[CML 032061] 【抗議文への賛同者募集中!締め切り:20日(金)の午前10時まで】「私たち平和を求める京都府民有志はあまりにも性急で強引・強権的な今回の集団自衛権行使容認に関する閣議決定強行の目論見に対して強く抗議します。」

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 6月 19日 (木) 20:00:52 JST


抗議文への賛同者募集中!

 以下の抗議文を明日、自民党京都府連に申し込みます。明日は担当者が応対するとの確約も取っております。ぜひこの抗議文の賛同者になってください(締め切り:20日(金)の午前10時まで)。

★賛同人募集中です!賛同される方は下記までメールお願いします。

muchitomi at hotmail.com

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

自由民主党京都府支部連合会 御中

 私たち平和を求める京都府民有志はあまりにも性急で強引・強権的な今回の集団自衛権行使容認に関する閣議決定強行の目論見に対して強く抗議します。

 今回の閣議決定による「解釈改憲」による「集団自衛権行使容認」について日本経済新聞が5月26日に公表した世論調査結果では、47%が集団的自衛権の行使に反対と答え、賛成と答えた人は37%であり、毎日新聞の世論調査では、反対が54%、賛成が39%と世論の大半は反対しているのです。同様に朝日新聞が5月24、25日に実施した全国世論調査(電話)では、安倍晋三首相が目指す憲法の解釈変更による集団的自衛権の行使容認について、「賛成」は29%で、「反対」の55%が「賛成」を圧倒的に上回っています。さらに、憲法改正の手続きを踏まず、内閣の判断で憲法解釈を変える首相の進め方については「適切だ」は18%で、「適切ではない」の67%とほとんどの国民が今回の「閣議決定」を疑問視しているのです。にも関わらずれ連立与党である公明党との協議・合意のみでこの世論に逆行しようとしている自民党・安部政権は国民の疑問の声はまったく聞き入れないということなのでしょうか?

 日本への軍事攻撃に反撃する「個別的自衛権」とは異なり、集団的自衛権は、他国への攻撃に自衛隊が参戦して武力行使することです。いわば「専守防衛」の原則をかなぐり捨て、日本が他国の戦争に参戦し、「戦争のできる国」になるための「権利」に他なりません。だからこそ多くの国民が危惧を抱き反対しているのです。こうした憲法破壊の暴挙を一内閣の閣議決定のみで行うなど到底許されるべきことではありませんし、そうしたことを許すならば、国の根本原則である立憲主義は根本から否定され、最高法規である憲法は空文化してしまうでしょう。

 そして、いったん集団的自衛権を解禁すれは、後の運用はその時々の政権の考え次第となり、事実上歯止めがなくなることは火を見るよりも明らかです。

 私たち平和を求める京都府民有志は今回の暴挙に断固抗議するとともに、自由民主党が以上のような国民・京都府民の声を謙虚に聞くことを強く求めます。

 集団的自衛権行使を許さない京都府民有志 一同

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

★6・20緊急市民アクション★

 安倍内閣による集団的自衛権行使容認閣議決定を許さない!

https://www.facebook.com/events/477841925685359/

2014年6月20日(金)

ー民党京都府連前(堀川御池東入る北側)
 
 16:00~16:30

京都タワー前

 18:30~19:30

呼びかけ:集団的自衛権行使を許さない京都府民有志

呼びかけ人:槌田劭、吉永剛志、中本式子、藤井悦子、榊原義道、井坂洋子、吉田明生、山崎正彦、松本修、中井豊、荒井康裕、寺田道男、千原渉、三牧健一、内富一(順不同)

連絡先:070-5650-3468(内富)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【参考】

【京都新聞】集団的自衛権、反対の声を届けたい 20日に市民団体がデモ 
http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20140618000149 

集団的自衛権の行使容認を目指す安倍政権に対し、反対を訴える市民活動。今週末も京都市内各地で計画されている(5月18日、京都市東山区) 


 政府が集団的自衛権の行使容認に向けて、近く憲法解釈変更の閣議決定を目指す中、京都市の市民団体が緊急の反対運動を相次いで計画している。集会やデモを通して「平和憲
法を守れ」などと訴える。 

 自民党は今国会中の22日までに閣議決定を目指していた。公明党との協議で閉会後に延びる公算が大きくなったものの、7月初旬にも閣議決定しようと急いでいる。各市民団
体は、反対の声を届けたいと、運動を起こすことにした。 

 各運動の主催者は「憲法解釈の変更を強行しようとする政府に対し、市民の力を集めて、なんとか瀬戸際で食い止めたい」と口をそろえる。 

 「平和憲法を守り、自衛隊の海外派兵・有事体制に反対する京都共同センター」は20日午後6時45分から京都市役所前(中京区)で街頭演説し、午後7時すぎから河原町四
条までデモ行進する。 

 府民有志による「緊急市民アクション」は、20日午後4時から自民党京都府連前(中京区)、同午後6時半から京都タワー前(下京区)で開かれる。横断幕やプラカードで反
対を訴えるほか、自民党京都府連に抗議文を提出する予定。 

 このほか、「下京九条の会」が20日午後0時15分、下京区のしんまち会館前からデモ▽伏見区の市民団体が20日午後5時15分、中書島の蓬莱橋からパレード▽「明日の
自由を守る若手弁護士の会」が19日午後5時、下京区の四条烏丸で街頭宣伝▽「ピースウォーク京都」が22日午後4時、東山区の三条大橋東詰でアピール-などが予定されて
いる。 

 		 	   		  


CML メーリングリストの案内