[CML 032265] なぜ隔離されたのか

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 6月 28日 (土) 19:47:13 JST


 坂井貴司でした。
 
 再放送です。

 かつて業病と呼ばれ恐れられたハンセン病(らい病)。

 近代日本は国家をあげてハンセン病に感染した患者を拘束し、隔離してきまし
た。目標は隔離による「根絶」でした。
 
 ハンセン病患者は手錠をかけられて、刑務所同様の施設に連行されました。死
ぬまで収容されました。それは90年間にわたって国策として行われました。プロ
ミンなどの薬が開発され、治る病気になっても、隔離は続けられました。

 この異常な隔離政策がなぜ続けられたのか。

 ハンセン病患者隔離政策を問います。

 NHK総合
 NHKアーカイブス
 「ハンセン病の悲劇を繰り返さない総合」
  http://www.nhk.or.jp/archives/nhk-archives/

 放送日: 7月6日(日)
 放送時間:午後1:50〜3:00
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内