[CML 032275] (2-1)【報告】第1166日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 6月 29日 (日) 07:27:20 JST


青柳行信です。6月29日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--

※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
『1000日目記念誌冊子』6/28
鹿児島薩摩川内市民さん3冊。
・・・・・
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。
<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1166目報告☆
        呼びかけ人賛同者6月28日3400名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆原発は「避難困難」立地なり 「帰還困難」出す前に止めよ
      (左門 6・29−702)
※6月27日の朝日新聞、「声」欄。《原発所在地へ「最終処分場を」》の意見。
自治体として決断して招致したのだから、最後まで責任を取るべきだとの論理で
ある。
避難の計画が無いのに建設し、稼働したことの冒険・暴挙は言語道断である。
直ちに、自治体を主体として、政府と電力会社と第三者による廃炉決定と
最終処分の方法について協議に入るべきである。
電力会社の総会の傲慢ぶりをみるにつけて、
この地球汚染と破壊を全く意に介さないヤクザ集団であることが露骨である。
もっと世論を!

★ 福島(福岡市) さんから:
青柳さん、毎日お疲れさまです。
<6/26>九電の株主総会で、終り頃、社長の正面の男性が、
手を挙げて「緊急動議」と10回くらい叫びました。
社長は、完全に無視して、顔を上げるとその男性が見えるので、
下を向いたまま喋り続けて、総会を終了させました。
これって法律違反じゃないんですか。
終わったから、もう何も言えないんでしょうか?
マスコミに流すとか、九電に文書で抗議するとか、できないんですか。

★ 青木幸雄(宮崎の自然と未来を守る会)さんから:
第100回「再稼働反対ウォーク」に約150人/宮崎
 100回目にして一番の雨。一昨年7月13日に始めた「原発再稼働反対ウォーク」
が6月27日で100回目だった。毎週金曜日の行動である。延べ人数は約4,000人を
上回っているから、平均毎回40数人ということになる。1回目は約30人。一番多
かった節目の50回目は125人。100人を越えたウォークが3回はあり、少ない時で
も約30人は維持しながら続いてきた。その結果むかえた100回目は、雨、雨、
雨。朝から激しい雨模様だった。そんな悪条件でも集まった参加者は約150名。
初めての参加者も少なからずだ。県庁玄関前には沢山の傘が開いた。いつもより
15分早めて5時45分にスタート。初回を除き毎回参加のTさんのスピーチを皮切り
に、薩摩川内から駆けつけた岩下さんらのスピーチが続いた後、散歩のつもりで
毎回参加のGさんが「継続は力なり」と力説。気負わずに当たり前の感覚でやっ
て来れたので、この日がむかえられたのだろう。
 スピーチ後は、長い列となって繁華街の橘通へ。繁華街とは言え、繁華したの
はずっと昔の話。新婚旅行のメッカと言われ、お土産を求めて新婚さんであふれ
たこともあった通りである。それでも橘通と言えば、宮崎の繁華街。デパート前
が最も人が行き交うところだ。そこへ向かうウォークの先頭には、いつもの太陽
マークの横断幕。それに続いたのがNONUKES と書かれたサーフボードが2本。海
を愛するサーファーらは、鳴りものを持って賑やかに駆けつけた。スタッフが用
意していた風船は子どもらも手にわたり華やかなパレードとなった。若者や子ど
もが参加すると色もとりどりとなり華やかになる。宮崎はこれらの明るさがよく
似合う。
 最も人が行き交うデパート前交差点では替え歌が登場、掲げられた歌詞をみん
なで熱唱。そして、宮崎を熱してやまないミュージシャンがギターをかかえて即
興の反原発ソング。その盛り上がりを持っていざ九電宮崎支社へ、しかしアー
ケードはここまで。交差点から九電までの間は傘さしパレードとなったが、一行
の熱意は全くさめず九電前で再稼働反対を訴える参加者のスピーチが続いた。最
後は、東京から避難してきたSさんの声に合わせてシュプレヒコール。「未来を
守ろう!」「川内原発再稼働ハンターイ!」。全国の人々と手を取り合って川内
原発再稼働を止めていくことを誓った。

