[CML 032071] (2-2)【報告】第1157日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 6月 20日 (金) 07:17:02 JST


青柳行信です。6月20日。
<つづき>
電力会社、
昨日他紙既報ですが、
29.<(茨城)東海第2の安全対策現場を公開 原電、審査申請後初めて>茨 
城新聞2014年6月19日(木)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14030996912837
<・・・・・また、同日は「キャスク」と呼ばれる特殊容器で使用済み核燃料を 
乾式貯蔵する施設も公開した。キャスクは現時点で既に15基が核燃料を収納済み 
で、全体容量は24基のため再稼働すると3〜4年間で満杯になる見通 
し。・・・・・・・・>
・・・・使用済み核燃料保管事情は、どこの原発施設も同じ様です。

30.<8月電気料金、全社値下がり=燃料安で2カ月連続>時事通信?6月18日 
(水)17時1分配信
記事全文<電力10社の8月分の電気料金が、2カ月連続で一斉に値下がりすること 
が18日、分かった。火力発電用の石炭や液化天然ガス(LNG)など輸入燃料の価 
格下落が要因。東京電力の場合、電気使用量が月290キロワット時の標準家庭の 
料金は、前月より約30円安い8510円程度となる。関西電力は約20円安い8140円程 
度で、他社も10〜30円台の値下がりが予想される。都市ガス各社でも、ガス原料 
のLNGの価格下落を受け、8月は値下げが相次ぐ見通し。東京ガスの標準的な家庭 
向け料金は、約30円安い6045円程度となる見込み。>

自然エネルギー
31.<秋田・湯沢に地熱発電所を新設 オリックス>河北新報6月19日??
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201406/20140619_42005.html
<リース大手のオリックス(東京)が秋田県湯沢市秋ノ宮に地熱発電所を新設す 
る計画を進めていることが、18日分かった。出力は2000キロワットで、東 
北で稼働している他社の七つの地熱発電所と比べても最小クラス。こうした中規 
模の地熱発電所は環境影響評価が不要なため運転開始までの期間を短縮できると 
され、同社は同様の発電所を全国的に展開する予定だ。・・・・・・・・・オ 
リックスは13年11月、東芝と共同で岐阜県高山市に事業会社を設立し 
2000キロワット規模の地熱発電所を15年から稼働させる計画を打ち出し 
た。5年間で全国10カ所程度の発電所新設を目指す。>
・・・・・・共同する相手は東芝・・。

海外、
32.<仏アルストム買収で改善案=三菱重・シーメンスに対抗―米GE>時事通 
信?6月20日(金)0時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-00000002-jij-n_ame
<【ニューヨーク時事】米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)は19日、フ 
ランス重電大手アルストムのエネルギー事業買収をめぐる改善案を提出したと発 
表した。原発分野で仏政府の関与を残すなど、より受け入れやすい内容とし、三 
菱重工業とドイツ総合電機大手シーメンスの共同提案に対抗する。・・・・>
・・・主導権争い?が続いています。

33.<インド首相の訪日延期か 地元紙報道>朝日デジタル2014年6月19日05 
時00分
記事全文<インドのモディ首相の来日が8月上旬以降に延期される見通しとなっ 
た。7月上旬の訪日が想定されていたが、国会での新年度予算審議を優先するた 
めという。地元紙タイムズ・オブ・インディア(電子版)が18日、報じた。日 
本政府関係者は「確認中」としている。 安倍晋三首相が5月に総選挙で勝利し 
たモディ氏と電話会談し、来日を要請していた。首脳会談では、日本からインド 
への原発輸出に必要な原子力協定の締結に向けた交渉や経済協力なが議題に上る 
見通しだ。>

参考記事、
34.<ウクライナと共同で原発周辺観測 東京大の超小型衛星>共同通信 
2014/06/19 10:57 
記事全文<完成した「ほどよし3号」(左)と「ほどよし4号」=3月、東京都 
内(東大提供) 日本とウクライナが共同プロジェクトとして日本時間20日未 
明、超小型衛星2基をウクライナ製ロケット「ドニエプル」に搭載し、ロシア・ 
ウラル地方のヤースヌイ基地から打ち上げる。衛星は東京電力福島第1原発と、 
1986年のウクライナ・チェルノブイリ原発における事故による周辺地域の環 
境変化を同時に観測する。超小型衛星は東京大が、ロケットはロシアとウクライ 
ナが出資した企業コスモトラス(本社モスクワ)が運用。東大によると、衛星は 
1基当たり3億円以下の低コストで開発した。プロジェクトは今後、低予算での 
宇宙開発を可能にする「重要な一歩」となる。>

