[CML 031676] (2-1)【報告】第1138日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 6月 1日 (日) 07:14:01 JST


青柳行信です。6月1日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1138目報告☆
           呼びかけ人賛同者5月31日3364名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
       
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さん
31日は、福岡弁護士会主催の 秘密保護法についての講演を聞きにいきました。
知れば知るほど とんでもない法律です。
緊急の阻止運動が必要です。世論の力で 「待った―」を掛けましょう。
連チャンで福岡自由学校の DVD映写会にも参加しました。
西山正啓監督の「獅子たちの抵抗」。原発と沖縄の基地問題をリンクさせて描い 
た作品です。
あんくるトム工房 
その会話で逮捕されます  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3026
 忙しい毎日が続きそうです。 

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
数万の犠牲者の靴丘を成し 歩き始めのポッポもありき
      (左門 6・1−674)
※アウシュビッツの犠牲者の遺品の陳列室は眼を覆いたくなる物ばかりだが、
この小さな薄紅色のポッポは、「歩きはじめたみよちゃん」の「赤い鼻緒のジョ 
ジョ」に重なって涙無きを得ない。信長など戦国武将達も一向一揆の精神までを 
殲滅するために、赤子も含めて「なで切り」にしたのであった。9条以外に阿修 
羅の道を止めるものはない!
 
本日★再稼働反対!首相官邸前抗議★
 「川内原発再稼働やめろ! 0601官邸・国会前☆大抗議」
【日時】2014 年6月1日(日)14:00?17:00
【場所】首相官邸前・国会議事堂周辺
【主催】首都圏反原発連合
政府の目論む川内(せんだい)原発再稼働に対し抗議します!
全ての原発の再稼働反対!の意思を可視化し圧力をかけましょう!
現在日本は稼働中の原発ゼロの状態です。このまま原発ゼロをキープしましょう!
●首相官邸前(14:00〜16:00)  コールを中心に抗議します。
●国会正門前(14:00〜17:00)  超党派議員、原発現地の議員、著名人などのス 
ピーチや音楽で抗議します。
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4211

★ 坂井貴司 さんから:
 アメリカ東部バーモント州にある福島第一原発と同じ型の原子炉を持つヤン 
キー原発の閉鎖が昨年決まりました。

 老朽化による汚染水漏れが発覚し、廃炉を求める運動が巻き起こっていました。
それを後押ししたのが福島第一原発事故でした。ついに廃炉が決定しました。
      廃炉決定までの過程を追います。
 NHKBS1  BS1スペシャル
 「ヤンキー原発 閉鎖 〜米・バーモント州 5年の記録〜」
 http://www.nhk.or.jp/bs/special/
 放送日:6月1日 放送時間:午後10:00〜10:50
 
★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<福井地裁が大飯原発の運転差し止め判決をした大きな理由>について報告します。

「判決全文」の40〜41ページに
『3 本件原発に求められるべき安全性
(1)  原子力発電所に求められるべき安全性
 新しい技術が潜在的に有する危険性を許さないとすれば社会の発展はなくなる 
から、新しい技術の有する危険性の性質やもたらす被害の大きさが明確でない場 
合には、その技術の
実施の差止めの可否を裁判所において判断することは困難を極める。しかし、技 
術の危険性の性質やそのもたらす被害の大きさが判明している場合には、技術の 
実施に当たっては危
険の性質と被害の大きさに応じた安全性が求められることになるから、この安全 
性が保持されているかの判断をすればよいだけであり、危険性を一定程度容認し 
ないと社会の発展が
妨げられるのではないかといった葛藤が生じることはない。原子力発電技術の危 
険性の本質及びそのもたらす被害の大きさは、福島原発事故を通じて十分に明ら 
かになったといえ
る。本件訴訟においては、本件原発において、かような事態を招く具体的危険性 
が万が一でもあるのかが判断の対象とされるべきであり、福島原発事故の後にお 
いて、この判断を避
けることは裁判所に課された最も重要な責務を放棄するに等しいものと考えられ 
る。』

判決文のこの部分に、福島第一原発の過酷事故発生前の原発稼働差し止め裁判に 
おいて、差し止めの判決がほんの僅かしかなかった原因が述べられています。
2013年3月11日以前では、日本の原発において起きた事故は小さいものば 
かりだったので、原発稼働の危険性を原告が主張しても、裁判所には原発の過酷 
事故の発生率が1万
年に1回から10万年に1回程度の物なのか、もっと発生率が高いかの裁定がで 
きなかったので、ほんの僅かの判決例を除いては、差し止め判決が出されなかっ 
たと思われます。
しかし、福島第一原発の過酷事故発生が現実のものに成って、過酷事故の発生率 
が1万年に1回から10万年に1回程度の物ではなく、もっと発生率が高いこと 
は日本国民のだれの
目にも明らかになったわけです。
この様な現実を前に、原告が原発の再稼働における大きな危険性を立証できなく 
ても、被告の電力会社や、原子力規制委員会が、原発の再稼働において、過酷事 
故の発生率が1万年
に1回から10万年に1回程度しか起きない(万が一にも起きない)事を明確に 
立証できなければ、原発の運転差し止め判決をせざるを得ないということだと思 
います。
これが、2013年3月11日以後の運転差し止め裁判の当然の結論と思われます。
福井地裁の大飯原発の運転差し止め判決を読むと、日本人の常識から考えれば当 
たり前の論旨がずいぶんたくさんあります。
 しかし、安全神話により、当たり前の論旨の白黒が逆転されてきたことに、福 
島の悲劇が有ったと思われます。
 私が、長年原発の稼働に協力してきたのに、2013年3月11日以後原発の 
稼働に反対することに成ったもの全く同じ理由です。
2013年3月11日以後の初めての原発の運転差し止め裁判において、差し止 
め判決が有ったのは当然の結果と思われます。
これからの原発の運転差し止め裁判において、この原則を崩すような判決が有れ 
ば、その判決は日本の歴史に汚点を残すと思われます。

