[CML 030109] 【報告】第1053日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2014年 3月 8日 (土) 07:13:21 JST


青柳行信です。3月8日。

『1000日目記念誌冊子』
一冊 ワンコインカンパで500円です。送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。

●さよなら原発!3.9福岡集会●
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
地図:http://tinyurl.com/6od2twa
デモ:午後3時から天神周辺 9コース、九電前迄2コース
主催: さよなら原発!3.9福岡集会実行委員会
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
カンパ募金振込先
・郵便振替01770-5-71599 さよなら原発! 福岡
 1口500円(何口でも大歓迎)
チラシ表 http://tinyurl.com/mjzu7ft
チラシ裏 http://tinyurl.com/ml5okhv

●《 3・11事故から3年 山口・九州 各地の集会 》●
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11788242970.html

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1053目報告☆
           呼びかけ人賛同者3月7日迄3215名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】3月7日1名。
      木可
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さま
風が冷たい 1日でした。 9日の集会の日に お天気がよくなりますように。
今日の朝日新聞に JAの広告が載っていました。
東北地方の復興が いまだに終わってないという意見広告でした。
放射能汚染の問題が 尾を引いているのは事実ですが、
東電や 政府が 本腰を上げて 復興対策に取り組んでないように思います。
政治の貧困です。 政府は 大企業にばかり目をむけています。
庶民の暮らしを底上げして、被災者支援に当たって欲しいものです。
あんくるトム工房
87回目の金曜行動   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2904
広告に見る日本のギャップ http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2903

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆ 「3・11は絵の沙汰じゃない、魂の痕跡探し」と野見山画伯
     (左門 3・8-589)
※命を奪われた人、命の痕跡までも奪われた人、
瓦礫のなかに「消えない『痕跡』を求めて」描いているが、
それは「絵の沙汰」ではないと。
辺見庸は、「3・11以後、美しい詩など書いていいのか?」と
自らに問うている。
魂の痕跡に見える魂の姿勢をもって臨むのでなければ・・・・。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、玄海町の町長の発言の記事があります。(4.の記事)
さて、報道に、「安倍首相、8日福島視察」、「10日に記者会見=大震災3 
年」「被災地の復興や東京電力福島第1原発事故の対応について、現状と今後の 
政府方針を説明する」とあります、この人いったい何をしに、福島にいくので 
しょう、現地をみてなお、“原発再稼働”を宣言するのでしょうか?
一方、3年目を迎えて、つぎのような行動が計画されていると報道されています。

1.<福島事故から3年 原発ゼロ行動 46都道府県 160カ所超で計画>し 
んぶん赤旗3月7日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-03-07/2014030701_07_0.html
<福島第1原発の事故から3年となる11日を中心に、各地で「原発ゼロ」「再 
稼働反対」などと訴える集会やデモ、宣伝・署名行動、講演会が計画されていま 
す。本紙が6日までに都道府県のネットワークを通じて調べたところ、46都道 
府県160カ所を超えていることがわかりました。このほかにも各地で多数の行 
動が計画されており、さらに増えることは確実です。全国各地の行動は、エネル 
ギー基本計画の政府案で原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、夏にも 
原発の再稼働を強行しようとする安倍政権を包囲し、原発をなくす大規模な取り 
組みになります。>
・・・・・・開催される予定の場所が7日、8日の紙面に掲載されています。

ドイツからも、
2.<原発の再稼働・新設断念を=安倍首相に公開書簡-ドイツ>時事通信 
03/0721:04
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014030700932
【ベルリン時事】東京電力福島第1原発の事故から3年となるのを前に、脱原発 
を進めるドイツを拠点とする日本人やドイツ人の市民団体が7日、日本政府に原 
発の再稼働と新設の断念を求める安倍晋三首相宛ての公開書簡を在ドイツ日本大 
使館に提出した。
 書簡は、原子力技術輸出の中止、高速増殖炉「もんじゅ」の廃止、再生可能エ 
ネルギーの開発促進を要求。また、福島第1原発からの汚染水流出防止、移転希 
望者への財政支援、放射性廃棄物の適切な処分に取り組むよう促した。>

福島から世界へ、
3.<「世界で原発停止を」と訴え 福島・富岡町の松村さん> 【共同通信】 
2014/03/07 09:00
記事全文<【パリ共同】2011年の東京電力福島第1原発事故後に警戒区域に 
指定された福島県富岡町に残った松村直登さん(54)が6日、訪問先のパリで 
環境保護団体などが主催する討論会に参加し、「原発事故は今の科学技術では制 
御できない。世界中の原発を止めなければならない」などと訴えた。松村さんは 
事故直後に東電社員から「数日したら元に戻る」と言われた経験を紹介し「日本 
政府と東京電力は今もうそをついている」と批判。富岡町は昨年「帰還困難区 
域」などに再編されたが「汚染の状況は前と変わらない」と話した。松村さんは 
事故から3年となるのに合わせて欧州各国を訪問。>