35.<避難弱者への対策 原発再稼働の条件に>エコノミックニュース?6月19 
日(木)17時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140619-00000018-economic-bus_all
<「再稼働の審査が先行している6原発の半径30キロ圏内にある52市町村の 
避難計画のうち、病院で個別の避難計画を作っているのは217施設中18施設 
にとどまる」との新聞報道に、日本共産党の志位和夫委員長は「病院の避難計画 
は8%、老人ホームなど社会福祉施設の避難計画は25%にとどまる。避難弱者 
への対策なしに原発を動かすなど、全く論外」と原子力規制委員会が安全基準に 
照らして安全と判断した原発は早期に再稼働させる方針の政府を厳しく批判。避 
難計画など、地域の安全対策ができていない状態での再稼働はしてはいけないと 
の考えを強く示した。一方、原発再稼働に日本経済団体連合会、日本商工会議 
所、経済同友会のいわゆる経済3団体トップは今月、安倍晋三総理に早期の原発
再稼働を要請。先月には「原発再稼働プロセスを加速すべき」などとしたエネル 
ギー問題の緊急提言も出した。・・・・・・この中でも、あげている「立地地域 
が求める防災対策等に万全を期す」という点からすれば「避難弱者への対策」は 
「再稼働の条件にすべき」との声もある。>

36.<福島原発映画の脚本家、被災者をおとしめる国に怒りの主張!>シネマ 
トゥデイ?6月19日(木)21時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140619-00000028-flix-movi
<原子力エネルギー問題の実像に迫る映画『あいときぼうのまち』の舞台あいさ 
つが19日、都内・シネマート六本木で行われ、メガホンを取った菅乃廣監督、脚 
本家の井上淳一、さらには千葉美紅、黒田耕平、大島葉子、大池容子、瀬田直、 
里見瑤子、伊藤大翔、杉山裕右ら出演者が勢ぞろい。檀上で井上は、「われわれ 
は映画の中で『東電』という名をあえて出した。この作品は、想像力の足りない 
政治家や国への水際の抵抗です!」と主張した。・・・・本作は、日本の原子力 
政策に翻弄(ほんろう)され続けた福島のある一家の、4世代約70年 
(1945〜2012年)にわたる葛藤の日々を描いた壮大な人間ドラマ。福島県出身の 
菅乃監督が初めてメガホンを取り、若松孝二監督の弟子で『戦争と一人の女』で 
長編初監督も
務めた井上が脚本を担当した。・・・・・・・・・> 

37.<希望新聞:東日本大震災 福島の幼稚園、奮闘の記録 震災後の3年、 
子の成長描く>毎日新聞 2014年06月20日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140620ddm013040014000c.html
<東日本大震災と東京電力福島第1原発事故により甚大な被害を受けた福島県の 
幼稚園。経験のない事態に、手探りで最善の教育を目指し、子どもたちのために 
努力し続けた四つの園の3年間を同県出身の映像作家、伊藤義将さん(43)ら 
が記録しDVDにまとめた。原発事故でショックを受けた子どもたちが、奮闘す 
る先生たちのもとで成長してゆく姿が描かれている。DVDは「原発事故、福島 
の幼稚園は?環境喪失の中で保育の原点に立ち返る」(企画・制作、全日本私立 
幼稚園幼児教育研究機構)。避難区域内で再開できない園、移転を余儀なくされ 
た園、原発から離れているが、放射線量が高い園もある。・・・・・・・・・・・>