★ 崔 勝久 さんから:
連続講座第3回、「脱原子力、世界平和のためのアジア市民の役割」
韓国、イ・デス氏の講演
たんぽぽ舎にて。6月23日の報告
http://oklos-che.blogspot.com/2014/06/blog-post_26.html
「福島世代」の市民の責任と課題をやさしい言葉で話されました。
「大きな希望」を目指す日本の市民運動への期待でした。

★ 田中美由紀 さんから:
<7/5 早乙女勝元さん講演会 ご案内>
  チラシ:http://tinyurl.com/oapn736
平和は特別なものではない。ごくありふれた日常なのだと 思う。その日常が非
日常に一遍したのが3・11の原発による災害だった…

東京大空襲の語り部として、戦争の悲劇を二度と繰り返してはならないの思いを
込めて、未来世代の明日のために、いのちの尊さを体験的に語ってきた作家・早
乙女勝元さんが、戦争・原発、平和について語ります。

7月5日(土)開会13:30(受付開始13:00、16:00終了予定)
光円寺本堂(福岡市中央区天神3丁目12−3)
チケット前売り500円、当日700円 ※中学生以下は無料

※早乙女勝元さんプロフィール
庶民の生活と愛と平和を書きつづける下町の作家。
「東京大空襲」で日本ジャーナリスト会議奨励賞受賞。
1992年、映画「戦争と青春」(今井正監督、工藤夕貴主演)で、
日本アカデミー賞特別賞を受賞。映画「軍隊をすてた国」など。

主催:「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団
お問合せ:福岡第一法律事務所 担当:毛利
福岡市中央区大名2丁目10−29福岡ようきビル2F
TEL:092-721-1211

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、時間が取れず、川内(せんだい)原発の言のある記事などざっ〜と紹介
します。

1.<(鹿児島)川内原発の再稼動問題を考えるシンポジウム>南日本放送
[06/28 19:00]
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2014062800003525
川内原発の再稼働問題について考えるシンポジウムが鹿児島市で開かれました。
これは、原発の再稼働や事故の際の避難計画について市民に考えてもらおうと県
弁護士会が開いたものです。県が先月示した原発事故時の避難にかかる時間の推
計=シミュレーションについて法政大学講師の上岡直見さんが講演しました。こ
の中で上岡さんは、「避難する人の自家用車の利用率を50パーセントと設定し
ているが、残りの10万人あまりの市民をバスで輸送することは、非現実的だ」
と指摘しました。また「昼間は家族がそれぞれ異なる場所にいる可能性が高く、
車に乗り合わせるのは難しい」と述べ、「県の避難計画やシミュレーションは実
効性があるものとはいえない」と訴えました。

1’.<(鹿児島)避難計画など問題点指摘 原発再稼働でシンポ>朝日デジタル
2014年6月29日03時00分
記事全文<県弁護士会が主催する「川内原発の再稼働問題を考える」シンポジウ
ムが28日、鹿児島市で開かれた。再稼働に向けた原子力規制委員会の審査が大
詰めを迎えるなか、自治体の避難計画などの問題点を、2人の講師が指摘した。
環境経済研究所の上岡直見代表は、薩摩川内市の津波ハザードマップと避難計画
を重ねると、多くの避難路が浸水する可能性があることを紹介。「今の避難計画
は実効性がないが、検討を進めるほど避難は無理という方向になっていく」と
語った。福島老朽原発を考える会の阪上武代表は、約3万年前に巨大噴火のあっ
た姶良カルデラに対する九州電力の監視方針を了承した規制委を批判。火山学者
から「巨大噴火の観測事例がない」と、前兆の把握を疑問視する声が上がってい
ることを紹介し、「噴火の兆候を把握した場合でも、核燃料をどこにどうやって
運ぶのか」と問いかけ、川内原発を再稼働しないよう訴えた。>

