[CML 032877] (2-1)【報告】第1197日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 7月 30日 (水) 07:10:47 JST


青柳行信です。7月30日。

本日、「さよなら原発!福岡」例会 7月30日(水)18時30分〜 
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
      福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
            地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--●
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
        私たちの人生の一日はこの日に!

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
http://ameblo.jp/yaaogi/
・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770-5-71599
<通信欄に8.31集会と明記>

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1197日目報告☆
        呼びかけ人賛同者7月29日3514名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】7月29日1名。
    匿名者
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
お疲れさまです。
安倍の支持率が落ち始めました。
もっと早く、安倍を追い落としましょう。
原発を再稼動させない、基地をなくす、オスプレイもいらない、
復興の早道は 安倍を辞めさせることです。
平和の実現は 安倍を辞めさせることです。
あんくるトム工房
原爆は民間人の生活の上   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3120
安倍内閣支持率低下   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3119

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆清廉と思はれて来た三木首相(さん)も関電秘書におねだりしてゐた
      (左門 7・30−733)
※朝日新聞7・29、《原発利権を追う 「関電の裏面史」独白》より。《三木さん
は事務所で私の膝を触りながら「足りない」と言ってきたことがあっ
た。・・・・天下国家の話しをして帰り際にあうんの呼吸で置いて帰る。福田さ
んは玄関まで見送り「ありがとう!」と言っていた。大平さんも自宅、現金をも
らうと「いやあ、お疲れさん」。・・・・中曽根さんは事務所。「ありがとうご
ざいます」とさっと受け取った》と歴代首相の人柄と癖まで見えて臨場感たっぷ
りである。その「にぎにぎ」の歴史が「原発亡国」を築いてきたことをしっかと
眼と心に刻み込んで、現在に対処していきたい。「この取材インタビューは動画
でも見られます。東電や九電を追った過去の連載も一覧できるようにまとめまし
た」(朝日、デジタル版から)7・30付より。

★ hajimechan さんから:
○ 青柳 様
拝啓
当面の課題である、川内原子力発電所の運転差止め交渉。

論点は2つ

1・安全基準に最も適合しないのは、耐地震動の数値(620 ガル)

2・再稼動を目論む、鹿児島県知事 etc は、
放射線を発散させて人の生命等に危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H19/H19HO038.html
に違反する。

この2論点において、資料は以下2点+で充分です。

■ 原子力規制委員長、安全否定証言ファイル(4ページ目)
http://www.nsr.go.jp/kaiken/data/h26fy/20140716sokkiroku.pdf
1995〜2008 大地震データ(kine / gal)
http://www12.ocn.ne.jp/~shiosato/hitorigoto/20080614miyaiwa/spect2.jpg
敬具。(2014.0729)

★ 奥道直子(在ドイツ)さんから:
青柳行信様、
ご無沙汰しています。投稿文を書きました。長いです。
ドイツも猛暑で日差しがギラギラしています。
お身体大切になさってください。
 。。。。。。。。。。。
原発は生命の原理に反する

 原子力規制委員会が、川内原発は基準適合性審査に適合しているとの審査書を
発表したこと、青柳通信で知りました。また、中西正之氏の掲載文を通し、委員
会が審査書案に対する科学的・技術的意見を募集中、とのニュースも知りまし
た。それに呼応して氏は即時、原発専門技師としての意見書作成に取り組まれた
こと、大変心強く思いました。そこで、この「科学的・技術的意見に限った意見
募集」ということに関連し、下記を投稿します。

 ドイツに長年暮らす私が原発問題に目覚めたのは福島原発過酷事故によってで
す。下手すると福島から放出された放射性物質によって全世界が大被爆する、と
の恐怖にかられたのは私だけではなかったでしょう。そして思ったことは、あの
大惨事を経験すれば日本人の誰しもがすぐさま原発反対者になるだろう、でし
た。しかしそう考えるのは単純でした。メディアを通し日本に、また身近にいる
ドイツに暮らす日本人たちの中にも確固たる原発賛成者がいることが分かってき
ました。それを知ったときは唖然とするような驚きでした。無理もありません。
あの過酷事故まで原発問題に無関心であった。

私は原発を巡る現実を知らなかったのですから。そこで浮上してきたのは、いっ
たい私は何を根拠として原発即刻廃止運動に賛成しているのだろうか、自然科学
知識がなく、原発のことを何も知らない私が、あの時に感じた恐怖と直観、つま
り戦争と同じぐらい大変なことが故国の日本で起こった、ということだけで反対
運動参加のゆるぎない理由になるのだろうか、との問いでした。それらは、一過
性のものではないだろうか、普遍的なものなのだろうか、との問いでした。

