[CML 032617] 国際自由権規約委員会、日本政府報告書審査に関する報道

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2014年 7月 16日 (水) 13:48:09 JST


前田 朗です。

7月16日

現在、ジュネーヴの国連欧州本部で、国際自由権規約(ICCPR、 市民的政治的権
利に関する国際規約)に基づく人権委員会(Human Rights Committee、国際自由
権委員会)において、日本政府報告書の審査が行われて います(7月15日及
び16日)。

現地には多数の日本関連NGOのメンバーが参加してロビー活動を展開していま
す。事前に共同して人権委員会に NGOレポートを提出し、現地では委員への
情報提供や要請も行っています。

私は今回はジュネーヴに行けなかったのですが、現地で活動しているNGOメン
バーから情報を受け取っていま す。

そうした中、いくつかの報道が出ていますので、ご紹介します。

以下の(1)(2)は産経新聞の事前報道。

(3)はドイツの通信社の配信記事とのことで、審査第一日目の内容が報じられ
ています。ヘイト・スピーチが大 きく取り上げられたようです。

*******************************

(1)産 経新聞

ヘ イトスピーチ議題に 国連人権委が対日審査

2014.7.15 16:36

 国連のB規約(市民的および政治的権利)人権委員会による対日審査が15
日、ジュネーブ の国連欧州本部で、2日間の日程で始まる。「ヘイトスピー
チ」(憎悪表現)と呼ばれる人種差別的な街宣活動や死刑制度、従軍慰安婦問題
な どが主な議題。対日審査は2008年以来、約6年ぶり。

 法律専門家ら有識者18人の委員でつくる委員会は審査を基に、日本への具体
的な人権状況 の改善勧告などを盛り込んだ「最終見解」を今月末に公表する予
定。審査は委員らが質問し、日本政府が答弁する形式。

 国際的な人権保護ルールである国際人権規約にはAとBの二つの規約がある。
B規約人権委 員会は拷問・奴隷の禁止、公正な裁判を受ける権利、表現の自由
など「自由権」と呼ばれる、より基本的な人権の保護状況について、通例
5〜6年ごとに各批准国を審査する。(共同)

(2)産経新聞

慰安婦問題など日本の人権状況を審査 国連本部で

2014.7.15 17:46

 表現の自由や、拷問や残虐な刑罰の禁止などを規定した自由権規約の締約国で
ある日本政府 が、規定内容をどのように保障しているかを審査する会合が
15、16両日の日程で国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)で開かれる。日本
に 対する審査は6回目で2008年以来、6年ぶり。今回は前回に続き、非政
府組織(NGO)から問題提起されている慰安婦問題や死刑制度の ほか、特定
秘密保護法や街宣活動で民族差別などをあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)など
をめぐり、日本政府が対応状況の報告を求められる 見通し。審査を行う自由権
規約委員会は24日に最終見解を公表する。

今回は、「慰安婦は性奴隷ではない」と主張する団体「慰安婦の真実国民運動」
のメンバーが 日本の保守系団体として初めて現地入りし、委員に実情を訴える
とともに審査会を傍聴する。(ジュネーブ 田北真樹子)

(3)*2014/07/16-11:29*

*U.N. Experts Urge Japan to Tighten Hate Speech Control *


Geneva, July 15 (Jiji Press)--Japan came under pressure at a U.N.
meeting Tuesday to introduce legislation to tighten control over hate
speeches that would promote discrimination by race or nationality.
"According to information we received, there have been more than 360
cases of racist demonstrations and speeches in 2013, mainly in Korean
neighborhoods in Tokyo," Yuval Shany from Israel, one of experts at the
U.N. Human Rights Committee, said at the meeting in Geneva.
Shany asked Japan whether it is considering adopting legislation to
address hate and racist speeches.
Existing law in Japan does not allow police to intervene to stop hate
speech demonstrations, Shany said at the meeting held to review the
civil and political rights situation in Japan.
"It seems almost nothing has been done by the government to react to
Japanese-only signs which have been posted in a number of places," Shany
said.
Another committee member, Zonke Majodina from South Africa, asked if
Japan has "plans to enact a national antidiscrimination law, for direct
and indirect discrimination, applying to both public and private
sectors, complying with international standards and ensuring equal
protection to everyone."
Elsewhere in the meeting, committee members questioned whether human
rights are protected in Japan under the country's capital punishment
system as well as its system designed to provide equal employment
opportunities for men and woman.
The review is scheduled to continue into Wednesday when it is expected
to cover the issue of "comfort women" who were forced to work in Japan's
wartime military brothels.
This is the committee's first review of Japan in six years. The
committee is set to announce recommendations for improvement on July 24.
END



CML メーリングリストの案内