[CML 030321] Re: 【賛同のお願い】「反原発」に名をかりた闘争妨害を許さない

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 3月 19日 (水) 20:36:39 JST


吉田宗弘さん wrote:
> 3月11日、天皇主義右翼「我道会」は、 「3・11天皇出席の震災3周年追悼式典-全国一斉黙祷反対! 集会・デモ」および「東電
> 前アクション!」主催の東電前抗議闘争に対し、闘争破壊を宣言して妨害を行いました。私たちは、こうした天皇主義右翼の闘争
> 破壊行動を許すことができません。

ということですが、下記のような「反黙祷デモ」そのものに批判的な意見もあります。 


■3.11「反黙祷」抗争を残念に思います(vanacoralの日記 2014-03-12)
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20140312

「vanacoralの日記」ブログの主宰者は上記の記事の「冒頭」と「まとめ」で次のように言っています。

      【冒頭】
      あの日から三回忌に当たる今年の3.11。残念な事に、首都東京の中心部で、特定のイデオロギーをめぐる抗争が発生し
      た事は、大変残念に思います。被災地・被災者の事をどれだけ想っての事なのでしょうか。

      【まとめ】
      ・まずは黙祷反対デモ関係者に対して。

      天皇制反対の主張を唱えるのは別にかまわないのですが、犠牲者への鎮魂の念よりも反天皇制の主張があまりにも全
      面に出すぎたのではないでしょうか。ましてや東電に対する抗議でも同様の主張を持ち込むのは一体どういう関連性が
      あるのでしょうか。銀座でデモをするにしてもせめて14:46を外すべきだったのでないでしょうか。

      ・カウンター側にも問題ありです(叩きやすい相手を狙った在特会は論外ではあるが)。

      東電前で双葉町からの原発被害者の訴えを抗議の声でかき消すというのは、被災者をないがしろにした点で黙祷反対
      デモ関係者と変わりがないのではないでしょうか。抗議をするにしてもサイレント方式で行うべきだったのではないでしょ
      うか。

      重要な三回忌の3.11においてこの様な諍いが発生したのは大変残念であります。双方、当日の行状を再検討すべきで
      あると考えます。

「vanacoralの日記」ブログは私もときどき拝見しますが、同ブログの主宰者は共産党支持者と見てよい人です。その人の意見とい
うことです。上記の記事を総体としてみると同ブログの主宰者はどちらかといえばカウンター側(すなわち、「我道会」側)の方にシ
ンパシーを感じているようです。

その「我道会」の主宰者のブログを見ると以下のような記載があります。

      「あと、よく勘違いされているが。別に右翼団体ではない。俺は民族派右翼な思想みたいなもんなんだろうけど。別に俺
      の考えを他のメンバーに強制はしない。自由にしてくれ。・・・」
      http://yamaguchiyujiro4.seesaa.net/article/261945131.html

このブログの主宰者、山口祐二郎さんのツイッターのプロフィールを見ると「『皇紀2674年3月17日 新風抗議』山口祐二郎公式ブ
ログ 火炎人間」などという記載もありますから「右翼」と他称するのはわからなくもありませんが、ご本人は「俺は民族派右翼な思
想みたいなもんなんだろうけど、(「我道会」は)別に右翼団体ではない」と主張しています。

また、上記のプロフィール欄を見ると、「我道会」は、「男組」や「しばき隊」とは「義兄弟」関係にあるようです。

その関西の「男組」には本MLメンバーの泥憲和さんも参加されているようです。もちろん泥さんは「右翼」ではありません。「リベラ
ル・左派」の陣営にいる人です。

■[CML 027300] 「捏造 従軍慰安婦展」に男組がしばきをかけた(泥憲和 2013年10月28日)
http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-October/027246.html

以上、こもごも述べましたが、そうした人たちを総べて「天皇主義右翼」とレッテル貼りをすることは正しいことでしょうか?

また、黙祷反対デモ側に対しては、冒頭でご紹介した「天皇制反対の主張を唱えるのは別にかまわないのですが、犠牲者への鎮
魂の念よりも反天皇制の主張があまりにも全面に出すぎたのではないでしょうか。ましてや東電に対する抗議でも同様の主張を持
ち込むのは一体どういう関連性があるのでしょうか」などという批判もあります。

そういう批判にはどうお応えになるのでしょうか? そういう批判に応えないまま「『反原発』に名をかりた闘争妨害を許さない」と呼
びかけても広範な人たち(「天皇制反対」の主張を持つ人たちも含めて)の賛同は集まりにくいのではないでしょうか?

