[CML 032515] 【報告】第1178日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2014年 7月 11日 (金) 06:57:47 JST


青柳行信です。7月11日。
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
        私たちの人生の一日をこの日に!

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1178目報告☆
        呼びかけ人賛同者7月10日3428名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
10日の飾り山笠は ネットが被せられていました。台風対策です。
ネットの中のアンパンマンなんて、思いもしませんでした。
川内、鹿児島の集会 何としてでも成功させたいものです。
あんくるトム工房
台風   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3091

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆滋賀知事選で再稼働反対が過半数 候補を絞って一人にすべし
      (左門 7・11−715)
※これが日本の「政治地図」の相も変らぬ弱点です。
戦後一貫して、国民の願いを、政党のエゴと不明が分断して、
資本の側の候補に漁夫の利を提供して来ました。
事が原発という死活問題においてもなお事態を悔い改めることがありません。
滋賀県に「救県主」を実現できないか?
それは「救国主」「救世主」ともなり得る選択につながるのであるが・・・・。

★ 匿名者 さんから: 
青柳さん
テントの活動お疲れ様です。
その後もいろいろと関連情報送ってくださりありがとうございます。
なるべく多くの人が現状に気づいて声を挙げていかないと何も変わらないですね。
一人ひとりできることから始めたいと思います。
どうぞお体にお気をつけてください。
遅くなりましたがメールのお礼まで申し上げます。

★ 水戸喜世子 さんから: 
青柳さんにお会いできたのは嬉しいことでした。16日が川内原発に赤信号がつく
日。受け入れることができません。

■水戸喜世子 内部被ばく―福島の実像と私の考え 下記のセミナーで講演 

水戸喜世子氏は、放射線専門家として日本の反原発運動の草分けであった故水戸
巌氏(1986年に息子二人とともに北アルプス剣岳にて消息を絶った)の遺志を継
いで、反原発の声をあげておられる。↓
https://www.youtube.com/watch?v=NkUIo5jFgGs

★ 林 尚志(下関) さんから: <報告>
第3回 日韓反核平和協働セミナー in 下関
 日 時: 2014年7月3日(木)から8日(火)
  会 場: 下関労働教育センター(下関市丸山町5丁目3-25)

"いのちの尊さを 共に 守る
(特に内部被曝について)"

◆日本側講師◆
7月5日 午前11時?午後4時      7月6日 午後1時半?4時半
「ヒロシマの視点から        「内部被曝
  『美味しんぼ』を考える」      -フクシマの実状とわたしの思い- 」
 木原 省治             水戸 喜世子         
 広島在。                 高槻在。
「原発はごめんだヒロシマ市民の会」結成   物理学専攻。
 ・代表。                 大飯原発3 , 4号機差し止め裁判原告。
 広島県原水禁常務理事。          ふくしま集団疎開裁判原告。
 上関原発止めよう!広島ネットワーク共   本年3月、日本の反原発運動の黎明期のリ
 同代表。                 ーダーである故水戸巌講演・著作集『原発
『原発スキャンダル』著者。         は滅び行く恐竜である』を出版。

◆韓国側講師◆
7月5日 午前9時半から10時半      
「韓国の6.4 地方選挙の脱核候補に        
     あらわれる脱核運動の発展」
 朴・ユミ                  
 イエズス会人権連帯研究センター研究員   
                     
★ 光延一郎(上智大学神学部) さんから:
こんにちは。
週末に下関に行って、↑のセミナーに与り、ビデオを撮ってきました。日韓の
脱核問題について、草の根レベルでの深い話し合いができました。

特に、ミリャンでの強制執行やサムチョクで脱核市長や議員が誕生したことにつ
いてはほとんど報道されていませんので、注目いただければ幸いです。

下関イエズス会労働教育センターに開催された「日韓脱原発セミナー」でのプレ
ゼンテーション(2014年7月3〜8日)

