[CML 030454] 名護市長選勝利に続き、沖縄市長選・沖縄県知事選に勝利し安倍暴走政権に痛打を浴びせよう!【沖縄タイムス】沖縄市長選告示まで1カ月 民意集約に力

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 3月 25日 (火) 22:03:30 JST


「盛大な拍手の中、登壇した稲嶺市長は「県内外、海外からの大きな応援を受けて名護市民は、政府のすさまじい介入をはねのけ、基地の苦しみを子や孫には絶対に引き継がせないと示すことができた。もう一度、ウチナーンチュ(沖縄県民)の心を一つにまとめよう。名護市民は、県民は、それができる」と力を込めました。

 かりゆしグループ最高経営責任者の平良朝敬氏は「稲嶺市長の再選は、本当に沖縄の救いだった。名護のすばらしい宝物を未来に残していく上でも、知事選は沖縄の将来を取り戻すたたかいになる。ともに頑張ろう」と呼びかけました。」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「島袋陣営は県関係自民国会議員を強引に翻意させるなど、辺野古移設を強行する自民党政権の姿勢を争点化。市民世論を喚起し、無党派層や保守層の一部を取り込む狙いだ。」

「「平和なくして観光産業は成り立たない」。8日開かれた島袋後援会の事務所開き。かりゆしグループの平良朝敬CEOが急きょあいさつに立った。応援に駆け付けた理由を平良CEOは「戦争が起きれば沖縄が真っ先に狙われる。安倍政権の暴走を沖縄から止めないといけない」と強調。嘉手納基地を抱える沖縄市も例外ではなく「経済人が声を上げる時だ」と訴える。

 仕掛けたのは選挙対策を担う陣営幹部。「敵は桑江さんではなく、自民党、日本政府という形に持っていく」のが狙いだと明かす。」

「こうした中、無党派層を取り込む鍵となるのが「辺野古移設」に対する安倍政権の対応だ。沖縄の民意を無視し、移設を推し進めようとする政権の姿勢を批判することで、市民世論を喚起。基地問題は革新政党のイメージが強いため、中道の県議や経済人が主張を展開、保革の枠にとらわれない「オール沖縄市」で臨む選挙だとアピールし、無党派層を取り込む狙いだ。」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

写真&IWJ動画:120名の参加で成功!【京都】Xバンドレーダー基地着工反対 3.21京都集会
http://okinawa-kyoto.hatenablog.com/entry/2014/03/23/182153

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

沖縄市長選告示まで1カ月 民意集約に力
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=65128

2014年3月20日 05:35

 4月27日投開票の沖縄市長選は告示まで1カ月となった。立候補を予定する元副市長の島袋芳敬氏(64)と県議の桑江朝千夫氏(58)の両陣営はともに市民党的立場で民意の集約に力を入れる。島袋陣営は県関係自民国会議員を強引に翻意させるなど、辺野古移設を強行する自民党政権の姿勢を争点化。市民世論を喚起し、無党派層や保守層の一部を取り込む狙いだ。一方、桑江陣営は「移設は沖縄市の問題ではない」と争点化を避け、失業率や空き店舗率の高さなど「市民の暮らし」にかかわる課題を重点に据える方針だ。(中部支社・仲田佳史)

 「平和なくして観光産業は成り立たない」。8日開かれた島袋後援会の事務所開き。かりゆしグループの平良朝敬CEOが急きょあいさつに立った。応援に駆け付けた理由を平良CEOは「戦争が起きれば沖縄が真っ先に狙われる。安倍政権の暴走を沖縄から止めないといけない」と強調。嘉手納基地を抱える沖縄市も例外ではなく「経済人が声を上げる時だ」と訴える。

 仕掛けたのは選挙対策を担う陣営幹部。「敵は桑江さんではなく、自民党、日本政府という形に持っていく」のが狙いだと明かす。

 保守、革新市政を問わず重用されてきた島袋氏は歴代の市長や助役の多くが支持している。前副市長の肩書もあって、市役所OBや一部企業には知られているが、陣営幹部は「市民にはほとんど知られていない」と知名度不足を課題に挙げる。

 新人の島袋氏に対し、現職県議の桑江氏は市議選、県議選、2006年の市長選とこれまで6回の選挙を戦っているため、島袋陣営幹部は現段階では知名度の面などから桑江氏が「有利」とみる。

 こうした中、無党派層を取り込む鍵となるのが「辺野古移設」に対する安倍政権の対応だ。沖縄の民意を無視し、移設を推し進めようとする政権の姿勢を批判することで、市民世論を喚起。基地問題は革新政党のイメージが強いため、中道の県議や経済人が主張を展開、保革の枠にとらわれない「オール沖縄市」で臨む選挙だとアピールし、無党派層を取り込む狙いだ。

 一方、桑江陣営の幹部は「普天間は沖縄市の行政に直接かかわる問題ではない」と反論。2期8年の東門市政で高い失業率や空き店舗、待機児童といった問題が解決されてないと指摘し、「辺野古移設を争点にしている余裕はないはずだ」と訴える。

 「沖縄市の復活」をキーワードに、東門市政を継承する島袋氏の批判を強めることで争点化を回避する考えだ。陣営幹部は選挙戦はあらゆる層を取り込むため「互いに争点のつくり合いになる」と指摘。「市民の関心の高い分野でこちらも攻めていく」と話した。


知事選でも心一つに

市長激励会で稲嶺氏

沖縄・名護

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-03-23/2014032304_02_1.html

(写真)参加者と交流する稲嶺市長=21日、沖縄県名護市

 沖縄県名護市辺野古へ新基地を押し付ける安倍政権・自民党本部の圧力をはね返し、1月の市長選で圧勝した稲嶺進市長の2期目就任を激励する会が21日、同市内で開かれました。

 実行委員会の主催で、県内外から参加した1000人以上が、稲嶺市長を支えて「オール沖縄」の民意を再構築し、来る知事選で新基地阻止を掲げる新知事を誕生させようと決意を新たにしました。

 盛大な拍手の中、登壇した稲嶺市長は「県内外、海外からの大きな応援を受けて名護市民は、政府のすさまじい介入をはねのけ、基地の苦しみを子や孫には絶対に引き継がせないと示すことができた。もう一度、ウチナーンチュ(沖縄県民)の心を一つにまとめよう。名護市民は、県民は、それができる」と力を込めました。

 かりゆしグループ最高経営責任者の平良朝敬氏は「稲嶺市長の再選は、本当に沖縄の救いだった。名護のすばらしい宝物を未来に残していく上でも、知事選は沖縄の将来を取り戻すたたかいになる。ともに頑張ろう」と呼びかけました。

 4月20日告示、27日投票の沖縄市長選で、日本共産党など同市選出地方議員が推す島袋芳敬候補は「沖縄にこれ以上の基地はいらないという『建白書』に込められた思いを実現する力になりたい」とのべ支援を訴えました。

 県北部市町村会を代表し、島袋義久大宜味(おおぎみ)村長が激励あいさつ。日本共産党の赤嶺政賢衆院議員や保守系首長らもメッセージを寄せました。 		 	   		  


CML メーリングリストの案内