2.<川内原発の再稼働「NO」 東京都心デモに5500人 >西日本2014年
06月29日 00時07分?
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/98060
<九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働反対を訴える市
民団体が28日、東京都内の明治公園から原宿までの約3キロをデモ行進した。
「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会などの主催で約5500
人が参加した。明治公園で集会を開き、ルポライターの鎌田慧さんは「川内原発
は秋にも再稼働と言われているが、私たちは経済の犠牲にはならない」。川内原
発増設反対鹿児島県共闘会議の野呂正和事務局長は「川内原発の避難計画は周辺
自治体の住民受け入れ態勢が全くできていない」と訴えた。原子力規制委員会は
川内原発の審査を優先し、再稼働第1号となる公算が大きい。参加した埼玉県狭
山市の公務員女性(50)は「こんなに反対の声がある。再稼働は許されな
い」と話した。>=2014/06/29付 西日本新聞朝刊=

2’.<都内の反原発集会に5千人 「再稼働認めない」>西日本2014年06月28
日 17時28分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/98045
<・・・・鹿児島県で反対運動に取り組む男性が「(事故時の)避難計画はずさ
ん。川内原発を動かさないために一緒に闘ってほしい」と呼び掛けると、拍手が
湧き起こった。・・・・・・・>

3.<JR九州:鹿児島・川内原発事故想定「地元と協議」 薩摩川内市長、避
難に新幹線活用を>毎日新聞 2014年06月28日 西部朝刊
http://mainichi.jp/area/news/20140628ddp041020018000c.html
<九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)で重大事故が起きた場合の対応につ
いて、JR九州の青柳俊彦社長は27日の就任会見で「議論をしたうえで、でき
ることを示したい」と述べ、地元自治体との協議に前向きに取り組む考えを示し
た。川内原発はJR川内駅の西約12キロにある。事故時の対応について、薩摩
川内市の岩切秀雄市長は今月2日、九州新幹線を住民の避難に活用する方向で
JR九州と協議したいとの考えを示した。青柳社長は会見で「放射能で退避すべ
き事態に陥った時に、社員を逆向きに向かわせることは私としてはできない」と
述べる一方、「どういった協力を求められているかをよく協議し、できる範囲内
で公共交通機関としての使命を果たしたい」と述べた。・・・・・・・・>

4.<どうなる川内原発再稼動 軽視できない火山噴火リスク>エコノミック
ニュース?6月28日(土)19時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00000036-economic-bus_all
<2014年6月時点において、日本国内における稼働中の原子力発電所数はゼロ。
13年9月に福井県の大飯原発が停止して以来、一基も稼動していない。そんな
中、年内の再稼動に向け審査が佳境を迎えている原発がある。鹿児島県川内原発
だ。川内原発が再稼動へ向けて大きく動き出すきっかけとなったのが12年に行わ
れた鹿児島県知事選挙である。選挙戦は現職で再稼動容認派の伊藤祐一郎氏と、
川内原発の即時廃炉を訴える向原祥隆氏の一騎打ちとなり、その結果得票率
66.3%で伊藤氏が再選を果たした。川内原発は、昨年7月に施行された原発規制
基準に基づく審査を、他の原発に先駆けて合格する見通しとなっている。しか
し、川内原発の付近には、阿蘇カルデラや姶良カルデラなど十数万年以内に巨大
噴火を起こし
たとみられる火山が複数確認されているのだ。しかもこの規制基準では火山対策
について、実はほとんど白紙状態なのである。規制基準をクリアしており、再稼
動に問題無しとの見方には大きな疑問符が付く。・・・・・・・・・・原発の運
用に当たって、安全神話の存在を許してはならない。我々は3年前にそのこと
を、身をもって思い知らされた。このまま審査が進めば、遅くとも年内には川内
原発の再稼動は開始されるだろう。地元自治体には、経済効果に対する期待と安
全性への不安という二つの相反する感情が複雑に渦巻いている。>

5.<再稼働はありえぬ 官邸前行動>しんぶん赤旗6月28日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-06-28/2014062815_03_1.html
<首都圏反原発連合(反原連)は27日、首相官邸前抗議行動を行いました。川
内(せんだい)原発(鹿児島県)の再稼働をねらう安倍内閣に対し、2400人
(主催者発表)の参加者は「川内原発再稼働反対」「原発やめろ」と声をあげま
した。時折、雨が降るなか、続々と参加者が官邸前に駆けつけました。
・東京都港区の会社員の男性(37)は「“原発いらない”という圧倒的な国民の
声を無視して再稼働なんてありえない。安倍政権に怒り心頭です」と話します。
・千葉県船橋市の男性(60)は、仕事帰りに参加。「大飯原発(福井県)の運
転差し止め判決に勇気をもらいました。官邸前をはじめ全国の運動が判決に影響
していると思います。私も粘り強く参加していきたい」と語ります。
・山形市から初めて参加した男子学生(20)は「原発は早急にやめてほしい。
再稼働も輸出も安全を犠牲にしている。原発ではなく、自然エネルギーにかえる
べきだ」。・・・・・・・・・>