さて、玄海原発、いまさら何をのたまう、一番は嫌だ、と、
4.<原発再稼働手続き「先陣」を懸念 玄海町長>佐賀新聞3月7日
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2643308.article.html
<東松浦郡玄海町の岸本英雄町長は福島第1原発事故から3年を前に、佐賀新聞 
社のインタビューに応じ、原子力規制委員会が進める原発の適合性審査で玄海原 
発3、4号機が優先審査候補に浮上していることについて、「再稼働手続きの1 
番手になる可能性はあるが、(再稼働容認で矢面に立った)2年前のことを思う 
と、できれば2番、3番がいい」と語り、再び先陣を切る立場になることへの懸 
念と当惑をにじませた。・・・・・
国による再稼働手続きでも先行組になってきそうだ。
岸本 1番手となる可能性もあるだろう。ただ今回は電力各社が申請した(10 
原発17基の)順番でやってほしい。玄海はできれば2番、3番がいい。福島原 
発事故後、最初に再稼働を容認した時、全国から注目され、批判に心を痛めた。 
そんな思いまでしてトップになる必要はない。(やらせメールで揺れた)佐賀県 
はもっとそう思っているだろう。 ・・・・・・・
-再稼働の地元同意はどういうプロセスを経るのか。
岸本 既に一度、容認しているわけで、同意というより、議会に相談して意見を 
聞いて、町長として判断する。住民投票は一切考えていない。
-政府の新エネルギー計画案は原発を「ベースロード電源」と位置付ける一方、 
「原発依存度を可能な限り低減させる」としている。立地自治体として原発は今 
後どうすべきと思うか。
岸本 数を減らして維持すべき。そう考えている。
-減らすということは、福島事故以後も原発は安全と言ってきたことと矛盾しな 
いか。
岸本 原発が危険だから減らせ、という意味ではない。代替できるだけのエネル 
ギーを確保できず、古い火力発電まで使っている現状では、原発は必要というこ 
とだ。しかし将来、原発に代わるものが出るなら仕方ないし、未来永劫(えいご 
う)続けられるものでもないと思っている。ただ、廃炉にしても数十年かかり、 
原発とはずっと向き合っていかねばならない。 ・・・・・・>

さて、福島第2原発で、
5.<原子力規制庁:原発監視システム 福島第2データ途絶>毎日新聞 2014 
年03月07日 11時15分
http://mainichi.jp/select/news/20140307k0000e040146000c.html
<原子力規制庁は7日、全国の原発の状態を監視している原子力規制庁の緊急時 
対策支援システム(ERSS)について、東京電力福島第2原発2、3号機から 
のデータ送信が止まったと発表した。同原発は運転停止中。東電は「原子炉は安 
定しており問題ない」とし、原因を調べている。 ERSSは、事故時に全国の 
原子力施設から伝送されたデータを基に、炉心が溶融する時間など事故の進展を 
予測するシステム。規制庁によると、6日午後10時5分ごろ、2、3号機の原 
子炉の圧力や温度のデータが、規制庁側のERSSのモニターに表示されなく 
なった。調査の結果、同日午後9時44分以降のデータ送信が停止していた。復 
旧までは、ファクスや電話でデータを取り寄せ監視する。>
<使用済み核燃料プールに異物 第二原発1号機>福島民報(2014/03/07 08:34)
記事全文<東京電力は6日、福島第二原発1号機使用済み核燃料プールで異物が 
見つかったと発表した。東電によると、異物は金属製のフックとみられる。ワイ 
ヤが付いており、長さは約40センチある。このほか、原子炉内の中性子を調べ 
る検出器の廃棄容器も見つかった。東電は近く回収して詳しく調べる。>
・・・・写真があります、小さなものですが、ちょっとしたことが事故につなが 
ります。

福島第1の現場では、
6.<【福島原発事故】タンク、緑を駆逐 事故3年 瀬戸際の福島第一>東京 
新聞3月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014030702100007.html
<・・・・・・・・事故前は森が広がり、野球場やグラウンドもあった。この三 
年間で、これらは千基に上るタンクのほか、処理水を除染する装置、除染で出る 
吸着塔を保管する場所へと姿を変えていた。東電は用地は十分あるかのような説 
明をするが、タンクを置く基礎の形を従来の正方形から六角形に変え、タンクを 
びっしり置くようにした。円筒形のタンクの形に少し近づくため、一割ほど用地 
の節約になる。現場の苦心が上空からよく分かった。・・・・・・>

7.<福島第1原発事故 痕跡今も生々しく 過酷な現場、ミス誘発>河北新報 
2014年03月07日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201403/20140307_63016.html
<・・・・・・・初期対応に当たった作業員は全員、第1原発以外で働いてい 
る。「多量の放射線を浴び、第1原発では働けない」(東電)からだとい 
う。・・・・・・・取材陣は防護マスクと防護服姿。視界は遮られ、声はくぐも 
る。スムーズな身動きも封じられる。頭はマスクで締め付けられ、痛み始める。 
人為ミスの続発は過酷な労働環境が影響している。
 「完全にアンダーコントロール」。取材で原発に入るたび、安倍晋三首相の言 
葉と現実の隔たりを感じる。>
・・・・これが現場の現実です。

