[CML 030091] 【報告】第1052日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2014年 3月 7日 (金) 07:04:35 JST


青柳行信です。3月7日。

『1000日目記念誌冊子』
< ハンナ&マイケルさんから>
100枚のカラー写真によるひろばテント1000日の激動の歴史や、
テントの主、青柳さんに直撃インタビュー、1000日記念祝賀会の様子やちりばめ
られた漫画など、これ一冊で福岡における脱原発運動がコンパクトにわかる歴史的
編集。一冊 ワンコインカンパで500円です。送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を、青柳メール
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp までご連絡ください。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1052目報告☆
           呼びかけ人賛同者3月6日迄3214名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】3月6日1名。
        松村美雪
   広瀬勉 石シノブ 朝比奈修勝  匿名者
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さま
NHK会長の態度。あちこちで見るにつけ、聞くにつけ、
あのふてぶてしさは 許せないですね。
NHK 3人組 
彼らは もう 辞任、罷免しかないですね。
 9日のさよなら原発
たくさんの人の参加で 天神界隈を埋め尽くしましょう。
あんくるトム工房
辞任しかないね   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2902
北朝鮮のロケット  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2901

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆ 「この土地は聖なる場所ぞ草鞋(くつ)を脱げ」安倍普三よ軍靴を履くな
     (左門 3・7-588)
※旧約聖書『出エジプト記』3章5節。神の声である。
モーセはクツを脱いで神に従った。
しかし、日本の宰相は、軍靴(チョーカ)を履き続ける――
そして先祖伝来の「まほろば」を米軍と共に海外で戦う戦力とし、
基地を強化し、法改悪をし、方や、原発災害を収束・除染しないばかりか、
原発輸出まで進めている。
モーセの神=ヤハウェだけでなく、世界中の諸々の神々、
日本の八百万の神々が、
安倍普三の醜悪なるデザインの軍靴を脱ぐように命じておられる。

★ 田中美由紀(「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団
          &玄海原発訴訟を支える会事務局) さんから:
玄海訴訟ニュース2014年3月5日号
http://tinyurl.com/m5hpop6

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<川内原発の基準地震動540ガルの15%増しの640ガルの再申請は余りに 
も酷い>を報告いたします。
3月6の朝日新聞に
“川内原発、審査優先の可能性 規制委、3月中旬にも選定
 原子力規制委員会は5日、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)の規制基 
準の適合審査で、想定する最大級の地震の揺れ「基準地震動」について、大きく 
なるように見直した
九電の方針を大筋で認めた。火山の影響など課題は残るものの、審査に見通しが 
ついた。規制委が審査を優先する原発の有力候補になる可能性が高まった。
 規制委は今月中旬にも適合審査の申請をしている原発から審査を優先する原発 
を選ぶ方針。選ばれれば最も早く再稼働する可能性が高い。基準地震動の確定は 
前提条件の一つだが、審査中の10原発で基準地震動が定まった原発はまだない。
 九電は最大級の揺れを620ガル(ガルは揺れの勢いを示す加速度の単位)に 
引き上げる方針を示した。申請時は540ガルとしていた。規制委が揺れの大き 
さを検証したうえで、近く確定する。九電は想定を見直しても耐震安全上重要な 
建物や機器の耐震性に影響はなく、大規模な補強工事は必要ないとみている。
 一方、審査が進んでいた関西電力大飯原発3、4号機(福井県)は議論が長引 
く可能性が出てきた。関電は基準地震動を引き上げる意向だが、5日の審査会合 
で地震が起きる場所の深さについて、規制委と意見が食い違い結論が出なかっ 
た。“と報道されています。
原子力規制委員会は民主党政権下で設置され、当初は原子力発電所内の活断層の 
有無や基準地震動の大きさに付いては、福島第一原発の過酷事故の反省から、厳 
しく見ていました。
しかし、2012年(平成24年)12月16日の衆議院議員総選挙で、安倍政権が誕生す 
ると、独立した委員会といいながら、段々活断層の有無や基準地震動の大きさに 
付いての審査を緩めてきました。
 そして、福島第一原発のあれほどの過酷事故を経験しながら、川内原発の東日 
本震災発生前の基準地震動540ガルを、15%増しの620ガルで認めかねな 
いところまで後退してしまったようです。
 多くの新聞が、「川内原発が原子力規制委員会が審査を優先する原発の有力候 
補になる可能性が高まった」と報道しています。
「そして、九電は想定を見直しても耐震安全上重要な建物や機器の耐震性に影響 
はなく、大規模な補強工事は必要ないとみている。」と報道されていますが、 
15%増しの620ガルは九電があまり耐震補強しなくて済むぎりぎりの値を提 
出し、再稼動の審査に合格する目論見と思われ、何ら安全性を高めるためにおこ 
なったものでは無いと思われます。
 原発の基本地震動の決定には、大きな疑問を感じていましたので、青柳通信に 
少しずつ投稿していました。
 それを、下記にまとめています。
http://tinyurl.com/lfy8own
いま、「川内原発の基準地震動540ガルの15%増しの640ガルの再申請は 
余りにも酷い」ことの大合唱が必要と思われましたので、お知らせいたします。

★ 永島さんから:
青柳 さま
いつもご苦労様です
3月の行動が終わってから報告をするよりは、行動の案内をする
ほうがちょっとは役に立つと思って急いで発行しました。

「脱原発・放射能汚染を考える北摂の会」のチラシNo.70ができました。
3年前の原発事故と大きな犠牲が、原発のない日本を作り
あげました。今度は我々と市民全体の力で、原発の再稼働
を許さない運動を作りあげなければなりません。