 そのような問いを抱くなかにあって事あるごとに思い出したのは、あの過酷事
故の発生をどのように理解・消化すれば良いのかと悶々としていた2011年3月末
に出会った一文です。
それは、原子力規制委員会が審査書案に対し、科学的・技術的意見に限って募集
する、つまり、科学者と技術者に問う、と発表したことと関係しているように思
います。

 出会った一文とは、前世紀の著名なドイツ人のプロテスタント神学者、パウ
ロ・ティリッヒ(Paul Tillich)が、戦後まもなくニューヨークでした一つの説
教、「地の基(もとい)ふるいうごく」です。この説教の中に、私に納得できる
過酷事故発生の根源が示されている、と思いました。それは、私たちが住む物質
的世界の最小部分の制御し難い破壊的な力が、原子という凝結的構造によって拘
束されたことによって誕生したのが生命の源であり、その縛がれたもろもろの力
を解く原子核分裂は、生命の破壊に通じる、ということです。この説教は、ティ
リッヒの「地の基ふるいうごく」(昭和26年新教出版社発刊。後藤真訳)という
説教集に収められています。

 この説教でティリッヒは科学者たちに、また私たちに警告を発しています。今
回、川内原発の審査書案に関して原子力規制委員会の呼びかけに応じることがで
きる資格があるのは科学者・技術者だけですから、その方たちへの言葉でもある
と考え、その部分をここに紹介します。

 広島・長崎に原爆が投下されたことに対しティリッヒは、旧約聖書エレミヤ書
4章23−30節およびイザヤ書24章18−20節; 51章6節; 54章10節において、「地の
基ふるいうごく」、と警告する預言者エレミヤとイザヤを引用して科学者たち
に、そして私たちに告げます。ティリッヒが言う「地の基ふるいうごく」とは地
震ではなく、核分裂のことです。エレミヤとイザヤは預言者ですが、預言者と
は、未来を予言する人のことではなく、神の言葉、つまり真理の言葉を預かりそ
れを語る人のことです。1945年の原爆投下により、かつて旧約聖書時代の預言者
たちが見た地の基がふるいうごく幻は、いまや歴史的現実となろうとしている、
とティリッヒは警告します。揺り動かされるのは科学によってである、と言います。
私たちが住む物質的世界の最小部分である、制御し難い破壊的な力をもつ原子
が、凝結的構造によって拘束されたときに地の基ができ、そこに生命が育ち、歴
史が発展し得る場、言葉が語られ、愛が感じられ、真理が見出され、永遠なるも
のが賛美される場、すなわち地球が備えられたのだ、

と言います。元始の火のような混沌が、地球の肥沃な大地に変えられたからこれ
らが可能になったのだ、と。この地球の肥沃な大地から、人間という一つの存在
が発生し、育ち、彼はすべての存在の基を知る鍵を見出すことが出来た。そし
て、地の基のもろもろの力、すなわち地の基がおかれたときに縛がれたもろもろ
の力を解き得る鍵を、すなわち、核分裂を発見し、この鍵を用い始めた。人間
は、生命と思想と意志の基を自らの意志に隷属させ、破壊を意志した。人間は、
破壊のために地のもろもろの力を用い、思考と働きによってそれらを解き放っ
た。現在、地の基がふるい動くのは、このような理由による、とティリッヒは言
います。

 旧約聖書時代の預言者たちは、当時の過ちに満ちたイスラエルの民に警告した
のですが、ティリッヒは、自然科学が発展した現在、神の、つまり真理の言葉を
預かる預言者とは現代最大の科学者たちである、と言うのです。いま神は、彼ら
の口を通して私たちに警告する、と言います。その警告とは次です。「あなたた
ちは自ら、自分たちの上に世の終わりをもたらすことができる。私はあなたたち
の手に、あなたたちが住む大地の基をふるい動かす能力をあたえよう。あなたた
ちは、この能力を創造にも破壊にも用いることができる。あなたはこれをどのよ
うに用いようとするのか」。生命の基への鍵を科学者たちが発見したことを通
し、真理である神はご自分の言葉を、その恐ろしい発見の責任に連なっている現
代最大の科学者たちの口を通して私たちに語る、とティリッヒは言います。エレ
ミヤもイザヤも民に警告することを好まなかったのですが、神は彼らに強いたの
で警告せざるを得なかった。それと同じように神は今、現代の預言者である科学
者たちが、私たちに真理の言葉を語ることを、すなわち、世界は逃れ難い終局に
脅かされている、と警告すること強いる、とティリッヒは言います。 