38.<【ビキニ被ばく60年】第2部:漂う「当事者」(1) 根拠なき「安 
全宣言」 今なお島民に後遺症>カナロコ by 神奈川新聞?6月19日(木)10時39分 
配信?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140619-00087018-kana-l14
長い記事<米国によるマーシャル諸島・ビキニ環礁での水爆実験から60年が過 
ぎた。爆心地に近いロンゲラップ島は深刻な被害を受け、今なお後遺症に苦し 
む。そして、広島、長崎、ビキニを経験してきたわれわれは、東日本大震災の原 
発事故でまたも核の恐ろしさを思い知らされた。故郷から避難し、生活や文化も 
壊された島民たち。その姿は福島の現状とも重なる。第2部では、ロンゲラップ 
島民や福島の人たちの「歩み」から放射線被害とどう向き合うか考えた 
い。・・・・・・・・・・・・・日本は2011年3月11日、東京電力福島第 
1原発の事故を経験した。政府は今年4月、第1原発から20キロ圏内の一部 
で、「避難指示区域」を初めて解除した。事故後3年で踏み切った解除がくしく 
もロンゲ
ラップの安全宣言と重なる。・・・・・・・現地に溶け込み、カメラを手に取材 
を重ねた島田は島民に信頼されていた。「シマダ、この娘を撮って」。声の先に 
は孫娘と一緒の女性がいた。女児の足の指を数えると6本あった。奇形と放射能 
の因果関係が疑われた。「自分の孫がこういうふうになっているというのを知っ 
てほしかったのだろう。家族の一員のように接し、ぐっと近づいて写真を撮って 
きたからね。ただ何よりも被害を立証するのは島の人の証言、体験です 
よ」・・・・・・・>
・・・・・・“奇形”フクシマでも同様のことがあると聞きますが、・・・。

39.<(原子のクニ)脱原発は公益にかなう>朝日デジタル2014年6月19日11 
時14分
http://digital.asahi.com/articles/ASG6L3HG0G6LTTHB001.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG6L3HG0G6LTTHB001
長い記事<■第6部 再考:6 吉原毅・城南信用金庫理事長 ――東京に本店を 
置き、信金で全国2位の預金量。そのトップが脱原発を唱えている
大震災の年の4月、ホームページに「原発に頼らない安心できる社会へ」という 
メッセージを出した。仲間のあぶくま信用金庫(福島県南相馬市)さんは、(福 
島第一原発から半径20キロ圏内が立ち入り禁止の警戒区域となり)営業地域が 
半分なくなっている。誰も同情しないのはおかしいって話で、敵討ちをせんと、 
困った人たちをうちで引き取ることにした。・・・・・・・・・・・・>?

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に11.の類似記事、
9面に紙面全体を使って特集記事、
40.<原発避難間に合うのか 玄海・川内 関連県30キロ圏住民>
・・・・・・詳細の地図、データ等も多数あります、
・・・・・・下方に「現実性に乏しい中味」環境経済研究所上岡直美見氏の指摘 
が掲載されています、
32面九州経済欄に、7’.の記事、
その下に、
40.<北九州で汚泥燃料化施設の起工式 九州で2例目>西日本電子版2014年 
06月20日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/40217/1/
<下水汚泥からバイオマス燃料を作る北九州市の施設「日明汚泥燃料化セン 
ター」の起工式が19日、同市小倉北区西港町の日明浄化センター内の建設予定 
地であった。2015年10月稼働予定。下水汚泥の燃料化施設は、九州では熊 
本市に続き2例目という。北九州市内で発生する下水汚泥の約4割を集め、年間 
7千トンのバイオマス燃料を作る計画。新日鉄住金八幡製鉄所の火力発電所(同 
市戸畑区)などで石炭の代用品として活用される。施設の建設と20年間の運営 
は、市が新日鉄住金エンジニアリング(東京)に45億5千万円で委託。市は汚 
泥の処理費を年約2億円削減できるほか、燃料として活用することで年1万 
1200トンの温室効果ガス削減効果を見込む。>
昨夕刊4面に、
41.<全電源喪失 福島第一原発「3.11」 「原子炉へ代替注水 発想 
なかった消防車」>
5面に、紙面半分を使って、
42.<祈りを力に チェルノブイリのイコン 元警官の無念と悔やみ 暴き続 
けた衝撃の機密」>
今朝は以上です。(6.20.4:47)
※この記事の部分は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn
※この新聞記事紹介へお気づきのことがあれば、ysykf at yahoo.co.jpまでお知らせ 
ください。