大阪では残念ながら大きな行動はあまりありません。ぜひとも9日
の集会を成功させたいものです。13:40からの本番集会とデモに
参加したいと思います。

3月11日の記念日は火曜日ですが、「関電前の金曜行動」が開か
れます。夕方5時から8時まで開かれます。最近でも100人前後の
人々が参加して抗議行動が行なわれています。
ぜひみんなで参加して大きく盛り上げていきましょう。

私たちのチラシも今年の5月で3年目を迎えます。運動の輪を広げ
たいと思います。皆さんの友人など読んでいただける方があれば、
ぜひご紹介下さい。
http://tinyurl.com/lmsr8nr

★ いのうえしんぢ さんから:
【原発関連映画@福岡】
3/8(土)18:00~
■「へばの」上映会
場所:NPO環境未来センター希望(福岡市中央区薬院4丁目3-7大林フローラ薬院 
2階)
参加費:\300
申し込み:tel/fax 092-776-8088(不在がちなので留守電にメッセージを)
     mail: tampop at wmail.plala.or.jp
主催:特定非営利活動法人たんぽぽとりで

内容:核燃料再処理工場がある青森県六ヶ所村で生活する恋人たち。
ある事件をきっかけに、2人の運命は大きく変わり始める。
監督:木村文洋/出演:西山真来、吉岡睦雄他/81分

【脱原発デモ】
2014年3月9日(日)14:00
■さよなら原発!3.9福岡集会~事故から3年 核の火を消すために~
@須崎公園(福岡市中央区天神5-8)
あえてサウンドカーは出さずに、生楽器中心で路地も全11コース
という前代未聞世界初(?)の複数コースで練り歩き、天神を
占拠するオキュパイ・デモ。「変えたい」をテーマにドレスコードが
「マジシャン」コスのいのうえはデモコース5を担当。一緒に是非!
こぐれみわぞうさん(シカラムータetc)もちんどん太鼓で参加予定(嬉)!

【脱原発デモ裁判】
第13回裁判3/12(水)13;00~
福岡サウンドデモ裁判
口頭弁論(警察官・証人尋問)のおしらせ
http://demosaiban.blog.fc2.com/blog-entry-43.html … …
暴力や差別、貧困などを作り出す、戦争、原発、TPPなどに反対するのにも、
この表現の自由なしでは何もできません。傍聴等ご協力を!

【福岡サウンドデモ裁判】
(結審までに!)リーフレットを買って応援してください!
A5サイズ/64ページ/全頁カラー/掲載写真は全て写真家の深水登志子さん/
価格¥500
問合sirokuma at chime.ocn.ne.jp tel.092-751-0666 http://p.tl/dgLZ

★ 黒木 さんから:
転載、たんぽぽ舎です。【TMM:No2107】2014年3月6日(木)午後 10:13地震と原 
発事故情報より

「東電テレビ会議49時間の記録」を見て
 |  ―再稼働をする前に、原発立地市町村の首長、各原発現場の所長にも見 
てほしい
 |  これを見た後で事故対応に自信がありますか?
 └──── 冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)

 「東電テレビ会議映像」は、東電福島第一原発の事故当時、東電本店、福島第 
一、第二、柏崎刈羽、福島オフサイトセンターの間を結んだテレビ会議の様子を 
そのまま録画した映像です。「東電テレビ会議49時間の記録」はこの映像をもと 
に、アワープラネットTVが3月12日から15日までの49時間の映像のうち、一般公 
開されている約10時間を編集して前編1時間47分、後編1時間39分にまとめたも 
のです。
 私は2月27日(木)12時から16時半まで日比谷コンベンションホールで見まし 
た。主催は東電株主代表訴訟で、朝日新聞の木村英昭さんの解説がありました。
木村さん「映像は誰でも自ら検証できる生の材料である」と話されました。
正直な感想は、皆が混乱しており、やみくもにできることをやっており、やった 
結果もよくわからないという状態だったということです。
 1号機爆発のあと、2号、3号、4号がすべて危機的状態になり、爆発を避け 
るためにいかに原子炉の圧力を下げるか議論し、作業している映像です。
 本店は官邸に説明するために現場に聞くわけですが、現場も説明できないわけ 
です。本店は「こういうことにしよう」と言って、嘘を官邸に伝えたのです。原 
子炉は電源喪失しても冷却できるシステム(緊急炉心冷却系)があり、安全神話 
の一根拠だったのです。これが全く働かず、現場には働かせる能力もなかったの 
です。炉心溶融しないように水を入れる必要あるが、圧力が高くて入らないので 
す。どうしたら圧力が下がるかマニュアルがあるはずなのに、わからないので 
す。消防車で水をいれたはずなのに水位が上がらない。
 免震重要棟の放射線量も高くなってきて、100mSvの上限に達する作業員が出て 
くる。これ以上原発を爆発させてはならないと焦る。ベントするしかないと本店 
も福一も思っていました。3号機はベントしたようです。2号機はなかなかベン 
トできないで焦っていました。機器を操作しても思うように動かないのです。そ 
こで、2号機ではドライベントをしたのです。ベントはウェットベント(サプ 
レッションチェンバーの水をフィルターとして使って放射性物質を相当除去して 
から廃棄する)でなければなりません。サプレッションチェンバーに行く配管が 
損傷したのでしょう。ウェットベントができないで焦って、風向きを見ずにドラ 
イベントしたのです。
 結果は飯館村から福島市、郡山市等の中通りを汚染した、この事故の最大の放 
射能汚染を引き起こしたのです。小出裕章さんによれば、2号機からでた放射能 
は1号機、3号機、4号機からでた放射能の合計よりはるかに多いのです。これ 
は重大な犯罪ではないでしょうか。
 自主上映のために、OurPlanetTVのHPをご覧ください。DVD前編・後編2本 
を2万円で貸出しています(販売はしていません)。
 再稼働せまる原発立地の皆さんに是非見てほしい。

