[CML 032646] 7月16日、福島県健康管理調査専門委員会の様子

山田敏正 toshi-y at kids.zaq.jp
2014年 7月 18日 (金) 01:26:56 JST


貼り付けます。
============
http://www.ourplanet-tv.org/
福島第一原発事故に伴う住民の健康管理のあり方等について検討している専門家
会議の第8回会合で16日、福島医師会の木田光一副会長をはじめ5人の参考人
が 意見を述べ、国の責任による健康診断の実施や線量評価の抜本的見直しなど
を提言した。
  
 今回、参考人として発言したのは、福島県医師会の木田光一副会長、獨協大学
の木村真三准教授、菅谷昭松本市長、岡山大学の津田敏秀教授、東大の森口祐一
教授。まず福島県医師会の木田副会長は、原発事故による住民の健康管理は国の
直轄事業と位置づけるべきだと主張。また現在の福島県民健康管理調査では、避
難区域と避難区域以外で健診項目に差があるほか、受診率が低下していると指摘。
日本医師会では独自に、健診のデータベースを構築していると述べたうえで、抜
本的な見直しが必要であると提言した。



2014.7.16 第8回 住民の健康管理のあり方に関する専門家会議
http://www.ustream.tv/recorded/50141139


*****************************
山田敏正
toshi-y at kids.zaq.jp
http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/
*****************************



CML メーリングリストの案内