[CML 030036] めくるめく?波瀾万丈なんだわあ 「逆襲弁護士」河合弘之

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2014年 3月 5日 (水) 04:33:24 JST


前田 朗です。
3月4日

大山渋々顔さん

私もブログに書きました。
http://maeda-akira.blogspot.ch/2013/12/blog-post_7473.html

ヘイト・クライムやヘイト・スピーチの本を出してくれた三一書房が争議中は、

河合弁護士は資本側のあくどい代理人でした。

敵!!!(苦笑)

----- Original Message -----
> 「逆襲弁護士 河合弘之」 大下英治 さくら舎 <
http://sakurasha.com/9784906732548.html>
> 
> この河合弘之弁護士。本の表紙だと怪しげだがサイトのだと渋素敵 <
http://www.sakuralaw.gr.jp/kawai/>。
> 
> いちど、ご尊顔を拝見したい。
> 
> まさに波瀾万丈だわ。
> 
> -------------- 備忘メモ -------------------------
> 
> 82 救援連絡センター <http://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2007_6/p14_15.pdf>

> の事件も、弁護してたんだ。
> 
> 118 秀和レジデンス<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%80%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B9#.E7.A7.80.E5.92.8C.E3.83.AC.E3.82.B8.E3.83.87.E3.83.B3.E3.82.B9>

> 。六本木のシンクタンク時代の職場のマンションだ。青い瓦屋根、しろい壁、
黒い鉄柵のバルコニー。あれって芦原義信<http://www.ashihara.jp/>
> のデザインなんだ。
> 
> 191 懲戒の請求かけられる。25億円の不動産を売りぬき、借金なしにす
る。
> 
> 196 懲戒4ヶ月。依頼が来るから日本を脱出、海外旅行と。
> 
> 266 株主総会に刑事が来て、脅す。国家権力は会社の用心棒か。
> 
> 316 原子力損害の賠償に関する法律.。
> 
> >第*1条*この法律は、原子炉の運転等により原子力損害が生じた場合におけ
る損害賠償に関する基本的制度を定め、もつて被害者の保護を図り、及び原子力
事業の健全な発達に資することを目的とする。
> 
> なあんて謳っているが、実は米国の原子炉メーカーに賠償金を払わせないため
の法律だと。
> 
> 羊頭狗肉というか、なんだか裁判員法みたい。やあね。
> 
> 
> 第1章 *ヤメ検の野望を粉砕――平和相互銀行事件*    ヤメ検爛ミソリ伊坂
瓩食らいついた平和相銀
> *「はい、百二十七億円。いま返済しますよ」*
> 平和相銀乗っ取りのための陰謀「金屏風事件」
> 大蔵省と住銀のタッグに塡められたのか
> 陰謀合併劇の命運を分けた一手  第2章 *失敗と成功のきわどい綱渡り―― ダ
グラス・グラマン事件、リッカー再建、つぼ八事件*
> 児玉誉士夫に利用された疑惑の「海部メモ」
> 国会証人喚問の厳しい追及をかわすテクニック
> 和議で正面突破をはかったリッカー倒産劇
> 無理押しはきかず、わずか一ヵ月で再建断念
> 「つぼ八」乗っ取りをたくらんだイトマン  第3章 *知力と胆力の死闘――秀和
vs忠実屋・いなげや事件*
> 「刑事事件を起こすと死ぬんだよ」と嘯くバブル経営者
> 流通再編をもくろんだ秀和の株買い占め
> *証券市場のルールを変えた犁媾鵜疂杆*
> ダイエー・中内が糸を引いていた買収劇舞台裏
> 九九勝しつづけ、一敗ですべてを失った男  第4章 *金の亡者たちの本性――イ
トマン事件、福岡ドーム事件*    バブル不動産屋・慶屋とイトマンが急接近
> イトマン流「究極の高利貸し」のカラクリ
> 牋任凌損劉甍貌寿永光の参入
> 「弁護士の腕次第で事件の結果は変わる」
> 福岡ドーム贈収賄疑惑、中内の決断第5章 *華麗なる大乱闘劇――光進の国際航
業事件・蛇の目ミシン事件*    国際航業を狙う仕手筋集団「光進」
> 「株主権行使禁止の仮処分」という想定外の先制攻撃
> 仮処分を無効にする奇想天外なアイディア
> 小谷側弁護士vs社長側弁護士、白熱の応酬
> 日本初の敵対的M&A、ついに成功す
> 国際航業買収の裏で進む蛇の目ミシン事件  第6章 *巨悪と闘う知略――東電株
主代表訴訟*    「脱原発弁護団全国連絡会」を組織し、弁護士を結集
> 東電役員の民事責任を奇策で追及、「逃げ切りは許さない」
> 史上最高の賠償請求額「五兆五〇四五億円」のカラクリ
> 億を超える税金を自分たちの弁護費用に使う東電
> *勝つまでやる「権力との闘い」*
> http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/3682e5c844df92b0ebd2862b351c14ae
> 
> -- 
> 大山千恵子
> ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama
> 


CML メーリングリストの案内