■ミリャン(密陽)2014年6月11日強制執行と村人・シスターたち(ニュース映像)

https://www.youtube.com/watch?v=hYFRwuei4X8

■ミリャン(密陽)原発送電線建設と修道女たち П覗

韓国カトリック教会のシスター方は、修道女連盟の総力をあげて、ミリャン(密
陽)で原発送電線建設に抵抗するハルモニ(おばあ様)たちをお世話すること決
めました。そのようすを伝える美しいビデオです。↓

https://www.youtube.com/watch?v=_MxfEHKc77M

■ミリャン(密陽)原発送電線建設と修道女たち◆С萋阿琉嫐(通訳つき)

ミリャン(密陽)で原発送電線建設に抵抗するハルモニ(おばあ様)たちをお世
話すること決めた韓国カトリック教会のシスター方が、その意味を語ります。↓

https://www.youtube.com/watch?v=Dssalv6kWkA

■韓国サムチョク脱原発市長当選までのカトリック者たちの道: ̄覗

原発建設が予定された韓国カンウォンドのサムチョク市。2014年6月の選挙で脱
原発市長が選ばれ、原発建設阻止の見通しが見えてきました...。そのためにた
たかってきたカトリック者たちの長くきびしい道をまとめてビデオで。↓
https://www.youtube.com/watch?v=JMBqupBxEzQ

■韓国サムチョク脱原発市長当選までのカトリック者たちの道 :∪睫瀬廛譽璽
テーション

原発建設が予定された韓国カンウォンドのサムチョク市。2014年6月の選挙で脱
原発市長が選ばれ、原発建設阻止の見通しが見えてきました...。そのためにた
たかってきたカトリック者たちの長くきびしい道をまとめたビデオについて解説。↓
https://www.youtube.com/watch?v=iTJ-k2g5Rzc

■韓国2014年6月4日地方選挙の結果と脱原発運動について(通訳付き)

釜山脱核市民運動「エネルギー正義行動」の活動家チョン・スヒさんが、2014年
6月4日地方選挙の結果と脱原発運動についてプレゼンテーションします。釜山
は、コリ原発をかかえ、またミリャンの送電塔建設をめぐって、韓国の脱核運動
の焦点となっています。そのあたりがくわしく報告されます。ミリャン(密陽)
のおばあさんを思いやる話はとても心打たれます。↓
https://www.youtube.com/watch?v=GIpBBw2IN28

■木原省治"ヒロシマの視点から《美味しんぼ》"を考える

被ばく二世の立場から、福島原発事故による核差別問題をどうとらえるか?↓
https://www.youtube.com/watch?v=gcHkPOQHWL0

■韓国カトリック・インチョン教区環境司牧部の活動、脱核についてのプレゼン
テーション↓
https://www.youtube.com/watch?v=jnI60G9ok6I

■韓国カトリック教会正義と平和協議会の活動重点と脱核活動について

韓国カトリック教会・正義と平和協議会総務、また創造保全連帯代表のヤン・ギ
ソク神父が、近年の韓国カトリック教会正義と平和協議会の活動重点と脱核活動
についてプレゼンテーションします。↓
https://www.youtube.com/watch?v=t188Ww85Jb0

■韓国女子修道会長上連盟会脱原発自然エネルギー部会の活動
https://www.youtube.com/watch?v=EhWKoYnKpYw

★ 阿佐部伸一(RKB毎日放送コンテンツ制作部) さんから: 
 前略
 先日は『九州沖縄ドキュメントmove』の取材で大変お世話になり、どうも
有り難うございました。
 お陰様で、今回はプロデューサーや局長のチェックもクリアし、今度の日曜、
13日深夜に放送できることとなりましたので、改めてお知らせ申し上 げます。
 零時を回りますので、日付が変わり14日(月)午前1時10分からです。深
夜でご覧になれなくても、また、録画されなくても、DVDをお送り致 します。
 下記が番組ホームページです。
 http://rkb.jp/move/move_next.htm
 今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。

★ ギャー さんから: 
私がカンパで歌っているテレビ番組が放映されます。
13日深夜(14日AM1時10分から)RKBの「九州沖縄ドキュメントmove」で放映されます。
前回の自民党「圧勝」選挙にぶつけて、
「アベノミクス」批判の私のテレビ番組を放映しようとして中止に追い込まれた件は以前お話ししましたよね。
どこぞのお偉いさんから「偏向している」という理由で中止に追い込まれた番組のリベンジみたいなものです。
「路傍の叫び」という題名だそうです。お知らせまで。

