい。本県はなぜ、東 
北配電のエリアだったのか。時は第2次世界大戦下の1940(昭和15)年に 
さかのぼる。全国の発電・送電は既に「日本発送電」が独占し、国家管理体制が 
敷かれていた。・・・・・・・
逓信省電気庁は10月に全国を9地区に分ける原案をつくった。電気庁第一部長 
として携わった田倉八郎は戦後に出した自著で、当時悩んだことを明かした。  
「新潟は北陸に入れるか、東北に入れるか、関東に入れるか」
 電気庁原案で、本県は富山、石川、福井3県と長野県北部などによる「北陸地 
区」に入った。だが、南北に分断される長野県の猛反発もあり、国は同24日、 
北陸地区を設けず全国を8地区に分ける案を決定。本県は東北地区に、残り4県 
は中部地区に組み込まれた。
・・・・・・その後、本県と長野県はなぜか矛を収めたが、北陸3県は“独立運 
動”を続けた。国は41年8月30日、全国の配電事業を9地区に分ける配電統 
制令を公布し、北陸地区が復活した。同時に、本県の東北地区入りが確定したの 
である。田倉は自著で振り返る。「電気庁原案がそのまま通っていたら北陸は新 
潟県も含んでいただろう。運命というか、チャンスというか、その微妙さを感じ 
る」>
・・・・・この二つの記事はこの新聞社の会員登録してどうぞ。簡単です。

31.<(プロメテウスの罠)震災と皇室:14 窓は開けたままに>朝日2014 
年4月30日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11111601.html
<◇No.905 宮城県の次は岩手県だった。連休明けの2011年5月6日、 
天皇と皇后は花巻空港で自衛隊ヘリに乗り継ぎ、釜石市に着いた。もともとは宮 
城県の5日後、2日の予定だったが、悪天候で4日延期されてい 
た。・・・・・・・・・・・・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面トップに、6’の記事、3面にも関連記事があると、
その横に4’.の記事、2,24面にも関連記事があると、
2面下方に、1”.の記事、
24面九州経済欄に、4’.の社長会見記事。
今朝の紙面は以上です。(5.1.5:16)
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ 
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 紅林進 さんから:
毎週金曜日、首相官邸前で続けられてきた「再稼働反対!首相官邸前抗議」
ですが、明日5月2日(金)で、通算100回目を迎えるとのことです。
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4142

※再稼働反対!首相官邸前抗議!
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4142

※★通算100回目★
再稼働反対!首相官邸前抗議
日時:2014年5月2日(金)18:00~20:00
予定
場所:首相官邸前および永田町・霞が関一帯
(国会議事堂前駅、霞ヶ関駅、虎ノ門駅、桜田門駅をご利用ください)
呼びかけ:首都圏反原発連合

↓以下の「ツイート」ボタンで情報拡散のご協力をお願いします!↓

ツイート文:★通算100回目★【0502 再稼働反対!首相官邸前抗議】
2012年抗議開始から今週は100回目を迎えます!福島を忘れ原発再
稼働へ暴走する安倍政権に猛烈抗議!声をあげ続けましょう!5/2
(金)18~20時、首相官邸周辺で大規模抗議
→http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4142

ツイート文:【0502 再稼働反対!首相官邸前抗議】汚染水対策、事故
処理もままならないのに日本のベース電源を原発とし、《川内(せんだい)
原発再稼働》強行へ急ぐ安倍政権に徹底抗議を! 5/2(金)18~20時、
首相官邸周辺で大規模抗議→http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4142


ツイート文:【0502 再稼働反対!首相官邸前抗議】国民の声をきかず
「2030年原発ゼロ」方針を撤回、「エネルギー基本計画」を閣議決定した
安倍政権に徹底抗議を!5/2(金)18~20時、首相官邸周辺で大規模抗
議→http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4142

ツイート文:【0502 再稼働反対!首相官邸前抗議】汚染水対策もまま
ならないこの現状!川内、浜岡、女川、島根、柏崎刈羽、泊、大飯、高浜、
伊方、玄海、原発再稼働などしている場合か! 5/2(金)18~20時、首相
官邸周辺で大規模抗議→ http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4142

※原子力市民委員会 http://www.ccnejapan.com/?が作成していました
「脱原子力政策大綱」が完成し、4月12日(土)に発表されました。

奇しくもその前日4月11日(金)には、原発回帰を明記した新しいエネ
ルギー基本計画が閣議決定されました。

脱原子力政策大綱 http://www.ccnejapan.com/?page_id=3000 は膨大
なものですが、その中の第5章「原発ゼロ社会への行程」を中心に紹介
して、脱原発に向けて行財政の仕組みをどのように作り変えていくべきか、
議論するセミナーが5月8日(木)に衆議院第二議員会館で開催されます。

そのご案内を転載させていただきます。
  ------------------------------------------------------------------------
【5/8】
原発ゼロ社会への行程(脱原子力政策大綱より)
~行財政の仕組みをつくりかえる~
http://e-shift.org/?p=2999
-------------------------------------------------------------------------
2014年4月11日(金)、原発回帰を明記した新しいエネルギー基本計画が
閣議決定されました。
奇しくもその翌日に発表されたのが、「脱原子力政策大綱」です。
2013年4月から様々な分野の市民や専門家が集い議論を重ねてきました。
本セミナーではその中で、「原発ゼロ社会への行程(第5章)」を中心に扱い、
行財政の仕組みをどのように作り変えていくべきか、議論します。