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2203】
2014年6月19日(木)地震と原発事故情報−3つの情報をお知らせします
━━━━━━━
☆1.「原発禁止世界大会(仮称)」が必要でしょう−私の提案−
   広島、長崎、ビキニ、福島と4度の被爆体験を持つ日本から
   世界に向けて発信すべき        永野 勇(「原発さよなら千葉」)
☆2.第102回!鹿児島市天文館街宣!6/20(金)18時から19時に参加を!
   川内原発再稼働阻止・南大隅町最終処分場反対の定例抗議行動に
   起ち上がろう!
   今この時、道行く多くの県民にアピールしないで、
   一体いつアピール出来る?      岩井 哲(かごしま反原発連合有志)
☆3.新聞より6つ
  ◆「金目」発言を撤回 石原環境相 辞任否定、福島で謝罪へ
                     (6月19日東京新聞夕刊より抜粋)
  ◆「仮設回って謝罪を」 環境相「金目発言」 被災住民憤り
                     (6月19日東京新聞夕刊より抜粋)
  ◆海洋放水トリチウム濃度上昇 地下水バイパス暗雲
   東電「問題ない」策打たず      (6月19日東京新聞より抜粋)
  ◆規制委 防火・耐震が焦点 東海第2、安全審査開始
                     (6月18日茨城新聞より抜粋)
  ◆「福島 生きものの記録」2作目 日比谷で完成上映会
                     (6月19日東京新聞より抜粋)
  ◆チェルノブイリとフクシマ 原発事故に衛星の目
   東大とウクライナ あす打ち上げ   (6月19日東京新聞夕刊より抜粋)
━━━━━━━
※永遠に原発ゼロに! 再稼働反対!
 6/20(金)首相官邸前・国会議事堂前抗議−第106回

 日時:6月20日(金)18:00〜20:00
 主催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も参加・構成団体)
       当日の詳細は http://coalitionagainstnukes.jp/ を参照

たんぽぽ舎は、いつものように13:00集合、ビラ折りやプラカードづくりの作業、
たんぽぽ舎16:20出発、17:00頃、関西電力東京支店(富国生命ビル9F)前で短時 
間の抗議コール。17:15「経産省前テントひろば」集合。
1〜5班にわかれて17:30官邸前、国会前へ出発。
20:20経産省前テントヨコでまとめの集会と東電抗議の際の楽器練習(短時間)。
━━━━━━━
┏┓
┗■1.「原発禁止世界大会(仮称)」が必要でしょう−私の提案−
 |  広島、長崎、ビキニ、福島と4度の被爆体験を持つ日本から
 |  世界に向けて発信すべき
 └──── 永野 勇(「原発さよなら千葉」)

○ 今、日本をはじめ世界各国で原発反対の取組がなされています。
 そして、そのような取組をされている方々は、国内だけでなく、この地球上の 
原発を止めることを願っていると思います。なぜならば国内だけで原発を止めて 
も、この地球上の原発を止めない限り本当の安全・安心を達成出来ないからで 
す。例えば、韓国や中国の原発が大事故を起こせば、九州をはじめ日本各地への 
影響は甚大となります。
○ 世界中の原発の状況は、現在稼働中のものは、30か国で429基 (約3.9億kw) 
です。これ自体を「狂気の地球」と表現している方がおりますが、今後の増設 
中・計画中、とりわけ日本に近い中国は、凄まじいです。(詳細については、日 
本原子力産業協会の資料を参照して下さい)
 このような危険な原発をこの地球上からなくすには、まず「新増設は認めな 
い」という世界規模での取組が不可欠だろうと思います。
 新増設がなければ、ほとんどの原発製造が事業として成り立たず、 結果とし 
て原発を止める大きな一歩となるからです。
 核兵器のない平和で公正な世界を目指している「原水爆禁止世界大会」と同じ 
ように、年一回の「原発禁止世界大会(仮称)」の取組を真剣に考え、実行する 
時にきていると思います。
 広島、長崎、ビキニ、福島と4度の被爆体験を持つ日本から世界に向けて発信 
すべきでしょう。

○参考:「日本原子力産業協会の資料によれば、2013年1月1日 現在の状況」は 
次の通りです
 現在運転中の原発は、30か国で429基(約3.9億kw)
 建設中は、76基(約7800万kw)
 計画中は、97基(約1.1億kw)
 トータルでは、41か国で602基(約5.78億kw) となります。
 また、@niftyニュー スによれば、中国については、つぎのような情報もあり 
ます。
 現在、中国では13基の原子炉(約1080万kw)が稼働中だが、中国国務院はすで 
に32基の新規建設を承認し(内28基は建設中)建設承認の前期作業に入った原発 
は38基ある。建設・計画中だけで計70基で、2020年までに現在の7倍の約7000万 
kwと、日本を上回る規模になるが、中国政府は2050年までに230基(約3.24億 
kw)まで増やし世界最大の原発大国となる計画である。世界的にも例のないス 
ピードで建設を進めている。