以上は、批判の紹介と私の疑問です。


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/

From: 吉田 宗弘
Sent: Wednesday, March 19, 2014 4:24 PM
To: cml ; cne ; wsfj
Subject: [CML 030314] 【賛同のお願い】「反原発」に名をかりた闘争妨害を許さない 

反戦反天皇制労働者ネットワークの吉田です。

3月11日、天皇主義右翼「我道会」は、「3・11天皇出席の震災3周年追悼式典-全国一斉黙祷反対!集会・デモ」および「東電前アクション!」主催の東電前抗議闘争に対し、闘争破壊を宣言して妨害を行いました。私たちは、こうした天皇主義右翼の闘争破壊行動を許すことができません。

「3・11行動実行委員会」は下記の「共同声明」への賛同をよびかけました。多くの人びとの賛同を呼びかけます。

---------------------------------------------------------------------

■【賛同のお願い】「反原発」に名をかりた闘争妨害を許さない「共同声明」のよびかけ

東電福島原発事故から3年目を迎えた「3・11」、政府は「東日本大震災追悼式」を開催しました。式典は「君が代斉唱」・黙祷に続いて、「東日本大震災犠牲者之霊」の「標柱」をおしたてた祭壇で、安倍首相が「復興」こそが「犠牲者の御霊に報いる途」として「強靭な国づくり」のため「前をむいて進んでいく」と宣言し、天皇も「国民皆が心をひとつにして寄り添っていくことが大切」とよびかけました。

追悼式典は、原発事故の原因を「未曾有の天災」とすることで原発事故を引き起こした国家責任、謝罪・賠償責任を放り出し、被害者も加害者ももろともに「日本国家の再興」「経済復興」を進めようというのです。そのもとで、原発再稼働・「日の丸原発」輸出の推進がはかられています。今年も各地で行われた、学校や職場、地域での一斉黙祷・弔旗掲揚など一連の「追悼」も、この天皇を先頭に押し立てた国家式典にあわせておこなわれることで、統合された「国民式典」の一部分にならざるを得ません。この「もうひとつの8・15式典」は、今後も原発政策推進を背景に継続されることでしょう。

私たち「3・11行動実行委員会」は、これに反対し、「3・11天皇出席の震災3周年追悼式典-全国一斉黙祷反対!集会・デモ」を多くの方々の支援のもとに共同闘争として闘いました。当日は「3・11行動」の闘争スローガン「追悼式典反対! 
天皇とともにする一斉黙祷反対! 弔旗掲揚反対!政府・東電の事故責任逃れを許さない!謝罪・賠償を行え! 再稼働・原発輸出をとめよう! 核燃サイクル阻止・いっさいの再処理 
施設を閉鎖せよ!」を掲げて、J・パワーから銀座、東電本社前を通るデモをしました。 


私たちのデモに対しても、右翼の「在特会」「男組」「我道会」や複数の街宣右翼による暴力的な妨害が試みられました。このうち、「3・11行動」の闘いを「愚行」として「破邪顕正に徹する団体である以上、この愚行を決して赦さない」として闘争破壊を宣言していた「我道会」は、当日夜におこなわれた「東電前アクション!」主催の東電前抗議現場に対しても現場に押しかけました。そして原発事故から避難されている方の発言も含め、すべての集会発言に対して下品な嘲笑、“罵声”を浴びせ続けたのです。集会参加者から彼らに対する抗議の声があがるや、車道を越えていっせいに集会に突入をはかろうとするなど妨害をくりかえしました。さらにその後も、「東電前アクション!」をターゲットに
した卑劣な脅迫的言辞や暴力的威迫がインターネット上で繰り返し続いています。

  彼らは「東電前アクション!」が「3・11行動」に賛同・参加していたことを攻撃の理由にしています。「反国家式典」行動に賛同したことをもって、東電に抗議する運動をも潰そうとしたこの妨害は、より踏み込んだ悪質なものです。彼らの動機は「天皇制を批判する者は許さない」の一言に尽きます。私たちは東電前での闘争妨害・破壊行為も「3・11行動」を共に闘った私たち総体への攻撃ととらえざるをえず、断じて許すことができません。

今回のような暴挙、闘争破壊を狙った行為を許せば、自分たちと思想、価値観の異なるものは、反原発をはじめとするさまざまな運動や集会などの場から排除しても許されるという彼らの主張を容認することになります。

私たちは反原発やさまざまな運動課題を担っているすべてのみなさんによびかけます。 

  「反原発運動」に名をかりて、意見や立場の違う者を脅迫や暴力的妨害で運動から排除する言動を許さず、ぜひともに声をあげてください。下記の声明に賛同をよろしくお願いします。

賛同:個人・団体のどちらも募ります。
*チラシやブログで公表します。お名前(ふりがな)、公表の可否を明記願います。
送り先:メールアドレス hanten_net at yahoo.co.jp 締切:2014年3月末

  <共同声明>
1、「3・11行動実行委員会」賛同者・賛同団体への天皇主義右翼による闘争妨害、威迫行為を許しません。
2、自分たちと意見や立場を異にする運動体や個人に対する暴力的排除、攻撃のいっさいを許しません。闘争圧殺や弾圧には、力をあわせてたちむかいます。
3、原発事故ならびに事故後責任のすべての責任者に謝罪と被害者への完全な賠償を要求します。
4、日本国家の原発再稼働、原発輸出に反対します。
5、放射能汚染下で生活、労働を強いられているすべての労働者市民の健康被害をくいとめ、生活と権利侵害、健康被害に対する賠償と補償責任を果たすことを求めます。
以上

「3・11行動実行委員会」
連絡先:電話&ファックス 03(3446)9058 /
メールアドレス hanten_net at yahoo.co.jp
ブログ:http://hantenhangenpatsu.hatenablog.com/ 



CML メーリングリストの案内