[CML 032855] 刻まれた加害と被害...記憶展 山本宗補@浦和の楽風

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 7月 28日 (月) 20:33:28 JST


山本宗補さんから暑中見舞いが来た。

これは行かなきゃ。

 一年前に出版した大型写真集「戦後はまだ・・・刻まれた加害と被害の記憶」(彩流社)の巡回写真展が各地で続いています。

おかげさまで写真集は、昨年12月に平和協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞し、写真集の内容が評価されました。定価5000円にもかかわらず、売れ行きは良好です。

巡回展は、*8月1日から10日までさいたま市浦和区にある**日本茶喫茶ギャラリー*楽風にて写真展を開催し、期間中には対談もあります。

*ギャラリー楽風 <http://ameblo.jp/rakufu/>*では、*畳の部屋で土壁*という空間に写真パネル50点を展示予定です。

2日(土)午後17:00からの対談相手は、写真集にも収録させていただいた関利雄さん。

関さんは16歳で東京陸軍飛行学校に入隊した少年飛行兵。長い訓練期間を経て、実戦で戦闘機「隼」の元操縦士となり、米軍爆撃機B24とB29を撃ち落したこともある人です。90歳を過ぎても杖知らずで、話し方も記憶もしっかりしています。関さんとの対談を通じて、戦闘機操縦士の体験した戦争の不条理を参加者と共有したいと思っています。

対談はスペースの都合で先着30名まで。要予約。参加費1000円。

楽風連絡先:TEL/FAX:048-825-3910
郵便番号330-0064
さいたま市浦和区岸町4-25-12

山本は1日から3日は確実に在廊予定です。写真集は会場で販売します。

その後、8月後半には姫路展(22日、23日)、大阪府高槻市展(29日~31日)と続き、9月には函館展(9月19日~21日)が決まっています。

-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内