★ いのうえしんぢ さんから:
6/6(金)の「やだよ戦争!反安倍政権アクション」へご案内
同じ文章で写真付きのPDFも添付します。
/////////////

┏┳┳┳┓  やだよ戦争!反安倍政権アクション
┃┃┃┣┻┓ 2014年6/6(金)
┣┻┻┻┓┃ 18:00〜20:00@天神コア前とパルコ前
┗┓  ┏┛ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ┃  ┃

2014年6/6(金)18:00〜20:00@天神コア前とパルコ前
(福岡市中央区天神)

いま、安倍政権は、日本国憲法の勝手な解釈〜集団的自衛
権の行使、つまり戦争への道が着々と出来つつあります。
そればかりか…原発、秘密法、TPP、増税、格差…とありっ
たけの要素で、私たちの未来を不安倍増にしているのが、
安倍政権です。

そこで、現政権に黙っていられない人たちのために街頭ア
ピールを企画します。今回こアクションにはイラストレー
ター・いのうえしんぢが描きおろしたイラストでプラカー
ドを統一します。
街頭アピールでは、リレートークや反戦音楽の演奏を予定
してます。また配付チラシは用意しませんが…切手付きの
首相宛てのポストカードを準備するので、主旨に賛同され
る方にその場で首相へのメッセージを書いてもらい、投函
するというアクションを企画してます。

ちなみに今回は毎週金曜日夕方から九州電力本店前で抗議
活動をしている「来んしゃい金曜!脱原発」の月1回デモ
(本店前から渡辺通りを北上してパルコ前で流れ解散)と
   のコラボ企画という側面もあります。
主 催:反安倍アクション(仮)
問合先:いのうえしんぢ
〒810-0024福岡市中央区桜坂1-18-7
Tel092-751-0666  sirokuma at chime.ocn.ne.jp

★ 山口輝生(原発知っちょる会) さんから:
みなさまこんにちは。飯塚市で、川内博史さんの講演会を行います。
元国会議員で、東電社員以外で唯一福島第1原発1号基に入った方です。
命がけの視察だったと伺っています。その視察の時の画像も見せてくださる予定 
です。
とてもお話が上手で面白く、以前講演を聞いた時は、楽しい落語か漫才を聞いて 
いるようでした。
しかも、川内原発の再稼働に揺れる、鹿児島県選出です。
福島第一原発の実情、鹿児島川内原発の状態など、わかりやすく面白くお話しく 
ださいます。
良かったらご予定ください☆

日時:6月29日日曜日 13:30〜15:30
場所:イイヅカコミュニティセンター401
チケット:前売り又は予約で500円
託児無料:6月27日までに要予約0948-72-0007
問合せ:0948-72-0007 0948-22-1794
アドレス:shicchorukai at gmail.com
主催:原発知っちょる会
後援:飯塚市教育委員会

★ 石垣敏夫 さんから:
みなさん
m-ohya さんのご意見は的確です、
現政権は再稼動を行うにあたって、原発は安全とは言わず、事故が起きても大丈 
夫に切り替えています。
それゆえフクシマの現実が知られては困るので、情報隠蔽を謀っているのです。
これは広瀬隆さんも指摘していました、ベントの必要性など論外です。
ベントを使わなければならない、原発は稼動してはならないのです。
これは後藤政志さんがおっしゃっていました。

みなさま
 『美味しんぼ』の鼻血の描写が「福島差別を助長する」「風評被害を助長す 
る」と言われます。しかし、差別し、「風評」被害を流布させているのは国であ 
り、福島県です。

 東京や埼玉では1瀬掘璽戰襯/年(0.23瀬掘璽戰襯/h)を超えれば除染す 
るのに、福島では20瀬掘璽戰襯醗焚爾乃還を強いられています。このようなダ 
ブルスタンダードのもとでは、「福島は危ない、福島産の食物は避けたほうがい 
い」となるのは当然です。
 放射能をゼロに近づけても売れない。農家の方たちの努力を報われなくしてい 
るのも、福島の人たちをまるごと「棄民」化している、このダブル・スタンダー 
ドです。