東電は、
8.<地下水放出、容認論も=福島第1、漁業者に説明-東電 >時事通信 
03/0712:33
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014030700066
<東京電力と資源エネルギー庁は7日、福島県いわき市で地元漁業者の会合に出 
席し、福島第1原発で汚染される前の地下水をくみ上げ海に放出する計画につい 
て説明した。計画は汚染水増加抑制策の一環。漁業者からは、地下水の放射性物 
質検査の強化などを前提に容認する意見も出た。県漁業協同組合連合会は今月下 
旬の組合長会議で意見を集約し、賛否を判断する方針。野崎哲会長は会合で「苦 
渋の判断だが、廃炉作業安定化のために地下水放出は認めたいと考えている」と 
述べ、意見集約への協力を求めた。東電などは会合で、地下水が1~4号機の原 
子炉建屋地下で汚染される前にくみ上げ、海に流す計画を改めて説明。セシウム 
134は1リットル当たり1ベクレル未満、ベータ線を出す放射性物質は同
5ベクレル未満など、東電が定めた地下水放出の運用目標も示した。・・・・>
・・・・・これ、漁業者だけの意見を聞くだけで判断することでしょうか?

被災地フクシマ、
9.<汚染水漏えい現場を調査 福島第1原発で県廃炉協>西日本(2014年03月 
07日 19時05分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/74220
<福島県の廃炉安全監視協議会は7日、東京電力福島第1原発で約100トンの 
汚染水が漏えいした地上タンクの現場などを調査した。県や周辺自治体の担当 
者、専門家ら18人が参加した。協議会のメンバーは、2月19日深夜に汚染水 
漏えいが判明した「H6」と呼ばれるタンク群を訪れ、原因となった配管の弁を 
確認した。タンクに近づくと地表面で毎時約7ミリシーベルトと高い放射線量の 
場所があった。・・・・・誰が弁を操作したのかは特定できていない。>

10.<福島で再開の事業所17% 原発作業で建設が最多>【共同通信】 
2014/03/07 05:48
記事全文<・・・・福島第1原発周辺にある福島県の2853事業所のうち、約 
半数が再開したものの、地元で再開できたのは全体の約17%の486にとど 
まっていることが7日、福島県商工会連合会のまとめで分かった。原発事故から 
3年たった今も広い範囲が避難区域となっており、住民の帰還が進んでいないた 
め。再開は建設やガソリンスタンドなど、原発事故の収束や震災復旧の事業が目 
立つが、食料品や日用品を扱うスーパーなどは厳しい状況が続いているという。 
全町避難が続く富岡町ではガソリンスタンドと金物店の2カ所、浪江町もガソリ 
ンスタンド1カ所が再開した。>

11.<広野町が「不交付団体」へ 火発増設、大幅増収見込み>福島民報 
(03/07 09:40)
http://www.minyu-net.com/news/news/0307/news5.html
<広野町が2014(平成26)年度、国から普通交付税の支給を受けない「不 
交付団体」になる見通しになったことが6日、分かった。東京電力広野火力発電 
所の6号機増設に伴う固定資産税の大幅な増収が見込まれることが要因。不交付 
団体となるのは09年度以来5年ぶり。広野火発6号機は昨年12月に稼働を開 
始した。・・・・・>
・・・・・・福島は発電大国だったのです。

12.<イノシシ204頭捕獲=福島の旧警戒区域-環境省>時事通信03/0710:47
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014030700267
<環境省は7日、東京電力福島第1原発事故の旧警戒区域内で増えているイノシ 
シについて、イノブタ73頭を含む計204頭を捕獲したと発表した。昨年11 
月中旬から2月末にかけ、福島県浪江、双葉、大熊、富岡4町でわなを仕掛け、 
捕獲した。同区域内は人の立ち入りが原則禁止されているためイノシシが人里に 
出没し、田畑を掘り返したり、家屋を荒らしたりする被害が広がっている。同省 
は住民の帰還に向け、わなの数を増やし実施範囲も広げるなど、今後も捕獲を継 
続する。>
・・・・・ここでも“住民帰還”のためと。
被災地ルポの記事、時間があれば検索してどうぞ,
<防護服で家を手入れ「必ず帰る」 福島、大熊町・帰還困難区域>福井新聞 
(2014年3月7日午前8時51分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/49037.html

