[CML 032606] ふたたびの引き下げにNO!19日 生活保護の裁判の意義

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2014年 7月 15日 (火) 20:43:31 JST


*◆暮らしの最低保障引き下げにNO!集会◆*
 <https://ja-jp.facebook.com/hanhinkoncaravansaitama>*―「人間らしく生きさせて」声を届けよう!7.19市民集会―
<https://ja-jp.facebook.com/hanhinkoncaravansaitama>*


◎日時 2014年 *7月19日(土)13:30~*15:30

◎場所 *埼玉教育会館 *2階 (さいたま市浦和区高砂3-12-24)

◎参加費無料

◎基調講演 *「生活保護裁判の意義 *

* ~ひとかたまりのソーシャル**アクションへ~」*

講師 藤田孝典さん(NPOほっとプラス代表理事)

昨年8月,生活保護基準が切り下げられました.*今年4月,消費税増税と共に2度目の引き下げ*が行われ,さらに来年4月にも予定されています.

*「食費を切り詰めて,野菜を買うのも控えるようになった」*


*「友人から誘われてもお金がなくて断っていたら,だんだん誘われなくなっていった」 *

これがわが国で求められる「健康で文化的な最低限度の生活」なのでしょうか.

生活保護基準は,最低賃金や年金,就学援助など多岐の制度に及びます.

そうした重要な「暮らしのものさし」が根拠なく決められ,国民の暮らしを脅かしています.

今,この国で,この埼玉で起きていることをみつめ,共に考えていきませんか.

生活保護基準切り下げにNO!声を届けよう

◎生活保護基準切り下げ集団提訴に向けて

◎私たちの声を届けよう

 ◎埼玉でひとかたまりに

【 主催 】生活保護基準引下げ反対埼玉連絡会

【 後援 】埼玉弁護士会 埼玉司法書士会

【お問合せ】埼玉総合法律事務所(古城<こじょう>)

 TEL 048-862-0355 / FAX 048-866-0425

*事前のお申し込みは不要ですが,障害による必要な配慮(手話・要約筆記・点字資料・車いす利用など)が必要な方は予めお知らせください.

-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内