[CML 030243] 【案内】3.24院内記者会見集会 + 3.19広瀬隆・山崎久隆講演と討論

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2014年 3月 16日 (日) 05:14:38 JST


木村(雅)です。

再稼動阻止全国ネットワークからの案内です。
重複お許し願います。
転載・転送を歓迎します。


原発立地自治体議員が
日本政府に訴える公開質問状
住民の命と生活を守れ
3・24院内記者会見集会

広瀬隆さんが呼びかけてできた新しいグループ「原発立地自治体住民連合」が訴えます。
地元では、原発の再稼働計画を目前にして、大変な危機感を抱いています。
「原発の無事故100%の保証」を求めます。
原発を再稼動すると「高温度の使用済み核燃料」を新たに生み出します。
原発地元住民の命と生活の危険性が無視されたまま原子力規制委員会による再稼働のゴーサインが出されることは、絶対に許すことができません。
報道機関の方々に取材を、首都圏の市民に参集を呼びかけます。

日時:3月24日(月)13時〜16時
場所:参議院議員会館 講堂(一階)
主催:原発立地自治体住民連合
協力:再稼働阻止全国ネットワーク
問合せ:再稼働阻止全国ネットワーク事務局  info at saikadososhinet.sakura.ne.jp
FAX 03-3238-0797 電話:070-6650-5549
(東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付け)
詳細は、
http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/archives/4392
をご覧願います。



なお、この記者会見・集会の前段に行われる次の集会にもご参加願います。

3.19広瀬隆・山崎久隆講演と討論
 日本政府あて「公開質問状」と「原発立地自治体住民連合」が提出する。原発地元民の命と生活の危険性が無視されたまま原子力規制委員会による再稼働のゴーサインが出されることは、絶対に許すことができない。その想いとここに至る過程、全体の内容、今後の方向を広瀬隆さんが話し、山崎久隆さんが再稼働原発の現状報告をする。
日時:3月19日(水)19時〜21時 
場所:スペースたんぽぽ
800円
問合せ:たんぽぽ舎
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
HP http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes at tanpoposya.net




CML メーリングリストの案内