★ 舩津康幸 さんから:
今朝も、九州の原発の名がある記事からはじめます。

規制委のその後の動き、
1.<高浜、玄海原発も重大問題なし 規制委の審査>西日本(2014年03月06日 
21時38分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/74013
<原子力規制委員会は6日の審査会合で、関西電力高浜原発3、4号機(福井 
県)と九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県)について、過酷事故対策や設備面 
で重大な問題はないと
の認識で一致した。4日には関電の大飯原発(福井県)と九電の川内原発(鹿児 
島県)も同様の認識で一致している。この日の会合では四国電力伊方3号機(愛 
媛県)についても議
論されたが、規制委事務局幹部は「質問しても(四電から)十分な回答がなく、 
消化不良だった」と述べ、検討が不十分との見解を示した。規制委は、審査の最 
終段階となる審査書
案作成に進む原発を絞り込む方針。>
こちらは前日の会議を伝える記事、
1’.<玄海原発の揺れ想定 九電、基準引き上げ>佐賀新聞3月6日
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2642978.article.html 
<九州電力は5日、原子力規制委員会の審査会合で、玄海原発3、4号機(東松 
浦郡玄海町)と川内原発1、2号機(鹿児島県)の「基準地震動」を引き上げ、 
これまでの585ガ
ルを620ガルに改める考えを示した。震源を特定しない地震動について、 
2004年の北海道留萌支所南部地震のデータを従来よりも慎重に検討して反映 
させ、規制委はおおむね
妥当と認めた。玄海原発は、別の地震データでの検討が残っている。 基準地震 
動は、その原発で起こり得る最大規模の揺れの想定で、耐震計算などの基準にな 
る。川内原発は、審査
で最大難関とされる基準地震動の想定をほぼクリアした形。今後は火砕流や津波 
の想定、敷地内断層の評価など、残る重要課題の検討に入る。
  ・・・九電は留萌支所南部地震について「評価には幅があり、敷地への影響の 
観点から安全側に判断する」として、現在のデータから得られる想定よりも、さ 
らに10ガル程度を上
乗せして安全性を確保する案を示した。今後、新たにデータが得られた場合は検 
証、反映させるとした。 委員は「現に分かっているところと、ある程度仮定の 
ところを説明しても
らった。今後も向上を図るということで説明してもらえればいい」などと評価 
し、おおむね妥当と認めた。玄海原発は先月末の審査会合で、参考データとして 
採用した2000年の
鳥取県西部地震の取り扱いをめぐって規制委から再提出を求められていたが、こ 
の日は九電側の準備が間に合わず、次回以降に持ち越した。・・・・・・>
こちらも、
1”.<川内原発の基準地震動想定「ほぼ妥当」 規制委、優先審査へ前進か> 
南日本新聞(2014 03/06 07:30)
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=55214
<原子力規制委員会は5日、九州電力川内原発1、2号機(薩摩川内市)を対象 
に、再稼働の前提となる新規制基準への適合性審査の会合を開いた。九電は、震 
源を特定せず策定す
る地震動について、従来想定(585ガル)から620ガルに引き上げ、基準地 
震動(想定される最大規模の揺れ)とする方針を説明。規制委はおおむね妥当と 
認めた。・・・・審
査で難関とされる基準地震動の想定をほぼクリアしたことになり、優先審査に一 
歩前進したといえそうだ。今後は、火砕流や津波の想定、敷地内断層の評価な 
ど、残る課題の検討を
進める。 ・・・・>

福島第1の現場、
2.<浄化装置が運転再開=電源機器の故障なし-福島第1>時事通信03/0612:18
<・・・・・福島第1原発で汚染水から放射性物質を大幅に減らす装置 
「ALPS(アルプス)」で警報が鳴り、3系統のうち1系統の運転が停止した 
問題で、東電は6日、運転を
再開したと発表した。汚染水を送るポンプの電源機器の異常が疑われたが、故障 
ではないと判断したためで、同日午前4時5分に運転を再開した。>

2’<福島第1 汚染水漏れ タンク増設追い付かず>河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201403/20140306_63010.html
<福島第1原発の地上タンクの高濃度汚染水漏れ問題で、原子力規制委員会は5 
日、使用を停止している地下貯水槽の運用再開を検討するよう東京電力に指示し 
た。汚染水増加にタ
ンクの増設が追い付かず、満水状態でためているため、漏れの一因となってい 
る。・・・・・・>
2”.<福島第1原発:汚染水満水状態、改善は当面困難??東電>毎日新聞 2014 
年03月06日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140306ddm002040071000c.html
<東京電力は5日、福島第1原発で発生した汚染水をためる貯蔵タンクがほぼ満 
水になっている状態を改善するのは当面困難との見解を明らかにした。満水状態 
が水漏れリスクを高
めている。原子力規制委員会は同日、新たな保管場所として、昨年4月の汚染水 
漏れを受け使用を中止した地下貯水槽の対策を強化し、再利用を検討するよう指 
示した。同日の規制
委の作業部会で報告された。先月、タンクから約100トンの高濃度汚染水が外 
部に漏れた。水位が96・3%に達して警報が鳴ったが、東電は「容量切迫」を 
理由に手動で汚染水
を入れ続けた。このため、規制委は東電に対し、水位を95%程度に抑えるよう 
要請した。作業部会で、東電はタンクの増設工程などを踏まえ「現状で水位引き 
下げは難しい。
12月末までに下げることを検討する」と応じた。規制委の更田豊志(ふけたと 
よし)委員は、多核種除去装置「ALPS(アルプス)」で処理した水に限定 
し、漏れがなかった地
下貯水槽での保管を提案。「タンクに余裕を持たせたほうが安全」と話した。地 
下貯水槽をめぐっては茂木敏充経済産業相が使用を禁止する方針を示しているた 
め、経産省の担当者
は「経産相に相談する」と述べた。・・・・・>
・・・・昨日の7.の記事を補足するような記事です。地下貯水槽の事情を。

