[CML 032792] 【報告】第1192日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 7月 25日 (金) 07:00:10 JST


青柳行信です。7月24日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
        私たちの人生の一日はこの日に!

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
http://ameblo.jp/yaaogi/
・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770−5−71599
<通信欄に8.31集会と明記>

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1192日目報告☆
        呼びかけ人賛同者7月24日3512名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
お疲れさまでした。
昨日は33度もありました。
この夏は できるだけ クーラーを使わずに過ごそうと思っています。
今回は テントの撤収風景を載せました。
フクシマの現状は ひどい事態ですね。放射性物質は飛び散るし、防水用の氷は
凍らないし、汚染水タンクは 中古品を持ってくるはで、企業の責任が感じられません。
あんくるトム工房 
テントの片づけ   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3111
集会と映画のご案内  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3112
福島はボロボロ   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3113

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆テラ(兆)ベクレル、地球(テラ)を滅ぼす放射線が瓦礫撤去で相馬の美田に
      (左門 7・15−729)
※tera=10の12乗倍という厖大な数値。いみじくも「terra=地球」と発音が似る。「がれき撤去による放出量は2800ベクレル×4時間で1・2テラ・ベクレルと
なる」と説明されても素人の頭では推量するのも困難な数値だ。小倉志郎元原発技師は「途方もない怪物を造ってしまった」と後悔した。しかし、原発ムラの現役の「神官」たち
は、1頭でも持て余しているいる怪物の仲間50数頭を制御できると「御託宣」を並べている。ゴジラよ!偽預言者たちを一網打尽にして!!!

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<川内原発の審査書案にパブリックコメントを出そう>について報告します

1.はじめに
今年の2月13日原子力規制委員会の田中委員長は、審査の過程で意見公募や公聴会
を行う方針を発表しました。

公聴会や意見公募は科学的・技術的な問題に限るとしました。

原子力規制委員会の新設と新規制基準の策定、新規制基準適合性に係わる審査は、福
島第一原発の過酷事故発生後、日本の原発の再稼働が極めて困難になった時、電力会
社や財界が再稼働を実現するための最大の戦略に成りました。

そして、時間をかけても、原子力規制委員会の新設と新規制基準の策定が行われ、新
規制基準適合性に係わる審査が続けられてきました。

 新規制基準と電力会社の再稼働申請書、新規制基準適合性に係わる審査の資料は膨
大な量が有り、反原発の市民グループはなかなかそれらに含まれる真の問題が理解で
きにくい状態が続いていました。

 川内原発の新規制基準による適合性審査が始まって、丸1年間が経たので、まだ十
分な審査が終了していないのに、潮目ということで、川内原発の審査書案が7月16
日に公表されました。

 そして、パブリックコメントの期間は7月17日から、8月15日までとし、内容
は科学的・技術的なものとし、審査書案に対する意見で、具体的にどのページのどの
部分に対する

 パブリックコメントかを明示する事とされました。

もともと、新規制基準が短期間の検討で策定され、検討中に安全基準から規制基準に
変質され、安全防護の大原則の5層目の避難計画を外しており重要な対策項目に5年
間の猶予を与へたり、規制数値をできるだけ決めずに、努力目標を示す等、海外の優
れた安全基準に比べて、最低の規制基準に成っています。

 そして、正しいパブリックコメントを提出し、規制基準に適合した審査書が策定さ
れても、安全は確保されないので、問題は解決されません。

 しかし、パブリックコメントが全量を応募内容に外れるものならば、全量のパブ
リックコメントは集計から除外されて、パブリックコメントは無かったものになりま
す。
 したがって、重要で正しいが応募内容に外れるパブリックコメントと応募内容その
もののパブリックコメントをはじめから識別し半々ぐらいに提出し、世論に訴えることが重
要に思われます。

2.川内原発の審査書案の構成

○ 13ページから31ページは地震による破損の防止です。
原子力発電所の地震対策は従来の原子炉規制基準に規定されていた項目で、基準地震
動の審議が長時間行われた部分で、検討経緯が記述されているが、最終的に基準地震
動620cm/s2(620ガル)の策定が了承されている。

