[CML 030061] Re: 「私が東京を変える」の 2014 東京都知事選総括

くすのき cxm00507 at nifty.com
2014年 3月 5日 (水) 16:32:03 JST


くすのきです。

     勝ってうれしい 花いちもんめ  (これは枡添クン?)
 
     負けてくやしい 花いちもんめ

     宇都宮ちゃんが欲しい、
     落合ちゃんが欲しい

     相談しよう、、、。

しかし、しかし
「勝てる候補」というような発想からは卒業すべきと
という論にたてば、負けても悔しくない、らしい。

国旗国歌強制で、教員たちが、さらに苦しみ、
教委は不要、首長の権限に、という教育行政!
秘密保護法が通り、河野村山談話の見直しも、という状況。
9条すら危ういというのに、「勝てる候補」ではなく「参加する候補」
であれば、いい、とは!!参加に意義ありはオリンピックのみでメダルは
3位まで。

しかるに都知事の椅子は1脚のみ、なのに、勝つことの戦術を練ろうと
しない、とは!

宇都宮さんという、かけがえのない都知事候補を、「勝てる候補」以外の道具に
使って欲しくありません。

2007年の都知事選。
難波判決を、最高裁から取り下げてもいい、という2人の候補は結局共倒れに
終りました。選挙選では、イシハラ攻撃よりも、AはBを自民以上の自民と
こき下ろす有様でした。

そのさなか、私は私的な法律相談があり、澤藤さんにお会いします。
相談後、東プロの関係者も同席していたことから、澤藤さんがポツリと
言います。「困りましたねえ」「このままでは共倒れ。」
そして、
「宇都宮クンはどうだろう? 彼なら共産も否定できないだろうし」と澤藤氏。
私たち2人も、そうですね、次回には宇都宮さんをと、東プロの会議に提案。

澤藤さんのブログには、勝てる候補が、党派の候補の成り下がった悔しさがにじみ
出ている、私はそう感じながら読んでいました。
(私は、大河さんを本名とは知らず、大河原さんを候補に、と錯覚してました)

あれから7年。
2011年、2012年、2014年と3回の都知事選は、3回とも敗北です。
この敗北が自公を増長させてますよねえ、、、。

                  以上






CML メーリングリストの案内