[CML 029999] 【報告】第1048日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 aoyagi at tent-hiroba.jp
2014年 3月 3日 (月) 06:51:17 JST


青柳行信です。3月3日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1048目報告☆
          呼びかけ人賛同者3月2日迄3191名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さま
お疲れさまです。
集団的自衛権、諫早干拓などについて資料を読みました。
孫崎さんのコメントが ストレートでよくわかりました。
また、鹿児島大学の 佐藤さんの解説書も手軽でよくわかりました。
ブログで ご紹介します。
あんくるトム工房
集団的自衛権はあぶない http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2894
諫早湾の再生     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2895
    上のアドレスをクリックするとブログの画面を見ることができます。 

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆朝毎に暴政の報扉を叩く「真珠湾攻撃」の耳鳴り激し
     (左門 3・3-584)
※朝日新聞、3・3.同盟強化へ「一緒に戦う」。
《アフガン、イラク戦争で消耗した米国は「世界の警察官」役から退きつつある 
うえ、米国内では中国との戦闘にもつながる「尖閣有事」に巻き込まれることを 
懸念する声は根強い。
・・・・安保政策有識者の一人は、「米国はあんな岩礁のために戦いたくない。
日本が『いざとなったら米国と一緒にやります』と用意しなければ、
米国は日本の離島防衛に『ヨシ、サヨナラ』ですよ》。
このように、日本国憲法とも庶民とも全くかけ離れたところで、物騒な話が進行 
しているのです。

★  大分 島田雅美 さんから:
ありがとうございました。
1000日目記念冊子受け取りました。
お見事ですネ。感謝!

★ 永野隆文(原発ゼロをめざす水俣の会) さんから:
「福島の事故があり、脱原発社会の到来を期待していますが、政府のエネルギー 
政策を見ると、とんでもないことが続きそうです。負けてはいられないので、継 
続して意思表示を続けましょう。
  <3・11事故から3年 水俣学習会>
日時: 3月8日、午後2時から。
場所: 水俣市八幡神社参集殿にて。
 ~青柳行信さんを囲む集い~
  原発とめよう九電本店前ひろば 
  九州脱原発人間の鎖NO.1 元中学教師 
  2011年4月20日から続く座り込み抗議テント 
    2月末で 1045日 
参加費:500円
主催:実行委員会 連絡先:永野090‐8229‐9539
集会詳細チラシ http://tinyurl.com/qh86dwm

*3月16日は「さよなら原発かごしまパレード」です。
バスを予約しましたので、行かれる方はご連絡ください。」永野隆文

★ 永島(脱原発・放射能汚染を考える北摂の会) さんから:
青柳さま
毎日ご苦労様です
3年前の原発事故と大きな犠牲が、原発のない日本を作り
あげました。今度は我々と市民全体の力で、原発の再稼働
を許さない運動を作りあげなければならないと思います。
今年は例年以上に地域で運動が呼びかけられていると思い
ます。地域からの運動を積み上げて、安倍政府の原発推進
を押さえ込んで行きたいものです。
ともに奮闘しましょう! 

脱原発・放射能汚染を考える」のチラシNo.69ができました。
http://tinyurl.com/kxledea
東京知事選挙が終了して、安倍政権は、原発の再稼働と原発
推進路線を暴走し始めました。規制委員会は3月中にも、一部
原発の審査終了をするとの報道も流れています。福島事故から
3年、ぜひ脱原発の声を広げて行きましょう。

第五福竜丸のビキニ被爆から60年たちました。当時原発の導入
を急いでいた政府は、その被害を隠し、第五福竜丸だけの問題
として処理しました。39号では、「隠された992隻の被爆」と
「マーシャル諸島の住民の被爆」を掲載しています。

寺島実郎氏の「リベラルなエネルギー政策」についての批判は、
最終回として「日米原子力共同体」論を扱いました。安部政権の
方針としても違和感のない「リベラルなエネルギー戦略試案」に
は落胆させられました。

大阪では3月9日に「さよなら原発3・9関西行動」が扇町公園で
開かれます。また関電前抗議行動は3月11日(火曜日)に規模
を拡大して展開することがよびかけられています。いつもより早い
午後5時から8時までの行動です。都合のいい時間に、友人・家族
を誘って、これらの行動に参加しましょう。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<佐賀県議会・原子力安全対策等特別委員会での奈良林直氏の発言>に付いて報 
告します。

奈良林直氏が1月24日に佐賀県議会・原子力安全対策等特別委員会で参考人陳 
述をされた事が新聞で報道されていましたが、佐賀県のホームページになかなか 
掲載されないので、気になっていました。
3月1日に豊島耕一先生から、佐賀県のホームページに掲載された事を教えてい 
ただいたので、全部の録画中継を見てみました。
http://tinyurl.com/kdd8fqt
インターネットでは、奈良林直氏は原子力ムラの代表的な科学技術者といわれて 
いたことを良く見ていましたが、今回の佐賀県議会・原子力安全対策等特別委員 
会で参考人陳述の録画中継を見て納得ができました。
開会、会議録署名者指名、参考人意見陳述
質問者 稲富 正敏 (自民党・鄙の会)
原子力安全・防災対策、エネルギー対策に関する諸問題の調査
質問者 内川 修治 (県民ネットワーク)
原子力安全・防災対策、エネルギー対策に関する諸問題の調査
質問者 宮原 真一 (自由民主党)
原子力安全・防災対策、エネルギー対策に関する諸問題の調査
原子力安全・防災対策、エネルギー対策に関する諸問題の調査(フリー形式)