○  32ページから53ページは津波による破損の防止です。
 原子力発電所の津波対策は従来の原子炉規制基準に規定されていた項目ですが、
最大津波高さはマグニチュウド9.1クラスの地震による津波を考慮し、基準津波高
さを3.7mから6mにひきあげたので、認定されたようです。

○  53ページから112ページは外部からの衝撃による損傷の防止です。
この項目は、福島第一原発の過酷事故の結果から、規制基準に新しく採用されたもの
が多く含まれるようです。

56ページから61ページは竜巻対策です。

61ページから69ページは新しく追加された火山対策です。

 火山灰対策はかなり重視されて審議されていますが、火砕流についてはほとんど問
題になっていません。

69ページから100ページまでは、山火事や洪水等の対策です。

81ページから82ページに簡単に侵入者対策が説明されています。

75ページから76ページには航空機の墜落は火災対策で説明されています。

100ページから112ページまでは外部電源等の損傷対策です。

○  113ページから417ページまでは重大事故対策(過酷事故、シビアーアクシ
デント対策)です。

原子力規制委員会は過酷事故の言葉は国民に刺激的すぎるとの事で、重大事故対策に
言葉を変えました。

ヨーロッパやアメリカでは、過酷事故対策は安全規制基準の最も重要な部分でした
が、日本では安全性基準には含まれていませんでした。

 そのために、福品第一原発の過酷事故発生の最大の原因に成ったので、今回規制基
準がまるまる策定されたので、過酷事故対策基準に問題が多くあります。

 また、適合性審査も、穴だらけになっています。

413ページにはテロ対策が記載されています。

○  ページ418は審査結果で5行です。

3.パブリックコメントの内容の問題

 現在のパブリックコメント提出計画は一番に火山対策問題、2番に地震対策問題に
なっており、過酷事故対策問題はほとんどとりあげられていないように思われます。

このまま進行すると、パブリックコメントの受領は少しだけで終わってしまうように
思われます。

★ 「川内の家」の岩下 さんから:
 「川内の家ニュース」17号を配信します。
http://tinyurl.com/m42t2uh
7/28から、原発いらない福島の女たちの「辻説法」後半戦です。

★ 紅林進 さんから:
原発が止まると電気が足りなくなるという原子力ムラの連中が喧伝していたウソが事実に
よって否定された今日、彼らは、原発停止による原油等の燃料費の増加・国外流出(これ
も原発が止まったからというより、円安による影響の方が大きい)と地球温暖化問題(これ
まで、その対策に否定的、冷淡だった人々もこぞって、この問題を持ち出す厚かましさ)を
原発再稼働、原発推進の理由付けに利用しようとしていますが、「地球温暖防止のために
原発が必要」という原子力ムラのウソをあばく、下記のシンポジウムが、eシフト(脱原発・
新しいエネルギー政策を実現する会)の主催で、7月31日(木)に東京・青山(表参道)の
東京ウィメンズプラザで開催されます。ぜひご参加ください。

(以下、転送・転載・拡散大歓迎)
―――――――――――――――――――――――-
7/31 地球温暖化のために原発再稼働!? 〜原子力ムラのウソをあばく
http://e-shift.org/?p=3050 
日時: 2014年7月31日(木)18:30〜21:00
場所: 東京ウィメンズプラザ・視聴覚室(東京・表参道)
―――――――――――――――――――――――-
原発維持が書き込まれたエネルギー基本計画。原発が動かなくても電力供給には支障がな
いことが明らかになった今、日本政府や経団連は、温暖化対策を原発再稼働の理由として
戦略的に利用しようとしています。

しかし、そもそも日本政府や経団連は、福島原発事故が起きる前でも、本気で温暖化対策
に取り組んでは来ませんでした。そればかりか、現在、原発事故を良い理由に、石炭火力
発電所の新設や公的支援による輸出も行おうとしています。完全に世界の流れには逆行し
ていて、温暖化対策を語る資格が全くな
いの が日本政府や経団連です。

温暖化政策の基本は、省エネと再生可能エネルギーへのシフトを進めること。それにブレ
ーキをかける日本政府や経団連が「温暖化対策のために原発再稼動」を叫ぶ許しがたい
現状、それでもだまされる多くの国民・・・。本シンポジウムでは、これらの誤解や矛盾を
明らかにします。

