[CML 030380] 新刊: 加藤朗・木村朗・前田朗 『闘う平和学』

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2014年 3月 21日 (金) 18:27:15 JST


前田 朗です。
3月21日

転送歓迎。

来週出る新刊の宣伝です。

加藤朗・木村朗・前田朗・共著『闘う平和学 – 平和づくりの理論と実践』(三
一書房)
http://31shobo.com/2013/12/24/%e9%97%98%e3%81%86%e5%b9%b3%e5%92%8c%e5%ad%a6/


はしがき
第一部 平和力養成講座
 機〃法9条部隊とは何か――現代における非戦と平和づくり 加藤朗
 供仝暁と原発の関係性を問う――核の軍事/平和利用を中心に 木村朗
 掘.圈璽后Ε勝璽鵑了彖曄宗宗峺⇒としての平和」を考える 前田朗

第二部 鼎談・平和づくりの理論と実践   
 機ヾ躓,了代の日米同盟
 供 嵜靴靴だ鐐茵廚了代
 掘。江鬚鮗汰するために
 検,い淕笋錣譴討い襪海

あとがき 
暗転する時代状況のなかで― 木村朗
いかにして「平和力」を身につけるのか― 加藤朗
三人の朗の講座を終えて― 前田朗

********************************

現代世界は近代世界からの移行期にあると考えられ、その行く末が明確にならな
いままに、人々はその歩みを続けなくてはなりません。平和学と平和運動も海図
なき航海を余儀なくされているのが現実です。

それだけに、私たちは、一方では足元の現実に追われながら、その都度のより良
き解答を模索しながら、他方ではより大きなパースペクティヴで、来るべき将来
社会像を結像させる理論的営みを続けなくてはなりません。

こうした問題意識を持って、私たちは「闘う平和学」という構想を掲げました。
平和をつくるための理論と実践を、よりいっそう自覚的に、よりいっそう積極的
に、そして継続的に展開する平和研究です。(はしがきより)



CML メーリングリストの案内