奈良林直氏の参考人意見陳述は資料が事前に配布されるからと思われますが、 
突っ込んだ質問が有ると困ると思ったのか、玄海原発再稼動の問題は殆ど触れら 
れていません。
ここでは、奈良林直氏の専門とは思われない、放射線被害の問題が語られていま 
す。又、奈良林直氏の専門とは思われない地球温暖化論も熱心に語られています。
それから、奈良林直氏は火力発電ボイラーの仕事もしていたので、エネルギーも 
専門だといわれてましたが、ソーラーの効率や石炭ガス化発電などの説明を聞い 
ていると、とても専門家とは思われませんでした。
質問者 稲富 正敏 (自民党・鄙の会)
原子力安全・防災対策、エネルギー対策に関する諸問題の調査
質問者 内川 修治 (県民ネットワーク)
原子力安全・防災対策、エネルギー対策に関する諸問題の調査
に付いては奈良林直氏の専門と思われる話はあまりありませんでした。
質問者 宮原 真一 (自由民主党)
原子力安全・防災対策、エネルギー対策に関する諸問題の調査
この質問は、佐賀県議会・原子力安全対策等特別委員会で井野博満東京大学名誉 
教授が参考人意見陳述をされ、過酷事故の問題を詳細に説明されたことに対する 
反論を引き出す内容でした。
奈良林直氏は原子力ムラの強力な援助を受けて、海外の原子力発電所の見学や調 
査、国内の原子力発電所の見学や調査、原発メーカーや北海道大学等で豊富な情 
報を入手し、原発推進のための理論構成を行い、それらを駆使して、井野博満東 
京大学名誉教授が参考人意見陳述を覆す事を徹底的に試みています。
 しかし、実際には、九州電力が九州の各地で公開質問状を出されたり、要請書 
を出されても、広報が何の回答もできずに困り果てている事に付いては避けてい 
ます。
 宮原真一氏の質問に対して、北海道大学ではMCCI(コリウムコンクリート 
反応)の研究も行っており、日本の原発はほとんど玄武岩コンクリートのような 
話をしているので、奈良林直氏も少しぐらいは過酷事故の本質も知っていると思 
われます。
 しかし、動画で見るとこのあたりの答弁は、非常にくるしそうでした。

★ ギャー さんから:
「赤あかい花の咲く頃」という、何てことのない歌です(笑)
赤あかい花の咲く頃
逢あいに行(ゆ)こう
青おい海と空と
あたたかあいきみに
忘れられない人たちのぬくもりのなかに
忘れられない人たちのあたたかな唄声
赤あかい花の咲く頃
やわらかな風に乗って
赤あかい花の咲く頃
逢あいに行こう
あたたかいきみに
逢あいに行こう

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝はこの記事から、すでに予告されていた、

1.<九州エネルギー館が閉館 九電合理化の一環、31年余親しまれ>西日本 
電子版2014年03月03日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/33114/1/
<国内初のエネルギー専門展示施設「九州エネルギー館」(福岡市中央区)が2 
日、閉館した。過去最高の1万405人が来館した最終日・・・・・・・・31 
年余りの歴史に幕を閉じた。
同館は1982年11月、九州電力が創立30年記念として開館。エネルギーの 
歴史や発電の仕組みを展示や体験を通して学ぶ無料施設で、親子連れなどが訪れ 
たが、経営難に陥った九電の合理化の一環で売却を決めた。来館者は累計714 
万8129人だった。・・・・・>
・・・・既報の通り、原発安全神話を振りまく施設はそのままです。

政府は、“再稼働は欠かせない”と、
2.<再生エネ比率に「意欲的な数字設定」…経産相>読売新聞 3月2日(日)21時 
16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140302-00000529-yom-bus_all
<茂木経済産業相は2日のNHKの討論番組で、原子力や火力、再生可能エネル 
ギーなどの組み合わせを示す「最適な電源構成」(ベストミックス)について、 
「できるだけ早く目標を決めたい。再生可能エネルギー(の比率)はできるだけ 
意欲的な数字を設定する」と述べ、今後の検討では再生エネルギーの活用を重視 
する考えを示した。・・・・・・原発の再稼働について、茂木氏は、十分な安全 
の確保が条件になると強調する一方で、原発の再稼働が実現しなければ、「(火 
力発電のための)化石燃料で代替しなければならず、その費用は(年間)3兆 
6000億円にのぼる」と指摘し、原発の再稼働は欠かせないとの考えを改めて 
示した。>
・・・・・この記事、見出しにごまかされる.。

2’.<防災計画、国が全面支援 予算で後押しと経産相>西日本電子版2014年 
03月02日 15時21分 更新
http://qbiz.jp/article/33104/1/
<茂木敏充経済産業相は2日、原発事故などに備えて自治体が策定する地域防災 
計画や避難計画について「国が人材の面や、予算の面で全面的に支援していきた 
い」と述べ、政府が強力に後押しする方針を示した。同日のNHK番組で発言し 
た。・・・・・・・・・・・・政府はエネルギー基本計画の3月中の閣議決定を 
予定しているが、与党内には計画案に反対する声もある。茂木氏は今後の対応に 
ついて「大丈夫だと思う。丁寧なプロセスを経てしっかり決めていきたい」と述 
べた。>