 この一年、反原発の確固たる意見作りのために色々と本を読みました。「原子
力資料情報室」を創設、ひいてはこの4月、「原発ゼロ社会への道―市民がつくる
脱原子力政策大綱」を発刊した「原子力市民委員会」設立の発端となった核化学
者である故・高木仁三郎氏の著書を特に多く読みました。その中の一冊、「科学
の原理と人間の原理―人間が天の火を盗んだーその近くに生命はない」(方丈堂
出版)という小冊子に、神学者ティリッヒの核分裂発見に関する考えと同じ意見
を見出したのは、大変嬉しいことでした。高木仁三郎氏は、核そのものが、すな
わち原子そのものが安定しているということが生命の基本的基盤であり、その核
の安定を崩すことによってのみエネルギーを取り出すことができる原子力科学技
術は、地上の生命の原理に許されない科学技術であり、原子力問題の一切はここ
にある、と言っています。今はまだ安全が確立しないから原発はダメ、というの
ではなく、原理的に人間の生きる原理に相容れないのが原子力科学技術であるか
ら、ダメなのだと明言します。

 さて、私のような自然科学門外漢は何をすればよいのでしょうか。原発過酷事
故の被害者や原発労働者のかたがたとの連帯、後の世代に負の遺産を遺さないた
めの反原発運動につながることは勿論大切ですが、「審査書案」のパグリックコ
メントが緊急に求められている今は特に、原発の存在を警告する勇気ある科学
者・技術者たちの言葉に耳を傾け、彼らを応援することが緊急だと思います。後
方に応援者が多勢いるのは彼らにとり心強いことでしょう。川内原発再稼動の動
きを阻止する大きな力の一つとなる良心ある科学者・技術者たちのパブリックコ
メントの登場を切望します。どうぞ、声を揚げてください! 以上。 

★ Alex Wilks - Avaaz さんから:
<日本を原発災害の危険にさらす賭け>
日本のみなさん

原子力規制委員会は、川内原発が安全審査に事実上「合格」したとの判断を下
し、再稼働に向け青信号をともしました。今秋にも再稼働が実現されてしまえ
ば、その他11基の原発も次々とその後に続くしょう。「もうたくさんだ!」と
反対の声を上げ、再稼働を阻止できるかどうかは、私たちにかかっています。

福島原発事故から学べることは、原子力規制委員会の安全評価が当てにならない
ということです。しかも、川内原発は老朽化が進み、運転開始から30年もの年
月が経っているのです!信頼が得られていないことに気がついた規制委は、パブ
リックコメントを募集し、川内原発再稼働について市民の意見を聞こうとしてい
ます。コメントはすべて開示されることが約束されているので、私たち皆で
「ノー」を突きつければ規制委にこの決定を再検討させることができるはずです。

受付期間は間もなく終了しますので、規制委が日本の未来を危険なかけにさらさ
ないよう今すぐご署名の上、このメールをお友達のみなさんにも転送し、一緒に
キャンペーンを広めてください。みなさんからたくさんの署名が集まり次第、原
子力規制委員会の公式協議に提出し、さらにメディアにも反対意見を届けます:

https://secure.avaaz.org/jp/say_no_to_sendai_restart_loc/?btrSJab&v=43291

私たちが今すぐ行動を起こさなければ、川内原発は早ければ秋にも再稼働が始ま
ります。日本最古の原発「東海発電所」は、32年間運転を続けた後廃炉になり
ました -- 川内原発は、運転が開始されてからそれぞれ29年と30年もの年月
が経っているのです!全く考えられない話です。

川内原発周辺の住民90パーセントが安全な避難計画など不可能だと考えてお
り、鹿児島県では先日、再稼働に反対する6000人規模のデモが行われまし
た。にもかかわらず、規制委は、同原発を管轄する九州電力の「地震や津波のリ
スクは低い」とする見解を認めたのです。このような災害を予測するのは、ほぼ
不可能なことはすでに明らかですし、川内原発の周りには津波対策の護岸すら設
置されていません。

パブリックコメントを出したところで何も変わらないと感じられる方もいるかも
しれません。ですが、私たちはすでに長い間、説明責任と透明性を求め活動して
きました。そこに大量の声が加わり、メディアの関心をつかむことができれば、
規制委は私たちの声に耳を傾けざるを得なくなるはずです。日本中から大量の意
見が届き、さらにメディアでも再稼働反
対の意見が大きく紹介されるようになれば、再稼働にゴーサインを出すことは難
しくなるでしょう。原子力エネルギーは、日本にとって安全ではありません。ク
リックして今すぐ意見を提出した上、一緒にキャンペーンを広めてください:

https://secure.avaaz.org/jp/say_no_to_sendai_restart_loc/?btrSJab&v=43291

力を合わせれば再稼働を阻止できるはずです -- 福島原発事故後の世論調査で
は、日本の人々が原発の無い未来を望んでいることが明らかになりました。そし
て先月、福井地裁は関西電力管轄の福井県大飯原発にある2基の再稼働差し止め
を命じる判決を下したのです。私たちは、これまでにも秘密保護法や平和憲法の
解釈改憲に反対してきました。さあ、再稼働阻止のため戦い続けましょう。