【日時】 2014年7月31日(木)18:30〜21:00
【場所】 東京ウィメンズプラザ・視聴覚室(東京・表参道)
     (東京メトロ「表参道」駅下車B2出口より徒歩7分)    
     地図http://www.pbls.or.jp/event/map_tokyo-womens-plaza.html 
【プログラム(予定)】
1.再稼働に利用される「地球温暖化」
 山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)

2.原発は温暖化対策の答えではない
 明日香壽川さん(東北大学教授)
・IPCC評価報告書における原子力発電の位置づけ
・原発推進ロジックの問題点:プロパガンダ映画『パンドラの約束』を見て
・温暖化懐疑論と脱原発との残念な関係

3.温暖化を防ぐためにこそ、原発はやめるべき
 平田仁子さん(気候ネットワーク)
・「原発停止が気候変動目標を難しくする」は本当か?
・「原発停止により、石炭火力発電の新設が必要」は本当か?

4.メディアの立場から
 石井徹さん(朝日新聞編集委員)

【資料代】500円
※申込受付なし、直接会場へお越しください。
【主催・問合せ】eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
Tel: 03-6907-7217(FoE Japan内)、info at e-shift.org

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2232】
2014年7月24日(木)地震と原発事故情報−5つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
☆1.通常40人のデモに200人が結集
   再稼働に反対する声が強いのだと改めて痛感
   岐阜の次回の開催は9月6日(土)岐阜市内
        岐阜県から報告 中川敦詞(たんぽぽ舎ボランティア)
☆2.どの先生もやりにくくて困っている原発や核の便利な教材集が
   できました!増刷りするだけですぐに使える
   『原爆と原発事故について学ぶ記入式教材集』
                   関根一昭(埼玉県)
☆3.テキサスからのお客様と官邸前抗議を巡ってみました
   テキサス大学院生のヴィヴィアンさん
   7月18日第110回首相官邸前抗議
           西やよい(たんぽぽ舎 金曜行動ボランティア)
☆4.今月号のDAYS JAPANは福島被災者の大特集です
               広瀬 隆
☆5.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆7月31日口頭弁論期日&報告・学習会−東電株主代表訴訟
   13:30〜東京地裁103号法廷
━━━━━━━
※永遠に原発ゼロに! 再稼働反対!
 7/25(金)第111回首相官邸前・国会議事堂周辺抗議にご参加を!
 日時:7月25日(金)18:00〜20:00
 主催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も参加・構成団体)
    当日の詳細は http://coalitionagainstnukes.jp/ を参照
○たんぽぽ舎はいつものように13:00集合、ビラ折りやプラカードづくりの作業、たんぽぽ舎16:20出発、17:00頃、関西電力東京支店(富国生命ビル9F)前で短時間の抗議コー
ル。17:15「経産省前テントひろば」集合。
 1〜5班にわかれて17:30官邸前へ、国会前へ出発。20:20経産省前テントヨコでまとめの集会と東電抗議の際の楽器練習(短時間)。参加歓迎!
━━━━━━━

┏┓
┗■1.通常40人のデモに200人が結集
 |  再稼働に反対する声が強いのだと改めて痛感
 |  岐阜の次回の開催は9月6日(土)岐阜市内
 └──── 岐阜県から報告 中川敦詞(たんぽぽ舎ボランティア)

 私は普段、岐阜市近郊で反原発のデモや企画のお手伝いをしています。
今回、通常岐阜市中心部で行われる予定のデモをやや山間部の岐阜県関市にて6月7日におこないました。
 企画当初、開催地関市、中濃地方の各団体の方は戸惑いの色もありました。
 様々な議論を重ねて、さよなら原発・ぎふの協力を得て開催に至りました。
 地元関市の方からは「今までの最高人数は40人です。」とお聞きしていたのですが当日なんと200名の方が関市、郡上市、中濃地方、岐阜地方などから駆けつけてきてくださいまし
た。
 私の隣を歩いていた老婦人も意を決して来てくださったとのこと。
 また、巨大トトロ人形の登場やバルーンアート(風船)を腕にまきながら 時間が過ぎても整然とした様子でした。
 私は岐阜市内でもまた近郊地域でも再稼働に反対する声が強いのだと改めて痛感しました。
終了後地元の議員さんから「よくこれだけ集めんさった」というお言葉もいただきました。
 関市、美濃市でもデモの定期開催をおこなうという強い意思表示もあったそうです。岐阜の次回の開催は9月6日(土)岐阜市内です。


