[CML 029966] やはり日本は法治国家ではなかった。「絶望の裁判所」 元判事が司法の腐敗を告発する(田中龍作ジャーナル)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2014年 3月 1日 (土) 23:54:38 JST


M.nakata です。
メールをいつも送らせていただき、ありがとうございます。 
  
 <以下転送拡散歓>
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■  
  ●やはり日本は法治国家ではなかった。
  「絶望の裁判所」 元判事が司法の腐敗を告発する(田中龍作ジャーナル)

  ●元判事が、2月27日(金)★日本外国特派員協会で記者会見。
  当日の記者会見:動画。そして田中フリージャーナリストの記事をご紹介します。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 ●海外と比べて、日本のマスメデイア環境は劣悪です。
 「日本の記者クラブ制度」閉鎖体質では、会見内容がそのまま伝えらず、記事にも取り上げられない。
  
 そのようなことが多くあり、回避するために。
 ●最近は、「日本外国特派員協会」で記者会見が持たれることが多くあります。
 
 ●国や、統治機構被告の裁判は、どうやっても国民は勝訴することができない。

   私達は、実感してきたことです。


(貼り付け開始)
****************************************************************************

東京地方裁判所 元裁判長 瀬木比呂志氏(1) (動画)
https://www.youtube.com/watch?v=wFuZ936gzYA

東京地方裁判所 元裁判長 瀬木比呂志氏(2) (動画)
https://www.youtube.com/watch?v=TRpvU24kQew

=====================================
田中龍作ジャーナル  http://tanakaryusaku.jp/    

◆ 「絶望の裁判所」 元判事が司法の腐敗を告発する  


◆瀬木比呂志・元判事。「私の場合(退官して)学者になったので裁判所を批判できるが、弁護士になっている人は口をつぐ  む。判決で報復されるから」。=27日、日本外国特派員協会 写真:筆者=

_______________________________________________________

やはり日本は法治国家ではなかった。●元判事が実際のケースと実名をあげて司法の腐敗を告発した「絶望の裁判所」が20日、刊行された。著者の瀬木比呂志・元判事がきょう、●日本外国特派員協会で記者会見した。
 瀬木氏は判事を30年余り務め、最高裁事務総局に2度に渡って勤務した。裁判所の裏の裏まで知る人物と言えよう。

 ●司法の実態を知り尽くした元判事は日本の裁判所を「旧ソ連の全体主義」に たとえる。●「裁判官たちは収容所に閉じ込められている」と話す。●収容所とは徹底したヒエラルキーに支えられた官僚体制のことだ。●瀬木氏によれば、ピラミッドの頂点にいるのは最高裁事務総局だという。

 ●事務総局が人事を支配しているため、裁判官たちは事務総局にニラまれる判決を書かなくなる。瀬木氏はこうした裁判官をヒラメ(上ばかりを見ている)と揶揄する。

 問題を深刻化させているのはヒラメ(裁判官)の質の劣化だ。瀬木氏は具体例をあげながら「裁判官の性的非行は裁判所の腐敗のあらわれ」と述べた。

 ●最高裁事務総局は国の政策に異論を唱えるような判決を嫌う。劣化し上ばかりを見ている「ヒラメ裁判官」は盲目的に最高裁の判例に沿った判決を出す。個別の事情を考慮することなく、だ。その結果「これが国家賠償請求でなくて一体何が国家賠償請求になるというのか?」といった訴えまで棄却するケースもあった。

東京地裁、高裁などが入る高層ビル。裁判所は国民の財産と正義を守るものではなくなりつつある。手前の赤レンガは法務省。=写真:筆者=

● 筆者は小沢一郎・民主党代表(当時)を政治資金規正法違反で強制起訴した「第5検察審査会」について質問した。瀬木氏は米軍基地をめぐる裁判で米国大使館の大使・公使に情報を流していた最高裁判事の実名をあげ、「日本の司法は裏側で不透明なことをしている」と明言した。

 ●原発の運転差し止め訴訟は原告の連敗続きだが、下級審で2件だけ勝訴している。これについて瀬木氏は「勝訴の判決文を書くのは相当な勇気と覚悟がいることは間違いない」と話した。人事で不遇の扱いを受けることが明白なため、どの裁判官も自分の将来を考えて原告勝訴の判決は書かないのだ。(記者会見後、筆者とのやりとりで)

 ●「日本の裁判官の社会は目に見えないルールの支配が強固。それを破った場合の罰は厳しい」と瀬木氏。国民のためではなくひたすら身内の論理で判決が左右されているのである。まさに「絶望の裁判所」である。

 ●「日本の司法はリフォームされなければいけない。さもなくば人々は訴訟を起こさなくなる」。瀬木氏は記者会見の最後をこう締めくくった。 “ このまま放置しておくと日本は暗黒社会になる”こう警告しているようでならなかった。

 ◇
本稿は日本外国特派員協会での会見と瀬木氏の著書「絶望の裁判所」をコンパイルしています。

**************************************************************************************




CML メーリングリストの案内