希望を決意を込めて
アレックス、ジューエイ、ローザ、エミリー、リッケン、そしてAvaazチーム

関連情報:
パブコメ出そう、川内原発とまるほど(グリーンピース)
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/49903/

疑問抱え再稼働「適合」 川内原発 規制委が審査結果案(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014071602000268.html

社説:川内原発再稼働へ 教訓学ばぬ見切り発車(毎日新聞)
http://mainichi.jp/opinion/news/20140717k0000m070182000c.html

焦点:川内原発地元の避難計画に非難噴出、弱者対策なく不安募る(朝日新聞)
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKBN0F503L.html

川内原発再稼働「反乱」の真相 姶良姶良市議会議長に聞く
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB1702M_X10C14A7000000/

原発再稼働差し止め訴訟で原告「人格権が優先」 大津地裁(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140709/shg14070902320004-n1.htm

Avaaz.orgは、世界の人々の考えや価値観が世界規模の政策決定に必ず反映され
るよう、グローバルなキャンペーンを展開するネットワークで、世界各国に3千
万人のメンバーを抱え
ています(「Avaaz」は様々な言語で「声」や「歌」という意味です)。Avaazの
スタッフチームは6大陸18カ国から17カ国語で運営しています。これまでにAvaaz
が展開した主なキャ
ンペーンはこちらからご覧ください:http://www.avaaz.org/en/highlights.php
/?footer"> また、Facebookページはこちらから:
http://www.facebook.com/Avaaz ツイッターはこ
ちらからご覧ください: http://twitter.com/Avaazこのメールは
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp に送信されました。メールアドレス、表示言語、その
他の設定を変更するにはこちらから
ご連絡ください: http://www.avaaz.org/en/contact/?footerメール配信の停止
をご希望されますか?こちらのアドレスunsubscribe at avaaz.org にご連絡いた
だくか、こちらをク
リックしてください: https://secure.avaaz.org/act/?r=unsub&
cl=5589657642&email=y-aoyagi at r8.dion.ne.jp&v=43291&lang=jpAvaazにご連絡
を頂く場合は、このメールに直接返信されるのではなく、こちらのページ
http://www.avaaz.org/en/contactにあるフォームをご利用ください。または、
お電話+1-888-922-8229 (米国)にてご連絡ください。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も、川内(せんだい)原発・玄海原発関連記事からはじめます。

1.<薩摩川内市議会が原発事故の避難経路を視察>南日本放送 [07/29 19:00]
記事全文<秋にも再稼働の可能性が出てきた川内原発の5キロ圏内の住民の避難
所や避難経路を29日、薩摩川内市議会が視察しました。原発事故に備え、川内
原発の5キロ圏内に建設された屋内退避施設は、コンクリートや鉛の壁に覆わ
れ、放射性物質をある程度、防げるようになっているもので、事故の際避難が困
難な要援護者らを一時的に避難させる施設です。29日は薩摩川内市議会の川内
原発対策調査特別委員会の議員ら16人が、小学校跡の体育館を改造して造られ
た屋内退避施設2ヵ所を視察しました。この後、避難経路の1つとなっている薩
摩川内市久見崎町の県道を視察しました。県道は今月10日に上陸した台風8号
で川内川の水があふれ護岸が崩れるなどの被害があったばかりで、議員からは
避難に使う道路としては危険だとして早急に整備すべきとの声があがっていまし
た。この後、議員らは原発から5キロ圏内の避難所になっている鹿児島市にある
3つの施設を見て回りました。このうちおよそ500人が避難する県総合体育セ
ンター武道館では、施設の管理者らに空調やトイレの状況、一人当たりの避難ス
ペースなどについて質問していました。薩摩川内市議会では早ければ9月議会
で、川内原発の再稼働是非について判断を示す可能性も出てきています。>