 事故後の4月、「学校の許容線量20瀬掘璽戰襯函廚決められようとしたと 
き、福島から母親・父親が上京して文科省などと交渉、「1瀬掘璽戰襯箸鬚瓩 
す」とさせたこと、内閣官房参与の小佐古敏荘氏が「学問上の見地からのみなら 
ず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたい」、「孫を20瀬掘璽戰襯 
の学校に通わせることはできない」と、涙ながらに記者会見したことなどは、多 
くに人の記憶に焼き付いています。

 福島での「鼻血」をどう考えるか。公衆衛生学・疫学からの高岡滋さんの論考 
に納得しました。
 高岡さんは、水俣協立病院の神経内科・精神科部門である協立クリニックで、 
病気だけでなく差別に苦しんできた患者さんたちの「身体もこころもケアでき 
る」医療を実践している方です。
http://in-the-eyes-of-etranger.blogspot.jp/2014/05/by.html

――公衆衛生学の枠組みで放射線リスクを考えるならば、原発などというものはは 
許されざるものであったであろう。それを避けるために「放射線防護学」が存在 
し、「リスク・コ
ミュニケーション」という分野が歪められて利用されている。(同論考より)

★ 都内在住の高瀬 さんから :
<6月6日「小児甲状腺がん89人は異常多発!どこでも、だれでも放射能健康診 
断を!」”院内集会>
3・11以降、福島県内だけでも小児甲状腺がんは既に89人発症しています。しか 
し、この数値は3月末までの集計であり、まだ県内全域調査は終わっていません。
県の担当者に電話しましたが、「詳しいことは県立医大に問い合わせしてくださ 
い。」という、対応でした。
命に関わることを、県民も不安を抱いている医大任せにしている県の姿勢にもあ 
きれて言葉がでません。
もっと多くの子どもたちの発祥が予想されます。
ぜひ、多くの方のご参加を、また、お知り合いに拡散をお願いします。

”小児甲状腺がん89人は異常多発!どこでも、だれでも放射能健康診断を!”院 
内集会(参院議員会館)

   5月19日(月)福島県県民健康調査、検討委員会が開催され、調査結果が 
公表されました。小児甲状腺がんないしその疑いが90名。内訳は、既に手術終 
了51名。疑い38
名。良性結節1名です。“疑い”とされるのは、未切開ではあるが、既に甲状腺組 
織から、がん細胞を刺吸引したケースで“がん”と見做すことが出来、計89例の 
小児甲状腺がんの発見となります。

   受診者総数は287,056人です。小児甲状腺がんの発生率は100万人 
に1人と言われていますが、国立がん研究センターによる日本国内の甲状腺がん 
発生率は、15歳から19才歳の年平均で20万人当たり1人程度です。有病期間 
3年(この3年間の発生合計)と仮定すると20倍を超える発生率です。明らかに 
異常多発(アウトブレイク)です。“美味しんぼ”で鼻血が話題になっています 
が、事態は遥かに進行しているのです。

   現在の健康調査は事故当時福島県に住んでいた0歳から18歳の方に限られて 
います。しかも行政調査である為、データーの本人開示もなく、健康対策や相談 
に結びついたものになっていません。チェルノブイリでは、事故の4年後から小 
児甲状腺がんが多発し、がん以外に、若年白内障、歯と口の異常、血液、リン 
パ、心臓、肺、消化器、泌尿器、骨及び皮膚の疾患など広範囲に健康障害が起き 
ています。フクイチ事故から3年2カ月を迎える今日、事態は急を要しています
 放射能健康診断署名を国民的な運動に広げ、希望する者は、どこに住んでいて 
も誰でも放射能健康診断を実施させましょう。院内集会へのご参加をよびかけま 
す。狭いですが保育スペースはあります。
      ****************
日時: 6月6日(金) 午後6時から7時半
場所:  参議院議員会館、地下B−103会議室
アクセス: 地下鉄各線「国会議事堂前」及び「永田町」徒歩3分
出席予定: 避難者(二瓶和子さん、亀屋幸子さん他)、医師
参加費:500円(遠方からの費用等)   避難者の方無料
(主催)  放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会
   http://hinan.jimdo.com/
 連絡先 高瀬(080-1082-9980)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も川内原発を巡る記事から玄海原発、佐賀、長崎と紹介していきます。

1.<「川内原発」原子力市民委が公聴会 再稼働反対の声相次ぐ>毎日新聞 5 
月31日(土)21時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140531-00000094-mai-soci
<脱原発実現に向け政策提言するシンクタンク「原子力市民委員会」が31日、 
九州電力川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市で、市民からの意見を聞く公聴 
会を実施した。同原発の再稼働に向けて原子力規制委員会が優先的に審査を進め 
ているが、参加者から反対する意見が相次いだ。 この日は、市民委員会から福 
島第1原発事故の政府事故調委員だった吉岡斉・九州大大学院教授ら4人が出席 
し、県内外から集まった100人を超える市民と意見交換した。吉岡教授は 
「(規制委の)新規制基準は不十分な点が多い。避難計画を審査せずに無責任」 
などと批判。会場からは「行政側は規制基準をクリアすれば安全とはき違えてい 
る」「川内原発の基準地震動の決め方は問題」などと批判の声が出た。 同会は
意見をまとめて原子力規制庁に提出する予定。・・・・・・・・・・・>

