[CML 030116] 袋小路の農家と漁民

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 3月 8日 (土) 19:49:30 JST


 坂井貴司です。
 
 「無駄な公共事業」の象徴として挙げられる長崎県の諫早湾干拓。

 「ギロチン」で諫早湾が締め切られて以降、豊かな漁場で知られた有明海は激
変しました。タイラギなどの貝類が激減し、養殖ノリの不作が続きました。

 有明海の漁民は諫早湾を締め切る水門を開けるよう裁判を起こしました。長い
裁判の末、福岡高等裁判所は開門を命令しました。

 しかし、諫早湾干拓地に入植した農家はこれを取り消す裁判を起こしました。
長崎地裁は開門差し止めの仮処分を認めました。
 
 相反する司法判断によって諫早湾干拓問題は袋小路に陥りました。
 
 先行きが見えない状況に置かれた漁業者と農家を追います。

テレメンタリー
「守られなかった確定判決〜諫早湾干拓・開かない排水門〜」
 http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/

 3月10日前後放送 
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内