1’.<原発事故時の避難所視察 薩摩川内市議会特別委>西日本電子版2014年
07月30日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/42868/1/
<・・・・・・・特別委は川内原発の再稼働に反対する関連陳情8件と賛成陳情
1件を審査中で、判断の参考にする。
・・・・・宝山ホールは5キロ圏の寄田地区と水引地区の住民約900人の避難
所で、地階と2、3階の会議室などを使う予定。委員からは「催し物の開催中は
どうするのか」「避難時は誰が支援するのか」などと質問があり、薩摩川内市職
員は「避難を優先する」「薩摩川内市の職員の到着前は、鹿児島市職員が対応す
る」などと答えた。視察後、委員からは「1人当たりの広さが2平方メートルで
は狭い」「空調が悪く、風呂はどうするのか」などの感想が聞かれた。>

この記事も川内原発関連です、
2.<伊方原発、緊急時対策所を新規建設へ?>データ・マックス2014年7月29日
09:03
http://www.data-max.co.jp/politics_and_society/2014/07/11325/0729_ymh_1/
<伊方原発3号機(愛媛県)の新規制基準の適合性審査を申請している四国電力
は7月25日、同原発の「緊急時対策所」が耐震性を満たしていないとして、新た
な「緊急時対策所」を建設すると発表した。新たに建設する緊急時対策所は、延
床面積約270平方メートル(待機所建屋を含む)、鉄筋コンクリート造平屋で、
2014年9月に着工予定。工事には約半年近くかかるとみられ、伊方原発が年内に
新規制基準に適合するのは難しくなった。・・・・・ 四国電力は、同原発の基
準地震動(地震の想定)を従来の570ガルから620ガルに引き上げた。引き上げた
基準地震動で耐震評価をした結果、建物の基礎部分の一部で新規制基準に適合す
るのが難しくなったとしている。緊急時対策所は、新潟県中越沖地震で東電柏崎刈
羽原発の緊急時対策室の扉が開閉できなくなり、入室できず防災情報の連絡に支
障をきたしたことから、免震重要棟の必要性がクローズアップされた。そのた
め、福島の事故前から整備された原発が各地に設置された。伊方原発では2011年
12月に現施設が完成したが、今回、基準地震動を引き上げたことにともない、耐
震性を満たさなくなった。・・・・・伊方原発の緊急時対策所に対しては、規制
委員会から、室内でも全面防護マスクをしたまま作業をしなければならず、動き
が制限されると指摘され、放射線防護機能の向上など改善を図ってきたが、基準
を満たすために新たに建設せざるを得なくなった。・・・・・
九州電力川内原発などでは、福島の事故前には整備していなかったため、免震重
要棟を現在整備中だ。川内原発3、4号機では、免震重要棟内の緊急時対策所の
完成が2015年度末。それまでは代替緊急時対策所でその機能を果たすとして、適
合性審査を申請した。規制委員会は、代替緊急時対策所、緊急時対策所(免震重
要棟内)両者を審査し、審査書案(「合格証」案)では、「適切に緊急時対策所
を整備する方針であることを確認した」としている。しかし、表のように、代替
緊急時対策所は、免震重要棟内の緊急時対策所とは、収容人員や設備に差があ
る。会議室、医務室、水道設備、汚染水槽などもない。マンパワーがあってこそ
事故対策が想定通り機能できる。事故時に作業員の収容、休憩、長期滞在を果た
せないのでは、事故対策は「絵に描いた餅」に過ぎない。代替緊急時対策所で基
準を満たすなら、免震重要棟を建設する必要はなく、免震重要棟が不可欠なら
ば、その完成まで再稼働はできないはずである。

3.<(愛媛県)ファイル:撤回申し入れ>毎日新聞 2014年07月29日 地方版
記事全文<原子力規制委員会が九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)の新規
制基準適合を了承したことを受け、県内の脱原発4団体がこのほど、撤回を求め
る申し入れ書を原子力規制委員会伊方原子力規制事務所に提出した。提出したの
は、伊方原発反対八西連絡協議会や原発さよなら四国ネットワークなど。「審査
は(住民避難を定める)地域防災計画が切り離され、国民の生命を守ることはで
きない」などと批判している。>

