[CML 030067] 検察は...かなり異常ねKさんの 保釈に対する特別抗告

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 3月 5日 (水) 21:12:44 JST


PC遠隔操作:片山被告保釈を停止
検察側申し立て認める<http://mainichi.jp/select/news/20140305k0000m040114000c.html>毎日新聞3月5日

例の*「五人目の誤認逮捕
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/378b36bf0280b1dd841ff0664dd441ba>」*
のKさん。

1年も獄に繋がれてるんだよね。*人質司法*。

>東京高裁(三好幹夫裁判長)は4日、保釈請求を却下した東京地裁決定を取り消し、保釈を許可した。

あー、やっと保釈許可。

>*「証拠隠滅を図る余地は大きくない。弁護人らとの意思疎通の機会を確保させる必要性も高い」*と判断した。

あったりまえじゃん。

>被告側は*保釈保証金1000万円を即日納付*した。

ニコニコ生放送 <http://live.nicovideo.jp/watch/lv171369453>の出演も決まってたのに。

>しかし、検察側が申し立てた執行停止が認められ、この日は保釈されなかった。

なに、それ。

>*検察側は高裁決定を不服として特別抗告*し、最高裁の判断が示されるまでの間、保釈されない。


(一昨年かな、霞が関の検察庁まえでの記念写真。右から2番目が私)

この特別抗告について、*落合洋司弁護士 <https://twitter.com/yjochi/status/440788154635653120>*の
コメント <http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20140304#1393924338>。

>こういった身柄の問題で、検察官が特別抗告までするのは、*異例中の異例*でしょう。

初めて聞いた。いつも弁護士がやるよね特別抗告。

>私は、この世界に入って四半世紀たちますが、高裁で保釈許可になった被告人について、検察官が特別抗告までしたという話を聞くのは初めてです。

落合弁護士は、元・検察官でもある...詳しいかた。

>それだけ、この事件への、*保釈による影響を危惧しているのだろう*と思いますが、

そりゃ、ニコ生で喋られたら困るだろうし(苦笑)。

>*立証に自信がないのだろうか、法廷で自信ありげに振る舞っている割には、えらく弱気だな*、とも感じますね。

だよねえ(哄笑)。

http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/3040a1e44b2c4d18a3096573ff84a2d7
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内