1’.<市民団体が自主公聴会=川内再稼働「避難難しい」―鹿児島>時事通信 5 
月31日(土)20時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140531-00000110-jij-soci
<・・・・「完璧な避難は無理」などの意見が出た。・・・・・・・・「障害者 
などの要援護者は福祉施設に確実に避難できるのか」「事故が発生したら九電は 
適切に対応できるのか」などの意見が出た。市民委員会は、国や規制委に向けた 
政策提言に意見を反映させる。>

2.<「避難計画あいまいだ」 日置市で住民説明会 不満や批判相次ぐ /鹿 
児島>毎日新聞 2014年05月31日 地方版
記事全文<九電川内原発で重大事故が起きた場合の避難計画の住民説明会が29 
日夜、日置市の市中央公民館であった。参加した市民約150人から「避難計画 
があいまいだ」などと不満や批判が相次いだ。市側から、約2万7000人が 
30キロ圏外の日置市と南さつま市に避難する計画が説明された。質疑応答で 
「風は一定方向に吹かない」「学童の避難方法は」「避難先の駐車場の整備状況 
は」「避難先で衣類が足りないのでは」などと指摘する声が続出、県や市の担当 
者が明確に応えられない場面も。市民からは「再稼働しなければいい」などと不 
満の声が漏れ、ある女性(43)は「大変な問題なので地区ごとに説明会をして 
ほしい」と話した。説明会は県と地元自治体の共催で、30キロ圏の9市町で順
次開催。日置市は28?30日で、計3回実施された。>

3.<現場発:鹿児島県避難試算 川内原発事故、バスで10時間移動 高齢 
者、不安の声 「耐えられるか疑問」>毎日新聞 2014年05月31日 西部朝刊
http://mainichi.jp/area/news/20140531ddp041040024000c.html
長い記事<鹿児島県が29日に公表した九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の 
避難シミュレーションは、複合災害による避難ルートの途絶や支援が必要な高齢 
者らへの対応などがほとんど考慮されておらず、識者からも「楽観的なシナリ 
オ」と指摘された。川内原発を巡っては再稼働に向けた原子力規制委員会の優先 
審査が進んでいる。一方で周辺には過疎と高齢化が進む集落も多く、住民からは 
不安の声が上がっている。・・・・・・(以下、地元の声)・・・市の調査では 
地区の約100人がバスでの避難を希望している。だが山間部の道路は狭く、大 
型バスが通行するのは難しい。・・・・・・高齢化で役員になる住民がおらず解 
散した。避難の際に、避難者の確認などをする世話人すらいない状態だ。・・
・・・・県原子力安全対策課は「要援護者やPAZ内の住民は優先的に避難させ 
るので、スムーズにいく」と主張する・・・・・・・・・ルート周辺には政府の 
地震調査研究推進本部がマグニチュード7・2程度の地震発生の可能性を指摘す 
る断層帯もあり、避難どころか孤立する恐れさえある。・・・・・・・・・・・ 
川内市の川内原発建設反対連絡協議会長、鳥原良子さん(65)は「避難先まで 
どれだけかかるかも分からない。県は市民を安全に避難させるという意識に欠け 
ている」と批判した。>

4.<避難できない避難所? 川内原発事故時の計画 1人分の広さ1.2畳  
100人収容駐車場2台分>西日本電子版2014年06月01日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/38933/1/
<・・・・・・・・・・・川内原発から南に約80キロの同県指宿市開聞十町。 
東シナ海に面した国道226号沿いに、2階建ての「物袋(もって)地区青少年 
研修センター」がある。避難計画では、原発の南15キロにある同県いちき串木 
野市栄町の80世帯170人のうち、最大で100人が身を寄せることになって 
いる。 「100人? 絶対に無理じゃっど」。地元自治会の松沢義人会長 
(62)は驚く。部屋は1階の6畳間と2階の広間を合わせて約200平方メー 
トルしかない。寄り合いでも50人集まれば窮屈だ。階段は急で高齢者にはつら 
い。そばの駐車場は、乗用車が2台しか入らない。・・・・・・・・・・・・・ 
松沢さんは物袋地区のセンターの鍵を管理するが、この取材を受けるまで原発事
故時の避難所に指定されたことを知らなかった。県や指宿市から説明はない。 
「誘導や炊き出しなど地元の協力が不可欠なはずなのに」と困惑する。・・・・ 
いちき串木野市の担当者は、他の業務がない休日に避難所を訪ねて実態を確認 
中。広さや駐車場が足りない以外にも、案内表示が少なく、たどり着けるかどう 
か不安のある避難所が複数見つかったという。・・・・・・・「パーフェクトに 
近い」。伊藤祐一郎知事は5月16日の定例記者会見で、避難計画に自信を見せ 
た。だが、福島第1原発事故で福島県双葉町から鹿児島市へ避難した遠藤昭栄さ 
ん(71)は「1人1・2畳は狭すぎる」と疑問を投げ掛ける。事故後2カ月 
間、公共施設4カ所を転々。高校の教室では1人分のスペースが1畳だった。「周
りに気を使ってせきもできず、心身ともに疲弊した。原発事故の避難は1日や2 
日で終わらない。川内原発の計画は再稼働させるために急ごしらえで作った机上 
の空論だ」 >