こちらの新聞も現場ルポ、
3.<記者の目:東日本大震災3年 福島原発廃炉の現場=前谷宏(東京社会 
部)>毎日新聞 2014年03月06日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140306ddm005070019000c.html
<福島第1原発事故から間もなく3年。廃炉作業の現場では、今でもタンクから 
の汚染水漏えいや原子炉内の温度計の破損など、人為的ミスが原因とみられるト 
ラブルが絶えない。
一線で働く作業員の地位向上や待遇改善を実現しないと、いずれまた取り返しの 
つかないトラブルが起こるのではないか。構内で働く作業員や業者の取材を続け 
ながら、そう感じて
いる。・・・・・・・ベテラン作業員の多くは地元の住民だ。事故で避難を余儀 
なくされた被害者でもある。取材で改めてその事実を痛感させられた。彼らの多 
くは家族と離れて原
発の近くに残るか、片道数時間をかけて避難先から通勤することを余儀なくされ 
ている。家族に心配をかけないよう、構内で働いていることを秘密にしている作 
業員もいるとい
う。
◇低賃金が招いたベテランの流出  同時に多くの作業員が不満を漏らすのが賃 
金の問題だ。原発構内の作業は多重の下請け構造に支えられており、発注段階で 
東電が支払う労務費
が、中間業者によって管理費などの名目で「中抜き」されてしまうという。「高 
い線量の中で働かされているのに事故前と比べて1日数百円しか給料が上がって 
いない」という声も
聞いた。
こうした環境の中で、地元出身のベテラン作業員の流出が続いている。東電によ 
ると、作業員の地元出身者の割合は一昨年は60?70%台で推移していたが、 
昨年は50%台にまで
低下。5年で100ミリシーベルトという法定被ばく限度を超え、現場で働けな 
くなった作業員も多いが、比較的日当の高い周辺の除染作業や首都圏の建設現場 
に作業員が流出する
現象も起こっている。・・・・・・・◇担い手不足切実、教育態勢整わ 
ず・・・・・・・・・・福島県外には、原発事故はもう終わったことと感じてい 
る人もいるかもしれない。だ
が、現場では今でも綱渡りのような収束作業が続いている。事故直後から構内で 
働く作業員の一人は「せめてメダルの一つでももらいたい」と苦笑し 
た。・・・・・・>
・・・・・「いずれまた取り返しのつかないトラブルが起こるのではないか」と 
フクシマを見つめて続けている誰もがそう思っているはず。

被災地フクシマ、
4.<福島原発事故:「除染八則」朝礼で唱和 大川原の作業員>毎日新聞  
2014年03月06日 03月06日 12時46分)
http://mainichi.jp/select/news/20140306k0000e040214000c.html
<「私たちは、大熊町の再生を目指します」。福島第1原発事故で全住民が避難 
して間もなく3年を迎える福島県大熊町の大川原地区(居住制限区域)に、除染 
作業員の声が響く。
同地区では昨夏から国の本格的な除染を実施。最も多い時で1日あたり約 
1500人が従事する。事業主体の清水建設によると、その8割を同町住民ら県 
内出身者が占め、地元の建
設業者ら36社が現場を支える。全員が集まる朝礼では、作業員が心構えの「除 
染八則」を唱和し、ラジオ体操をした。同町は居住域の96%が帰還困難区域の 
ため、放射線量が比
較的低い同地区に復興拠点の整備を計画。除染や廃炉関連の研究施設を配し、人 
口約3000人規模の新都市を作る。・・・・今は同県いわき市で避難生活を送 
る同町の建設会
社社長は「除染をしなければ古里が無くなる。住民が一日でも早く帰れるよう一 
歩でも作業を進め、次世代につなぐのが使命」と話した。>
・・・・・ゼネコンの下で地元民が働く構図。

5.<大熊町が町民に差額支給へ 避難区域の家財賠償> 【福島民友新聞】
http://www.minyu-net.com/news/news/0306/news6.html
<・・・・福島第1原発事故に伴う避難区域の家財賠償で、大熊町は新年度、帰 
還困難、居住制限、避難指示解除準備各区域の区域分けによって生じる賠償金支 
払いの差額相当分を
町民に支給する方針を決めた。5日開会の3月議会に提案した新年度一般会計当 
初予算案に、復興拠点形成支援交付金として1億5800万円を盛り込ん 
だ。・・・・・・・・>

6.<飯舘村が除染推進課を新設 来月1日村本庁舎に 【福島民報】2014/03 
/06 09:11
http://www.minpo.jp/news/detail/2014030614332
<・・・福島第一原発事故で全村避難している飯舘村は、環境省の直轄除染の迅 
速化に向け、4月1日に村本庁舎に除染推進課を新設する。5日に開会した村の 
3月定例議会に条例
改正案を提出した。本庁舎に課が配置されるのは、23年6月に役場機能を福島 
市飯野町に移転し、全村避難が完了して以来、初めて。 今月末に終えるはず 
だった村の除染は大幅に
遅れている。帰還困難区域の長泥行政区を除いた地域では、住宅環境周辺が来年 
3月末、農地が平成28年度内に終了する計画に見直された。除染推進課は環境 
省を支援し、期間内
の完了を目指す。 役場機能は福島市飯野町に移転しているが、除染推進課は除 
染現場に近い村の本庁舎に置き、課題に素早く対応する。

