[CML 032070] 集団的自衛権は 違憲訴訟ではありませんか 解釈改憲阻止へ  国民主権投票で挑む

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2014年 6月 20日 (金) 05:04:36 JST


みなさん毛利正道さん
教えて下さい、

集団的自衛権・特定秘密保護法案は違憲訴訟ではありませんか。
 日本には憲法裁判所がないので、実際の被害者がでないと争えない、
と聞いていますが、
 私たちは精神的被害を受けており、裁判官がどう判断するかは
わかりませんが、
「違憲案件」を国民投票するということは解せないのですが。

原発の件で福井地裁・樋口判決では直接の被害者が出なくても
憲法の人格権ということで勝訴していますが。
                     さいたま市 石垣敏夫


安倍晋三首相が提案している「集団的自衛権」は違憲であります。
解釈改憲は立憲主義の放棄、主権在民の否定、ファッシズムの到来です。
違憲の案件は閣議決定できません。(*憲法98条、99条)

*憲法98条  ,海侶法は、国の最高法規であって、その条項に反する法律、命令
詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
*憲法99条  天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負う


> 解釈改憲阻止へ 国民主権投票で挑む 

井原勝介、松本猛、藤森俊希など15名の呼びかけ人とともに、

本格的に開始しました。新聞記事もご覧下さい。

ぜひ広めて下さい。

ご自身の投票もお待ちしています。

オピニオンリダー若しくは「そうありたい」皆さん、

呼びかけ人になっていただけませんか。

http://mouri-m.mo-blog.jp/blog/2014/06/post_cfb8.html

===================================================== 

毛利正道 <mailto:mouri-m at joy.ocn.ne.jp> mouri-m at joy.ocn.ne.jp

出張相談も大いに承ります <http://www.lcv.ne.jp/~mourima/> http://www.lcv.ne.
jp/~mourima/

〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

=====================================================



CML メーリングリストの案内