[CML 030111] 3.11メモリアルキャンドルinむかじま2014

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2014年 3月 8日 (土) 09:39:59 JST


3.11メモリアルキャンドルinむかじま2014


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


今日3/8土曜日は、

 バイバイ原発3・8きょうと

2014年3月8日(土)午後1時30分〜2時45分
ところ   円山野外音楽堂
詳細 http://nonukeskyoto.jimdo.com/

が行われ、

明日3/9日曜日は
大阪、神戸、滋賀で大きな取り組みがいくつも行われると聞いています。

3/4より

京都市伏見区向島にて

3.11メモリアルキャンドルinむかじま2014

(チラシは↓
http://idekoma.mond.jp/temp/memorialcandle.pdf
)

が行われていて、

その中の3/8、9

とっても大切だと思うお話会などが
行われます。

上記の取り組みと重なったりしますので、

例えば

大阪、神戸、滋賀の方々は
今日3/8に

京都の方々は
明日3/9に


よろしければ向島にお越しください。





チラシより
案内を転載します。


3.11メモリアルイベントinむかいじま2014


あの日からもうすぐ3年。
おそいかかる津波に遠くに旅立たれた方々の悲しみ。いまだに行方不明の大事な人を探す残された家族の方々の気持ちを考えるだけでも辛くなり涙が流れます。
また、悲しみも癒える暇もないまま福島第一原発事故による放射能汚染は人々の心を苦しめ、健康被害をもたらす方向へと向かっています。甲状腺ガンの多発、秘密保護法の成立・・・と心がおれそうになる話題ばかりです。
福島を風化させない、亡くなった方々への冥福と被災地の復興を願って企画しました。
キャンドルを灯し3.11のあの日に思いを寄せ私達ができる事を考えていきたいと思っています。
期間中は、写真展、原発関連資料展示、上映会、講演会、チャリティーライブ、手づくり品販売など多彩なイベントを予定しています!どうぞお立ち寄りいただければ幸いです。

実行委員長
高木久美子(笑顔つながろう会代表)



(※笑顔つながろう会の活動紹介のチラシ
を紹介しているブログ記事
http://blog.goo.ne.jp/donationship/e/ee9a06d79f8ecc90f45a7d348ccf9138
※週刊MDS新聞
(ホームページ
http://www.mdsweb.jp/
)
掲載の

高木さんについての記事
2014年02月28日発行 1319号 
【原発被害者訴訟の原告とともに 国・東電に責任をとらせよう(9) 避難という選択は正しかった ―いわき市から京都へ・高木久美子さん】http://www.mdsweb.jp/doc/1319/1319_06u.html
)


【日時】3月4日(火)〜3月11日(火)
     10:30〜16:00  8日のみ19時まで。

【場所】京都文教マイタウン向島(京都銀行向島支店裏)
     向島駅より東へ直進徒歩15分


【内容】

■飛田晋秀写真展「福島のすがた〜3・11で止まった町〜」
  福島県三春町在住の写真家飛田晋秀氏のA3サイズの写真50点

期間中、原発関連資料展示(向島図書館提供)、
京都文教大学の震災ボランティアサークルの活動報告もあります!



DVD上映会 (74分)
「逃げ遅れる人々〜東日本大震災と障がい者〜」(ホームページ
http://www.j-il.jp/movie/
も参照ください)


【日時】

<第1回>3月7日(金)19:00〜20:30
 上映会のみ

<第2回>3月8日(土)13:30〜16:00
 上映会+防災に関する意見交換会

お話 鈴木絹江さん(福島県田村市出身)


3月8日(土)は続いて、
16時より
チャリティ〜ライブ
「たなかきょう」「宇宙(そら)&manaki☆」

を行い、

3月8日は、そして、

キャンドル点灯 京都銀行向島支店前広場
【18:00〜19:00】
【内容】
灯篭311個を、3.11にかたどって点灯します。
雨天などの場合は、9日(日)に延期します。

を行います。



■3月9日(日)
14:00〜16:00
かたりあいの時間
「福島原発事故3年目 私たちの思い」

お話
市民環境研究所代表 石田紀郎氏(元京都大学教授)
避難者の
斎藤夕香さん
(さぽーと紡〜tumugi〜ブログ
http://ameblo.jp/support-tumugi/
)

長谷川沙織さんのお話。(笑顔つながろう会)



主催 3.11メモリアルキャンドルin向島実行委員会



3.11メモリアルキャンドルinむかじま2014
チラシは↓
http://idekoma.mond.jp/temp/memorialcandle.pdf




東京電力福島第1原発事故による京都府内への避難者らが、
避難を強いられ精神的苦痛や不利益を被ったとして、損害賠償を求めた京都地裁の集団訴訟で、
20世帯計53人が
3月7日金曜日、東電と国を相手に追加提訴しました。
(原告団は1次提訴と合わせて51世帯計144人となりました。) 


記者会見が行われ

京都新聞が
3/7夕刊で

今日3/8
3.11メモリアルキャンドルinむかじま2014

でお話される。 


鈴木絹江さんの発言
「再稼働を目指す東電や国に反省はない。それが間違いだと裁判で時間がかかっても証明したい」

 バイバイ原発3・8きょうと

でお話される

宇野朗子さんの発言
「被ばくを避ける権利を保障してほしい。同じ事を二度と繰り返さないためには一人一人が声を上げるしかない。被害当事者としての責任を果たしたい」 


を伝えています。


(京都新聞記事

京の避難者ら53人追加提訴 東電と国に損賠求め

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20140307000084

より)




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)









CML メーリングリストの案内