5’.<【金曜日の声 官邸前】政治見て「踏ん張らねば」>東京新聞6月28日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2014062802000127.html
・横浜市旭区の自営業 藤井洋子さん(63) 最近、少し足が遠のき「私の中
で風化が始まっている」と自問していた。でも、集団的自衛権をめぐる政治の様
子を見て、踏ん張らないとと思った。個々人が意志を持ち続けることが大事。
・群馬県太田市の自営業 星野直道さん(69) 地元では、遊休農地を使った
太陽光発電がすごく増えてきた。民間レベルでは再生可能エネルギーがどんどん
作られている。節電を心掛ければ、原発を稼働させなくても電力は足りる。
・茨城県坂東市の無職 松本英一さん(39) 原発事故は、2000年間も守
られてきた日本の国土を、人が住めない地にしてしまった。福島が収束していな
い状況で再開を急ぐことには反対。原発ありきの政策をまず見直すべきだ。

6.<福島原発避難者:「傍聴サポーター」募集中…「札幌訴訟」>毎日新聞 
2014年06月28日 12時26分
http://mainichi.jp/select/news/20140628k0000e040207000c.html
記事全文<東京電力福島第1原発事故に伴う避難者訴訟の原告、宍戸隆子さん
(41)=札幌市厚別区=が、裁判の傍聴に協力する「サポーター」を募集して
いる。「札幌訴訟」の原告は66世帯200人以上に増えたが、80席ある地裁
の法廷を埋めきれない時もある。「原告とともに傍聴席を埋めて、避難者を支え
てもらえたら心強い」と話す。福島県から北海道へ避難した人たちが国と東電に
1人当たり1650万円の損害賠償を求めた集団訴訟は昨年6月、13世帯43
人が札幌地裁に提訴。これまでに4回、口頭弁論が開かれた。1回目は満席に
なったが、以降は7割程度に減っている。原告の傍聴がかなわないのは、裁判が
平日の昼間に開かれるためだ。経済的な厳しさを抱える中、仕事を休んで参加す
るのは難しいという事情がある。宍戸さんも福島県ではフルタイムの仕事に就い
ていたが、札幌ではパートの介護職。夫も非常勤職員となり、世帯収入は減っ
た。さらに母子避難世帯では、子育てしながら不安定な家計をやりくりしている
人も多いという。昨年6月の提訴から1年。原発事故への関心を持ってもらうと
ともに避難者を支えてほしいと、「サポーター」の募集を思いついた。裁判で
は、原告が避難の動機や現在の生活状況を説明する意見陳述もある。宍戸さんは
「原発事故はまだ収束していない。傍聴を通じて『北海道で原発事故が起きたら
どうなるか』を考えるきっかけにしてもらえたら」と呼び掛けている。参加希望
者には、裁判の日程や勉強会のお知らせをメールで連絡する。問い合わせはメー
ル(ippohumidasu@gmail.com)>

7.<この流れを全国に 大飯原発差し止めの原告団ら、京都で報告集会>京都
新聞?6月28日(土)22時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00000020-kyt-l26
<大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転を認めなかった福井地裁判決の
報告集会が28日、京都市下京区のキャンパスプラザ京都で開かれた。原告代表
で福井県小浜市の住職中嶌哲演さん(72)らが「この流れを全国に波及させた
い」などと協力を呼びかけた。京都地裁で大飯原発運転差し止めを求めて係争中
の原告弁護団らが、京都での勝利につなげようと企画。約350人が参加し
た。・・・・・・・・・・・・・>

