[CML 030120] 『政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない』のNHKの番組―避難者13万人の選択 〜福島 原発事故

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2014年 3月 8日 (土) 20:28:53 JST


『政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない』のNHKの番組―避難者13万人の選択
〜福島 原発事故から3年〜


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


籾井勝人NHK会長の
「『政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない』という就任会見での発言

(NHK:半沢直樹より面白い!? 籾井会長の“剛腕”ぶり

毎日新聞 2014年02月25日 15時17分(最終更新 02月25日 15時33分)http://mainichi.jp/select/news/20140225k0000e040232000c.html
など参照)


報道機関としての存在意義を投げ捨てた状態
が改善されるまで、

NHK職員が市民と連帯して
改善を示していかない間は、

(わたしは、報道人でないとトップが公言しているのですから、
NHK職員は、
自らそうではないときちんと意思表明しなければ、自らも報道人でないことを受け入れていることだと思います)


NHKの番組は
今回の番組は、
『政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない』というさじ加減は、
どれくらいだろうか

と頭に置いて
見ないといけないだろうと思います。


そのNHKが、

今日3/8土曜日
2014年3月8日(土)
午後9時00分〜9時58分総合
※再放送もあると思います。


NHK総合の
NHKスペシャルで

避難者13万人の選択
〜福島 原発事故から3年〜

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0308/index.html

を放送予定です。

『政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない』というさじ加減は、この番組はどれくらいでしょうか

番組ホームページで

下記のように紹介しています。


東京電力福島第一原発の事故から3年。

未だ故郷に帰れない原発避難者は13万人いる。

いま国は

事故以来、前提としてきた避難者の「全員帰還」という方針を転換し、

年間50ミリシーベルトを超える帰還困難区域
の2.5万人には

事実上の“移住”を求め始めている。

との事

その一方、3.4万人が暮らしていた

年間20ミリシーベルトを下回る避難指示解除準備区域では、

住民の早期帰還を進めようとしている。

との事。

 故郷へ帰ることを諦めざるを得ない避難者。

逆に放射能への恐れから帰れといわれても帰りたくない避難者。

それぞれが現実を突きつけられ、
厳しい選択を迫られているのだ。

番組では
13万人が直面する震災3年目の現実を取材。

原発避難者を救済するために何が必要か考える。

とのこと。


現実からでなく、避難者の切実な声からでなく、
国の見方の枠組みで
理解しようと
解決しようと

放送するでしょうか


それぞれが現実を突きつけられ、
厳しい選択を迫られているのだ。
・・・

とはどういうことでしょうか


国と東電の責任である原発事故による被害
へ対する
きちんと国と東電が加害責任を認め被害者への賠償を行っているか、
国がきちんと
原発事故事故被害者である避難者、移住者、住み続ける人全てに対して、必要な施策を行っているか、

原発事故による放射能汚染による被害や健康被害をきちんと国は認め、対処しているか、

は取材に含まれているでしょうか


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)




CML メーリングリストの案内