7.<(東日本大震災3年)要介護、5町村で1.5倍超 支え手は減少 福島 
第一原発周辺>朝日デジタル2014年3月6日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11013802.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11013802
記事全文<東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の42市町村で、介護 
や支援が必要な高齢者の急増に歯止めがかからない。東京電力福島第一原発周辺 
では、全町避難が続
く大熊町で震災前の1・64倍に達するなど、5町村で1・5倍を超えた。人口 
は軒並み減少しており、介護職員不足が深刻さを増している。・・・・津波被害 
を受けた沿岸部と原
発事故による避難区域が設定された42市町村に、朝日新聞がアンケートをし 
た。今年1月と震災前(2011年1月)の要介護者数を比べると、この地域全 
体で約1万7千人
(17・6%)増えた。1・5倍以上に増えたのは、大熊町のほか福島県の浪江 
町、双葉町、飯舘村、葛尾村(浪江町のデータは13年12月)。1・5倍超の 
自治体は昨年アンケ
ートの3町村から増え、状況は厳しくなっている。一方、高齢者を支える人口は 
流出する。要介護者が1・25倍以上になった福島10市町村のうち、浪江、富 
岡両町で人口が9・
7%減少するなど、5市町村で1割近く人口が減った。岩手、宮城では2割以上 
減った自治体もある。「医療・福祉の基盤の崩壊」(浪江町)などの切実な声も 
あがっている。昨年
11月末時点で、全国の要介護者数は震災前に比べ、1・16倍だった。.>
7’.(東日本大震災3年)避難先巡り介護予防体操/特養増床したが人手不足 
 不安な現場>朝日デジタル2014年3月6日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11013708.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11013708
<お年寄りが避難先で次々と介護が必要な状態となり、人口減で介護職員が集ま 
らない。東日本大震災で大きな被害を受けた自治体で、介護不安がさらに強まっ 
ている。・・・・原
発事故の影響で全住民約1万4千人が避難を続ける福島県富岡町。介護や支援を 
必要とする人は震災前の1・47倍に増えた。約5700人が避難するいわき市 
に昨年1月、町民向
けの高齢者サポート拠点ができた。企業の敷地を借り、町がつくった。・・・2 
月下旬に訪れると、介護予防の体操教室に、十数人の高齢者たちが参加してい 
た。体操教室は要介護
者を少しでも減らすための取り組みだ。町の委託で教室を運営するNPO法人 
は、いわき市のほか郡山市など避難先4市町村を回る。郡山・いわき両市の同日 
開催日には、スタ
ッフ4人が車で高速道路を片道80キロ以上走り、行き来する。NPOの事務局 
長が「綱渡りのよう」と語るフル回転だ。・・・それでも限界はある。避難者 
は、7割が福島県43
市町村、残り3割は県外46都道府県と国外にいる。町職員らは口をそろえる。 
「できることをやるしかない」・・・・・>
・・・・・サポートするにも広域に及ぶ、すごい実態です。

8.<東日本大震災3年:原発事故被災の福島・双葉郡 学校存続、正念場 小 
中学生、震災前の1割>毎日新聞 2014年03月07日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140307ddm003040042000c.html 
<東京電力福島第1原発事故で被災した福島県双葉郡(8町村)の学校が存廃問 
題の正念場を迎えている。全国各地に避難した子供たちの帰還は進まず、小中学 
校の児童生徒数は震
災前の1割程度。もしも廃校になれば、子供がいる世帯はますます戻れなくな 
り、自治体そのものの存続危機に直結する。地元では、県立の中高一貫校を開設 
しようと郡を挙げて取
り組むが、年月とともに、被災者は避難先で生活を定着させ、子供の「ふるさと 
喪失」は既成事実化しつつある。・・・・・以下、実情を伝える)・・・・・>
・・・・添付地図があります。

9.<保護者7割 今も不安 放射能汚染 群馬大 西村教授調査>東京新聞3月6日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20140306/CK2014030602000166.html
<福島第一原発事故に伴う放射能汚染に対する意識調査で、子どもがいる県内の 
保護者の七割は汚染が子どもに与える影響にいまも不安を感じていることが分 
かった。一方、汚染に
関する行政情報の「分かりやすさ」や「信頼性」への評価は低い。調査をした群 
馬大の西村淑子教授(行政法)は「行政と市民のコミュニケーションがもっと必 
要」と話す。
 ・・・・・今後の放射能対策のあり方を探ろうと、昨年十~十二月、県内各地 
の保育園や幼稚園などを通じ、小学生以下の子どもがいる保護者二千人にアン 
ケートを配り、七割の
千四百三十四人が回答した。このうち六割は、国から汚染状況重点調査地域に指 
定され、除染計画を策定した自治体に住んでいる。放射性物質が子どもへ与える 
影響については、
59
・1%の人が「少し不安を感じる」とし、12・3%は「大いに不安を感じる」 
と答えた。子どもの被ばく検査については、40・9%が「希望する」で、「有 
料でもいいので受け
たい」と自由記述欄に書いた人もいた。・・・放射能汚染の可能性のある食品に 
ついては、44・1%が「なるべく避けている」と回答。自由記述で「きちんと 
放射能検査をしてい
ると分かっていても、子どもが食べるものは東北のものを避けてしまう」と書い 
た人もいた。・・・・・・・・・・・・結果の概要は、宇都宮大学国際学部付属 
多文化公共圏セン
ターのホームページから「福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト」に入り、「ア 
ンケート調査」の中の「資料集」で見ることができる。・・・・・・・・・>