福島第一の現場で、
8.<7月に1号機建屋カバー解体開始 福島第1原発>共同通信
http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2014/06/post-9319.html
記事全文<東京電力は27日、水素爆発で大破した福島第1原発1号機の原子炉
建屋カバーの解体作業を7月初旬に始めると発表した。カバー解体後に建屋上部
に散乱しているがれきを撤去し、使用済み核燃料プールからの燃料取り出し用ク
レーンを設置する。東電は2017年度中に1号機プールからの燃料取り出しを
始める予定。
東電は事故後の11年10月、1号機からの放射性物質拡散を防ぐため建屋カ
バーを設置。当初は昨年度中に解体する計画だったが、がれき撤去に使う遠隔操
作クレーンのアームが昨年9月に折れ、計画が延期された。東電は年度内に建屋
カバーの解体を終えがれき撤去作業を開始する計画。>

9.<正門周辺の大気中の環境放射線量 毎日新聞 2014年06月29日03時12分 
東京朝刊  
<28日正午現在 1.5マイクロシーベルト毎時?  数値は東京電力のホーム
ページから抜粋  前日は1.6マイクロシーベルト毎時>

政府が、
10.<風評被害の対策徹底=福島で栽培シイタケ試食―林農水相>時事通信?6
月28日(土)20時18分配信
記事全文<林芳正農林水産相は28日、福島県二本松市を訪れ、森林再生に向けた
間伐作業などを視察した。県内のシイタケ栽培が東京電力福島第1原発事故の影
響で大幅な縮小を強いられる中、県外から調達した原木を使って栽培されたシイ
タケを試食。林業関係者との会合で「(シイタケの)出荷制限の解除や風評被害
対策に取り組みたい」と述べ、放射能検査の徹底などを約束した。>
・・・・・“試食”いつもパターンです・・。

被災地フクシマ、
11.<28日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定
値・県内震災関連死者・行方不明者>福島民報6月29日朝刊紙面
⇒http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・・・「いわきで、本県沖産のカツオ水揚げ・・・」という記事があります。

12.<(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)>下野
新聞6月28日 17:28
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140628/1639954
<▼空間放射線量率(28日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>


13.<(宮城県)(プロメテウスの罠)県境の先で:19 決断した引っ越
し>朝日新聞デジタル?6月28日(土)16時0分配信 (有料記事)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11213691.html
<◇No.962 2011年3月12日に福島第一原発の1号機が爆発したと
き、宮城県丸森町北部の耕野(こうや)地区の林業小山田竜二(おやまだりゅう
じ)(38)は、一度は逃げ出そうと考えた。耕野地区も福島県境で、第一原発
から60キロしかない。
 だが、避難できなかった。ガソリンがなかったこともあるが、もっとも大き
かったのは、地元住民が転入者を「世話になっておきながら、いざとなったら逃
げ出すなんて」と批判しているという話を聞いて、動くに動けなくなったから
だ。小山田は仙台市からの転入者だ。09年、自然の中で、自然を相手にした仕
事をしたくて移住してきた。その2年後の事故だった。11年3月末、ガソリン
も手に入るようになり、仕事を再開した。・・・・・・・・友人から借りた線量
計で自宅の周囲を測った。毎時1・5マイクロシーベルト。それが7月にはコン
マ以下にまで下がった。しかし、風が吹くと空間線量が上がった。野山に積もっ
た放射性物質が飛んでくるとしか考えられない。子どもを外で遊ばせるのは危険
だ、と思うようになった。・・・・「やっぱり、引っ越そう」 伊織は「夫が決
めてくれて、ほっとしました」という。世話になった地元住民への感謝は大き
かったが、子どものことを考えると引っ越したい気持ちは強かった。小山田一家
は丸森を出た。福島第一原発の事故から1年が過ぎた12年3月だった。>
 ???????


