[CML 032613] 東電株主代表訴訟の口頭弁論に傍聴をお願いします

NOMURA OSAMI peace-st at jca.apc.org
2014年 7月 16日 (水) 06:28:50 JST


野村修身です。

このお知らせは複数のメーリングリストに投稿します。ダブって見られている方には申しわけありません。

福島第一原子力発電所の事故に対して、東京電力の経営者個人個人の責任をあきらかにすることが、私たち東電株主の社会的責任であります。このための制度が「株主代表訴訟」であり、東京地方裁判所を舞台として、裁判が行われております。

パワーポイントを駆使した、本当の事実を訴えた裁判(口頭弁論)を重ねて、「未必の故意」とも示すことが出来る、経営者個人個人の責任があきらかになりつつあります。

この裁判の結論(判決)により、今後の原子力発電が大きく変わると言っても過言ではありません。多くの皆様が裁判の傍聴に出席して、応援して下さるように、よろしくお願いします。

<以下、案内ビラより抜粋>

東京電力株主代表訴訟第12回口頭弁論
日時:2014年7月31日(木)13:30〜
場所:東京地方裁判所103号法廷

傍聴の可否は抽選で決めることになるかも知れませんので、12:50頃までに東京地方裁判所の前にいらっしゃることをお奨めします。

裁判の終了後に、裁判の報告会&学習会を行います。今後の活動を充実させるためにも、こちらにも、ぜひとも出席ください。

場所:参議院議員会館B109会議室
時刻:14:30〜
講師:舩橋晴俊さん(法政大学社会学部教授)
演題:50年前の三島コンビナート全面勝利の経験から学ぶ
                   ______________________________________________
                   NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st at jca.apc.org
                   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



CML メーリングリストの案内