☆事故情報編集部より:原水爆禁止世界大会は、毎年、広島・長崎の原爆投下 
日=8月6日と9日より前の日程で8月上旬に開催されている。

┏┓
┗■2.第102回!鹿児島市天文館街宣!6/20(金)18時から19時に参加を!
 |  川内原発再稼働阻止・南大隅町最終処分場反対の定例抗議行動に
 |  起ち上がろう!
 |  今この時、道行く多くの県民にアピールしないで、一体いつアピール出 
来る?
 └──── 岩井 哲(かごしま反原発連合有志)

○明日の18時から19時の金曜行動は、天文館街宣です。
 今回は、通常のパターンに戻りますが、天文館を<リレートーク・チラシ配 
り・署名運動・シール投票・抗議ハガキ販売・資金カンパなど>の熱気溢れる 
「地元パワー」で賑わしましょう! (中略)
○私たちは、先般の第90回金曜行動から、天文館に於ける「再稼働阻止・連続街 
宣行動」を、<共同街宣行動>として展開し始めました。
 「かごしま反原連」としては、通常、第1金曜(この日だけは、県庁前抗議行 
動のあと、集会用具の片付けの後、近場で「相談会」が慣例)を除く、第2・第 
3・第4・(第5)金曜日を、天文館街宣に充てて行きたい。
   多くのみなさまが、旗・横断幕・プラカード・チラシ・楽器・出来れば 
「シール投票板」などの各種ツールを持ち寄り、それぞれの思いを胸に、ご参加 
頂きたいと存じます。
   今この時、道行く多くの県民にアピールしないで、一体いつアピール出来る 
というのでしょうか?お互い全力を挙げて、市民のみなさまに対する広汎な情宣 
活動に努めましょう!そのため、17時45分〜18時前までに、献血センター前にお 
集まり下さい。どうか、よろしくお願いいたします。

┏┓
┗■3.新聞より6つ
 └──── 
 ◆「金目」発言を撤回 石原環境相 辞任否定、福島で謝罪へ
 石原伸晃環境相は十九日の参院環境委員会で、東京電力福島第一原発事故に伴 
う中間貯蔵施設建設をめぐる「最後は金目」発言について、「品位を欠いた発言 
で誤解を招いた。おわびして撤回する」と述べた。国会閉会後に福島県を訪れ、 
直接謝罪する考えを示した。
 野党議員からの辞任要求に対しては「職責を全うしたい」と述べ、辞任の考え 
がないことを明らかにした。
 石原氏は委員会で発言の趣旨について「用地補償や生活再建、地域振興など、 
地元の要望に応えるためにはしっかり予算を確保するのが大事という意味だっ 
た」とあらためて釈明した。
 福島県選出の増子輝彦氏(民主)は「県民の心を踏みにじる発言。中間貯蔵施 
設について理解を得る上で大きな影響がある」と指摘。「すぐに辞任すべきだ」 
と迫った。これに対し、石原氏は「金で解決できるとは言っていない。あらぬ誤 
解については謝罪する」とかわし、辞任する考えがないことを強調した。(後 
略)(6月19日東京新聞夕刊より抜粋)

 ◆「仮設回って謝罪を」 環境相「金目発言」 被災住民憤り
 東京電力福島第一原発事故の中間貯蔵施設建設について、石原伸晃環境相が 
「最後は金目でしょ」との発言を撤回し、福島県で謝罪する考えを示した。だ 
が、施設の建設候補地とされている福島県大熊、双葉両町の町民の憤りは収まっ 
ておらず「住民に直接謝罪を」などの声が相次いだ。
 「謝りに来るなら、知事や町長だけでなく、仮設住宅を回って住民に謝ってほ 
しい」。大熊町から約100km離れた会津若松市に避難している吉田恵美子さん 
(64)は訴えた。(後略) (6月19日東京新聞夕刊より抜粋)