福島第1の現場を伝える、
3.<正念場の汚染水対策=海に流出、経路不明―福島第1〔東日本大震災3 
年〕>時事通信 3月2日(日)15時34分配信
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014030200107
<長い記事<事故発生から3年を迎える東京電力福島第1原発。原子炉内で溶け落 
ちた核燃料は今も熱を発し、冷却のため注入された水は放射能汚染水となり地下 
水に混じって海に流出している。タンクに保管中の汚染水は膨大な量に達してお 
り、対策は正念場を迎えている。・・・・・・・・・・・・・抜本的に解決する 
には、燃料が溶けた1~3号機格納容器の破損箇所を特定し、補修して冷却水漏れ 
を防ぐ必要がある。だが、極めて高い放射線量下での作業は難しく、見通しは立 
たない。>
この人が、
4.<「事故に学ぶ姿勢足りず」=新規制は「ハード偏重」-班目氏〔東日本大 
震災3年〕>時事通信2014/03/02-16:08
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014030200116
<福島第1原発事故から3年を迎えるのを前に、原発の安全規制を担う原子力安 
全委員会(廃止)のトップとして対応に当たった班目春樹元委員長が時事通信の 
インタビューに応じた。班目氏は緊急時の情報伝達に大きな問題があったと振り 
返り、後を継いだ原子力規制委員会が進める安全規制について「ハードウエア偏 
重で、事故に学ぶ姿勢が足りない」と懸念を示した。・・・・・・・・・・・
-安全性は高まったか。
 いろいろなことを想定するようになったという面では、1000倍くらい高 
まったとは思う。だが、もっと安全にしていく駆動力(姿勢)みたいなものは相 
変わらずだ。
-福島の廃炉作業は。
 溶融燃料取り出しは30年でも無理。(作業員の)被ばくを考えたらやめた方 
がいい。形状もめちゃくちゃだし、高レベル廃棄物よりも危険。それを言うと進 
まなくなるから、長期計画は曖昧にして30年後とかにしている。
-汚染水問題も進まない。
 トリチウムは希釈して流すしかないと思うが、規制委がもっと先頭に立たない 
といけない。放出限度を決めているのは規制委だから、説明責任がある。
-原子力に対する自身の見方は変わったか。
 事故からもっと学ばないといけないと考えている。学ばないまま忘れてしまっ 
ていいのかと。いま原発を動かしても、あしたすぐ事故になるとは思わないが、 
学ばないのはひど過ぎる。>
・・・・この人でさえ、このように言っています。

被災地フクシマ、
5.<卒業、本校舎通えぬまま 相双のサテライト8校>福島民報 3月2日 
(日)11時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140302-00000048-fminpo-l07
<福島県の県立高の全日制87校と定時制6校は1日、卒業式を行い、約1万 
5000人が巣立った。東京電力福島第一原発事故に伴い、仮校舎で学ぶ「サテ 
ライト校方式」を導入している相双地区の8校の生徒は3年間、本校舎に一度も 
通うことなく卒業を迎えた。このうち、県内外の4カ所のサテライト校に分散し 
ている富岡高は3年生71人が福島市の桜の聖母短大に集まり、卒業式に臨ん 
だ。・・・・・・・・2日は安積高御舘校と郡山萌世高、4日は白河二高で行わ 
れる。>

6.<原発賠償で差、人間関係壊れた…国などを提訴へ>読売新聞2014年3月2日 
10時58分?
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140302-OYT1T00200.htm
<福島第一原発事故で設定された旧「緊急時避難準備区域」の線引きが原因で、 
地域の人間関係が壊れたなどとして、福島県田村市の住民ら約200人が東電と 
国を相手取り、約36億円の慰謝料を求める訴訟を近く東京地裁に起こすことが 
わかった。代理人の弁護士らによると、同区域は2011年4月、同原発から 
20~30キロ圏を中心に設定された。同市常葉ときわ町早稲川わせがわ地区は 
一部地域が30キロ圏内に入るものの、この地域に民家がなかったため、区域外 
となったという。区域内の近隣住民には、「精神的損害」として計180万円が 
支払われたほか、避難・帰宅にかかった費用なども東電側が賠償した。一方、早 
稲川地区の住民は「自主的避難などにかかった損害」として、計12万円(妊
婦、18歳以下は最大68万円)を受け取ったのみで、賠償額の違いで人間関係 
が崩れ、精神的苦痛を受けたなどと主張している。>
・・・線引きが地域を崩壊させます。

7.<「福島の力で映画“家路”完成」 松山ケンイチさんら来県>福島民友 
(03/02 11:15)
http://www.minyu-net.com/news/topic/140302/topic1.html
東日本大震災後の本県を舞台にした映画「家路」が1日、全国公開された。同 
日、いわき市のポレポレいわきで舞台あいさつが行われ、出演する松山ケンイチ 
さん、田中裕子さん、久保田直監督が作品への思いを語った。・・・・・県内で 
はポレポレいわきのほか福島市のフォーラム福島で21日から上映予定。>

8.<「再生エネ情報館」開設 JR福島駅>福島民報2014/03/02 11:30
http://www.minpo.jp/news/detail/2014030214251
<JR東日本と県は1日、再生可能エネルギーの有効性をアピールする「再生可 
能エネルギー情報館」を、福島市のJR福島駅2階新幹線コンコース内に開設し 
た。・・・・・・>

9.<3年後もやまない原発「風評被害」 日本の農産物輸入41カ国・地域が 
なお規制>産経新聞 3月2日(日)12時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140302-00000517-san-pol
<福島第1原発事故から11日で丸3年を迎えるが、日本の農水産品に対する外 
国の輸入規制はなお残っており、41カ国・地域が現在でも、何らかの規制を 
行っている。欧州連合(EU)は4月から一部緩和する一方、中国や韓国などは 
原発事故の影響とは関係ない地域の農水産品について、輸入停止を続けるとみら 
れる。過剰な「風評被害」が消える気配はない。農林水産省などによると、現在 
も規制を行っている41カ国・地域のうち、大半は放射性物質の検査証明書の義 
務づけなどにとどまっている。事故直後の約50カ国・地域より減ったものの、 
アジアの中国、韓国、台湾、シンガポールのほか、米国など12カ国・地域は現 
在も、農水産品の一部輸入停止措置を実施している。中でも政府は、日本の農
水産品の輸出先としては4位(平成25年)となる中国の対応に苦慮してい 
る。・・・・・・・・・・・政府は放射線に関する空間線量や食品のモニタリン 
グ調査などの結果を踏まえ安全性を説明し、輸入規制の緩和を求めていく方針 
だ。ただ、中韓に関しては「解除の見通しはまったくない状態」(農水省)だと 
いう。>
・・・・・・海外からみると、日本政府が本当のことを言っているとは見えない 
でしょう。