5.<川内原発避難説明日程決まる いちき串木野と長島>南日本新聞(2014 
05/31 06:30)
記事全文<九州電力川内原発の重大事故を想定した避難計画の住民説明会がいち 
き串木野市と長島町で開かれる。いちき串木野は6月18日から、長島は同23 
日から。いずれも午後7時の開会。県が30日発表した。いちき串木野市は同日 
あった市防災会議で、全市民約3万人が対象となることを報告。市民の意見を反 
映し、避難経路やバス避難の集合場所などを見直した市原子力災害住民避難計画 
が了承された。日程は次の通り。
いちき串木野市 18日 羽島小学校体育館▽19日 いちき串木野市民文化セ 
ンター▽20日 いちきアクアホール
長島町 23日 田尻小学校体育館 ▽24日 汐見小学校体育館>

6.<(佐賀県)玄海原発運転差し止め訴訟:「大飯判決」が後押し 原告、準 
備書面提出>毎日新聞 2014年05月31日 地方版
記事全文<反原発市民団体が九州電力玄海原発(玄海町)全4基の運転差し止め 
を九電に求めた訴訟の第9回口頭弁論が30日、佐賀地裁(波多江真史裁判長) 
であった。原告側は改めて原発の危険性を主張する準備書面を提出した。弁論 
後、原告の市民団体「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」 
(石丸初美代表)は報告会を開催。石丸代表は、21日に出された関西電力大飯 
原発3、4号機の運転差し止めを命じた福井地裁判決に触れ「(大飯原発の判決 
が)後押しとなるためには、これまで以上に私たちの世論喚起の運動が必要にな 
る」と強調した。>

7.<(佐賀)原発避難シミュレーションで専門家が講演 佐賀市>朝日デジタ 
ル2014年6月1日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG506KVWG50TTHB011.html
<「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」が31日、原発事 
故で避難にかかる時間を試算した専門家、上岡直見さんの講演会を開いた。上岡 
さんは「県のシミュレーションでは、住民が本当に被曝(ひばく)を避けられる 
かが検討されておらず、課題が残る」と指摘した。上岡さんは東京電力福島第一 
原発の事故直後、避難しようとする車で大渋滞が起きている記録写真を示しなが 
ら、「情報と車があれば逃げられると思っているが、一度道に出れば身動きはと 
れない」と説明。 「福島県浪江町は全員の退避が完了するまで16日間かかっ 
た」と指摘した上で、「それ以降画期的な避難方法ができたわけでもない。福島 
の惨状を知った後では、さらに自主避難を急ぐ人で混乱し、想定以上の時間
がかかる」と話した。・・・・(以下、有料設定)・・>

8.<(長崎県)被爆体験者集団訴訟:控訴審勝利を誓う 第1陣原告団が集 
会??長崎 毎日新聞 2014年05月31日 地方版
記事全文<長崎原爆の被爆体験者訴訟の第1陣原告団は30日、長崎市末石町の 
南部市民センターで定期総会を開いた。出席した原告130人は、被爆者健康手 
帳を求めて係争中の福岡高裁での控訴審を団結して闘い、勝訴することを誓っ 
た。2007年の第1次提訴から約7年が経過し、提訴時の原告395人のうち 
40人が死亡した。出席者たちは黙とうし、死亡原告の冥福を祈った。「被爆体 
験者裁判を支援する会」の平野伸人相談役は「被爆から70年がたとうとしてい 
るのに、被爆者が被爆者と認められない。こんな理不尽なことがあってはならな 
い」と強調。原告弁護団の三宅敬英弁護士は、長崎原爆と福島第1原発事故を比 
較し、福島では原発からの距離を基に避難区域が決まっているのに、長崎原爆
の被爆地域が行政区を基に決められているのは不合理だ、と指摘した。>
・・・・・・どのような線引きでも分断される、被害者全体を救おうということ 
がないのが問題!

