[CML 032897] 8月4日(月)【原爆も原発もいらない!戦争のできる国づくりを許さない!】被爆69周年 反核・平和の集い in 京都 −映画『にんげんをかえせ』上映&米澤鐵志さんの被爆体験を聞く会&川口真由美さんピースコンサート−

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 7月 31日 (木) 09:28:57 JST


【原爆も原発もいらない!戦争のできる国づくりを許さない!】被爆69周年 反核・平和の集い in 京都
−映画『にんげんをかえせ』上映&米澤鐵志さんの被爆体験を聞く会&川口真由美さんピースコンサート−
https://www.facebook.com/events/1523428647876559/1523436724542418/

ぜひぜひシェアお願いします!映画『にんげんをかえせ』上映と、『ぼくは満員電車で原爆を浴びた』(小学館)を昨年、出版された広島の被爆者、米澤鐵志さんの講演会です!京都における平和の歌い手、川口真由美さんのピースコンサートも行います。

 広島・長崎への原爆投下から69年がたち、ビキニ水爆実験による第五福竜丸の被爆事件から60周年の今年は日本の杉並の主婦の署名活動から始まった原水禁運動の60周年にもあたります。

 二度と戦争の惨禍を引き起こさない、再び被爆者を生み出さないという切実な思いで始まった日本の反核・平和運動にとって、今年はどういう年でしょうか?3・11福島原発事故は収束どころか、汚染水や放射能ガレキ・粉塵を周囲に撒き散らしながら新たな被曝を日々生み出し続けており、原発の再稼動も着々と準備されつつあります。

 さらに秘密保護法や武器輸出解禁、集団的自衛権行使容認、そして沖縄や京都での米軍新基地建設強行など戦争のできる国づくりが安倍内閣の下で急速に進められつつあります。今こそ広島・長崎の被爆体験という日本の反戦・反核・平和運動の原点にたちかえることが必要なのではないでしょうか?

ノーモア・ヒロシマ!ノーモア・ナガサキ!ノーモア・フクシマ!ノーモア・ヒバクシャ!ノーモア・ウォー!

 原爆も原発も戦争も許さない!そうした体験をみんなで共有化しましょう!

・・・・・・以下転送転載シェア歓迎・・・・・

【原爆も原発もいらない!戦争のできる国づくりを許さない!】被爆69周年 反核・平和の集い in 京都
−映画『にんげんをかえせ』上映&米澤鐵志さんの講演&川口真由美さんピースコンサート−

●日時:2014年8月4日(月)午後6時30分〜9時(開場:午後6時)

1、映画『にんげんをかえせ』上映(1982年制作)
  (カラー/上映時間20分/企画・制作 子どもたちに世界に!被爆の記録を贈る会/橘祐典監督作品)

1980年7月:「10フィート映画運動」スタート
アメリカ国立公文書館に眠っていた核被害を記録したカラー映画フィルムを10フィートを1単位に市民からのカンパにより日本に戻そうという市民運動によって集められたフィルムから、反核・平和の記録映画三部作『にんげんをかえせ』、『予言』、『歴史=核狂乱の時代』が製作され、国際的に上映する運動が展開された。米国から入手したフィルムと被爆者の証言により、原爆の実態を分かりやすく編集。10フィート運動映画3部作の第一作。

2、米澤鐵志さんの講演
(演題)『私の被爆体験〜原爆も原発もない世界を!〜被爆者は戦争のできる国づくりを許さない!』

『ぼくは満員電車で原爆を浴びた
11歳の少年が生きぬいたヒロシマ』
語り/米澤鐡志 文/由井りょう子
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784092271661

3、川口真由美さんピースコンサート
「明日への伝言」「青い空は」「原爆許すまじ」「ヒロシマのある国で」など

●会場:ひと・まち交流館京都 第4・5会議室(3階)(定員180名)
    河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
    京阪「清水五条」駅下車 徒歩8分      
    地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分
    案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html      
    TEL:075ー354ー8711

●参加費:500円  学生・フリーターなど300円

●主催:原爆と原発を考える京都市民の会
●協賛:ピースムービーメント実行委員会
●問い合わせ先:TEL:070−5650−3468(内富)
           Eメール muchitomi at hotmail.com 		 	   		  


CML メーリングリストの案内