┏┓
┗■2.どの先生もやりにくくて困っている原発や核の便利な教材集ができました!
 |  増刷りするだけですぐに使える『原爆と原発事故について学ぶ記入式教材集』
 └──── 関根一昭(埼玉県)

 関根一昭(埼玉県立秩父高校)です。このたび原爆と原発に関する教材集『原爆と原発事故について学ぶ記入式教材集』(関根一昭・澤野重男著、平和文化発行、1800円+税)を
刊行いたしました。
 第1部「原爆と原発について学ぶ」で基礎的な内容をあつかい、第2部「原発事故と放射能汚染について学ぶ」で、東電福島第一原発事故およびチェルノブイリ、核燃料サイクル
などを現実に即した内容をあつかい、第3部「ヒロシマ・ナガサキ・フクシマから学ぶ」で脱原発、エネルギー問題などをあつかっています。以下に本書の特徴および内容について
少し詳しく述べます。
・本書の内容は、全体で17テーマから構成されています。それぞれのテーマは理科や社会科などに重点をおきつつも、それらを融合した内容になるよう配慮しました。対象は高校生
または中学生を想定しています。
・各テーマの課題は、1テーマが4ページ、または6ページで構成されています。学校の授業で使用する場合は、プリント教材として増刷りしていただき、使用しやすいように配慮
しました。
・各テーマの課題は、必ずしも最初から行う必要はありません。授業内容に関連してどのテーマから使用することも可能です。社会科や理科の授業だけでなく、総合学習の教材とし
ても使えます。サークルやゼミなどの学習会で利用することもできます。
・各テーマの課題は、「記入式」となっています。文献や、図表をもとに、基礎について学び、その問題についていかに考えるか、という視点に配慮しました。意見や感想を記述す
る課題では、グループなどで話し合いをもつことも有効です。
・各課題では、グラフを作成するなどの「作業過程」を重視して、理解を深められるよう配慮しました、作業では12色の色鉛筆、またはマーカーなどを準備してください。
 ご購入につきましては、平和文化(電話03-3812-8618  fax03-3812-7105)までお願いします。メール便ならば送料無料(若干到着が遅れる可能性あり)、郵送なら送料300円と
なります。

┏┓
┗■3.テキサスからのお客様と官邸前抗議を巡ってみました
 |  テキサス大学院生のヴィヴィアンさん
 |  7月18日第110回首相官邸前抗議
 └──── 西やよい(たんぽぽ舎 金曜行動ボランティア)

 テキサスからのお客様と官邸前抗議を巡ってみました。
前回の抗議が終わってビラを配っている時に声を掛けてくれた、テキサス大学院生のヴィヴィアンさんを今日は、官邸前抗議の案内です。
 担当の官邸前に到着後、手持ち無沙汰にしているヴィヴィアンさんにビラ配りをお願いし、私はゴソゴソ荷物整理、しばらく経って帰って来た彼女が、チョット不自然な日本語
で、「なんか、怪しまれてしまったヨお」と言いながら苦笑い、あー、ビラ配りのレクチャーは、したけどやっぱり一人は可哀想だったか、と、その手元をみたら30枚位渡したビラ
が、ほとんど無いではありませんか、エライ!ヴィヴィアンさん!そーいえば彼女は、最初の日も、ドンパン節を恥ずかしがりながらも一生懸命踊っていたっけ、言葉はカタコトで
も真摯な気持ちは誰にでも通じるんだなぁ。
 コールが始まると、彼女も私の横で、ビラを振り一緒に声を上げてました。
しばらくコールをした後二人で、お散歩に。財務省前に来ると武笠さんのコールを聞いて、あれはなんのリズムですかとヴィヴィアンさんが聞くので、あれは彼女の魂の叫びです、
と言う積りで「ソウル」と言ったけど通じたかなぁ。まぁ納得してたからいいか。
 そんな感じの噛み合ってるかどうか分からない会話を交わしながら、キャンドルサービスのスペースに差しかかり、ここはたんぽぽ舎の人達ですか?と彼女が聞くので違う事と、
英語を話せる人が沢山居る所だと話すと早速、彼女は中の一人とダーっと英語で話し始めた。おー、止まらない、たまに解る単語が出て来るだけで、後はワカラぁん、話し中断させ
るのも悪いなぁと思ったので、居合わせたKさんに彼女を任せ、後でテント前で落ち合う事として私は単独行動に。
 やっぱり英語ぐらい出来なくてはなぁ。今度の七夕のお願いは、「英語が話せる様になりますように」だな。うんf^_^;)

