[CML 032748] 7月24日(木)午後4時からNHK前行動

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2014年 7月 22日 (火) 23:02:01 JST


国際NGOの国境なき記者団によれば、日本の報道の自由度は世界第59位。集団的自衛権、原発再稼働、イスラエルによるパレスチナ攻撃などの問題でことごとく政府寄りの報道・放送をしているメディア。特に安倍首相によるお友達人事の産物である籾井会長になってからのNHKはひどいものです。

政府と一体化しているNHKに物を言いに行きます。下記要望書を窓口のNHKハートプラザ (http://www.nhk.or.jp/css/communication/heartplaza.html) で届け、意見を伝えた後、NHK前の街頭で訴えます。ご参加ください。

ツイッターのハッシュタグ「ザ草の根同時多発アピール」で長岩均さんらと行っている街頭行動の有志の呼びかけとなります。一応、海外メディアに声を掛けました。

太田光征


要望書:

NHKは政府からの独立を保ち、公共放送としての使命を果たせ
NHK, keep independent from the government and carry out the mission as public broadcaster

NHK経営委員会御中
To the NHK Management Committee

また、NHKに対する政治介入が顕在化したようです。この国の憲法をただの閣議決定で変えてしまおうという集団的自衛権の行使容認をテーマに、クローズアップ現代が7月3日に菅義偉官房長官を呼んで放送したところ、首相官邸側が国谷裕子キャスターの質問内容にクレームを付けたと、7月11日発売の週刊誌フライデーが報じました。

It seems that a political intervention against NHK has been revealed again. NHK broadcasted Today's Close-up with the topic of admitting of collective defense right by the mere cabinet decision resulting in the change of the Constitution, in the presence of Yoshihide Suga, Chief Cabinet Secretary, on July 3, 2014. Following the broadcast, weekly magazine Friday published on July 11 reported that the question by Hiroko Kunitani, Caster of Today's Close-up, was challenged by pressure from the Office of the Prime Minister. 

NHKの籾井勝人会長は15日に週刊誌の内容を否定しましたが、一連の問題発言から明らかなように、同会長がこの政治スキャンダルでNHKの潔白を説明できる資格がありません。

NHK President Katsuto Momii denied the report by Friday on July 15, but Mr. Momii is not qualified to explain NHK’s political scandal of accepting such governmental pressure as is clear from a series of problematic remarks by himself.

現安倍首相が閣内にいるときに顕在化した政治介入は、これで2回目ということになります。1回目は、NHKが2001年1月30日に放送した「戦争をどう裁くか(2)問われる戦時性暴力」をめぐって、当時の安倍晋三内閣官房副長官らが事前にNHKに介入し、番組内容を大幅に変更させたという問題です。今回の週刊誌報道が事実なら、2001年から政権と一体化するNHKの体質が変わっていないことを意味します。

It is the second that a political intervention against NHK is revealed when incumbent Prime Minister Abe is in the Cabinet. The first was when then Deputy Chief Cabinet Secretary Abe and others intervened beforehand against the NHK program "How War Should Be Judged" Vol.2 “Wartime Sexual Violence Need to be Questioned” broadcasted on January 30, 2001 and altered the contents significantly. If the report by Friday is true, it means that NHK’s habitude of integrating with the Government has never been changed from 2001.

この政治介入も問題ですが、そもそもクローズアップ現代やNHKスペシャルなどが閣議決定の前に同テーマの番組を放送していないことも重大です。安倍首相によるNHKお友達人事の成果でしょう。決定後の報道は民主主義を支える報道としての価値が極めて低いといわなければなりません。

While the recent political intervention is fatal, the fact that NHK’s programs such as Today's Close-up and NHK Special have not raised the same topic before the cabinet decision is also ever serious. This might be thanks to the Otomodachi-Jinij, favorable personnel affairs by Prime Minister Abe. It should be noted that the air after the cabinet decision is far less valuable in supporting democracy.