10.<東京で本県の魚介類紹介 県の風評被害対策事業>福島民報2014/03/02 
08:55
http://www.minpo.jp/news/detail/2014030214246
<本県の魚介類の安全性をPRする交流イベント「ふくしまの海産物-復活の狼 
煙(のろし)を東京・丸の内から!-」は1日、東京都千代田区のレストラン 
「パリアッチョ 丸の内」で開かれた。 県の風評被害対策プロジェクト「ふく 
しま新発売。」の一環。首都圏から家族連れら約50人が参加し 
た。・・・・・・・・・>

11.<2日県内各地の放射線量測定結果・県内13箇所の環境放射線量測定 
値・県内死者・行方不明者数>福島民報3月3日朝刊
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※注意:このページは、毎日同じURLで紙面が更新されます。
※ここにある数字は、モニタリングポストの周りが除染された環境の下での数値 
です。

栃木県、
15.<【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)下野新聞3月2日 17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140302/1521561
記事<▼空間放射線量率(2日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。 
地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メート 
ル)・・・・・・・・>

青森県、
16.<除染植物で農地保全と発電を/弘大、福島で試験>陸奥新報2014/3/1
記事全文<弘前大学が連携協定を結ぶ福島県浪江町で進めてきた除染植物「ネピ 
アグラス」による放射性セシウム吸収の実証試験で、吸収効果があるとされる除 
染植物のうち、ネピアグラスが最も高い除染率を示したことが分かった。一般的 
な除染が難しい農地への活用やネピアグラスの栽培を通じた農地保全、バイオマ 
ス燃料としての活用などのメリットがある。また、来年度から弘大が協力し、ネ 
ピアグラスなどを燃料に使ったバイオマス発電事業も、東京電力福島第1原発が 
ある同県大熊町で動き出す計画があるという。>

新潟県、
17.<[戻れない戻らない 県内避難者の思い](下)決意 子どもの健康最 
優先 家賃支払い見据え就職>新潟日報2014/03/02 10:06
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20140302098072.html  (会 
員限定記事?)
<離れて暮らす父親はあと数時間で会いに来る。金曜日の夕方、福島市から新潟 
市東区に避難する井口明子さん(37)は、一人息子の大翔(ひろと)君(9) 
を自宅近くの体育館に連れ出した。バドミントンで汗を流しながら笑顔を見せる 
大翔君を見て「避難してよかった」とあらためて思っ 
た。・・・・・・・・・・・・福島にとどまってほしいと思っていた夫と話し合 
い、5年間は母子で避難し、放射線量の変化などを見定めることにし 
た。・・・・・・・・・新潟では自由に大翔君を外で遊ばせ、好きな虫捕りもさ 
せられる。でも家族がばらばらになった。・・・さらに震災前に夫の両親や祖母 
と住むために建てた家のローンと、二重の生活費など金銭的な負担は重い。少し 
ずつ貯金を取り崩す生活が続く。
「もうきつきつです」・・・・避難先の家賃を福島県が負担する借り上げ仮設住 
宅は、来年3月に期限を迎える。それでも、夫と決めた「5年」の間は帰るつも 
りはない。地元の放射線量が事故前に戻らないからだ。・・・母の決意は揺るが 
ない。>

東京都、
18.<ドナルド・キーンの東京下町日記 「福島」伝え続ける>東京新聞2014 
年3月2日 07時09分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014030290070955.html
今月で東日本大震災から三年もたつというのに、今も被害を受け続けているとこ 
ろがある。原発事故があった福島県だ。私が魅せられた「おくの細道」で松尾芭 
蕉がみちのくへ足を踏み入れた最初の地が福島だった。「おくの細道」を四度英 
訳し、芭蕉の足跡をたどる旅をしたこともある私は福島に思い入れがある。原発 
の汚染水漏れには心を痛めている。・・・・・・・・・・・芭蕉は「おくの細 
道」に中国の杜甫(とほ)の詩「国破れて山河あり…」を引用しながら、山は崩 
れ、河は流れが変わる-と書いた。山河もなくなることはあるが、永遠に残るの 
は「言葉」だと。被災地への思いは風化しがちだ。私たちは、いつまでも言葉で 
伝え続けなければならない。>

神奈川県、
19.<避難続く福島のドキュメンタリーが上映、前双葉町長も訴え/鎌倉>カ 
ナロコ by 神奈川新聞 3月2日(日)4時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140302-00000001-kana-l14
<・・・・福島第1原発事故について考える催しが1日、鎌倉市小町の鎌倉生涯 
学習センターで開かれた。東日本大震災から3年近くたっても約6400人の全 
町避難が続く福島県双葉町民の苦悩を記録したドキュメンタリーが上映された。 
前町長の井戸川克隆さんも講演し、福島の窮状を訴えた。
「金は要らねえ。帰りてえんだ」「爆発と一緒に家も吹っ飛んでしまったらどん 
なに楽だったか」-。
事故後、埼玉県の旧県立高校に避難した町民を約2年間記録した「原発の町を追 
われて」(制作者・堀切さとみさん)。町民らは古里に帰れない不安やいら立ち 
を赤裸々に吐露する。・・・・・・・・・・・
井戸川さんは、除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設を大熊、双葉の2町が 
了承したことなどに触れ、「立地自治体は自分たちで責任を取らなければいけな 
いという、国や東電に優位な世論がつくられている。抵抗していきたい」と力を 
込めた。>

