[CML 032822] ヘイト クライム / 未成年者不法入国問題

朴エルエー futeisha at gmail.com
2014年 7月 27日 (日) 03:06:58 JST


7月24日 ロングビーチ

イスラム女性へのヘイト クライム

ロングビーチ市警察による記者への報告によると、中東イスラム教徒女性が自分の頭髪と首の周りを隠す布、このヒジャブを駐車場で
引っ張られ軽いケガをしたという事件があったということだ。
警察ではこれを「ヘイト クライム」として捜査するが、一般に情報提供もほしいとしているようだ。
http://www.nbclosangeles.com/news/local/Man-Rips-Hijab-From-Womans-Head-Long-Beach-Hate-Crime-268369342.html

***********************
親を共わない未成年者だけの不法入国

不法滞在外国人への支出が少なくない現状もあり、今米国で問題となり受け入るべきである、イヤ受け入れたらもっと恩赦狙い未成年者の不法
入国が増えるから即座に強制送還しろ、という議論が「 BORDER CRISIS 」 などと報道され盛んにされている。

ロスアンゼルス郡では
http://en.wikipedia.org/wiki/Los_Angeles_County,_California#Illegal_Immigrants

不法滞在外国人への支出が年間約1600億円
そのうちその子供達への「生活保護」 656億円、
「フードスタンプ」 376億円など
という2013年9月だがこのような報告もある。
http://losangeles.cbslocal.com/2013/09/16/undocumented-la-county-parents-projected-to-receive-650m-in-welfare-benefits/

(カルフォルニア州全体、他の州での支出、また全国総合での報告も後日みてみたい)
(親が不法入国者であってもここで生まれた子供は初め二重国籍、後に本人選択。米国籍を選択しない場合は永住権者となる)

しかしこれらをの不法入国未成年者達の臨時収容を受け入れるという地方自治体が増えているということだ。
共和党州知事のニュージャージー州、他メリーランド州、ニューヨーク州のシラキュース市、ウィスコンシン州ミルウォーキー市、アイオワ州デイブン
ポートなどは住民が反対するが、これを人道主義的立場から密入国の子供のための収容施設の開放を検討しているそうだ。

クリスティニュージャージ集知事「密入国の子供たちが苦しむことを望まない」
セラキュー市長「私たちは多くの国からの移民を歓迎してきた長い歴史を持っており、子供収容施設を開くという私の考えに反対する住民が抗議し、
メールを受けていますが、このようなことは私たちの歴史の中でいつものことであり、実現したい」

ニューヨーク市にはすでに3200人以上が到着し、数ヶ月以内に他に約7700人が到着する予定。
各種支援団体においては裁判での救済措置を助けたり、医療また心理的カウンセリングも支援する動きがある、ということだ。
http://politicalticker.blogs.cnn.com/2014/07/17/christie-n-j-may-consider-housing-kids-from-southern-border-influx/

以上。


CML メーリングリストの案内