13.<放射線量低い福島の山間部に連絡所 大熊町、「じじい部隊」が活動> 
福井新聞(2014年3月7日午前11時40分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/49041.html
<・・・・・・大熊町は人口の96%が集中していたエリアが帰還困難区域と 
なった。一方、残り4%が住んでいた田畑や山林は実は放射線量が比較的低い。 
その山間部に昨年4月、現地連絡事務所が設置された。建物は原発に冷却水を 
送っていたダムの管理事務所。全町民が避難を続ける町に初めてできた小さな 
“役場”だ。事故から2年間、町再建を指揮した鈴木さんが提案した。「放射線の 
問題で若い職員には頼めない」と、退職後に自ら駐在員となっ 
た。・・・・・・・・先月中旬、ある町民男性が避難先の福島市でひっそりと亡 
くなった。71歳だった。車いすながら闊達(かったつ)な人柄。ときに周囲と 
衝突もしたが、多くの人に好かれたという。「避難してから体調が悪化した。こ 
んなふうに一人一
人死んでいくんだ」。葬儀を取り仕切った友人の武内一司さん(60)は、長引 
く避難生活を力なく振り返る。・・・・・・・・>
・・・「じじい部隊」―昨夜、NHKスペシャルでもありました。
 
14.<7日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定 
値・県内死者・行方不明者数>福島民報3月8日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値 
です。

栃木県、
15.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞3月7日 17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140307/1526810
記事<▼空間放射線量率(7日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。 
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート 
ル)・・・・・・・・>

茨城県、
16.<放射性物質の汚染重点調査地域 取手で除染作業始まる>東京新聞3月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20140307/CK2014030702000154.html
福島第一原発事故で、放射性物質の汚染状況重点調査地域に指定された取手市で 
六日、住宅の除染作業が始まった。除染が必要な住宅は約五千五百軒程度と見込 
まれ、市は今年七月をめどに市内全域の除染を終える予定 
だ。・・・・・・・・・・ 「市が測定するまで、放射線量が高いとは知らな 
かった」と、厳しい表情で作業を見守っていた倉持さん。・・・・・二月二十日 
現在、対象住宅約三万五千軒のうち約一万七千六百軒の空間放射線量を測定、約 
千三百軒が除染対象となった。市は測定を終えた住宅が一定数に達した段階で、 
順次、除染作業を進める。>
16’.<東海第二原発 原電、きょう県に説明>東京新聞3月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20140307/CK2014030702000153.html
<日本原子力発電(原電)は六日、東海第二原発(東海村)の再稼働に向けた安 
全審査について、国への申請の準備状況を七日に県に説明すると公表した。五日 
夕、原電が県に申し入れたという。門谷光人茨城総合事務所長代理が県庁を訪れ 
る。「内容に検討中のものがある」として非公開。審査内容の詳細は今後、順 
次、説明していくという。・・・・・・・・>
16”. <東海第2安全審査 原電、申請概要を県に説明 防潮堤やベント整 
備>茨城新聞2014年3月8日(土)
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13942021065852
<・・・・・・・・・具体的な申請内容についての説明は県が初めて。申請を急 
ぎたい原電は、早ければ来週から東海村をはじめ、各市町に対しても順次説明の 
場を設ける考え。・・・・・・・原電が申請を急ぐ背景には、福井県敦賀市の原 
発2基が老朽化や原子炉直下に活断層があるといった問題を抱えており、残る東 
海第2の再稼働が経営の最重要課題の一つになっているため 
だ。・・・・・・・・・・・・>

栃木県、
17.<栃木県民初、放射能賠償求め東電・国を集団提訴へ>下野新聞3月7日朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20140307/1526800
<・・・・福島第1原発事故の賠償問題に取り組む「福島原発被害首都圏弁護 
団」は6日、栃木県北部や福島県の住民ら計200人以上が、国や東電に放射能 
汚染や低線量被ばくへの慰謝料や除染費用の賠償などを求めて、10日に東京地裁 
に集団提訴することを明らかにした。本県住民による集団提訴は初めてという。 
提訴するのは、那須塩原市など県北部の住民約10世帯20~30人。避難区域から外 
れた福島県田村市の一部地域住民42世帯152人や、東京都内への避難者も原告 
に加わる。・・・弁護団共同代表の中川素充弁護士は「栃木の県北地域は福島県 
内よりも線量が高い地域があるにもかかわらず、住民への賠償問題は蚊帳の外」 
と指摘。「放射能汚染や低線量被ばくの現状を明らかにし、問題の一方的な線引き
や、被害の切り捨ては許さない」としている。>

関西、
18.<原発事故、関西3地裁に追加提訴 避難者ら187人>【共同通信 
2014/03/07】
記事全文<東京電力福島第1原発事故で、関西への避難者ら187人が7日、国 
と東電に損害賠償を求めて、京都、大阪、神戸の各地裁に追加の集団提訴をし 
た。京都地裁には、福島、千葉、宮城の3県からの53人が約2億4860万円 
の損害賠償を求め提訴した。京都訴訟の原告は計144人となった。・・・・大 
阪地裁には、昨年9月、12月に続き、105人が提訴。請求額は約13億8千 
万円で、原告は計225人。神戸地裁でも29人が約2億5500万円の損害賠 
償を求め、原告は昨年9月の提訴と合わせ計83人となった。>

