[CML 030538] Re: 医療被曝についての話 +■ 笹本征男さん 占領下の原爆調査が意味するもの(上・下)他

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2014年 3月 29日 (土) 02:05:43 JST


hinokihara転石  様

ご紹介いただきました情報。
日本は、放射線による世界一の医療被ばく大国の仰天内容情報など。
貴重な情報をありがとうございます。

みなさん、ご紹介動画ご視聴お薦めです!


ni0615田島   様
いつも内部被ばくに関する、お知らせ情報、勉強会、本当にありがとうございます。
ごくろうさまです。

M.nakataです。

----------------------
▼中村隆市ブログ 「風の便り」
日本は、放射線による世界一の医療被ばく大国
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-6992
●日本は世界で最も医療被ばくが多く、それが原因でガンになる人の比率も世界一多い。
(日本での発がん数に占めるエックス線検査による割合は4.4%にもなり、イギリスの七倍)
-------------------------


ご紹介の▼中村隆市ブログ 「風の便り」。
ここの紹介ブログにも、名前が挙がっている、★【笹本征男さん】の研究文献などは、
興味深い内容で、一杯一杯ダウンロードして、私が深くこころひかれる方です。

これからも、彼の研究著作本を、ぜひ手元に置き、笹本さんの鋭い視点。
業績・遺徳を広げたいと思います。

『人間の倫理』について、人間の罪の意識、日本社会における『倫理』『責任』『良心』と、
宗教・組織・集団との関係を、これからも、自分なりに深めて考えていきたい思っています。


●笹本征男さんの日本占領史文献には、原発が爆発したすぐに、
九州に避難されて来たという方が、私にtwitterで教えて下さったご縁で、
この原爆問題の研究会資料集に出会いました。

避難されてきて、教えていただいたその方は男性で、今年の1月始め頃に、
突然死されていました。twitterで情報が周りの方から入り、知って身近な関係で大変驚きました。

東北から、爆発事故後に、すぐに九州へ避難されてきた男性(40代〜50代)でした。

九州での講演会は、中継や、録画で、この方が司会・進行される映像を見たり、
勉強会は、よく視聴勉強させてもらっていました。
内部被ばくは、やはり自分の身近な人にも迫ってきています。

下記に、笹本征男さん 関係を参考に、一杯になりますが、貼り付けさせていただきます。。


(下記転送歓迎・貼り付け開始)
****************************************************************************

■リビングサイエンスアーカイブス


笹本征男 - Wikipedia

ja.wikipedia.org/wiki/笹本征男 - キャッシュ

▼笹本 征男(ささもと ゆくお、1944年 - 2010年3月20日)は、日本の在野の歴史家。専門 は日本占領史。 「大量虐殺を受けた側が、それをなした側に全面協力して、その
大量 虐殺兵器の効果を徹底的に科学調査し、その成果を余すところなく提供する、という転倒 ...

経歴-著書・訳書・論文-外部リンク-脚注


■笹本征男さん 占領下の原爆調査が意味するもの(上) (リビングサイエンス) ...


www.csij.org/archives/2007/02/interview5.html - キャッシュ

▼笹本征男さん(占領史研究家) ささもと・ゆくお 1944年島根県生まれ。中央大学法学部 卒。在韓被爆者問題市民会議会員。占領・戦後史研究会会員。著書に『米軍占領
下の 原爆調査 原爆加害国になった日本』(新幹社、1995)。訳書に『占領軍 ...


■笹本征男さん 占領下の原爆調査が意味するもの(下) (リビングサイエンス ...


www.csij.org/archives/2007/02/interview5_1.html - キャッシュ


▼笹本征男さん(占領史研究家) ささもと・ゆくお 1944年島根県生まれ。中央大学法学部 卒。在韓被爆者問題市民会議会員。占領・戦後史研究会会員。著書に『米軍占
領下の原爆調査 原爆加害国になった日本』(新幹社、1995)。訳書に『占領軍


■笹本 征男(ささもと ゆくお、1944年 - 2010年3月20日)は、日本の在野の歴史家。専門 は日本占領史。 「大量虐殺を受けた側が、それをなした側に全面協力して、そ
の大量 虐殺兵器の効果を徹底的に科学調査し、その成果を余すところなく提供する、という転倒 ...

●本会議の代表 笹本征男は 2010 年3月 20 日死去しました。 享年 65 歳。本号は笹本 征男を偲び多くの方々から寄せられた追悼. 文を中心に追悼号として発行しま
す。(掲載 順不同). 在韓被爆者問題市民会議. 〒. 114. ?. 0024東京都北区 ...

----追悼文抜粋--------------------------------------------------------------------------------------- 

米軍占領下の原爆調査』を生み出したその人の存在感は大きかった。在野にあって何らの安定した報酬や見返りも望み得ないかわりに、「大量虐殺を受けた側が、それをなした側に全面協力して、その大量虐殺兵器の効果を徹底的に科学調査し、その成果を余すところなく提供する、という転倒がなぜ成立したのか」という根源的な問を手放さず、それを学問的に、そして自身をも含めて背負うべき倫理・責任の問題として、執拗に追究する笹本さんの姿



??自由な批判精神を体現したその姿に、やはりメンバーの皆が圧倒されていたのだと思う。 『米軍占領下の原爆調査』で提起した問いを年下の世代の仲間と一緒にさらに深く検証する作業がまさに軌道に乗ってきた時期に(その成果の一端は今年の8月6日の広島放送局のNHKスペシャルに反映されるだろう)、そして英語圏での学術発表によって(2009年英国ケンブリッジにて)幾人もの有力な海外の研究者の注目を集め始めた矢先に、急逝されたことは、かえすがえすも残念であり、笹本さんの胸中、その無念さはいかばかりであったろうか。



研究会で、持ち寄った資料を手に延々と議論を続けながら、笹本さんが私たちに伝えたのは、「隠蔽されたかに見える支配者層や科学者コミュニティの真意や駆け引きの真相をあぶり出すためには、小さな事実を緻密に発掘して積み上げていく努力を怠ってはならない」ということだったと思う。そして私たちメンバーは、“市民科学史家”笹本征男の薫陶を受けて巣立とうともがいている雛鳥の群れだった、と言えるので

******************************************************************************************************************
____________________________________________

----- Original Message ----- 
From: "hinokihara" <hinokihara at mis.janis.or.jp>
To: "市民のML" <cml at list.jca.apc.org>
Sent: Friday, March 28, 2014 7:53 AM
Subject: [CML 030508] 医療被曝についての話


檜原転石です。
日本は医療被曝大国といわれています。
以下に、牛山元美医師の実体験に基づく興味深い話があります。

▼2.「医療被曝も本当は身体に悪いんだよ」牛山元美医師3/18臨床医が見たチェルノブイリ、福島の現状 (文字起こし)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3633.html

▼中村隆市ブログ 「風の便り」
日本は、放射線による世界一の医療被ばく大国
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-6992

_________________________________________________________________



CML メーリングリストの案内