13’.<(宮城県)(プロメテウスの罠)県境の先で:20 移住者の支援始
めた>朝日デジタル2014年6月29日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11215473.html
<◇No.963
2011年10月、宮城県丸森町耕野(こうや)地区からの移住を決めた小山田
竜二(38)・伊織(42)夫婦は、そのことを打ち明けられずにいた。豊かな
自然が気に入ってこの町に住んだ。しかし原発事故で、丸森で得られる良さがな
くなったと思う。となれば、丸森にいる意味はない。「でも、避難しないことを
決めた人たちもいる。だから打ち明けられなかったんです」丸森は、その後12
月に国が定めた「自主的避難等対象区域」から外れた。移住する場合、国や東京
電力からの補償はなく、費用は自腹だ。県境で接する福島県伊達市は、賠償金が
もっと出るのに。移住先は奈良県宇陀(うだ)市だった。20代のころ、奈良県
内の知人宅で居候したことがある。そのときの経験からたどりついた。・・
・・小山田は、丸森を去ったことを避難とはとらえていない。丸森から遠く離
れ、少なくとも丸森よりいい場所へ移住する。そう考えないと、気に入っていた
丸森の生活をなげうつ意味がない。だからこそ、原発事故の影響は大きかったと
考えている。・・・・これまで、福島県などから9世帯21人が小山田家に滞在
した。宮城県からはまだいない。小山田は、丸森を出ると決めたときに、後ろめ
たさや不安が大きかった。だからこそ、移住を考える人がいれば、積極的に受け
入れてあげたいと思うのだ。「自分たちにしかできないことだと思ったんです」
そんな小山田が相談を重ねていたのが、同じ耕野の養蜂業石塚武夫(いしづかた
けお)(43)だった。千葉県から耕野へ1997年に移住した。石塚も原発
事故直後、妻と3人の子どもを千葉の実家に一度避難させた。だが約1カ月後、
小学校の始業式に合わせて戻した。以後は避難していない。>

参考資料、
14.<(佐賀県)バイオマスで佐賀市の未来は? 地域振興の柱と位置づけ>
西日本2014年06月29日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/40863/1/
<下水や食品廃棄物などバイオマス(生物資源)の活用を佐賀市が積極的に進め
ている。目指すのは、国が公募する「バイオマス産業都市」。環境だけでなく経
済にも生かす市町村を国が支援するもので、選ばれれば九州第1号の可能性も。
地域振興の柱と位置づけるこの構想、どう展開していくのだろう。「新しい資源
を取り出すと同時に地球温暖化を抑える。佐賀だけでなく地球に住む全てのもの
にとってうれしい話だ」。日米の合弁企業と佐賀市が、ごみ焼却時の二酸化炭素
(CO2)を使った藻類培養に取り組む協定を結んだ24日、秀島敏行市長は胸
を張った。・・・・・・・こうした事業は、国に来月提出する「バイオマス産業
都市構想」に基づく。ふん尿や食品残さなど廃棄物系バイオマスの市内の利
用率は59%(2012年度)。18年度までに10%程度上げるのが目標だ。
バイオマス利用に関しては、農林水産省が募る「バイオマスタウン構想」があっ
た。策定したのは佐賀市を含めて300自治体を超す。だが「目標を掲げること
が目的で、採算がとれないものも多かった」と農水省バイオマス循環資源課の担
当者は明かす。福島第1原発事故後、エネルギーの在り方が見直されたことを受
けて、内閣府や農水省など7府省が昨年度から「バイオマス産業都市」を進める
ことになった。ごみや下水を処理する「迷惑施設」のイメージを変えようと、佐
賀市は発電や余熱利用、下水汚泥堆肥を使った野菜作りなどに取り組んできた。
産業都市構想を中心的に進める市環境調整監の前田純二さん(64)は「佐
賀は条件がそろっている。乗っかるしかないと考えた」と話す。・・・>

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、34面社会欄にちいさく2.の記事があるだ
けです。
今朝の紙面は以上です。
昨日のしんぶん赤旗の14面に、
15.<福島の避難小中学校57校 事故後調査 児童生徒 今なお3割>
<・・・・県内の通学する生徒数が事故前の31.8%で、この3年間大きな増
減のないままであることが27日までに本紙の調査でわかりました。・・・・>
・・・・・市町村別の一覧表もついている記事ですが、残念ながらネットにはあ
りません。興味のある方はどこかでご覧ください。
・・・・・後ほど、私のフェイスブックのページに貼り付けましょう。
今朝は以上です。(6.29.5:49)
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ
ください。
<つづく>

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内