秋田県、
20.<福島の被災者、支援したい ベラルーシの医師シンポに参加>河北新報 
3月2日(日)6時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140302-00000001-khks-l05
<チェルノブイリ原発事故で大きな被害を受けたベラルーシの若手医師2人が、 
秋田大医学部付属病院で研修に励んでいる。2人は東日本大震災から3年となる 
11日、「チェルノブイリと福島の原発事故からの復興」をテーマに秋田市で開 
かれるシンポジウムに、パネリストとして参加し、福島の被災者支援策を提言す 
る。・・・・・研修は昨年9月に始まり、3月7日までの半年間。秋田大で伊藤 
宏教授(循環器内科学分野)らの指導の下、カテーテル治療や心臓超音波検査の 
技術などを学んでいる。2月27日は超音波検査の実習などを行っ 
た。・・・・・・・2人がパネリストを務めるシンポジウムは、11日午後3時 
から秋田市の協働大町ビルで開かれる。連絡先は日本ベラルーシ友好協会 
018(862
)9287。>

参考記事、
ネットにつぎのような記事の紹介がありました、
21.<フライデー3月7日号・34~35P『安定ヨウ素剤を飲んでいた福島県立医 
大医師たちの偽りの「安全宣言」』>
http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/e138fefe154311148507cdda79b6b0e2
<2011年3月の事故直後。福島県庁は、県外の医療機関などから、114万錠のヨウ 
素剤を緊急収集し、各自治体に配ったが、服用については、指示を出すことを躊 
躇。独自に決定した三春町を除いて、直接、県民に配られることはなかった。そ 
の理由を、県庁関係者は、こう説明する。・・・・・・・・・「汚染に関する 
データがなかったこともあるが、医学会の権威の意見が、大きく影響していまし 
た」…。国が所管する放射線医学総合研究所は、3月14日に「指示が出るまで、勝 
手にヨウ素剤を服用してはいけない」とする文書を発表。・・・・・・・だが、 
医大内部資料によると、医師たちは、密かにヨウ素剤を飲んでいた。医大は、県 
から4000錠のヨウ素剤を入手。1号機が水素爆発した3月12日から配り始め、多い所で
は1000錠単位で、院内の各科に渡していた。しかも、医療行為を行わない、職員 
の家族や学生にも配布。資料には、「水に溶かしてすぐに飲むように」と、服用 
の仕方まで明記。・・・・しかも、服用を県に進言してない手前、配布について 
は、かん口令が敷かれていました」・・・・・・・・>
・・・・・・驚きです、福島医大を信用してよいものか?

22.<みらんしょのーと|NHK福島放送局>
http://www.nhk.or.jp/fukushima/note/index.html
・・・・・なぜか、いつもになく、ネットのニュースの一つに福島のこの1週間 
の番組のページが紹介されていました、意図は? 見てみると特集番組は原発事 
故との関係のものが多いです。

原発事故が統計データの推計を中断させていたと、
23.<鹿児島県茶占有率、初の3割超 静岡と8ポイント差に接近>南日本新 
聞(2014 03/01 09:00)
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=55106
<農林水産省がまとめた2013年産の茶生産量によると、鹿児島県の荒茶生産 
量は2万5600トン(前年比2%減)と、過去最高だった08、12年産に次 
ぐ数量を記録した。福島原発事故の影響で11年産から中断していた全国生産量 
推計(13年産8万4800トン)も再開され、県産茶の占有率は30.2%で 
初めて3割を超えた。全国1位の静岡県産荒茶(3万2200トン)の占有率は 
38%だった。>

24.<(プロメテウスの罠)原発のごみ:20 都知事選を経ても>朝日新聞 
デジタル 3月2日(日)11時30分配信
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11007069.html
<「原発のごみ」をどうするのか。2月9日の東京都知事選でもっと問われるべ 
きだった。
   元首相の小泉純一郎(こいずみじゅんいちろう)(72)は昨年11月12 
日の日本記者クラブでの会見で言った。・・・・・・・・・・・・・・ 日本学 
術会議の「高レベル放射性廃棄物の処分に関する検討委員会」も12年9月、地 
震や火山活動が活発な日本では、万年単位で安定した地層を見つけるのは限界が 
あるとして、いつでも廃棄物を取り出せる施設を造り、数十~数百年間暫定保管 
するべきだ、との提言をまとめた。決め手は、神戸大学名誉教授の石橋克彦(い 
しばしかつひこ)(69)への意見聴取だった。地震と原発災害が複合する「原 
発震災」を警告してきた研究者だ。検討委員会委員長の東京工業大教授の今田高 
俊(いまだたかとし)(65)が「地中に埋めるのはリスクが高すぎますか」
とたずねると、石橋は答えた。「そうです。日本で10万年もの間、地震の影響 
を受けない場所を選定することは不可能です」・・・・・・>

