[CML 032717] 江東区亀戸で空襲被害者のつどい

林田力 info at hayariki.net
2014年 7月 21日 (月) 14:21:37 JST


全国空襲被害者連絡協議会・結成4周年のつどい
終戦の日の8月15日(金)午後1時30分から東京・江東区 カメリアプラザ3階 カメリアホールで、全国の空襲等民間人被害者の差別なき戦後補償立法の制定を求めるつどいを開催します。
空襲被害者の訴え、国会議員・政党からの発言・メッセージなど。
記念講演は「平和をどう伝えるか」の演題で元朝日新聞論説委員の藤森研さんにお願いしています。
軍人・軍属にはこれまで54兆円を超える補償がなされているのに民間人空襲被害者は切り捨てられ放置されたままです。東京大空襲訴訟で東京地裁も東京高裁も原告らの被害事実を認定のうえ、救済は「国会の立法によって解決」すべき問題と指摘しています。
来年は東京大空襲をはじめ名古屋空襲、大阪空襲等の全国の空襲から70年で空襲被害者の平均年齢も80歳を超えられています。これまで「戦時災害援護法案」は73年から89年までに計14回国会に提出されていますが全て廃案になっています。空襲被害者は高齢で今回が最後の機会だと思います。
集団的自衛権行使容認の閣議決定等いつかきた道の危険性が加速している状況の中で空襲被害、戦争の悲惨さを多くの人々に訴えていくことは大きな意義のあることだと思っています。
8・15集会は手づくりの400人規模の市民集会で福島みずほさん他国会議員の方も出席されます。一人でもおおくの方の参加を呼びかけます。
http://www.hayariki.net/tobu/event.html

-- 
林田力(『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者)
http://www.hayariki.net/
http://hayariki.zero-yen.com/


CML メーリングリストの案内