10.<線量と健康を一元管理 富岡町が専門組織を新設 【福島民友新聞】 
(03/06 09:40)
http://www.minyu-net.com/news/news/0306/news7.html
<町民に個人線量計を貸し出し、実測値を基に放射線管理を進める方針の富岡町 
は4月に町組織を改編し、同業務に当たる専門組織として「放射線健康管理係」 
を健康福祉課に新設
する。同係は、個人線量だけでなく、健康診断の結果も一元的に管理して町民の 
健康管理を総合的に進める。5日、郡山市で開かれた同町議会全員協議会で方針 
を示した。町は新年
度、携帯用の小型線量計(ガラスバッジ)のほか、線量と健康診断の結果を合わ 
せて記入できる健康管理手帳を町民に配布する方向で検討している。・・・・・・>

11.<被災3県、再建にめどは14% 資金難の仮設商店街.>西日本電子版 
2014年03月06日 18時38分 更新
http://qbiz.jp/article/33369/1/
<東日本大震災後に岩手、宮城、福島3県で開業した仮設商店街のうち、本格的 
な店舗で再建するめどが立っているのは14%にとどまることが6日、共同通信 
のアンケートで分
かった。資金調達の難しさや、津波浸水地のかさ上げ事業などの遅れでまちの将 
来像が定まらないことが主因だ。・・・・・・・・・>

12.<変わらぬ被災地、川柳に 元福島県職員が274句出版>西日本電子版 
2014年03月07日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/33389/1/
<◆帰りたい 田の草取りに 帰りたい 東京電力福島第1原発事故から11日 
で3年となるのを前に、福島県の元県職員伊東功さん(63)=同県本宮市= 
が、脱原発の願いを詠
んだ川柳集「福島からの風」を自費出版した。・・・・・・・・・。

13.<複数技術で森林除染 県が新年度に実証研究>福島民友(03/06 10:05)
http://www.minyu-net.com/news/news/0306/news11.html
<住宅など生活圏から20メートルより奥地にある森林除染の実現に向け、県は 
新年度に着手する技術開発事業で、複数の新しい手法を組み合わせて効果的な除 
染技術の確立を目指
す。・・・・・・・・・・・>

14.<災害心理研究所」開設へ 福島大が来月 原事故の影響研究>福島民報 
2014/03/06 09:09
http://www.minpo.jp/news/detail/2014030614331
<福島大は4月、学内に研究組織「災害心理研究所」を新設する。東京電力福島 
第一原発事故に伴う放射線被ばくの不安が県民の心理的健康に与える影響やその 
対処法などを研究す
る。5日、記者会見し、明らかにした。 研究所の設置期間は平成31年3月末 
までの5年間。・・・・・・・・・・チェルノブイリ原発事故が発生したウクラ 
イナでは今も心理的な
問題を抱えた被災者が多いという。筒井教授は「原子力災害がどんな心理的問題 
を引き起こすのかや、子どもの心理的発達への影響は科学的に解明されていな 
い。問題が起きる科学
的メカニズムに基づく対処法を県民に発信したい」と話している。>

15.<6日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定 
値・県内死者・行方不明者数>福島民報3月7日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値 
です。
・・・・・記事中に、「放射性物質の検査結果(野菜)」があります。

栃木県、
16.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞3月6日 17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140306/1525768
記事<▼空間放射線量率(6日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。 
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート 
ル)・・・・・・・・>

群馬、
17.<野生キノコの出荷解除はいつ?>朝日デジタル2014年3月7日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG347F90G34UHNB013.html
<・・・・・・・福島第一原発事故の影響で、県内では野生キノコの出荷制限が 
今も続いている。発生からまもなく3年を迎えるが、解除への道のりは遠い。 
「このキノコは大丈
夫?」。東吾妻町の農産物直売所「あがつまの里」では昨年秋のキノコシーズ 
ン、なお放射性物質の濃度を心配する客がいたという。店内には「安心してお買 
い物をしていただくた
めに毎日放射線量の測定をしています」などと書いた張り紙。簡易測定器を備 
え、納品ごとにサンプル測定している。入荷する栽培キノコは、野菜に比べれば 
数値が高めなことはあ
るが、すべて基準値以下だ。・・・・・・(以下、有料設定)・・・・>

東京、
18.<原発事故被害追い記録映画 報道写真家2人が撮影 8日から東中野で 
上映>東京新聞2014年3月6日 13時56分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014030690135600.html
<東京電力福島第一原発の事故から間もなく三年。福島県飯舘村の村民を追った 
ドキュメンタリー映画「遺言 原発さえなければ」が、八日から東京都内で上映 
される。一般向けの
公開は初めて。ともに報道写真家の豊田直巳さんと野田雅也さんが撮影、監督 
し、高濃度の放射能汚染で故郷を奪われた人々の絶望や苦悩、そして再起への歩 
みを記録し
た。・・・・・・上映は十四日まで、午後零時二十分からの一回のみ。東京都中 
野区東中野の「ポレポレ東中野」=電03(3371)0088=で。>

