[CML 032182] 再送★なぜ、新聞業界は、時の権力である政府に対して、弱腰なのか?

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2014年 6月 25日 (水) 04:12:41 JST


M.nakataです。
メールを送らせていただきありがとうございます。


<拡散歓迎>
________________________________________ 

黒薮哲哉‏@kuroyab、(フリージャーナリスト)。

★★黒薮哲哉‏さんの、長年の読売新聞押紙・裁判闘争を皆さんご存じですか?

なぜ、新聞業界は、時の権力である政府に対して、弱腰なのか?

★新聞業界は、▼『軽減税率問題】で、時も権力=安倍政権に、消費税をつけないでほしい。

▼こんなばかげた、金のため、今、日本の権力癒着の新聞業界は、あくない要求を出し続けています。
我れらこそは、知識人だと、日本社会を動かす、木鐸(笑)だって、、、なんと、厚かましい精神ですね。

みなさん。これは素直に考えてみても、可笑しいと、思いませんか?、、
▼正義、社会の倫理感も甘い蜜に麻痺した人種の彼らは、⇒新聞・TV報道関係の人間たちの集まりです。

▼新聞に対する軽減税率の適用を求めて、新聞関係者トップが度を超えた政界工作を展開している現状。
その厚かましい既得権益に乗りかかる実態を、日本の国民である私たち、本当に皆さんご存じ知ですか?

▼新聞社では、年収平均約1500万の高額給料。おまけに、海外視察の政府費用など。丸抱えの実態と天下り。

▼日本の、戦前からの、世界の悪名高い悪しき情報独裁統制が敷かれています。
▼海外記者・フリー記者の厳しい質問を排除!のお仲間だけの独占制度:★「日本記者クラブ制度」

★★「日本記者クラブ」問題!!

本当に一般市民はいろいろ実態を聞きながら、大学の先生たちも日本社会では、
毎日家庭に配達される全国紙を毎日変わることなく、習慣・惰性で読む生活をくりかえしていく。

▼しかし、人間は頭に、自然に巧妙にあることを刷り込まれていく。

▼マスメデイア・無意識の権力のコントロールを、メデイア操作を。批判的に情報を皆さん読んで行きましょう。
 「メデイア・リテラシー」(情報の読み解く)力を 、自分自身で培っていきましょう。
  これは、▼本当の現代に生きる力にも繋がります・

▼国家権力統制。【世界に恥ずかしい日本記者クラブ情報独占制度】この日本国の大きな問題をキチンとわかって、
 そして、日本の弁護士さんたちも、動いていただきたいと思います。

▼何故、民主主義が根付かない?、情報宣伝に乗せられやすい、日本人の体質は、何処から問題が来るのか?
 私たちは、真剣に考えましょう。皆さん。
 

★故日隅一雄弁護士さんは、悲願であり、「日本の情報公開を求めての生き方」で、私たちに、警鐘を鳴らされてきました。

日隅さんの、伝え、残されたメッセージから、世界権力による、世界市民への、世界の情報コントローのシステムの実態に
日本国民は、しっかり目を開き学びましょう。 ▼▼戦争は今、目の前に来ています!

▼私たち、大人の次世代への責任に、自分の判断する意識の在り方を、冷静に気づきましょう。

★何故、無謀な太平洋戦争に日本はなだれ込み、アジアに無残な犠牲者・そして原爆を日本に落とされたのか。
▼歴史の原点に目をつぶることなく、
▼失敗から今こそ学ぶ責任が、私たち大人にあります。

  <貼り付け開始>
””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
黒薮哲哉‏@kuroyabu20分  (twitter)
たとえ新聞が知的商品であるとしても、業界の既得権益を守るための政界工作をやれば、国民の理解を得られない。

【黒書】『軽減税率問題で止まらぬ新聞関係者による政界工作、 「新聞を読む人=知的」の幻想』http://www.kokusyo.jp/?p=5949

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
MEDIA KOKUSYOU(黒書)

 【軽減税率問題で止まらぬ新聞関係者による政界工作、 「新聞を読む人=知的」の幻想】

2014年06月17日(火曜日)   新聞に対する軽減税率 -

■新聞に対する軽減税率の適用を求めて、新聞関係者が度を超えた政界工作を展開している。

4月1日付けの『日販協月報』によると、3月7日に東京で開かれた日販協政治連盟の通常総会には、次の国会議員が参加した。siaku 


注: 愼販協月報』は新聞販売店の同業組合である日本新聞販売協会の会報。

日販協政治連盟は、日販協の政治団体。


高市早苗(自民党政調会長)

丹羽雄哉(自民党新聞販売懇話会会長・元読売新聞記者)

漆原良夫(公明党新聞問題議員懇話会会長)

山谷えり子(自民党新聞販売懇話会事務局長)

■出典:日販協月報(4月1日)-応援に駆け付けた国会議員あいさつ


新聞業界が目指しているのは、消費税率が10%にアップされる際に、現在の8%から5%への引き下げを勝ち取ることである。8%の据え置きではない。

◇知的インフラ=新聞購読の幻想 

軽減税率をめぐる一連の運動で、新聞関係者が口をそろえて主張している内容は、新聞離れが進むと「活字文化や知的インフラの崩壊」を招くというものである。
なかには、日本人の知的水準が高いのは、宅配により新聞が普及しているからだという意見もある。

▼わたしに言わせれば非科学的で、主観的な論理である。知力とは何かという定義があいまいなうえに、
 何を根拠に新聞が「知的インフラ」の基礎だと結論付けたのかさっぱり分からない。これでは酒に酔って奇論をぶちまけるのと同じだ。


▼必ずしも記憶力=知力ではない。昔はそんなふうに考えられていた。が、今はむしろ知力=思考力=創造力と考えるのが、世界の常識になっている。
 新聞を読むから、「知力」が発達するという考えは、論理が飛躍している。

▼書かれた内容がダメな読み物は、読まないほうが無難。新聞に頼っていたのでは、消費増税、法人税の引き下げ、混合医療の導入、
TPP参加、改憲などの政策が、アベノミックス「第3の矢」であることにすら気づかない。


★ウォルフレンの著著に『民は愚かに保て』と題するものがあるが、今、安倍首相が進めているのが、新聞・テレビを利用したいわゆる「愚民政策」にほかならない。

■参考サイト:「押し紙」&折込チラシの詐欺の専門サイト 

■参考記事:【MyNewsJapan】「新聞に軽減税率」推進の公明党から、新聞社系印刷会社に14億4千万円――新聞社は“公明新聞・聖教新聞の下請け印刷会社” 

- See more at: http://www.kokusyo.jp/?p=5949&utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=%25e8%25bb%25bd%25e6%25b8%259b%25e7%25a8%258e%25e7%258e%2587%25e5%2595%258f%25e9%25a1%258c%25e3%2581%25a7%25e6%25ad%25a2%25e3%2581%25be%25e3%2582%2589%25e3%2581%25ac%25e6%2596%25b0%25e8%2581%259e%25e9%2596%25a2%25e4%25bf%2582%25e8%2580%2585%25e3%2581%25ab%25e3%2582%2588%25e3%2582%258b%25e6%2594%25bf%25e7%2595%258c%25e5%25b7%25a5#sthash.ZqKKMLFn.dpuf


”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””


CML メーリングリストの案内