[CML 030220] 学徒消防隊と少年消防官

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 3月 14日 (金) 17:50:52 JST


 坂井貴司です。
 
 日本の敗色が濃くなった太平洋戦争後期の1943年。それまで徴兵を猶予さ
れていた大学や高等学校、専門学校の文系生徒を兵士にする学徒出陣が行なわれ
ました。

 その対象外にされた理系や医科系の生徒は学園に残ったのでしょうか。
 
 違います。彼らは別の戦場にかり出されました。
 
 アメリカ軍による本土空襲にさらされた都市の消防隊員にされたのです。短期
間の訓練ののちに、不十分な装備で焼夷弾や油脂爆弾の雨が作り上げた火炎地獄
に立ち向かいました。

 1945年3月10日の東京大空襲で消化活動にあたったのは理系・医科系の
学生で組織された「学徒消防隊」と18歳に満たない少年で編成された「少年消
防官」でした。

 東京大空襲の火炎地獄の中で必死の消火活動にあたり、死んでいった学徒消防
隊員と少年消防官を描いたドラマが15日に放送されます。

 NHK総合
 「東京が戦場になった日」
 http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0315/index.html

 放送日:3月15日
 放送時間:午後7時30分〜8時58分
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内