[CML 030550] 大企業に支配されるマスコミ

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 3月 29日 (土) 13:14:41 JST


 坂井貴司です。
 
 日本では安倍首相が「お友達」をNHKの会長や経営委員に送り込んで、公共
放送を支配しようとしています。
 
 アメリカでは、共和党と深いつながりがある大企業がテレビや新聞を丸ごと買
収し支配しています。

 レーガン以降の共和党政権は規制緩和を勧めました。これによってマスコミ企
業を大企業が買収することが可能になりました。独占禁止に触れるとされたマス
コミ企業の合併も可能になりました。
 その結果、ビッグ5と呼ばれるメディア・コングロマリットにマスコミは牛耳
られました。

 影響は番組制作の姿勢に現れるようになりました。「スポンサーのご機嫌を損
ねる番組は作らない」が暗黙の了解になりました。
 さらにそれが顕著なったのは、9.11同時多発テロ以降のイラクとアフガニ
スタンの戦争報道でした。アメリカのメディアはブッシュ政権の発表をひたすら
垂れ流し続けました。「タリバンをやっつけるアメリカ軍を歓迎するアフガニス
タン人たち」、「イラクを解放してくれたアメリカ軍に感謝するイラク人たち」
という報道を洪水のように流しました。一方でアメリカ軍の無差別攻撃によって
死亡したアフガン人やイラク人の姿はまったく報道しませんでした。アメリカの
占領に抵抗するアフガン人やイラク人をテロリストと罵りました。

 この状況は、マスコミに対する不信感を招きました。「マスコミは事実を報道
しないから信用できない。インターネットしか信用しない」というアメリカ人は
増えました。

 元CBSキャスターのダン・ラザー、ウィキリークスのジュリアン・アサンジ、
“デモクラシー・ナウ”のエイミー・グッドマンへの取材を通して危機に瀕する
「報道の自由」を問います。

NHKBS1
「報道の自由と巨大メディア企業〜アメリカで何が起きているか〜」
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/140402.html

放送日:4月2日
放送時間:水曜深夜[木曜午前 0時00分〜0時50分]

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


 


CML メーリングリストの案内