25.<ビキニ水爆実験:米、日本政府に圧力 「死の灰」報道不満>毎日新聞 
 (2014年03月02日 11時34分)
http://mainichi.jp/select/news/20140302k0000e010099000c.html
<【ワシントン及川正也】1954年3月1日に米国が太平洋ビキニ環礁で実施 
した水爆実験のため日本のマグロ漁船「第五福竜丸」が被ばくした事件を巡り、 
「死の灰」の成分分析を詳報するなど米国の対応に批判的な日本メディアに米政 
府が不満を強め、日米関係全体に深刻な影響を与えると日本政府に圧力をかけて 
いたことが、機密指定を解除された米公文書で判明した。米政府は原爆や核実験 
で被ばくした日本の被害感情に配慮しつつ日本政府は「無責任」と決めつけ、日 
米の感情的対立が高まった舞台裏が浮かんだ。米公文書を収集・分析する米 
ジョージ・ワシントン大学の研究機関が2月28日に公表した。・・・・・アリ 
ソン大使は21日夜に岡崎勝男外相と会談し「数多くの友好的でない新聞報道」
や「爆弾の種類や成分を探りだそうとする新聞や科学者の欲望」に言 
及。・・・・・・・>
・・・・・アメリカが具体的に例を示して、日本政府に対応を迫ったことを報じ 
ています。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
25面福岡版の下方に、1.の記事、
26面27目面通しの見開きで、東日本大震災3年を機に、今後の災害を想定した防 
災特集です、
・・・・27面の九州地図に断層が具体的に赤い線で表示されていますが、川内原 
発の近くは多いです。
28面右上に囲み記事で、
26.<被災地から消防団 福島県富岡町 「帰還」もがく防護服>
・・・・・・全町避難している町中を巡回するように依頼された消防団の苦悩を 
伝えています。被ばくをするのを承知での行動です。
・・・・・・この記事、後日こちらに貼り付けれるかもです、
http://www.nishinippon.co.jp/feature/fire_company/
今朝の紙面は以上です。(3.3. 4:55)
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ 
ください。
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

★ 坂井貴司 さんから:
 福島第一原発事故で帰還困難区域(旧警戒区域)に指定された福島県大熊町。
 厳重に封鎖された町を、「じじい部隊」を自称する年寄り達が守っています。
 「じじい部隊」は防護服に身を包み、防犯・防火のパトロールを行っています。
一時帰宅の住民を扶助、除染作業を監視し、山川でセシウム値を計測などをして
います。将来の住民帰還が不可能にならないよう、「無人の町」の留守を守り、
町の復興・帰還計画をけん引していいます。

 「じじい部隊」から見た帰還困難区域の現実です。

 NHKスペシャル
 「無人の町の"じじい部隊"~福島・大熊町 駐在員6人の苦闘~」
 http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0307/index.html

 放送日:3月7日  放送時間:午後10時00分~10時49分
 
 福島第一原発事故は、太平洋を越えてアメリカ市民に大きな衝撃を与えました。
 なかでも、内陸部にあるネバダ州の人々の人々が受けた衝撃は深刻なものでし
た。
 1940年代から現在に至るまで核実験が行われ、多くの市民が被爆したから
です。
 ネバダ州で行われた核実験は、福島第一原発事故と同様の情報隠しと情報操作
が行われました。そのため多くの市民が被爆しました。ガンや白血病などが発生
し、多くの人々が死亡しました。

 福島原発第一事故を契機に、ネバダの被爆者が声を挙げています。それを追っ
た番組です。

 NHKBS1  ドキュメントWAVE
 「ダウン・ウィンダーズ~アメリカ・被ばく者の闘い~(仮)」
 http://www.nhk.or.jp/documentary/aired/140315.html

  放送日:3月15日  放送事件:22:00~22:49
  再放送:3月16日(日)11:00~11:49

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
  メールサービス 2014年3月2日 第405号
--------------
反原発行動
--------------
■全国のデモ開催情報まとめ
http://www47.atwiki.jp/demomatome/

■0309 NO NUKES DAY原発ゼロ☆大統一行動 ~福島を忘れるな!再稼働を許すな!
【日時】2014年3月9日(日)
【場所】日比谷野音(大音楽堂)国会議事堂周辺
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=3996

■再稼働阻止全国ネットワークの主催「全国の力で原発再稼働を阻止しよう集会」
【日時】:2014年3月7日(金) 18:30-20:00
【場所】:首相官邸前
https://twitter.com/MCANjp/status/438691804611760128

■金曜日 定例反原発抗議:道庁北門前 18:00-20:00 北海道反原連
http://h-can.net/
-----------------
ウェブ更新情報
-----------------
■14/02/23▼大震災・原発問題/福島エートス▼復興庁及び環境省による 「帰還に 
向けた放射線リスクコミュニケーションに関する施策パッケージ」 にリンクを 
張りました。

 政府がいよいよ水面上に姿を現し、本格的に”日本版エートス”に乗り出してき 
ました。「100ミリシーベルト以下の被ばく線量では、被ばくによる発がんリス 
クは小さい」とする資料 「放射線リスクに関する基礎的情報」  には、長瀧 
重信、山下俊一、高村 昇、中川恵一、前川和彦、米原英典、松田尚樹、神田玲 
子の各氏らの”著名人”が、”ご確認やご助言をお願いした専門家、有識者”に名を 
連ねています。
 この基礎的情報では、”一般住民や大多数の原発従事者において、将来にも[福 
島第一原発事故]被ばくによる健康影響の増加が認められる見込みはない”や、” 
チェルノブイリ原発事故の最大の被害は、放射性物質による健康被害ではなく、 
避難等による精神的ストレスであった”など、原発推進/帰還促進に都合のよい 
海外の報告書を引用して、”避難者自ら”が福島への帰還を選択するよう誘導して 
いるように見えます。
 一方、これに対して、「放射線リスクコミュニケーションに関する施策パッ 
ケージ」への疑問;海渡さんより 」(脱原発の日のブログ2014-02-19) 及び 
「日本版エートス」本格始動へ 帰還促進に向けリスコミ強化(OurPlanet-TV 
02/18/2014)
に関連情報としてリンクを張りました。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/nuclear_master.html

