[CML 032258] 【ご案内】7・6「集団的自衛権の行使は戦争への道!」中里見博さん講演会

藤井悦子 peace at tc4.so-net.ne.jp
2014年 6月 28日 (土) 09:53:44 JST


藤井悦子@京都です。

7月1日にも集団的自衛権の閣議決定が強行されようとしています。
京都でも連日の反対行動が組まれていますが、
下記の講演会も企画しています。

7月6日、中里見博さんをお招きして、

「解釈改憲―平和憲法の破壊を許さない!
   9条のある日本社会を次世代へ
集団的自衛権の行使は戦争への道!」

の講演会を行います。

どなたでも参加できます。
みなさま、是非ご参加ください。

以下、拡散お願い
・・・・・・・・・・・・・・・・・
解釈改憲―平和憲法の破壊を許さない!
          9条のある日本社会を次世代へ
集団的自衛権の行使は戦争への道!
https://www.facebook.com/events/651745608247234/?source=1
(第67回 戦争への道を許さない京都・おんなの集い)
...
講師 中里見 博(なかざとみ ひろし)さん
(徳島大学 ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部 
     准教授/憲法・ジェンダー学)

とき 2014年7月6日(日)13時~15時頃
ところ 下京いきいきセンター 別館 集会室 
   (塩小路高倉東入ル 須原通下ル地域体育館2階)
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
参加費 600円 
   (どなたでも参加できます。男性歓迎!)

主催:
戦争への道を許さない京都・おんなの集い連絡会 
            075-981-4640(白井)
共催:
平和憲法の会・京都  
        連絡先 070-6689-8445(藤井)
反戦・反貧困・反差別共同行動in京都  
        連絡先 090-5166-1251(寺田)

 さる5月15日、安倍首相は自らの私的懇談会である「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の報告を受けて、集団的自衛権の行使容認のために憲法の解釈を変えることを指示すると発表しました。これは、国家が戦争をすることを禁じ、その制約を政治家などの為政者に課している日本国憲法の平和主義・立憲主義を破壊する許し難い行為です。
 「集団的自衛権の行使」とは、「他国への攻撃を自国への攻撃ととらえて、他国間の戦争に参戦する」ことを意味する、非常に重大な行為です。日本が攻撃されてもいないのに、政府や国会が勝手に戦争に参加することを決めてもいいのでしょうか?
 憲法の平和主義・立憲主義は、かつて政府が引き起こした戦争に、多くの国民やアジアの人々を巻き込み、2000万人以上とも言われる人々を犠牲にするという大変な被害を与えたことへの反省から、「戦争を放棄する」「戦力を持たない」という義務を、国民にではなく、法律を作る側、実際に行政を行う側の権力者たちに課しているのです。そして憲法を変えるには国民投票が必要という高いハードルを設けているのです。
 しかし国民投票などの改憲手続きも行わずに、政府と国会による解釈だけで憲法の解釈を変え、憲法で禁じられている集団的自衛権の行使をできるようにするというのは、為政者たちが国民や市民の意見に縛られずに勝手に武力行使を行えるようにしたいということです。
 二度と政府が暴走して戦争を起こすことがないように、安倍政権の解釈改憲による集団的自衛権行使容認を止めましょう! 皆さん、ぜひご参加ください。
・・・・・・
ここまで

藤井悦子
http://www3.to/agenda/


CML メーリングリストの案内