神奈川県、
19.<原発事故関連死(60)はけ口 アルコール 救いの手 酒量、ストレ 
スに比例 自殺者との関連を推測>福島民報2014/03/07 11:35
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/03/post_9468.html
<神奈川県横須賀市の国立病院機構久里浜医療センターはアルコール依存症専門 
の医療機関だ。・・・・・・・・・・・・平成26年度から、東日本大震災と東 
京電力福島第一原発事故による避難生活でアルコールに依存するようになった避 
難者らの支援に乗り出す。医師や臨床心理士らを本県に派遣し、心のケアに当た 
る。仮設住宅を訪問する保健師への助言、本県の医療機関で受診を促すことも想 
定している。・・・・・・・・・>

政府は、
20.<常磐道、27年度早期に全線開通 国交相示す>福島民報2014/03/07 08:24
http://www.minpo.jp/news/detail/2014030714335
<太田昭宏国土交通相は6日、福島民報社のインタビューに応じ、未開通区間の 
建設が進む常磐自動車道について平成27年度の早い時期の全線開通となる見通 
しを示した。太田氏は、具体的な開通時期が設定できていない常磐富岡-浪江イ 
ンターチェンジ(IC)間(14キロ)の開通時期について「27年度には少し 
かかるが、極力早くということで整備を進めている」と述べた。・・・・・・・>
・・・・詳細は検索してどうぞ、地図もついています。

規制委、
北海道、
21.<泊1、2号の補正申請提出=審査再開目指す-北海道電>時事通信 
03/0715:49
記事全文<原発再稼働の前提となる安全審査で、北海道電力は7日、申請書の不 
備を指摘され審査が保留されていた泊原発1、2号機について、補正申請書を原 
子力規制委員会に提出した。早期の審査再開を目指す。北海道電は昨年7月、泊 
1、2号機と3号機を申請したが、審査会合で規制委側から、1、2号機の申請 
には重大事故対策の有効性解析に不備があると指摘され、不備が解消されるま 
で、審査が保留されていた。>
21’.<北海道電力 泊原発1、2号機を補正申請 早期の再稼働視野>北海 
道新聞(03/07 17:01、03/07 18:00 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/525605.html
<北海道電力は7日、申請書の不備で原子力規制委員会が新規制基準の適合性審 
査を昨夏から保留している泊原発1、2号機(後志管内泊村)について、必要と 
されていた過酷事故対策のデータ解析が終わったとして補正申請を同委に提出 
し、受理された。 北電が優先審査を求めていた3号機は規制委の指摘で過酷事 
故対策の追加工事が必要となり、再稼働が遠のいたため、1、2号機の早期再稼 
働を視野に審査再開を急ぎたい考えだ。・・・・・・・>

電力会社、
21”.<冬の節電、数値目標期間が終了 北海道電力>西日本電子版2014年03 
月07日 21時29分 更新
http://qbiz.jp/article/33457/1/
<政府が全国で唯一、数値目標を設けた北海道の節電期間が7日午後9時に終了 
した。目標は厳冬だった2010年度比で6%以上だったが、北海道電力は昨年 
12月?今年2月の最大電力需要の平均は、景気影響を含む速報値で約5・4% 
低下にとどまったと発表した。数値目標付きの期間は昨年12月9日からだっ 
た。・・・・・・・・最大需要は1月17日の540万キロワットで、6%の節 
電目標の基準になる544万キロワットを上回ることはなかった。札幌市の本店 
で記者会見した真弓明彦副社長は昨年12月から約1カ月間、苫東厚真火力発電 
所4号機(北海道厚真町、出力70万キロワット)が設備不良のため停止したこ 
となどを挙げて「需給は綱渡りの状態だった」と総括。泊原発(泊村)の早期
再稼働が必要との考えをあらためて強調した。・・・・・・・・需要のピークを 
冬に迎える北海道では、本州からの電力融通に限界があり、泊原発の停止に伴っ 
て連続フル稼働が続く火力発電所が故障すると深刻な電力不足に陥る恐れがあ 
り、計画停電を回避するため昨冬に続き数値目標が定められていた。>

22.<コープが太陽光電力購入、札幌 電気代安く店舗で使用>西日本電子版 
2014年03月07日 12時23分 更新
http://qbiz.jp/article/33412/1/
<札幌市の生活協同組合「コープさっぽろ」が、北海道内の太陽光発電所の電力 
を買い取り、5月から店舗で使う計画を進めていることが7日、分かった。再生 
可能エネルギー普及を後押しし、電気代も安くなる見通し。将来は家庭向けの電 
力小売り事業への参入も視野に入れているという。・・・・・・・・・・・発電 
所の事業者は電気を高く売ることができ、PPSを経由することでコープ側も北 
海道電力から買うより電気代を1?2%圧縮できるほか、1店舗分の消費電力を 
まかなえる見通しという。 >

