[CML 030456] 4/1にも閣議決定へ【本日26日】武器輸出反対!公明党申し入れ&緊急院内集会へ

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2014年 3月 26日 (水) 01:16:00 JST


★4月1日(火)にも閣議決定へ。武器輸出国になり果てるな!
 <3月26日:公明党本部へ再申し入れ&緊急院内集会へ>

東京の杉原浩司(秘密保護法を考える市民の会)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

絶対絶命の「武器輸出禁止三原則」。25日に行われた与党プロジェクトチ
ーム会合の「大筋合意」を伝える報道によれば、「重要案件」以外の武器
輸出は、「年次報告書」の発表まで、まさしくブラックボックスに入るこ
とになります。また、国際共同開発に参加する場合は、武器の第三国移転
の際の日本政府の事前同意を不要とするという、恐るべき内容も含まれて
います。

今後の見通しについては、「両党内の手続きを経て、政府は4月1日の閣議
決定をめざしている」「自公両党は26日に安全保障関連部会をそれぞれ開
き、週内に手続きを終える考えだ」とされています。

装備輸出新原則、与党が了承 全案件をNSCに報告し公表(3月25日、日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2503X_V20C14A3PP8000/

武器輸出の年次報告書公開へ 与党が新三原則案大筋了承(3月25日、産経) 
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140325/plc14032519200024-n1.htm

武器輸出の新原則、与党が大筋了承し閣議決定へ(3月25日、ロイター)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2O07720140325

本当に時間がありません。本日26日(水)には自公両党の安全保障関連部
会が行われるため、改めて公明党のキーパーソンへの緊急要請を呼びかけ
ます。また、本日は11時から公明党本部への再度の申し入れ、16時から緊
急院内集会(ピースボート共同代表の川崎哲さんの発言も決まりました)
を行いますので、ぜひご参加、ご注目ください。

なお、IWJによるUstream中継も予定されています(事前に中継チャンネル
をご確認ください)。

★一人ひとりが歴史の中で試されています。今、具体的に声をあげること
がどうしても必要です。ファックス、電話や新聞等への投書、マスコミに
きちんと取り上げるよう働きかけるなど、ぜひそれぞれの方法で動いてく
ださい!!!!!

<ツイッター用>
4月1日にも閣議決定か。【緊急院内集会】「武器輸出三原則を捨てて、日
本はどこへ行くのか」3月26日(水)16時~18時、参議院議員会館B104、
講演:青井未帆さん(学習院大学)、発言:川崎哲さん(ピースボート)
他、500円。 http://bit.ly/1doU7q5

<引き続き、公明党のキーパーソンに要請を集中してください!>
閣議決定するな!【公明議員にFAXを】STOP!武器輸出国
http://datsugenpatsu.sblo.jp/article/90446557.html

---------------------------------

【緊急アクション】
STOP!武器輸出 引き返してよ!公明党
3.26 公明党本部 再びの申し入れ

3月19日、前日に電話でアポイントをとったにも関わらず、公明党本部は
「聞いていない」と申し入れを頑なに拒否(結局ポストに要請書を投函)。
今度こそとしっかりアポイントをとって、本部会館内の会議室にて要請書
を提出します。可能な方はぜひご参加ください。

日時: 3月26日(水) 午前11時~(10時45分にJR信濃町駅改札外に集合)
公明党本部に申し入れ ※要請書を提出。本部前でプラカードを掲げアピールも。
呼びかけ:秘密保護法を考える市民の会(当日連絡先 090-6185-4407 杉原) 

※IWJによる貴重な記録映像。
政党への申し入れも「テロ」とみなされる?!
~公明党、武器輸出に反対する市民の声を徹底排除(2014/3/19)
→ http://iwj.co.jp/wj/open/archives/130037


【緊急院内集会】

武器輸出三原則を捨てて、日本はどこへ行くのか

日時: 3月26日(水)16時~18時(15時30分から通行証を配布します)
     
会場:参議院議員会館 B104会議室
      (最寄駅:東京メトロ・永田町、国会議事堂前)
     
講演:「武器輸出三原則を撤廃してはならない理由」
         青井未帆さん(学習院大学 法務研究科教授)
        
   ※憲法学者。主な研究テーマは憲法上の権利の司法的救済、憲法
    9条論。著書に『憲法を守るのは誰か』(幻冬社ルネッサンス新
    書)、共著に『改憲の何が問題か』(岩波書店)など。

発言:川崎哲さん(ピースボート共同代表)他、市民から     
   国会議員から

資料代:500円

 安倍政権は、「武器輸出禁止三原則」を撤廃し、新たな「防衛装備移転
三原則」を3月中にも閣議決定しようとしています。「原則禁止」から
「原則可能」への大転換です。半世紀近くにわたって、「日本は死の商人
にならない」とのメッセージを伝えてきた武器輸出禁止政策がついに終わ
りを告げようとしています。

 しかし、世論調査では、武器輸出三原則の撤廃に反対するとの回答は、
実に7割近くに達しています。「国是」とも言われ、憲法9条や国会決議に
基づいて維持されてきた重要な平和原則を、閉ざされた与党協議と閣議決
定のみで撤廃していいのでしょうか。

 武器輸出三原則の歴史的意義と現状をどう見ればいいのか。その撤廃に
よって、何が企てられているのか。そして、性急な撤廃の動きを食い止め
るために、何ができるのか。青井未帆さんの講演を受けて、しっかり討論
したいと思います。ぜひお誘い合わせのうえご参加ください。

主催:秘密保護法を考える市民の会
   東京都新宿区下宮比町3-12-302  
   TEL:03-5225-7213
   E-mail: XLA07655(アット)nifty.com
       ※(アット)を@に変えてください。
   http://stophimitsu.cocolog-nifty.com/
   問い合わせ先  090-6185-4407(杉原)

-------------------------------

【参考情報】

<特集まるごと> NHKニュースウォッチ9(3月13日)
「武器輸出三原則 見直しへ」
http://www9.nhk.or.jp/nw9/marugoto/2014/03/0313.html

特集ワイド:今さらですが 
武器輸出三原則 共同開発、供与…進む緩和 「平和主義」守れるか
(1月31日、毎日夕刊)
http://web-kenpou.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-22fe.html

武器輸出三原則を考える
(青井未帆/信州大学法学論集、2005年)
https://soar-ir.shinshu-u.ac.jp/dspace/bitstream/10091/3858/1/shinshu_law_review05_01.pdf

<3月21日(金)の毎日新聞もぜひご一読を>
【論点】武器輸出三原則見直し:
青井未帆(学習院大学)「平和国家理念 大きく転換」
 VS 岩屋毅(自民党安全保障調査会長)「安全保障協力の支障解消」

<武器輸出派の本音が全開の新刊>
『武器輸出三原則はどうして見直されたのか』(森本敏編著、海竜社)
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1353-6.html
※折木良一(前統合幕僚長)、西山淳一(元三菱重工)、秋山義孝(前防
衛省技術研究本部長)、村山裕三(同志社大)、ケビン・メアら「日米軍産
学複合体」のコアメンバーによる座談記録。 



CML メーリングリストの案内