┏┓
┗■4.今月号のDAYS JAPANは福島被災者の大特集です
 └──── 広瀬隆

全国のみなさま
○ 今月、8月号のDAYS JAPANは、福島被災者の大特集です。
 本誌の中に、「福島の母たちの座談会〜ここで育てて大丈夫?」があって、打ちのめされますが、それに加えて、別冊特集「福島原発事故後の生活・子どもの健康 福島の母
440人の証言集」112頁があって、圧倒されます。編集した人たちに、頭が下がります。
 これを読めば、誰しも「苦しみの渦中にある福島県の人たちをどうすればよいのか」という疑問(自問自答)に悩むはずですが、やはりこの福島県民が求めている言葉は、国が正し
く救済の手を差し伸べるべきだ、ということにつきると思います。しかし極悪人・安倍晋三と、福島県の行政担当者たちは、まったく何もしないどころか、その逆・逆のことで福島
県民を苦しみに追いこんでいるのです。
 私たちも同じ日本人として、それを日本政府と国会議員に放置させていることが、恥ずかしい限りです。必読、必携、のDAYS JAPANです。これを保存しておいてください。
○ もう一つ、沖縄在住の敬愛する政治学者(わが友)C・ダグラス・ラミスさんが、平凡社から『中学生の質問箱 戦争するってどんなこと?』を出版しました。子供むけに分り
やすく書かれていますが、これは、いまこそすべての日本人の大人に読ませたい内容です。
 ということで、9月23日には、「戦争参加阻止・全原発廃炉」を求めて代々木公園の全国集会に大結集しましょう。「日々雑感」サイトに、その呼びかけPDFを掲載してありますの
で、どうかこれから2ヶ月のあいだに、この呼びかけを広めてください。必見!! http://hibi-zakkan.net/archives/39218872.html
 何度でも言います。いいですか、一年前の7月21日におこなわれた参院選で、自民党は有権者の2割の票しか獲得していないのです。有権者の8割が、自民党に投票していないの
だ。その2割をもって、「俺が憲法を解釈する最高責任者だ」とほざく安倍晋三を見て、1930年代のヒットラー登場にそっくりだと恐れているのが、国際世論の良識です。
  8割の有権者が、私たちの味方になるはずだ。私はまだ日本をあきらめてはいない。それが、できないはずはないでしょう。こちらが分裂さえしなければ・・
 このまま川内原発再稼働では、「ヒロシマ→フクシマ→カゴシマ」になりますよ。
○ 軍事的に見ても、いまの全世界の動きは、ごく小さなサラエボ事件から、それぞれの軍事同盟をテコにして、あれよあれよというまに第一次世界大戦に突入した地球と、ひどく
似ていると思いませんか。現在どこの国にも死の商人=兵器産業=好戦的軍人が徘徊している。だまされるな。
 彼らのスローガンはいつでも「平和のための戦争」だ。「平和のための人殺し」だ。そんな馬鹿げた論があるか!!