■14/02/23▼海外環境情報/ドイツ便りリスト▼大震災・原発問題/世界の動向▼ドイ 
ツ在住の日本の方から提供された情報 「冊子「ドイツにおけるエネルギーシフ 
ト-しっかり見てみよう」 (ドイツ大使館・総領事館サイト)」を紹介しまし 
た。情報提供者によれば、ドイツのエネルギーシフトに関してよく口にされる不 
安や批判をとりあげて、しっかりした土台に基づいた議論ができるよう、再生可 
能エネルギーに関するデータとともに、詳しく説明しています。ドイツは政府と 
国民が一丸となってこのエネルギーシフトに取り組ん-とのことです。大変わか 
りやすい、よくできた冊子です。是非、目を通してください。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/kaigai/kaigai_master.html
-------------------------------------
北海道新聞 2014年2月25日~3月2日
連載 6回 「続・憲法を読む」
-------------------------------------
本メールで各回の本文と解説のさわりの部分を1回づつ紹介します
■2014年2月25日 第1回掲載
【第9条】日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権 
の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段 
としては、永久にこれを放棄する。
(2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国 
の交戦権は、これを認めない。
・・・
「集団的自衛権」縛る
安倍晋三首相は、改憲しなくとも9条の解釈変更で行使容認は可能と主張している。

【第21条】集会、結社及び言論、出版、出版その他一切の表現の自由は、これを 
保障する。
(2)検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
・・・
秘密保護法が侵害も表現の自由は、表現の送り手の自由だけでなく、表現の受け 
手の自由も含んでいる。
情報を持つものが持たないものを支配することがあってはならない-との考え 
が、根本にある。

★ 前田 朗 さんから:
大江健三郎を読み直す(8)監禁状態からの脱出をめざして
大江健三郎『芽むしり仔撃ち』(新潮文庫)   
http://maeda-akira.blogspot.ch/2014/03/blog-post_2.html   

★ 井上澄夫 さんから:
 石垣市長選は大浜候補が落選しました。残念ですが、運動も照る日曇る日で 
す。元気を出して、辺野古新基地建設を阻止しましょう。

★ 太田光征 さんから:
「平和への結集」をめざす市民の風として、NHKの籾井勝人会長に再度、辞任を 
求めました。
日本放送協会会長 籾井勝人様:1月25日記者会見での発言を謝罪し、NHK 
会長を辞任することを求めます(3月1日、再要求)
http://kaze.fm/wordpress/?p=526

日本放送協会(NHK)会長  籾井 勝人様

1月25日記者会見での発言を謝罪し、NHK会長を辞任することを求めます

 当団体は下記のような要望書をお送りし、2月26日までに回答を求めました 
が、未だに返事をいただいておりません。NHKには同趣旨の何万という批判が 
寄せられているそうですが、改めて同じ内容の要望に対して3月12日必着の回 
答を求めます。
 新たな問題を指摘するなら、貴殿は就任直後、理事10人に対して日付け空欄 
の辞表を提出させていたそうですが、これは理事の自由を封じ、理事会の民主的 
運営を阻害するものです。
 また、貴殿の任免権を持つ経営委員会において再度、発言には注意するよう警 
告されましたが、同委員会で下記要望書にある発言について間違っていたか、よ 
く読んでもらえば判るはずだと、発言内容を一端は釈明後も肯定する趣旨になっ 
ています。これはさらに会長不適格を示すものです。
 貴殿は国会でも、従軍慰安婦などの発言に関して「私の考えを取り消したわけ 
ではないが、私が申し上げたことは取り消した」などと不誠実、矛盾した見解で 
持論を固持しています。ですから一刻も早く公職から退いていただかなくてはな 
りません。
 衆知の通りNHKは視聴者の受信料で運営されています。それゆえNHKの職員は会 
長はじめ日本政府に雇われているのではありません。NHKをはじめマスコミは視 
聴者に事実・真実を伝えるのがその大きな任務です。その任務に反する貴殿の言 
動を私たちは認めるわけにはいきません。
 潔い返答を求めます。

2014年3月1日

「平和への結集」をめざす市民の風
http://kaze.fm/

(以下は2月14日付の要望書)

日本放送協会(NHK)会長  籾井 勝人様
     
1月25日記者会見での発言を謝罪し、NHK会長を辞任することを求めます

あなたがNHK会長に新任された1月25日の記者会見で、以下のような発言を 
されました:

1. 慰安婦問題:「(慰安婦は)戦時だからどこの国にもあったことですよね?  
(個人の見解として)韓国がやっていることで不満なのは、日本だけが強制連行 
したみたいなことを言っている。補償は日韓条約ですべて解決されている。」

2. 靖国神社参拝問題:「総理が信念で行かれたということで、いいじゃないか。 
淡々と総理は靖国に参拝されました、でピリオドだろう。」

3. 領土問題と国際放送問題:「領土問題については明確に日本の立場を主張す 
るのは当然。外交もからむので、政府が右ということを左というわけにはいかな 
い。」

4.特定秘密保護法問題:「通っちゃったんで、言ってもしょうがないと思う。」 
「世間が心配するようなことが政府の目的ということもないのではないか、あま 
りカッカする必要はないいと思うし、変なことが起きるとは考えにくい。」