▼脱原子力政策大綱
http://www.ccnejapan.com/?page_id=3000

【日時】
2014年5月8日(木)? 12:30~14:30
【会場】 衆議院第二議員会館 多目的会議室
    (東京メトロ「国会議事堂前」駅、「永田町」駅下車)
国会周辺図http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics 
/kokkaimap.htm
【資料代】
1000円
(「原発ゼロ社会への道――市民がつくる脱原子力政策大綱」をお持ちの方は無料)

【プログラム】
1.eシフト、原子力市民委員会の取組み紹介
「脱原子力政策大綱」とは
2.大島堅一(立命館大学経済学部教授)
原発ゼロ社会への行程の基本的アウトライン
3.松原弘直(環境エネルギー政策研究所)
現状の体制の課題:
新エネルギー基本計画、原子力損害賠償支援機構法の改正、
再生可能エネルギー導入や再稼動に関する判断体制など
4.質疑応答

【主催】
原子力市民委員会 http://www.ccnejapan.com/
  eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) http://e-shift.org
【問合先】 eシフト事務局(FoE Japan内)
T: 03-6907-7217 F: 03-6907-7219? http://e-shift.org


★ 味岡修 さんから:
  経産省前テントひろば962日目、テント日誌4月29日(火)特別版 商業 
用原発停止226日目

「川内(せんだい)原発動かすな!東日本決起集会」実行委員会呼びかけ 川内 
原発再稼働反対現地行動参加に向けた決意を固めるための
 東日本での集会についての第1回実行委員会のご案内

 原子力規制委員会は3月13日、九州電力川内原発を最優先させて適合審査を行 
うことを決定しました。安倍内閣は4月11日、民主党政権が2012年に決めた原発 
ゼロの基本方針を全
く無視して新エネルギー基本計画を閣議決定しました。そして川内原発を再稼働 
させることで、それを全国の原発再稼働に繋ぎ、彼らのエネルギー計画を実行し 
ていこうとしていま
す。もちろん、3年前の東電福島原発事故はまだ続いており、何も問題は解決し 
てはいないのです。
 
安倍内閣はまた今国会で、憲法解釈をもって集団的自衛権を可能とする閣議決定 
を行おうとしています。原発推進、集団的自衛権、TPPなどについて、「国 
民」大多数が反対して
いるにもかかわらず、小選挙区制で得た国会多数議員の力を背景に強引に進める 
手法は憲政史上まれに見る極めて反動的な事態です。
 
川内原発再稼働が原発推進の突破口となるのは明らかです。川内原発の再稼働に 
反対する具体的闘いは、原発に反対し原発再稼働に反対する全国的な声、その運 
動を川内原発に集中
する全国的な闘いとならなければなりません。
 
このような状況の中で、先の4月26日―27日京都での再稼働阻止全国ネット 
ワークの合宿後、4月28日(月)夜に約25名で準備会を開催し、川内原発再 
稼働阻止の現地行動
(鹿児島あるいは薩摩川内市)を具体的に呼び掛けるための東日本における決起 
集会を開催することを決定し、そのために「「川内(せんだい)原発動かすな! 
東日本決起集会」実
行委員会を結成することとなりました。

この集会の意義は、川内原発再稼働反対の現地行動に参加する者、これを財政的 
に支援する者の決意を固めることにあります。
● 川内原発再稼働反対の現地闘争に参加する決意を固めよう、これを内外に示 
そう、
● 川内現地での闘いに参加する財政的支援問題について広く協力を呼びかけよ 
う、というものです。

川内原発再稼働に反対する全九州レベル、また関西レベルでの準備も進んでいま 
す。この集会に向けて、原発に反対する全ての人々、団体・グループの代表の皆 
様による第1回実行
委員会を下記の要領で行いたいと思います。是非お集まり願います。

       記

「川内(せんだい)原発動かすな!東日本決起集会」第1回実行委員会
 日時:2014年5月5日(月、休日) 16時~18時
 場所:たんぽぽ舎「スペースたんぽぽ」(水道橋ダイナミックビル4階)
 実行委の呼びかけ団体(未定、準備会参加団体、あいうえお順):9条改憲阻 
止の会、経産省前テントひろば、原子力資料情報室、再稼働阻止全国ネットワー 
ク、首都圏反原発連
合、たんぽぽ舎、福島を返せ 福島原発事故緊急会議他
 (連絡先:090-3919-0604、070-6473-1947)

★ 井上澄夫 さんから:
本「NEWS」の諸記事冒頭に4・30付琉球新報・社説「防衛局回答 法治主 
義を否定するのか」を配します。
 新報の社説にはまっとうな怒りが噴出しています。多くの人が共感するでしょ 
う。内容を抄出したり、URLを知らせることで同社説をできるだけ広めること 
にご協力ください。
 法に基づかない行政の恣意的行為を許せば、憲法が保障する民主政治そのもの 
が崩壊します。法治を踏みにじる安部の人治を打ち砕きましょう。

------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 迄>●
〒住所氏名電話番号冊数よろしく。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!福岡」例会 5月9日(金)18時30分~ ●
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
       福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
          地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

● 九電株主総会で再稼動を阻止するための行動●
   6月26日(木)「8:30集合」。
場所:ホテルニューオータニ博多
住所:福岡市中央区渡辺通1-1-2 tel092-714-1111
            地図:http://tinyurl.com/kfd8lpm

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
         第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
               原告総数 原告総数  7666 (4/25現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 小出裕章さん講演会 ●
日時: 9/26(金)開場19:00 / 開始19:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5?8 tel092?714?5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

○-----------------------------○
           ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1?82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************














CML メーリングリストの案内