脱(反)原発行動、
9.<「原発廃炉しかない」 官邸前で抗議 唱和響く>しんぶん赤旗5月31日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-05-31/2014053115_01_1.html
<首都圏反原発連合(反原連)は30日、104回目の首相官邸前抗議行動を行 
いました。火砕流への対策もなく、事故発生時の避難計画で要支援者が除外され 
るなどずさんさが指摘される九州電力の川内(せんだい)原発。それにもかかわ 
らず、再稼働を推進しようとする安倍内閣に、2300人(主催者発表)の参加 
者は、「川内原発再稼働反対」「原発なくせ」などと声をあげました。・・東京 
都小金井市の男性(27)は「川内原発は火山噴火の検討や避難計画が定められ 
ていない。福島では、無理な避難で亡くなった人もいる。再稼働はおかしい」と 
いいます。・・・・・・・・・・・・・・・・・>

9’.<【金曜日の声 官邸前】 政権は市民の声聞け>東京新聞5月31日
<神奈川県藤沢市の無職 川越君代さん(75) 初めて参加した。原発の問題 
はじっくり議論しなければいけないのに、安倍政権は再稼働や輸出をどんどん進 
めようとする。使用済み核燃料の問題とか、考えていないのかしらと不思議になる。
東京都新宿区の無職 辻奥俊樹さん(70) 安倍政権は反対する市民の声をま 
るっきり聞こうとしない。いかにも傲慢(ごうまん)だ。野田政権はまだ形ばか 
りでも聞こうとしていた。もともと原発は危ないと思っていたが福島の事故でい 
けないと確信した。
東久留米市の看護師 中村芳江さん(52) 仕事の都合がつかず、デモには 
久々に来たけれど、毎週きちんと続いているのがありがたい。とにかく原発はや 
めて。最近の原子力規制委員会の人事など、どこにも国民の声が反映されないの 
が悔しい。>

10.<(滋賀県)大飯原発差し止め判決受け彦根で報告集会>朝日デジタル 
2014年6月1日03時00分
記事全文<関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた福井地裁判決に 
ついての緊急報告集会が30日夜、彦根市大東町の彦根勤労福祉会館であり、約 
100人が出席した。彦根市と愛荘、豊郷、甲良、多賀4町の住民でつくる「彦 
根・愛知・犬上 原発のない社会をつくる会」が、判決を弾みに原発再稼働をさ 
せないために結束しようと主催した。2006年に北陸電力志賀原発2号機の運 
転差し止め判決を出した元金沢地裁裁判長で、彦根市の井戸謙一弁護士が「原発 
専門家の判断を重視してきた多くの判決と異なり、裁判所が直接審理し、原発の 
危険性を具体的に指摘した」と解説。「地震対策の不備のほか、電源喪失による 
使用済み燃料プールの危険についても問題視しており、司法の誇りを示した
画期的な判決だ」と評価した。>

11.<規制委人事 撤回要求 原発ゼロの会「田中氏は欠格」>東京新聞5月31日
記事全文<自民党四人を含む超党派国会議員六十六人でつくる「原発ゼロの会」 
は三十日、原子力規制委員会の委員に田中知(さとる)東京大大学院教授を充て 
る政府の人事案について、委員になる資格がない「欠格要件」に当たるとして撤 
回を求める談話を出した。二〇一二年の規制委発足の際、民主党政権は規制委設 
置法の欠格条項と別に人選基準を定め、国会に示した。談話は、人選基準による 
欠格要件に、日本原子力産業協会の勤務歴が挙げられているのに対し、田中氏が 
同協会の理事を務めていたと指摘。田中氏が東京電力の関連団体「東電記念財 
団」から報酬を得ていたことも、基準に抵触する疑いがあるとしている。 政府 
が民主党政権の人選基準は踏襲していないと説明しているのに対しては、当時
の政府答弁書が国会審議を踏まえて基準をつくった経緯を明記していると指摘。 
「答弁書の立場を継承しないのであれば、人事案(の国会)提示前に説明責任を 
果たすべきだ」と求めている。>

政府が、
12.<原発賠償、規定を明確に 政府、検討会で免責など議論>日本経済新聞 
 電子版2014/5/31 2:00? 会員限定
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3004W_Q4A530C1EE8000/
<原子力発電所の事故が起きたときに誰がどう賠償するかを定めた制度を見直す 
議論が始まる。いまの原子力損害賠償法(原賠法)は事業者を免責するケースが 
はっきりしないなどあいまいな規定が多い。政府はエネルギー基本計画で原発の 
活用を決めたのを機に、東京電力福島第1原発事故後に宿題となっていた作業に 
着手する。
まず論点となるのは、電力会社などの原子力事業者が免責となるケースだ。原賠 
法は異常な天変地異が起きたときは免責するとしているが、具体的な事例や基準 
はない。事業者が免責された後に誰が賠償するかも定めていない。福島第1原発 
事故で東電は免責とならなかったが、裁判例など具体的な判断基準は存在しな 
かった。・・・・・・・・
賠償金支払いのための備えも不十分。原賠法は事故に備えて原子力事業者に保険 
への加入を義務づけているが、保険金額は原発1カ所あたり1200億円まで。福島 
第1原発事故による賠償額は足元で4兆円を超える。・・・・・・・・・
事業者がいくらまで賠償するかも決まっていない。原賠法は過失の有無にかかわ 
らず、事故を起こした事業者に無限責任を負わせる仕組み。一方、海外では米国 
が約126億ドル(約1兆2800億円)、ドイツが25億ユーロ(約3500億円)など上 
限を決めている。・・・・・・・
事業者が青天井の支払いを求められる一方、国は「必要な援助をできる」とされ 
るだけで責任の範囲はあいまい。電力業界からは「制度として見直してほしい」 
(電気事業連合会の八木誠会長)との声が上がっていた。・・・・・・・
もともと原賠法は、2011年の参院の委員会決議で、1〜2年後に見直すことに 
なっていた。期限を過ぎても見直しが進まなかったのは、原発の位置づけが不明 
確だったためだ。政府は4月に決めたエネルギー基本計画で、原子力を「重要な 
ベースロード電源」とすることを決めた。積み残しになっていた作業に着手する 
ものの、賠償に上限を設けるかといった難題については曲折も予想される。>
・・・・・“免責”―とんでもない検討内容、こんな検討をしないといけない原発 
自体をやめるべきです。