この新聞社がこんな記事を続けています、
4.<【九州から原発が消えてよいのか】第8部(7)反原発団体の無責任>産
経新聞?7月29日(火)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00000062-san-l46
<5月16日、西日本新聞朝刊の南九州ワイド面の記者コラム「南風」に、鹿児
島総局記者、湯之前八州の署名記事が載った。「漫画『美味しんぼ』を読んだ。
登場人物が(東京電力福島第1)原発を訪問後に鼻血を出し、原因として放射線
被ばくの影響を示唆するストーリーだ。(中略)『事故で鼻血が出ることはな
い』との政府の反論については、自分の経験から完全には信用することはできな
いとも感じる」 「1999年9月30日、茨城県東海村の核燃料加工会社で臨
界事故が起きた。同県内の新聞社の記者だった私は、(中略)発生当初から取材
した。同10月2日夜、現場の半径350メートル圏に出た避難勧告が解除さ
れ、避難所から帰る住民を取材しようと圏内の民家を訪ねた際に突然、鼻血が出
た。(中略)他の新聞社の記者も鼻血が出たと聞き、放射線の影響を疑い県に聞
いた。『鼻血が出るほど被ばくする事態はあり得ない』。安心する一方で、違和
感も残った」この記事が掲載されたころ、小学館「週刊ビッグコミックスピリッ
ツ」(4月28日発売)の漫画「美味しんぼ」が日本中で論議を呼んでい
た。・・・・・・・・・・
湯之前もコラム「南風」の末尾に「美味しんぼの内容をいくら政府が否定しても
支持する読者がいる背景には、こうした国不信、原子力不信があるのは明らか
だ。(中略)多くの県民が納得する内容にしない限り、(川内原発)再稼働は許
されない。美味しんぼを読んで、そう強く感じた」と書いた。だが、反原発団体
の非科学的で情緒的な扇動こそ、科学的事実に基づかない「放射線恐怖症」を引
き起こし、鹿児島県民の放射線に関する正しい理解を阻害しているのではない
か。本当に福島や川内原発周辺の住民に思いをはせるなら、偏見に満ち、風評被
害を助長する発言を真っ先にやめるべきだろう。>

5.<玄海町長選、3人が届け出>佐賀新聞2014年07月29日 10時21分????????
記事全文<任期満了に伴う東松浦郡玄海町長選は29日告示され、現職の岸本英
雄氏(61)=長倉、新人で町議の中山敏夫氏(59)=今村、自営業の山口徳
信氏(63)=唐津市原=の3人が立候補を届け出た。町内に立地する玄海原発
再稼働の是非がどこまで争点となるかが注目される。立候補の届け出は午後5時
まで、玄海町役場で受け付ける。投開票は8月3日。>

5’.<原発の町、再稼働に揺れる思い 佐賀・玄海町長選告示>朝日デジタル
2014年7月30日00時42分
http://www.asahi.com/articles/ASG7Y55NYG7YTTHB00J.html
<・・・・・町長選が選挙戦になったのは、玄海原発でのプルサーマル発電の是
非が争点になった2006年以来、8年ぶり。当時はプルサーマル容認の今の町
長と元町課長、反対の元町議=共産推薦=が争った。
今回も再稼働容認2人、反対1人の構図だが、第一声で現職は再稼働に触れず、
元町議も11分間の第一声のうち原発や再稼働への言及は1分ほど。反対してい
る新顔は第一声を行わなかった。新聞への折り込みなどで主張を有権者に届ける
という。再稼働への賛否がどれほど争点となるかは未知数
だ。・・・・・・・・・・・
〈玄海町と原発マネー〉 町の今年度一般会計予算(歳入)約100億円のう
ち、約7割を玄海原発関連の交付金や固定資産税などが占める。町は、財政が豊
かなため1995年度から地方交付税交付金を受けない、全国でも数少ない自治
体(不交付団体)になっている。玄海原発の運転停止後も、それ以前の約8割が
支給されており、大きな落ち込みはない。交付金などは保育園、老人ホーム、学
校のプール、浄水施設、大ホールを備えた町民会館、体育館、図書館、野球場の
整備や維持などに充てられている。>

5”.<原発再稼働の論戦どこへ 佐賀・玄海町長選告示>西日本電子版2014年
07月30日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/42887/1/
<町に隣接する唐津市から名乗りを上げた新人で飲食店経営の山口徳信氏
(63)は「再稼働を阻止する」と主張するが、自宅でチラシへの選管シールの
貼り付けに終始した。・・「町全体が原発の必要性を感じている。原発は票にな
らない」。ある陣営は再稼働問題に踏み込まない理由を打ち明けた。だが、出陣
式に顔を出した農業男性(56)は「再稼働は仕方がない」と前置きをした上で
注文を付けた。「福島を経験したからこそ、事故時の対策など真正面から論じて
ほしい」>