┏┓
┗■5.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 └──── 

 ◆7月31日口頭弁論期日&報告・学習会−東電株主代表訴訟

 今回の期日においては、予見可能性の客観的事実関係について補助参加人(東電)からの反論、津波の予見可能性の個々の認識に関して、初めて被告取締役らからの反論書面が提
出されます。
 期日後の学習会には今年4月、原子力協定に関し、国会で参考人として招致された舩橋晴俊さん(法政大学社会学部教授)をお迎えします。

【直前地裁前アピール】・12:30〜東京地裁前
【第11回口頭弁論期日】・13:30〜東京地裁 103号法廷
【報告&学習会】・14:30〜16:15(予定) 
裁判報告 代理人弁護士
14:30 報告:本日の東電、被告取締役らの反論について
15:00 学習会「50年前の三島コンビナート全面勝利の経験から学ぶ」
講師:舩橋晴俊氏(法政大学社会学部教授)
参議院議員会館B109号室(最寄:永田町)
主催:東電株主代表訴訟 tepcodaihyososho.blog.fc2.com/
   nonukes0311 at yahoo.co.jp 090-6183-3061(木村結)

★ 前田 朗 さんから:
民主主義科学者協会法律部会 <http://minka-japan.sakura.ne.jp/main/>は、
「憲法9条解釈変更・集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議する声明」を発表
しました。
http://minka-japan.sakura.ne.jp/main/katudo/seimei/seimeishudantekijieiken

またぞろアジア女性基金方式の蒸し返し。
従軍慰安婦問題:河村氏が「謝罪の手紙と基金」で解決提案:毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/m20140725k0000m010025000c.html

時事通信
ヘイトスピーチ処罰を=慰安婦問題、国家責任認めよ−国連対日勧告
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014072400979

国際自由権規約(市民的政治的権利に関する国際規約)に基づく人権委員会(国
際自由権委員会)による日本政府への勧告が公表されました。
http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/Download.aspx?symbolno=CCPR%2fC%2fJPN%2fCO%2f6&Lang=en

http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=626&Lang=en

http://www.ohchr.org/EN/HRBodies/CCPR/Pages/CCPRIndex.aspx

★ 井上澄夫 さんから:
佐賀空港への陸自導入オスプレイ配備や普天間米海兵隊オスプレイの暫定移転計画には、地方自治・住民無視で前のめりにことを急ぐ安倍政権の姿勢が露出しています。

◆海上保安庁、辺野古沖の長島に「立ち入り禁止」看板 7・24 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-228999-storytopic-53.html

◆桟橋建設など工事続く キャンプ・シュワブ内 7・24 琉球新報電子版
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-229020-storytopic-53.html

◆桟橋 スロープを拡大 辺野古、工事と訓練続く 7・24 琉球新報
写真 米海兵隊が海上演習を行う隣で、重機やトレーラーなどを使い工事を進める作業員=23日午前10時54分、名護市辺野古
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-229005-storytopic-3.html

−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●<1000日目記念冊子希望先●
※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

●「さよなら原発!福岡」例会 7月30日(水)18時30分〜 ●
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
      福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
            地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
       第二回実行委員会
   日 時: 8月2日(土)13:30〜
   場 所: (鹿児島薩摩)川内文化ホール 2階会議室
   地図:http://tinyurl.com/nhlcswd
  〒895-0054 薩摩川内市若松町3−10
    筺В娃坑坑供檻横押檻毅横隠
 呼びかけ:原発いらない!九州実行委員会

●ストップ川内原発再稼働!8.31九州・鹿児島川内行動● 
集会場所: JR川内駅西口駅前広場
住 所:  薩摩川内市鳥追町156-1
地 図: http://tinyurl.com/jvgfou3
13:00〜 集会
      <集会の後に一斉にダイイン>
14:00〜 デモ行進(市内メイン道路) 
14:30〜 はがき行動戸別訪問(市民との対話)
17:30〜 原発の見える浜辺 寄田浜(よりたはま)
             http://tinyurl.com/qxrztqk
       台湾・韓国からの人たちと、川内原発現場に行き、
      途中ルートでいかに避難が不可能かを確認。闘いの歩み跡。
チラシ表 http://tinyurl.com/nvjs75p
チラシ裏 http://tinyurl.com/mffy52e

・カンパ送り先
郵便振込 加入者名 さよなら原発! 福岡 口座番号 01770−5−71599
<通信欄に8.31集会と明記>

 他金融機関からの振込用口座番号 
 一七九(イチナナキュウ)店(179) 当座 0071599

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:さよなら原発!福岡
    原発とめよう!九電本店前ひろば
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(080-6420-6211青柳)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
          10月10日(金)午後2時 地方佐賀裁判所
              原告総数 原告総数 8219名。(7/18現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
       <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内