13.<東電への請求598億円 原発事故の除染事業で環境省>福島民友(05/31 
10:10)
http://www.minyu-net.com/news/news/0531/news11.html
<環境省は30日、東京電力福島第1原発事故からの環境回復に必要な除染事業 
をめぐり、これまでに東電に支払いを請求した額が598億円であることを明ら 
かにした。除染費用は2013(平成25)年度末までに約7200億円を支出 
しており、今後残りの金額について請求を本格化する見通し。請求額は同日の自 
民党環境部会で示した。・・・・・・・・・・・>

東電のとんでもない態度、
14.<一部拒否、回答延長に批判 ADR和解案>福島民報2014/05/31 09:42
http://www.minpo.jp/news/detail/2014053115991
<東京電力福島第一原発事故を受け、県民らが政府の原子力損害賠償紛争解決セ 
ンターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、東電がセンターの和解 
案を一部拒否したり、受諾するかどうかの回答期限延長を求めたりするケースが 
少なくとも十数件に上っている。東電は新・総合特別事業計画(再建計画)に 
「和解仲介案を尊重する」と明記したが、守られていないとの批判も聞かれる。
■氷山の一角
■波及を恐れ?
■ADR形骸化
■背景 原子力損害賠償紛争解決センターへの和解仲介申し立ては23日現在、1 
万1518件に上る。このうち和解が成立したのは8197件(一部和解は 
1133件、仮払い和解は103件)。仲介の取り下げや打ち切りなどを除いた 
2932件は現在も審理が続いている。和解案提示までの平均的な審理期間は約 
6カ月だが、2932件のうち約200件は平成23、24両年の申し立て。東 
電と被害者の主張が食い違い、審理が長期化している。>
・・・・今でも、この態度、原発事故の免責の検討なんてダメです。

被災地フクシマで、
政府が、
15.<自殺防止へ情報交換 被災3県、6月にも本県で会議>福島民友 
(05/31 10:10)
http://www.minyu-net.com/news/news/0531/news10.html
<東日本大震災後に本県の自殺者数が増加傾向にある問題で、内閣府が被災3県 
の自殺防止対策の担当者を集めたブロック会議を本県で開催する方針を固めたこ 
とが30日、分かった。早ければ6月をめどに開催する方向で調整が進む見通 
し。・・・・・・・・内閣府によると、震災に関連した本県の自殺者数は 
2011(平成23)年が6〜12月で10人、12年が13人、13年が23 
人と毎年増加している。自殺防止対策として県は、県内6地域に設置する「ふく 
しま心のケアセンター」を拠点として仮設住宅への巡回訪問や相談支援、自殺予 
防に取り組む民間団体への補助などを実施。自殺を招く恐れがあるうつ病やアル 
コール依存症の予防にも力を入れている。>

16.<ふるさと:原発事故38カ月 一家でまた暮らしたい 福島・郡山の 
46歳、自主避難し5歳長男と別居>毎日新聞 2014年05月31日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140531ddm012040021000c.html
<避難先の群馬県高崎市は、古里の福島県郡山市から約200キロ。「5歳の長 
男は避難生活のストレスで円形脱毛症になり、頭部の3分の2は髪がありませ 
ん」。福島第1原発事故を巡り国と東京電力を訴えた訴訟で、自主避難している 
女性(46)が法廷に立って意見陳述した。家族3人で暮らしていた幸せな日々 
は遠い昔のようだ。・・・・・・・・・・・・>
午前11時、地裁21号法廷で第1回口頭弁論が始まり、女性は証言台に向かっ 
た。「郡山では原発事故後、窓という窓を閉め切って生活していました」。用意 
していた陳述書は4ページ。最後の2段落を残して女性は数歩後ろによろめき、 
崩れるように倒れた。原告席にいた友人らが、女性の名前を叫びながら駆け寄っ 
た。担架で運ばれ救急車へ。検査結果に異常は認められず、精神的なストレスが 
原因との診断を受けた。・・・・・・・
・・・・・弁護団の稲毛正弘弁護士によると、多くの避難者は裁判を起こしたこ 
とを知られたくないため名乗れないという。女性が自ら読み上げることができな 
かった意見陳述書は、こう結ばれる。「国と東電は、どれだけ多くの人のかけが 
えのない大切なものを奪い、大きな苦痛を与えたかをしっかり認識し、できる限 
りの償いをしてほしい」。一家3人で再び暮らせる日を待ち続けるのが、女性の 
せめてもの希望だ。>