被災地フクシマ、
政府が、
6.<地域振興費を全県に交付 中間貯蔵施設で政府方針>福島民報2014/07/29
09:26
http://www.minpo.jp/news/detail/2014072917129
<石原伸晃環境相と根本匠復興相(衆院本県2区)は28日、東京電力福島第一
原発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設をめぐり、都内で佐藤雄平知
事らと会談し、地域振興のための交付金を建設候補地がある大熊、双葉両町の
他、全県的に交付する方針を示した。しかし、具体的な交付金額は提示されな
かった。佐藤知事は「国との認識に溝がある」と不快感を示し、明確な回答を求
めた。・・・・・・・・・・・佐藤知事は会談終了後の記者会見で、「原子力災
害は全県下に及ぶ災害とあらためて認識してほしい。(原子力政策を進めてき
た)国が当事者意識を持って対応すべきだ」と苦言を呈した。石原氏は「十分で
ないという言葉を直接もらった。引き続き調整する」と述べた。・・・・・・・・>

6'.<国の提案「不十分」=中間貯蔵で意見交換−福島県双葉、大熊町議会>時
事通信2014年07月29日 18時19分
記事全文<福島第1原発事故の汚染土などを保管する中間貯蔵施設をめぐり、建
設候補地を抱える福島県双葉、大熊両町議会は29日、同県いわき市で意見交換
会を開いた。両議会は、住民の要望を踏まえて建設地の全面国有化を転換する方
針を盛り込んだ国の提案に関し「一歩前進とは認められるが、まだまだ不十分」
とする統一見解を作成。両町に建設受け入れを拙速に判断しないよう申し入れる
ことも決めた。大熊町議会の千葉幸生議長は意見交換会後、国の提案について記
者団に「(地域振興策や地権者への補償などで)具体的な内容がない」と指摘。
双葉町議会の佐々木清一議長も「町民が納得できるものではない」と話した。>

6”.<福島の生活再建や課題先送り 政府方針伝達>河北新報7月29日
  http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140729_61053.html
<福島第1原発事故に伴う除染廃棄物などの中間貯蔵施設建設計画で、国は28
日、用地の賃貸借を認める方針を表明した。地元の要望を受け入れ、全面国有化
の方針を転換した。一方で、地域振興策など生活再建に密接に関わる課題が先送
りされたことに地元は強く反発しており、交渉は長期化の様相を呈してい
る。・・・・・>

7.<汚泥搬出へ第一歩 乾燥施設の安全祈願祭 国見>福島民報2014/07/29 11:07
http://www.minpo.jp/news/detail/2014072917145
<福島第一原発事故の影響で国見町の県県北浄化センターに保管されている汚泥
の仮設乾燥施設の建設工事安全祈願祭は28日、センター内の現地で行われ
た。・・・・施設の設計、建設費は16億4916万円で、JFEエンジニアリ
ング(本社・東京)が委託を受けた。平成27年4月から2年間運転する予定。
 同センター内に保管されている汚泥は約2万5千トンに上り、放射性物質を含
むため搬出できずにいた。汚泥の異臭と放射性物質への不安、風評被害への懸念
から、周辺住民らが早期搬出を国や県に求めていた。同施設で汚泥の体積を5分
の1から4分の1ほどまで減容化し、飯舘村へ搬出する。>

8.<「原発事故 福島に負の印象強く」>朝日デジタル2014年7月29日09時57分
http://digital.asahi.com/articles/CMTW1407280700004.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_CMTW1407280700004
<●首都圏の1000人対象 県が尋ねる
 県が福島県の震災前と震災後のイメージを首都圏にすむ約千人に尋ねたとこ
ろ、震災前は良いイメージを持っていた人が5割を超えていたのに、震災後は良
いイメージを持つ人が3割台半ばにまで落ち込んでいた。県は「原発事故による
負のイメージが強く残っている」と分析している。調査は、県が風評を払拭
(ふっ・しょく)する戦略の参考にしようと、6月に福島を含む18都府県で実
施し、2199人から回答を得た。今回、東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県の
1077人分の分析結果を公表した。福島のイメージについて、震災前は「良
い」「まあ良い」イメージを持っていたと答えた人は合わせて52.7%いた
が、現在は35.1%に減った。逆に、震災前に「悪いイメージを持っていた」
「あま
り良いイメージは持っていなかった」人はわずか3.4%だったのに、現在は
21.5%と6倍以上に増えた。現在のイメージ(複数回答)で最も多かったの
は「原発の県」で57.8%。次いで「頑張っている」(52.0%)、「自然
に恵まれた」(30.3%)。「可哀そう」(23.2%)「停滞している」
(21.3%)も2割を超えた。福島への関心については、68.0%が「持っ
ている」と回答。「震災時より現在の方が関心が増えた」と答えた人も
33.5%いた。・・・・・・・・・・>