エネ計画のその後、
23.<与党作業チームが初会合=エネ計画で議論-自公>時事通信03/0719:22
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014030700859
<自民、公明両党は7日、中長期のエネルギー政策の方向性を示す新たなエネル 
ギー基本計画の政府案をめぐり、与党ワーキングチームの初会合を国会内で開い 
た。「重要なベースロード電源」とされた原発の位置付けや、再生可能エネル 
ギーの導入目標明記などで議論が交わされた。公明党は、発電電力量に占める再 
生エネルギーの比率を2030年に30%に拡大させることや、将来的な脱原発 
を公約に掲げている。計画の政府案は再生エネの目標には触れておらず、公明党 
側の出席者からは「公約に矛盾しない形が最低限のレベルだ」などと修正を求め 
る声が出た。・・・・・・>
・・・・・ずるずると自民党の引きずられる?!

政党、
24.<維新、石原氏に発言撤回要求 原子力協定めぐり>共同通信3月7日
http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2014/03/post-8961.html
日本維新の会は7日の国対役員会で、石原慎太郎共同代表が原発輸出を可能にす 
るトルコなどとの原子力協定締結承認案件をめぐり党方針に造反して賛成すると 
表明したことに関し、発言撤回を求めることを確認した。今国会中に見込まれる 
採決の際、欠席した場合でも処分すべきだとの認識で一致した。>
・・・・政党の体をなしてない党のようです。

参考記事、
25.<(プロメテウスの罠)内部告発者:4 福島が反旗を翻した>朝日デジ 
タル2014年3月7日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11015579.html
<◇No.852 2002年8月29日、福島の原発でひび割れ隠しがあった 
との原子力安全・保安院の発表で、地元の福島県は大騒ぎになった。  翌30 
日、三役打ち合わせで県知事・佐藤栄佐久(74)は「われわれの相手は経済産 
業省だ」と宣言する。・・・・・>
25’.<(プロメテウスの罠)内部告発者:5 あおられた電力危機>朝日デ 
ジタル2014年3月8日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11017705.html
<・・・・・・・・・・・・・しかし、世間の関心は国のエネルギー政策ではな 
く、停電に向かう。真夏に大規模停電が発生する恐れがあると、「首都圏の電力 
危機」があおられ始めた。
「市民生活は大混乱に陥り、生命の危険さえ生じうる。経済的な損失は大きく、 
国際的な信用も失うだろう」(読売新聞7月4日付)  
「早急に合理的決断を」(日経新聞6月5日付)
米紙ニューヨーク・タイムズは「原子力か暗闇かと東京が問われている」と報道。
英誌エコノミストは「暗闇が東京に降りかかる」という見出しで「日本の電力業 
界の混乱が世界のエネルギー市場に大きな影響を与えるかもしれない」と報じ 
た。・・・・・・・・>

26.<福島原発事故3年:長崎から考える/下 手作り平和博物館 資料で被 
害、語り継ぐ /長崎>毎日新聞 2014年03月07日 地方版
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20140307ddlk42040526000c.html
長い記事<福島第1原発から約80キロ離れた福島県白河市にNPO法人「アウ 
シュヴィッツ平和博物館」がある。古民家を改築した手作りの平和博物館だ。  
第二次世界大戦下でナチス・ドイツがユダヤ人を虐殺したアウシュビッツ収容所 
に関する記録写真や犠牲者の遺品などが並ぶ。ポーランド国立博物館から借り受 
け、歴史の事実を伝えている。・・・・・・・・・・・・・・13年5月、平和 
博物館の隣に「原発災害情報センター」をオープンさせた。費用は募金で集め 
た。原発被害に関する資料収集や企画展示などのほか、将来的には「広島や長崎 
の原爆資料館と同じように、語り継ぐ施設を目指す」という。アウシュビッツ、 
広島、長崎の原爆被害、そして原発事故。小渕館長は共通点を「差別だ」と指
摘する。「被爆者や被爆2世であることをいまだに黙っている人もいる。福島へ 
の差別もある。アウシュビッツの出来事も、人間としての思考が停止したから起 
こった」・・・・・・・・・・・・。

