[CML 032549] 今日の言葉 ――飯田哲也よ、「橋下ブレーン」の過去を総括してから橋下を批判しろ(kojitakenの日記 2014-07-12)

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2014年 7月 12日 (土) 13:26:37 JST


今日の言葉 ――「飯田哲也よ、『橋下ブレーン』の過去を総括してから橋下を批判しろ」(kojitakenの日記 2014-07-12)から。
http://mizukith.blog91.fc2.com/

「『この人』が元原発官僚の小鑓滋賀県知事候補を応援するとますます三日月氏有利になるでしょうね。本人とともに自滅戦略
か? 滋賀知事選、自公推薦候補の支持表明 維新・橋下代表 - 朝日新聞 
http://t.asahi.com/f8tz」(飯田哲也 ‏@iidatetsunari
このつぶやき自体には間違ったことは書かれていないのだろうが、自らが大阪府市の特別顧問を務めた過去についての総括
を何もしない男に言われても「お前が言うな」と思うだけなのである。飯田が橋下のブレーンを務めた過去を自己批判し、誤りを
認めて初めて橋下批判が説得力を持ちうると思うが、この人は小沢一郎とよく似て、自分の誤りを認めたがらない「お山の大将」
なのだろう。それどころか、飯田は今年1月に山口県知事選から逃げ出した時、自らについて「知事を担う方は数多くいるが『ミ
スターエネルギーシフト』と言われる仕事をしてきた私に代わる人はいない」(2014年1月21日付毎日新聞より)と述べたのである。
なんという厚顔無恥。(kojitakenの日記 2014-07-12)
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20140712/1405120912

引用者附記:さらに私が腹立たしいのは、飯田哲也という人が「大阪府市の特別顧問を務めた過去についての総括を何もしな
い」ばかりでなく、民主主義陣営に属すると自称する少なくないリベラリスト=脱原発主義者がいまだに大阪府市の特別顧問を
務めた飯田哲也を批判しないばかりか進んで擁護派に与して恥じることも知らないことです。これで「脱原発」々々と声高に叫ん
で「騒ぐ」(注)ことだけには長けているのですから、これでは集団的自衛権問題は言うに及ばず「脱原発」も1mmも前進しないと
いわなければならないでしょう。実にたわけたこと、と私は憤りを超えた思いでいます。(kojitakenの日記 2014-07-12)
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20140712/1405120912

注:http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-942.html



東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内