19.<パルシステム生活協同組合連合会調べ 今後の東北復興支援 トップは 
“食べて応援”約6割、 10代は“募金で応援”3人に2人>朝日デジタル2014年3月6日
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CATP20144014.html
<・・・・・・・・・◆東北復興を応援したい 現在『強い思い』を持っている 
のは2人に1人・・・・・・・・・
◆“脱原発”肯定 83.0%、東北復興を応援する思いが強い層で高い傾向
3人に1人が、東北復興には原発をなくすことが必要だと回答していましたが、原 
子力発電は今後どのようにするべきだと考えられているのでしょうか。全回答者 
(1,000名)に、今
後、原子力発電をどのようにしたらよいと思うか聞いたところ、「すぐになく 
す」16.4%、「いずれはなくす」66.6%となり、それらを合わせた『なくす 
(計)』は83.0%、一方、「な
くさない」は17.0%でした。エリア別にみると、『なくす(計)』は、東北が他 
のエリアより高く92.3%となりました。また、復興を応援する思いの強さ(現在 
の復興を応援する思
い)別にみると、思いが強い層ほど原発をなくしたほうがよいとする割合が高 
く、『なくす(計)』は、思いが強い層では86.7%、どちらともいえない層 
80.7%、弱い層76.8%となりま
した。・・・
・・・・・・・・>
・・・・・他にも興味深い結果が多岐にわたります。時間があれば検索してどうぞ。

20.<京の原発事故避難者、無償入居期限迫る印刷用画面を開く>京都新聞【 
2014年03月05日 23時20分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140305000161
<京都市営住宅の無償入居期間の終了後も、引き続き入居するための条件や手続 
きが書かれた説明文書 福島第1原発事故で被災地から自主避難し京都市営住宅 
で暮らしている人の
うち、避難元の住宅が無事であることを理由に、入居継続の手続きができない人 
がいる。早い人では来春に期限を迎える無償入居終了後は、優先入居の条件とし 
て、住宅の損壊が項
目の一つとなっているためだ。子ども・被災者支援法は「放射線による健康不安 
を感じる被災者が安心して生活できるようにする」と基本方針を掲げるが、避難 
者が望む具体策には
至っていない。・・・・・>

青森県、
21.<大間原発、秋に安全審査=申請時期を説明-電源開発>時事通信 
03/0617:42
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014030600731
<電源開発(Jパワー)の菊池浩一郎大間現地本部長は6日、青森県大間町議会 
の原発対策特別委員会に出席し、同町に建設中の大間原発の2014年度事業計 
画を説明した。菊池
本部長は新規制基準への適合性を判断する安全審査の申請時期について、「少な 
くとも今後半年程度の準備期間が必要」と述べ、今秋以降になるとの見通しを示 
した。これまでは
14年春以降と説明していた。大間原発は08年5月に着工。東日本大震災の影 
響で工事を一時中断したが、12年10月に再開し、現在は建屋の建設工事など 
を進めている。>

静岡、
22.<浜岡原発、地震・津波を重点確認 規制委が審査で提示>日経 
2014/3/6 11:35
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG06005_W4A300C1EB1000/
<原子力規制委員会は6日、中部電力浜岡原子力発電所4号機(静岡県)の再稼 
働に向けた安全審査の会合を開き、今後の審査で重点的に確認する論点を提示し 
た。南海トラフ巨大
地震などの想定震源域にあることを踏まえ、プレート(岩板)境界型の地震や津 
波について詳細な説明を求めた。・・・・浜岡原発の敷地内には地震の揺れを増 
幅する特殊な地下構
造が存在するため、中部電が最大の揺れとして想定する2000ガル(ガルは加速度 
の単位)という値の妥当性も検証する。最大21メートルの高さを見込む津波に対 
しては、施設内への
浸水を食い止める根拠の明示が必要だと指摘した。・・・・・>
・・・・よくわからないが、2000ガルとは、異常すぎませんか?

電力会社、
23.<中部電、オール電化PR館を前倒し閉鎖>時事通信 03/0615:42
記事全文<中部電力は6日、オール電化普及のため運営しているPR施設「デザ 
インの間」を16日に閉館することを明らかにした。浜岡原発(静岡県御前崎 
市)運転停止以降に悪
化した収支改善策の一環。当初は10月まで運営する予定だった。閉館前倒しに 
よるコスト削減効果は数千万円程度という。> 

海外、
24.<東芝出資の米ウラン濃縮会社が破綻 原発停止が影響>日経 2014/3/6 
11:11
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0601B_W4A300C1EB2000/
<【ニューヨーク=杉本貴司】原子力発電の燃料となる濃縮ウランを生産する米 
ユーゼックが5日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請 
し、経営破綻した。
同社には東芝が出資し、濃縮ウランを調達してきた。2011年の東日本大震災後に 
日本の原発が相次ぎ停止したことで、資金繰りが行き詰まったようだ。ユーゼッ 
クは事業を継続する
としている。・・・・・・・・ユーゼックは世界四大ウラン濃縮会社のひとつ。 
市場のシェアは20%前後とみられる。・・・・・・・・・・・>
24’.<米ウラン濃縮企業が破綻=東芝が出資、東電に供給-日本の原発停止 
が影響>時事通信(2014/03/06-10:48)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014030600232
<・・・・・・・最大のシェアを持つロシアの国営企業などと比べ、低コストで 
効率良く濃縮できる新技術の開発が遅れ、競争力を失った。また、東京電力福島 
第1原発事故を受け
た濃縮ウラン需要の低迷によって価格が3割以上落ち込み、採算が悪化した。東 
電など日本の電力会社は、同社の主要な販売先だった。>

