[CML 030197] 【ブログ「風の谷」 再エネは原発体制を補完する新利権構造】国は膨大な予算をばら撒いて汚染を全国に拡散していく

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2014年 3月 13日 (木) 13:10:42 JST


M.nakata です。
メールをいつも送らせていただき、ありがとうございます。 
  
 <以下転送拡散歓>
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■  
【ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造】

◆汚染状況重点調査地域でCLTの実証事業。福島産の木材が岡山県の工場でCLTに加工される!

汚染地域の森林資源は汚染が確認されている。しかし国は膨大な予算をばら撒いて汚染を全国に拡散していく。
国策「バイオマス」自然エネルギーを検証する大変な日本の実態を追及する市民情報ブログをご紹介です。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■  


  (貼り付け開始)
************************************************************************************

【ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造】
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012

◆汚染状況重点調査地域でCLTの実証事業。福島産の木材が岡山県の工場でCLTに加工される!
2014-03-12 | 放射能汚染


★原発事故は放射能による公害。
追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

以前にもブログで書きましたが、汚染地域の森林資源は汚染が確認されています。
ですが国は膨大な予算をばら撒いて汚染を全国に拡散しています。
もはや犯罪行為だと私は思います。
_________________________________________

<抜粋>

http://www.youtube.com/watch?v=gjbwiKNlULc

◆天然放射能と人工放射能は違う!
プロード日: 2011/09/11 


最初に Sewanin San さんが共有した投稿

●埼玉大学名誉教授・市川定夫氏(放射線遺伝学)の講義。
原発由来の放射能と、自然由来の放射能を同列に並べ比較する原発推進派のウソが分かります。
この講義、分り易すぎです...目から鱗が落ちました。


・ Yasufumi Haga Google+ から
●なるほど、人工の放射線と自然の放射線の大きな違いは、体内に蓄積するかどうかにある、とこの教授はおっしゃっているわけか。単に放射線の強さや種類を比較するよりも、もっと重要なことがあるということなんだ。

自然放射線に対する人体(生物)の適応は、長い進化の結果であり、原子力による人工放射線に人体は適応できない、という教授の話は説得力があります。

----------------------------------------------------------------------
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/bc82a524070f7e918087b4125e1cc818

市川定夫教授「マハティール氏が三菱系から沢山の選挙資金をもらってたから三菱化成を認めてしまった」

2014-03-08 | 放射能汚染
__________________________________________________

http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/122d.htm

マレーシア・レアアース製錬工場の環境影響 
(後篇):エィジアン・レアアース(ARE)社事件のその後  和田喜彦(同志社大学経済学部) より引用

___________________________________________________


汚染バークは日本中に!ペレット乾燥の燃料、バーク堆肥、石炭火力の混焼?農地改良材?

その木、どこの木、何ベクレルの薪なのか?農林省の薪ストーブ、恐怖のプロパガンダ

【再エネ公害】汚染木質チップ撒き散らしてどこが再生可能?国策「バイオマス」自然エネルギーを検証する

特に、●岡山県は放射能汚染からの避難者が圧倒的に多い自治体です。その自治体が、●福島県の木材をわざわざ移動させて加工するという事実。

●銘建工業は、CLTと木質バイオマスの工場も同じ場所ですね。木屑などはチップやペレットになるのかもしれません。


<岡山の銘建工業。●社長は国土交通省の“木の家づくり”から林業再生を考える委員会の委員になっています>


放射能汚染がどのくらいあるか測定してるかどうかもわかりませんし、●汚染された木で作った家は「健康的な住まい」とは言えないと思います。

平成26年度 ●林野庁予算概算要求の概要には「学校の木造化」まで盛り込んであります。●汚染木で出来た学校で子供が過ごすなんて狂気です。

燃やすとどうなるかは、もう書き倒してきましたが、●放射性PMが周囲に拡散し、放射能汚染焼却灰ができるので、要注意です



(管理人より)

ブキメラ放射能汚染問題は、原発・再エネの本質的な問題を含んだ優れた教材であると私は思います。逆に言えば、ここを無視すれば根本的な解決はありません。被曝と廃棄物に正面から向き合わない限り、自分の暮らしや生き方をあらためることなど不可能だからです。

原発・再エネ問題の本質は「差別と公害」。

●放射能問題〜モナザイト鉱石を製錬すると放射性トリウム232が環境中に撒き散らされる。周辺住民は内部被曝し病気になる。原発による放射能汚染と同じ。

●廃棄物問題〜毒物が不法投棄されることにより自然環境を破壊する。

●工業製品大量消費問題〜レアアースを使ったハイテク工業製品(再エネを含む)を大量消費する私たちの暮らしと、国の経済政策との関係。大企業の横暴。

●公害〜加害企業は日本の三菱(原発産業=再エネ産業=軍需産業)日本企業がアジアの国を踏みつけにして経済的な繁栄を得る構図。


*****************************************************************************************************





CML メーリングリストの案内