                        
(1)慰安婦問題

 被害者女性・加害者日本軍人等の多数の証言、軍事的資料等があっても意図的 
に無視した安倍首相の「強制はなかった」発言、橋下大阪市長の「慰安婦は必要 
だった、どの国にもいた」発言等々、意図的とも言える歴史的事実否定を繰り返 
すことで、歴史を歪曲し、人間・女性の生命・聖性を無視・陵辱・侵害し、あま 
つさえ加害者に罪はなかったかのように不当な言い訳をし(軍が組織的に募集・ 
徴用したのは日本独特)、謝罪をせず言い逃れをしている。韓国、朝鮮民主主義 
人民共和国、中国、フィリッピン、東チモール、オランダ等の「性的奴隷状態」 
化に軍隊により強制させられた被害者の生命・尊厳・権利等を二重にも三重にも 
侵害しています。あなたも被害者女性の生命・人権・尊厳を無視し、侮辱し、侵 
害し、関係者全てを新たに傷付けたのです。この事によりあなたは人間の根本的 
真理・倫理を欠き、知性・感性・品性を欠き、公共放送の長として不適格です。

(2)靖国神社参拝問題

 靖国神社には戦争犯罪人が合祀されており、一国の代表たる総理が参拝するこ 
とは戦争犯罪人を礼拝して戦争犯罪を否定することになり、また政教分離の原則 
に違反します。それでなくても問題発言・行動で近隣諸国の反感を買って正常な 
国交が出来ていないのに、さらに欧米諸国から好戦的・挑戦的態度に対する反感 
を買い、これら諸国とも関係悪化になり、安倍総理が最友好国とする米国の国 
務・国防両長官からも懸念が表明され、原爆製造材料になる貸与プルトニウム返 
還要求などに発展しています。何十億の人間が反対・反感をもち、もちろん国内 
諸政党も内閣側近も反対したものです。「個人の信条」と「総理の職務」は統一 
人格として不可分のものであるから、上記全ての問題を引き起こしたのです。あ 
なたはこの事でも真理・倫理を欠いており、公共放送の長として不適格です。

(3)領土問題と国際放送問題

 三権分立の外に第四権力としてメデイアが位置付けられ、しかも「公共」放送 
としては権力からの独立が求められており、放送法でも明確にNHKに「放送の 
不偏不党、真実及び自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保 
すること」を求めています。それにもかかわらず「政府が右ということを左とい 
うわけにはいかない」と言うのは時の政権への偏向姿勢を露骨に示し、常識違 
反・法律違反の重要発言です。公共放送を時の政権の追従者・代弁者・奴隷とし 
てしまう思想を持ち、それに従って行動するあなたは、公共放送の真理・倫理を 
否定するもので、その長としては不適格です。

(4)特定秘密保護法問題

 真理と倫理は全ての者に要求される義務・権利であり、これらを秘密にするこ 
とは虚偽・不道徳であり(例え権力者でも)一部人間の占有とすべきではありま 
せん。権力者が虚偽・不道徳を秘密にして権力を保持・拡大し、専横・戦争など 
に走って来た事は歴史上も現在も枚挙にいとまが無く、諜報・投獄・粛清・独 
裁・汚職・破壊等、目の当たりにするところです。真理・倫理の情報を最も重ん 
じ、秘密・虚偽・不正・不道徳を排除する上で最大の任務をもつメデイア、しか 
も公共放送の長たる者が過去の戦争突入の重要な手段となった「治安維持法」に 
比定され、非常に多くの国民から反対されている「特定秘密保護法」を「通った 
から仕方がない」と言うのは、公共放送の本来の任務を怠り、権力に屈して公共 
放送の真理・倫理を否定するもので、あなたはその長として不適格です。

(5)「私的発言」問題

 あなたは公共放送の責任者としての記者会見での発言を、マスコミ・海外政府 
等の大反響のため、後日予算委員会で「個人意見」とか、「(従軍慰安婦発言 
を)私的な発言」などと釈明しました。不可分の統一人格として「私的」と「公 
的」を分けることはできません。分けられるとの思考・弁明は自己弁護・詭弁で 
あり、(内面的には二重人格であり、外面的言い訳に過ぎず)、外から見れば同 
一人物の発言・行動です。「公的」職務遂行と「私的」意見・信条・行動が異な 
り、後者を優先させたい場合は前者を放棄すべきです。しかも記者会見では記者 
の質問に「行って調べてごらんなさいよ、(韓国だけでなく)ヨーロッパはどこ 
でもあったでしょう、どうですか? 日本だけがやっていたように言われて…」 
とまくしたてるなど、「私的」意見に固執しているのであり、「公的」な公共放 
送NHKの長として、あなたは真理・倫理に違反して不適格です。

(6)公共放送視聴料問題

 上記に対してあなたの明確な謝罪と、NHK会長職の辞任を求めます。私たち 
は「独立・自由・真理・倫理を持ち、真に公共報道の役割を担っているNHK」 
を支持し、受信料を払っているのであり、それを果たさなければ支持・支払いの 
根拠・義務はありません。貴職の賢明な判断、文書回答を2月26日必着で求め 
ます。

2014年2月14日

「平和への結集」をめざす市民の風
http://kaze.fm/

------集会等のお知らせ------

●<1000日目記念冊子希望先
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp 迄>●
住所氏名電話番号冊数よろしく。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● さよなら原発!福岡集会<3.11(三周年)>●
集会日時:3月9日(日)午後2時から
場所:福岡市須崎公園 福岡市中央区天神5-8
地図:http://tinyurl.com/6od2twa
デモ:午後3時から天神周辺と九電前
主催: さよなら原発!福岡集会実行委員会
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
カンパ募金振込先
・郵便振替01770-5-71599 さよなら原発! 福岡
 1口500円(何口でも大歓迎)
チラシ表 http://tinyurl.com/mjzu7ft
チラシ裏 http://tinyurl.com/ml5okhv

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
        3月28日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
             原告総数 原告総数  7488名 (2/27現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
  ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
           青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
aoyagi at tent-hiroba.jp
************************






























CML メーリングリストの案内