イスラエルによるガザ攻撃をめぐっての報道も、質の低さが際立っています。7月17日にキーワード「ガザ 占領」でNHKサイトを検索してみると、検索結果はわずか13件に過ぎず、ニュースに限ってみればたったの1件しかありません。対して英国BBCのサイトで同様の検索をすると、225件も見つかります。

NHK is also markedly in low level regarding its coverage on the Israeli aggression against Gaza. Searching for NHK website contents with keywords “Gaza Occupation” resulted in only 13 hits on July 17, or only 1 hit if limited to news contents, compared to 225 hits for BBC website.

また、同日のNHKサイトにアクセスしてまず目に飛び込んでくるビジュアルが木曜時代劇「吉原裏同心」であるのに対して、BBCサイトではガザ攻撃の写真です。違いは歴然としています。

It was Thursday Samurai Drama “Yoshiwarauradoshin” that came into eyes as the first visual when one accessed the NHK site on that day, whereas it was an image of Gaza aggression in the case of BBC. The difference is like night and day.

いま日米共同開発の戦闘機をイスラエルへ輸出し、パレスチナ攻撃に使わせようとしている時に、この報道の有様はあまりの無関心といわなければならず、このような「公共放送」を抱えることは市民にとって恥以外のなにものでもありません。

When the Japan-U.S. jointly developed fighter aircrafts are to be exported to Israel and used for Palestine aggression, such plight of NHK's coverage certainly represents awesome apathy. It is none other than shame for citizens to have such a “public broadcaster”.

さらに付け加えるなら、NHKはイラク戦争での自衛隊による米軍支援をめぐって、現地での給水活動のシーンばかりを延々と放送し続け、米軍サイトにも写真で掲載されている米兵輸送のシーンなどは一度も報道しませんでした。これが年収1000万円以上をもらうジャーナリストの仕事であるとは情けない限りです。

Furthermore, regarding SDF support to U.S. forces in the Iraq war, NHK endlessly aired only the scene of water supply activity by SDF, but did not report the scene of transporting U.S. soldiers by the SDF airplane, which is posted on the U.S. military site in the form of photo. Is this work by the journalists receiving more than 10 million yen as annual salary? Too miserable.

NHKは政府と一体化し、政府の意向を忖度した番組・報道姿勢を一貫して取っています。この姿勢を改める改革の一歩として、籾井会長や経営委員の辞任を求めます。元幹部を含む172人のNHK退職者でさえ、籾井会長の罷免ないし辞職勧告を経営委員会に求めているくらいです。その上でクローズアップ現代に対する政治介入の検証作業を外部の視点を交えて行うよう、お願いします。

NHK consistently has the approach that it integrates with the Government and airs in consideration of the Government’s intent. We request that NHK should urge President Momii and the Management Committee to resign as the first step to reform such approach. Even 172 retired NHK staff including former executives have asked the Management Committee to dismiss President Momii or advise him to resign. After that, please investigate the political intervention against Today's Close-up with an outside perspective. 

政府の進める新エネルギー基本計画や原子力規制委員会による川内原発の再稼動審査に関しても、見通しの立たない避難計画や地震・火山噴火の危険など様々な問題があり、また多くの住民や国民が反対や懸念を示しているにもかかわらず、こうした民意を無視した政府の意向にそうかのような報道についても改善を求めます。

Also, as for the new Basic Energy Plan and the approval of Sendai Nuclear Power Plant restart by the Nuclear Regulation Authority, we have many issues such as foggy evacuation plan and earthquake and volcanic eruption risks. While many residents and citizens show opposition and concern, NHK broadcasts in the manner of ignoring public opinion and considering the Government’s intent. We also ask NHK to improve such coverage.

NHKの独立を求める市民有志

Voluntary Citizens Calling for NHK’s Independency

長岩 均
西尾典晃
太田光征

Hitoshi Nagaiwa
Noriaki Nishio
Mitsumasa Ohta



CML メーリングリストの案内