8’.<九州や関西圏で悪化 県が本県の「イメージ調査」>福島民友(07/29
10:45)
http://www.minyu-net.com/news/news/0729/news12.html
<・・・・・・・・・現在の本県へのイメージを聞く設問で「悪い」「あまり良
くない」と答えたのは首都圏21.5%、関西21.9%、九州が23.6%。
一方「良い」「まあ良い」のプラスイメージは首都圏35.1%、関西
27.4%、九州が20.7%で、本県から距離が離れるにつれ、プラスイメー
ジが減り、マイナスイメージの割合が高くなる傾向がみられた。また、県民自身
も約3割がマイナスイメージを持っていることが示された。
(県、改善へ情報発信に力)  県は「関西や九州はもともと本県についての情
報量が少なく関心が薄い。良いイメージを持ってもらうためにはより積極的な情
報発信が必要」として、関西圏などでのマスコミやホームページを活用した情報
提供やトップセールスを進める方針。>

9.<復興へ農地転用 川俣、川内にメガソーラーや工業団地>福島民友
(07/29 10:20)
http://www.minyu-net.com/news/news/0729/news8.html
<川俣町と川内村は、原発事故で汚染された農地の有効活用を図るため、改正農
地法施行規則に基づく農地転用の規制緩和に乗り出す。転用された農地ではメガ
ソーラーや工業団地の造成を進め、復興の取り組みを強化する。同規則は改正
で、原発事故の避難区域がある内陸部の市町村にも農地転用の特例措置を拡充し
た。内陸部の特例措置適用は県内市町村で初めて。県が28日、県庁で開いた新
生ふくしま復興推進本部会議で示した。によると、川俣町は約7ヘクタールの農
地転用を進め、羽田地区に工業団地、山木屋地区には大規模太陽光発電施設(メ
ガソーラー)を整備。川内村は約7・3ヘクタールの農地を転用、平伏森、糠塚
両地区に太陽光発電など再生可能エネルギーの導入促進に向けた施設を造る。
・・・・・・・・・・・・>

10.<広野中の引っ越し開始 双葉郡の中高一貫校に改装>福島民友(07/29
10:20)
http://www.minyu-net.com/news/news/0729/news9.html
<来春開校する双葉郡の中高一貫校の仮校舎となる広野町の広野中で28日、校
舎の引っ越し作業が始まった。同中校舎では今秋から中高一貫校開校に向け改装
作業が始まる予定で、同中の生徒らは2学期以降、約200メートル離れた高台
の広野小北校舎に学びやを移す。・・・・・中高一貫校は、来年4月に広野中校
舎を仮校舎として開校する計画で、県教委は2019(平成31)年春に広野小
近くに本校舎を新設する。>

11.<田村市などの呼び出し再開=裁判員候補、8月から−福島地裁>時事通
信(2014/07/29-18:56)
記事全文<福島地裁は29日、東京電力福島第1原発事故を受け、裁判員候補の
呼び出しを免除していた田村市の一部と広野町の住民について、8月から呼び出
しを再開すると発表した。同地裁によると、再開するのは、4月に避難指示が解
除された田村市都路地区などと、原発事故の約半年後に緊急時避難準備区域が解
除された広野町の全域。南相馬市など10市町村については、免除を継続する。> 

12.<被災地聖火リレーなど具体化へ=20年東京五輪の復興支援>時事通信
(2014/07/29-18:20)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201407/2014072900758&g=soc
<2020年東京五輪・パラリンピック開催を、東日本大震災からの復興に役立
てるため設置された被災地復興支援連絡協議会の第1回会合が29日、東京都庁
で開かれた。出席した岩手、宮城、福島の被災3県の代表者からは、大会参加国
の事前合宿誘致や、被災地での聖火リレー実施を要望する声が出た。・・・・・
福島県からは、東京電力福島第1原発の事故対応の拠点になっているJヴィレッ
ジの活用を求める意見があった。・・・・・・>

13.<シラス漁 正式決定 沿岸海域で来月から試験操業>福島民報07/29 11:04
http://www.minpo.jp/news/detail/2014072917141
<県漁協組合長会は28日、いわき市の県水産会館で開かれた。8月から11月
を漁期に、沿岸海域の試験操業でシラス(カタクチイワシの稚魚)漁を行うこと
を正式に決めた。シラス漁の試験操業はいわき市漁協と小名浜機船底曳網漁協で
は初めて。小型船計46隻が参加し、漁獲後は茨城県北茨城市の大津港水産加工
業協同組合の会員が加工する。相馬双葉漁協は昨年に続く実施で小型船67隻が
参加し、相馬原釜魚市場買受人協同組合の会員が加工する。相馬双葉漁協が9月
から来年6月まで行う沖合底引き網漁の試験操業・・・・・・・・・>
<つづく>

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内