27.<再生エネ、地域で推進 市民電力の連絡会発足>朝日デジタル2014年3 
月8日05時00分
記事全文<太陽光や風力などの再生可能エネルギーによる小さな発電所を手がけ 
る市民団体が、「市民電力連絡会」を立ち上げた。ノウハウを共有して新たな参 
入者を呼び込むのが狙いで、始めたいと考えている人向けの連続講座も4月から 
始める。2月21日、東京都新宿区で発足式があり、約100人が集まった。設 
立メンバーは関東を中心に14団体。会長の竹村英明さん(62)は「経験と情 
報を共有し、日本中に市民電力を広げたい」と呼びかけた。発足後、約60の団 
体・個人が入会を申し込んだ。市民電力への関心は高まっている。東日本大震災 
で起きた原発事故を機に地域分散の再生エネに関心が高まったことや、固定価格 
買い取り制度(FIT)が導入されたことが後押ししている。NPOの調査
によると、市民や地域が主体で始まった発電所は、昨年9月時点で全国に458 
基ある。設立メンバーの「せたがや市民エネルギー」(東京都世田谷区)は、2 
階建ての教会の屋根を借りて、発電能力10・01キロワットの太陽光発電パネ 
ルを設置、昨年6月から売電している。共同代表の浅輪剛博さん(42)は「小 
さい事業所には資金調達や運営のノウハウなど共通の課題がある」と話す。入会 
や講座参加の問い合わせは、メールアドレス 
(ppn2014info@gmail.com)まで。(神田明美)>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、
28.<フクシマ 首長交代ドミノ このまま廃棄の町か 中間貯蔵施設割り切 
れぬ>
12.13面は全面見開きで、原発関連記事です、
29.<原発審査ヤマ場・・・・・・>
38面社会欄、
30.<震災関連倒産1485件・・・・・・・阪神の3.8倍>
今朝の紙面は以上です。(3.8.6:20)
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ 
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★  味岡修 さんから:
経産省前テントひろば907日目 テント日誌 3月5日(水)商業用原発停止 
177日目

3月9日(日)から始まる脱原発行動に参加を!

暦をめくれば啓蟄(けいちつ)である。春も近くなって虫たちがうごめきはじめ 
るのであり、長い冬から解放されたさざめきが聞こえてくるのだ。(啓蟄や頭上 
を誰か踏みゆける―松田福枝)。温かくなったと思ったら寒さがぶり返す、そん 
な日々だがやがては三寒四温という言葉がぴったりということになるのだと思 
う。政治は冬の季節に突入しつつある感じがするが、こちらも人々が街に溢れ出 
る春の季節に入りたいものだ。意志表示の群れが街に繰り出す日々を。

前日に「唐牛健太郎没後30年を問う」という催しがあった。若い人たちは唐牛健 
太郎と言っても知らない人が多いのかもしれないが、1960年安保時の全学連委員 
長であった。あの当時の首相の岸信介の孫である安倍晋三が現在の首相であるこ 
とを考えると、何か因縁めいたところもあった。岸と佐藤(栄作、後の首相)の 
兄弟は安保に反対するデモに自衛隊を出動させることに意欲を燃やしていた。こ 
れは赤城防衛庁長官や幕僚長たちの強い反対で実現しなかったけれど…、もし彼 
らの主張が通っていればどうなっていたか。

今、孫の安倍首相が自衛隊の海外派兵を合法化する集団自衛権の行使を容認する 
ように憲法解釈を変更せんとしているのを見るとこれまた因縁めいたものを感じ 
ざるをえない。軍隊の外に向けた出動と内に向けた出動とは、戦前の歴史を見れ 
ば同じことであり、必ずそうなってしまう。この催しはテントの近くの憲政記念 
館で開かれたが、テントに還り道にそんなことを思いだしていた。テントに寄っ 
ていただいた人もいた。

統治権力についての優れた見識を持たぬ連中がその行使者になることの恐ろしさ 
を知るべきなのだろう、と思う。法治の精神というか、根源を知らぬ面々が法治 
主義をふりまわす矛盾とでも言うべきか。積極的平和主義の滑稽さも含めて。平 
和や民主化を掲げて戦争をするのが大国の常套手段であれば、積極的平和主義は 
戦争の合理化の旗印に過ぎないのである。平和を願っていない人たちの口にする 
平和主義には要注意である。

新聞の見いだしに風化する震災というのがあった。原発震災も含めて人々の関心 
が薄れてきているという意味では風化というべき現象があるのかもしれない。し 
かし、風化という言葉に惑わされてはならない。物事に対する感覚的、あるいは 
感情的な反応はそのまま長続きするものではない。物事は対象として変化する 
し、感覚的・感情的なものは中性化という内化を遂げて存続するものだからであ 
る。原発震災も含めた大震災の反応も同じ形で持続して行くのではない。

中性化という内化(身体化)された反応の持続や深化もあるのだが、それは反応が 
薄れてきている風化ではなく、別の形の存続である。そこで必要なのは内化に対 
応する物事の認識や理解力の深まりである。震災に対するそれが自分の中で深 
まっているのか、どうかを内省すれば風化の実態は見えるはずだ。風化のように 
見える現象は脱原発運動への関心の風化とも重なっているように見えるところも 
あるが、これは人々から関心が去ったことではなく、内化して持続している面も 
あるのだから、この面での課題(原発問題の認識力や理解力の深まり)に目をや 
り努めよう。また、そのうちに風化を吹き飛ばす行動もみられるだろうとも思う。