17.<中間貯蔵施設:建設候補地 大熊、双葉の両町民に説明会>毎日新聞  
2014年05月31日13時02分
http://mainichi.jp/select/news/20140531k0000e040158000c.html
<◇補償方針や生活再建策など示す  東京電力福島第1原発事故に伴う除染で 
生じた汚染土などを福島県内で最長30年間保管する中間貯蔵施設建設に向け、 
環境省と復興庁は31日、建設候補地の同県大熊、双葉両町民らに向けた説明会 
を始めた。6月15日まで計16回、福島県内外で開き、土地などの補償方針や 
生活再建策などを示し、建設受け入れへの理解を求め 
る。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・環境省は2015年1月の 
汚染土搬入開始を目指している。地元自治体は、住民の意見を踏まえて、建設受 
け入れの是非を判断する。>

17’.<中間貯蔵候補地、売却後も住民票 国、地権者に特例方針>朝日デジ 
タル2014年5月31日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11165072.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11165072
<・・・・・福島第一原発事故の除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設 
の建設候補地の地権者に対し、政府は用地売却後も住民票を維持できるよう、特 
別に認める方向で検討する。地元から、ふるさととの結びつきを維持したいとい 
う要望があるためで、他にも定期的な墓参や住民交流などの事業も検討してい 
る。31日から始まる住民向け説明会でも、こうした方針を明らかにす 
る。・・・・・・・・・・・・>

17”.<中間貯蔵、初の住民説明会 「農業できない」「分断」>西日本2014 
年05月31日19時40分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/91922
<・・・・・・約540人が参加したいわき市の会場では「風評被害が起き、農 
業ができなくなる」「町が分断されてしまう」と懸念する声が出た。>

17”’.<「福島第1原発事故」中間貯蔵施設で政府説明「検討」ばかり>毎日 
新聞 5月31日(土)21時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140531-00000099-mai-soci
<・・・・福島第1原発事故で発生した汚染土などを保管する中間貯蔵施設建設 
を巡り、政府が31日に初めて開いた住民説明会。質問への政府の説明は「検討 
する」「受け止める」などあいまいな表現に終始し、不信感を強める参加者もい 
た。・・・・・・・・・
最終処分場になってしまうのでは、との懸念も払拭(ふっしょく)されなかっ 
た。政府は、30年以内に県外処分するための法整備をすると表明したが、宮本 
さんは「政府も人が代われば解釈を変えたり、法律そのものを変えたりするかも 
しれない」と話し、信用できないという。・・・・・・・・・・・・政府は「町 
が受け入れを決め、用地取得する時でないとお話しできない」と説明。土地の賃 
貸借を希望する声も上がったが、政府の回答は「検討中」だった。終了後、双葉 
町の伊沢史朗町長は報道陣に「『検討』には私も疑問を抱いている一 
人。・・・・・>

18.<(プロメテウスの罠)帰還の現実:7 「真実を見に行こう」>朝日デ 
ジタル2014年5月31日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11165137.html
<◇No.935 チェルノブイリ原発の事故で森林はどんな影響を受けたのか。
昨年9月、福島県の原木シイタケ農家が現地視察に行ったという話は、原木を共 
有林で育ててきた坪井幸一(65)の耳にも入っていた。視察団は福島県原木椎 
茸(しいたけ)被害者の会(23人)の生産者ら9人。・・・・・・チェルノブ 
イリ原発は事故から27年・・・・・・セシウム137は半減期が30年と長 
い。しかもキノコは放射性物質を吸い込みやすい。四半世紀以上たっても、森は 
なかなか元に戻らない。・・・・・・・・・都路地区の避難指示が解除になった 
といっても、山が汚染されたままじゃ、原木シイタケ農家らにとっては「帰還困 
難区域」じゃないか。 「いままで山と一緒に生きてきた人間に、このまま帰っ 
てどうしろってんだ」>

19.<eye:見つめ続ける・大震災 失われる里山 福島・阿武隈山地、シ 
イタケ農家の嘆き>毎日新聞 2014年05月31日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140531dde012040002000c.html
長い記事「シイタケが終わると、阿武隈の里山は失われる」。福島県田村市船引 
の原木シイタケ農家、宗像(むなかた)幹一郎さん(63)は繰り返す。28歳 
から、露地栽培で生産してきた。厚さ5センチで深いうまみ。誇りだった。コナ 
ラの原木に植菌し、スギ林で発生させる露地栽培は放射線量が高く、福島第1原 
発事故から、全く流通していない。言葉の真意を知りたいと、「山の男」たちを 
訪ねた。 福島の中通りと浜通りの間を南北に縦断する阿武隈山 
地。・・・・・・・・・・国や県は山の除染、維持対策はほぼ行っていない。こ 
のままでは、山から人の営みが消える。男たちの深い嘆きの言葉が、美しい里山 
に響いた。>
・・・・・・・写真が多数あります。
<つづく>

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内