 ◆海洋放水トリチウム濃度上昇 地下水バイパス暗雲
   東電「問題ない」策打たず
 東京電力福島第一原発で、地下水が建屋に流れ込んで汚染水になる前にくみ上 
げ、海に放出する「地下水バイパス」をめぐり、放出している水に含まれる放射 
性物質のトリチウム濃度がじりじり上がり続けている。昨年夏に三百トン超の高 
濃度処理水が漏れたタンク群近くの井戸水が、全体の濃度を押し上げている。東 
電はこの事実に気づきながら、対策を取ろうとしない。(後略) (6月19日東 
京新聞より抜粋)

 ◆規制委 防火・耐震が焦点 東海第2、安全審査開始
 原子力規制委員会は17日、日本原子力発電(原電)東海第2原発(東海村白方)が 
再稼働の前提となる新規制基準に適合しているかどうか確認する初の審査会合を 
開いた。古い原発で使われている燃えやすい電気ケーブルの防火対策と、耐震設 
計の目安となる基準地震動関連に質問が集中した。

 評価食い違い、長期化も
 17日の東海第2原発の安全審査初会合で、原子力規制庁と原電は新基準に基づ 
く安全対策をめぐり、「これで適合と言われても納得できない」(規制庁)、「現 
状では問題ないと考えている」(原電)と評価に食い違いが目立ち、審査は長期化 
する可能性が高まってきた。(後略)(6月18日茨城新聞より抜粋)

 ◆「福島 生きものの記録」2作目 日比谷で完成上映会
 東京電力福島第一原発事故による放射性物質が生態系に与える影響を追うド 
キュメンタリー映画「福島 生きものの記録」の2作目が完成し、20〜22日の3 
日間、千代田区立日比谷図書文化館で完成上映会が開かれる。岩崎雅典監督(73) 
は「被ばくの影響を見ていくのは当初から長期戦になると考えていた。できる限 
り続けていきたい」と話す。(中略)
 完成上映会は20日14:30、21日14:00と17:30、22日14:00の計4回。問合せは、 
群像舎=TEL 03-3267-3997へ(6月19日東京新聞より抜粋)

 ◆チェルノブイリとフクシマ 原発事故に衛星の目
   東大とウクライナ あす打ち上げ
 日本とウクライナが共同プロジェクトとして日本時間二十日未明、超小型衛星 
二基をウクライナ製ロケット「ドニエプル」に搭載し、ロシア・ウラル地方の 
ヤースヌイ基地から打ち上げる。衛星は東京電力福島第一原発と、一九八六年の 
ウクライナ・チェルノブイリ原発における事故による周辺地域の環境変化を同時 
に観測する。
 超小型衛星は東京大が、ロケットはロシアとウクライナが出資した企業コスモ 
トラス(本社モスクワ)が運用。東大によると、衛星は一基当たり三億円以下の 
低コストで開発した。プロジェクトは今後、低予算での宇宙開発を可能にする 
「重要な一歩」となる。(後略)(6月19日東京新聞夕刊より抜粋)

★ 松岡 さんから:
<book14-55『絵で読む 広島の原爆』(那須正幹・西村繁男)>
那須正幹(文)・西村繁男(絵)著『絵で読む 広島の原爆』(福音館書店)を
読んだ。この本は『ヒロシマ・ノワール』の著者の東琢磨さんに教えてもらい、
購入した。この本のカバー裏に「生存者の証言をもとに再現された、広島の町と、
そこに暮らす人びとのようすが描かれています。」「再現された場所に、今も、
立つことができます。被爆者が飛び込んだ橋の上に立ち、現実の光景と50年前
とを見比べることのできる、広島ガイドです。」「核兵器の原理、放射線障害、
核軍拡、原子力発電など、被爆後50年間の核に関する基本的な知識を盛りこん
だ、核問題資料として活用できます。」とある。私の買ったこの絵本はネットで
購入した古本なので、前の持ち主が展示物が資料にするための鉛筆での書き込み
があるものだった。前の持ち主の姿が浮かんできた。著者の那須正幹はあの 
『ズッコケ三人組』の作者で、小学校教員の時、この本は子どもたちに大変人気 
があった。
また、西村繁男の当時の被爆状況を再現した精密な絵は「宝石」のように感
じさせられた。この本は多くの被爆者の証言のもとに作られているが、佐伯敏子
さんの証言が参照されていることも分かる。それは「描いた人を『絵人間』と呼
んだ人は『ヒロシマは歳をとらない、あの日のまんま』と言っています。」から
分かる。(西村繁男「復元図絵解き」)これは東さんのご教示による。この本を
現職で広島の修学旅行のを取り組んでいた時に出会っていたらよかったのにと 
思った。