三年目を迎える「3・11」もすぐ近くであるが、3月9日(日)から3月15日に 
至る脱原発運動の集会・行動がそれこそ目白押しである。全国各地で多くの集会 
やデモがある。北は北海道から南は沖縄までおびただし数だが、3月9日(日)には 
首都圏反原連等が主催の集会が13時から《日比谷野外音楽堂》である。14時からは 
国会請願・包囲デモが、15時30分~17時まで国会正門前の集会がある。経産省前 
テントひろばは協力団体だが、14時から東電への抗議集会などを行う。3月15日 
(土)には日比谷公園の野外音楽堂で12時から集会がある。これらについては別版 
でおしらせする。(三上治)

テント日誌 3月7日(金)《特別版》

経産省前テントひろば909日目 商業用原発停止179日目

「3・11」を挟む週の脱原発行動に参加を!

「3・11」も三周年を迎える。福島の原発事故は未だに収束の目途はたっていな 
い。毎日、汚染水を垂れ流し、放射能を放出している。現地の住民の健康被害は 
その全貌は見えぬままに、深刻度を示す兆候があらわれはじめている。しかし、 
政府は福島原発の事故後に停止状態にある原発の再稼動を優先し、現地には安全 
神話で臨んでいる。事故が被害はもう収まった、あるいはおさまりつつあるとい 
う態度で、原発再稼動をめざしているのだ。僕らは経産省前テントを保持しなが 
ら持久戦的な闘いを展開してきた。3月9日(日)から3月16(日)までの週には全国 
各地で脱原発の催し(講演会・集会・デモ等)がある。首都圏中心の主なるもの 
を告知するが、積極的な参加を望みたい。

3月8日(土)福島県民集会,会場(ユラックス熱海:郡山市)、サブ会場(いわき 
市文化センター、福島県教育会館)11時30分~。主催:県民大集会実行委員会他

3月9日(日)、原発ゼロ★大統一行動~福島を忘れるな!再稼動を許すな!①13 
時~14時日比谷野外音楽堂、主催:首都圏反原連他。②14時15分~15時東電本 
店前合同抗議行動、主催:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎他、国会請願デ 
モ、国会包囲。③15時30分~17時国会正門前大集会。反原連他

3月11日(火)、福島連帯テント前抗議行動。①正午~午後1時、経産省への怒りの 
抗議行動 ②午後1時~ 風船上げ行動(全国の原発現地いっせい行動に連帯し 
て)経産省前テントひろば(電話070-6473-1947)10時から準備。協力を。

3月14日(金)、官邸前抗議行動。18時~20時、主催:首都圏反原発連合

3月15日(土)フクシマを忘れない!さよなら原発3・15脱原発集会。13時30 
分~14時30分(デモ)。日比谷野外音楽堂、主催さよなら原発一千万人署名他

3月16日(日)さよなら原発!かごしまパレード 場所:鹿児島市中央公園(テ 
ンパーク)10時~16時 主催:ストップ再稼動!3・11鹿児島集会実行委員会 
これは来週の行動の主なもので、各地域で多くの催しがある。参加を。(三上治)

★ 前田 朗 さんから:
※ヘイト・クライム禁止法(60)ロシア
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/03/blog-post_7.html

※ヘイト・クライム禁止法(61)スウェーデン
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/03/blog-post_965.html

※ジェノサイド条約65周年記念パネル
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/03/blog-post_5751.html
日本ではジェノサイドが犯罪とされていない。人道に対する罪も犯罪とされてい 
ない。
過去の歴史をごまかすことしか考えていないからだが。

★ 井上澄夫 さんから:
 照屋自民党県連幹事長が県議会で2県紙の報道に八つ当たりし、県の見解を質 
しましたが、県は「広報課で苦情は確認されていない」と応じ、照屋の猪突はと 
んだヤブヘビに終わりました。
 石破自民党幹事長に脅迫されて「県外移設」公約をホゴにし県民の支持を失い 
つつある現状がそうさせたのでしょう。
 しかし政府・与党による2県紙攻撃は今後も続くと思います。なにしろ自らの 
責任をまるで問わず、ことあるごとにマスメディアのせいにする性癖が身につい 
たヤカラですから。
------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 迄>●
〒住所氏名電話番号冊数よろしく。

●《 3・11事故から3年 山口・九州 各地の集会 》●
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11788242970.html

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●さよなら原発!3.9福岡集会●
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
地図:http://tinyurl.com/6od2twa
デモ:午後3時から天神周辺 9コース、九電前迄2コース
主催: さよなら原発!福岡集会実行委員会
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
カンパ募金振込先
・郵便振替01770-5-71599 さよなら原発! 福岡
 1口500円(何口でも大歓迎)
チラシ表 http://tinyurl.com/mjzu7ft
チラシ裏 http://tinyurl.com/ml5okhv

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
         3月28日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
              原告総数 原告総数  7500 (3/5現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
          ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
          午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
           <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
            青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************



































CML メーリングリストの案内