25.<福島の合唱団:ウィーンで「歓喜の歌」 復興支援に感謝し>毎日新聞 
 2014年03月06日 10時49分
http://mainichi.jp/select/news/20140306k0000e040214000c.html
<東日本大震災の復興支援への感謝を伝えようと、ウィーンで5日、福島県南相 
馬市の少女合唱団「MJCアンサンブル」や一般公募の日本人約300人が参加 
し、ベートーベンの
交響曲第9番のコンサートが開かれた。ウィーン少年合唱団などと「歓喜の歌」 
を歌い、会場に詰め掛けた聴衆が大きな拍手を送った。・・・・・・・・・・・・>

参考記事、
政党、
26.<「石原氏は党を出て行け」 維新若手、原発政策巡り批判>朝日デジタ 
ル2014年3月6日21時28分
http://www.asahi.com/articles/ASG365JB4G36UTFK00G.html?iref=comtop_6_04
<日本維新の会のエネルギー調査会が6日開かれ、会長に就任した石原慎太郎共 
同代表に対し、若手議員が「(党を)出て行け」と声を荒らげる一幕があった。 
席上、石原氏は、原
発輸出を可能にする原子力協定に反対する党方針を持ち出し、「多数決の文化は 
高校の生徒会のやり方。バカバカしくて恥ずかしい」と批判し、賛成を表明し 
た。これに対し、若手
議員が「出て行ったらよろしいでしょ。維新の公約や」と反論した。賛同の歓声 
も上がって場は騒然とした。石原氏に近いベテランの園田博之衆院議員が「反対 
は決まったこと。従
わないと、政党政治が成り立たない」と取りなしたが、石原氏は発言を取り下げ 
なかった。石原氏は調査会後、記者団に「公約が間違っている。勉強して出直し 
たらいい」と怒
りをぶちまけた。離党は否定した。>

27.<(プロメテウスの罠)内部告発者:3 認められた正義>朝日デジタル 
2014年3月6日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11013652.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11013652
<◇No.851  2002年8月29日、東京電力の原子炉ひび割れ隠しを 
公表した原子力安全・保安院の原子力発電検査課長、梶田直揮(57)は「頭が 
真っ白」のパニック
状態だった。それだけに、内部告発者の元GE社員、ケイ・スガオカ(62)の 
ことが心配だった。スガオカの手紙を受け取って以来の2年間、東電は保安院の 
質問に回答を引き延
ばし、ウソを答えてきた。・・・・・・・・・・・ 3月8日、本物の報告書が 
やっと提出される。同月19日、GEは保安院に「完璧な調査」を約束する。他 
の原発も含む「29
件のトラブル隠し疑惑」は、そこから芋づる式に出てきた。>

九州、
28.<サニックス、武雄に工場 太陽光機器製造>西日本電子版2014年03月07 
日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/33377/1/
<サニックス(福岡市)が佐賀県武雄市に太陽光発電システム周辺機器の製造工 
場を建設することになり、6日、市と進出協定を結んだ。同社は再生可能エネル 
ギー分野を強化して
おり、太陽光関連機器の工場は市内2カ所目。4月に着工、8月に操業開始の予 
定。・・・・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
1面に囲み記事、
29.<フクシマ首長交代ドミノ 富岡町 誰かに文句を言いたくなっぺ>
・・・2面にも続くとあります、その記事にはイノシシが町を徘徊する写真があ 
ります、
29’.<奪われた町 不満の矛先 「泥かぶるのは地元だ」>
29”.<「脱原発」訴え再選 桜井勝延・南相馬市長 低い投票率 諦め繁栄>
この紙面の社説も、きょうは大震災がテーマ、
30.<被災地の復興 現場の声を受け止めたい>
社説検索 11時以降に⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/
1面の下の「春秋」は、福島の実情に触れた内容です、
30.<8万943人。福島原発事故で「避難指示区域」に指定され、ふるさとに住 
めなくなった人の数だ。・・・・>
記事は11時以降に⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/
12面13面は大震災特集、きょうは福島第1の現場を伝える記事、タンク群の大き 
な図解付きです、
34面九州経済欄に、28.の記事、
36面社会欄に、12.の記事があります。
今朝の紙面は以上です。(3.7. 5:52)
昨日の訂正:18.と19.の記事の日付が1日ずれてました。5日データで6日 
紙面です。
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ 
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 前田 朗 さんから:
※日中朝「慰安婦」問題で論戦、国連人権理事会
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/03/blog-post_6.html

※レイシストになる自由?(5) ブライシュ『ヘイトスピーチ』(明石書店)
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/03/blog-post_3892.html

★ 井上澄夫 さんから:
 普天間のオスプレイが嘉手納に着陸して白煙を上げたかと思うと、嘉手納の 
F15が少なくとも113キロある風防を海上に落下させる。そして今日、ホワ 
イトビーチ沖で米軍ヘ
リが揚陸艦への着陸に失敗し機体を損傷しました。
 この調子では、とてつもない事故が起きるのではないかといういやな予感がし 
ます。

------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 迄>●
〒住所氏名電話番号冊数よろしく。

●《 3・11事故から3年 山口・九州 各地の集会 》●
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11788242970.html

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● さよなら原発!福岡集会<3.11(三周年)>●
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
地図:http://tinyurl.com/6od2twa
デモ:午後3時から天神周辺と九電前
主催: さよなら原発!福岡集会実行委員会
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
カンパ募金振込先
・郵便振替01770-5-71599 さよなら原発! 福岡
 1口500円(何口でも大歓迎)
チラシ表 http://tinyurl.com/mjzu7ft
チラシ裏 http://tinyurl.com/ml5okhv

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
         3月28日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
              原告総数 原告総数  7500 (3/5現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
          ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
          午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
           <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
            青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************


































CML メーリングリストの案内