★ 井上澄夫 さんから:
記事の冒頭に2県紙・社説を置きます。
 ◆社説・高江訴訟上告棄却 罪深き最高裁の政府追従 6・19 琉球新報
 ◆社説[石原氏「金目」発言]こんな大臣はいらない 6・19 沖縄タイムス
  石原伸晃(のぶてる)環境相には彼の公式HPを開けば意見を送ることがで 
きます。
  http://www.nobuteru.or.jp/contact.html

6・19付QABニュース「ジュゴンの食み跡多数見つかる」にこうあります。
 〈7月にも基地建設に向けたボーリング調査が実施される辺野古沿岸部で、絶 
滅危惧種のジュゴンの食み跡が多数確認されました。
 「北限のジュゴン調査チーム・ザン」は18日にキャンプシュワブ沿岸およそ50 
メートルの場所で潜水調査を実施しました。その結果、1ヶ月以内のものとみら 
れる50本以上のジュゴンの食み跡が見つかりました。〉
 辺野古沿岸域と大浦湾はジュゴンにとって死活的に重要な餌場です。埋め立て 
はジュゴンの生存の根を絶ちます。

6・19付琉球新報記事「辺野古沿岸水域、きょうにも拡大合意 日米合同委員 
会」は防衛省が計画している広大な海域の立ち入り制限やブイ設置の意味をわか 
りやすく解説しています。熟読を。

仲井真知事は6・23沖縄全戦没者追悼式で読み上げる平和宣言に今年は県外移 
設を盛り込みません。県外移設公約を破棄し「普天間移設」推進に転じる姿勢を 
いよいよ鮮明にしつつあります。

安倍の解釈改憲強行に抵抗する自治体議会の動きが出始めました。読谷村議会が 
沖縄で初めて解釈改憲反対の意見書を可決し、北中城村議会は集団的自衛権の行 
使容認について慎重審議を求める意見書を可決しました。いずれも全会一致です。
 また20日には那覇市議会が「閣議決定を急ぐ安倍内閣の姿勢は容認できな 
い」とする意見書を賛成多数で可決する見通しです。

6・23が近づいてきました。沖縄戦の前年に起きた南洋戦について、6・19 
付八重山毎日が重い証言と投稿を掲載しました。どうか熟読を。
 ◆南洋戦から70年 もう一つの地上戦 (1)  サイパンで家族を失った小 
浜雪子さん 「おねえちゃん」 悲痛な声… 今も耳に6・19 八重山毎日
 ◆(投稿) 慰霊の日・・・サイパン島を思う  新城華秀 6・19 八重山毎日
 また6・19付QABのルポ「戦後69年 シリーズ慰霊の日(3) 慰霊碑の存 
続には」も一読に値します。

     −−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●<1000日目記念冊子希望先●
※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。

● 九電株主総会で再稼動を阻止するための行動●
   6月26日(木)「8:30集合」
場所:ホテルニューオータニ博多
住所:福岡市中央区渡辺通1-1-2 tel092-714-1111
                地図:http://tinyurl.com/kfd8lpm
チラシ表:http://tinyurl.com/mrkpqk6
チラシ裏:http://tinyurl.com/kjunjkf

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
           第9回裁判 7月4日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
                  原告総数 原告総数   8107 (6/18現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 全九州・全国集会「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)●
要項詳細:http://tinyurl.com/mqmmstt
     第一回実行委員会
日 時: 7月5日(土)13:30〜17:00
場 所: 深見ビル1階、D会議室
    〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4丁目14番1号
       電話:092−411−4860
     地図:http://tinyurl.com/p58mvvo
呼びかけ:原発いらない!九州実行委員会

-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--
8/31 川内に行こう! 再稼働を許さない! 決意。原発いらない!意思表明。

  全九州・全国集会「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)
〇日程: 8月31日(日)
〇開催場所: 川内原発現地

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
                ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
                午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
             場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
  地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
               <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
         青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内