★ 中西正之 さんから: 
日本では、政府の機関も電力会社も原子力発電所の内部のことは、ブラックボックス
として、国民に隠し続けてきました。

福井地裁の大飯原発運転差し止め判決で有名になった福島第一原発4号炉の使用済燃
料プールが原子炉建屋4階にあって、幸運が2つ重ならなかったら、東京も今頃は避
難地域になっていたような国民の生死にかかわる重要情報も、そんな危険な設計が行
われていることは、福島第一原発の過酷事故が発生するまでは、設計図面が隠されて
きました。

九州電力もテロ対策を口実に、今日まで原子炉建屋や原子炉容器図面を一切公開せず
に、国民に隠し続けています。

私は、炉の設計者ですから、インターネットで公開されている大量の情報から、頭の
中では川内原発の
原子炉容器と原子炉建屋の設計は分かるのですが、ほかの人に伝えることができませ
んでした。
 九州電力のインターネット情報の中に何かないかと調べていましたら、薩摩川内市
が平成26年4月1日に作成した資料の中に、良い図が見つかりました。
PDFデーターを添付します。
http://tinyurl.com/o4owqjh

この資料の24ページ、25ページをみると、福島第一原発の格納容器・原子炉建屋
と川内原発の格納容器・原子炉建屋の比較が示されています。

 福島第一原発の格納容器は小さく、内部に窒素が封入されているので、どの炉も格
納容器は爆発しませんでした。爆発したのは、原子炉建屋上部でした。

 また、2号炉は原子炉建屋の緊急水素排出扉が1号炉の爆発ではずれ、水素ガスが
原子炉建屋から大量に放出されたので、爆発は起こりませんでした。

 一方、川内原発の格納容器は福島第一原発の原子炉建屋とほとんど同じ大きさで、
福島第一原発の原子炉建屋に窒素が封入されていないと同じように、窒素は封入され
ていません。また、緊急水素排出扉もベント装置もありません。

 そして、去年の7月8日に、川内原発の再稼働申請が提出され、丸1年間新規制基
準の適合性審査が続けてこられましたが、一番問題になったのは、川内原発の原子炉
格納容器が爆発しないのかどうかです。

 九州電力、関西電力、四国電力、北海道電力は原子炉格納容器が爆発しない事を証
明するモデル実験は何もないが、スーパーコンピューターによる証明ができたとし
て、1年間主張し続けました。

 原子力規制委員会は、それはおかしいのではないかと言い続けてきましたが、九州
電力、関西電力、四国電力、北海道電力が主張を変えないので、根負けしたようで
す。
 しかし、原子力規制委員会は川内原発の地元が、公聴会を開かない事になったので
責任を追及される事が無いので、胸をなでおろしているようです。

★ 舩津康幸 さんから:
こんばんは。
現時点で、ネットで検索できた記事をざっと並べておきます。※11日・12日の朝の記事紹介は休みます。

大きな台風が、沖縄・九州南部を襲う中で、川内(せんだい)原発の地元でも避難行動がありました。
そこで、記者の冷静な目での取材がされていました。

1.<川内原発の周辺自治体 複合災害 想定せず>東京新聞2014年7月10日 07時03分 (添付図があります)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014071090070315.html
<九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の周辺自治体が、原発の重大事故と、台風などの自然災害とが同時に起きる「複合災害」への具体的な対策を練っていない
ことが分かった。十日には大型の台風8号が上陸する見込み。地震・津波被害と原発事故が同時に起き、対応が後手に回った東京電力福島第一原発事故の教訓が生かされていない。
 (小倉貞俊、大野孝志)九州は台風が頻繁に通るなど自然の猛威にさらされてきた。過去の気象データを見直しても、台風の襲来で車の運転ができないほどの豪雨や、外に出るの
が危険なほどの強風がたびたび発生。こうした状況下で、川内原発で重大事故が起きれば、ただでさえ大混乱が必至の周辺住民の避難はさらに厳しくなる。ところが、原発三十
キロ圏内の九市町に取材したところ、県の原発に関する地域防災計画から複合災害の項目を抜き書きしただけで、実質的な検討はされていなかった。自然災害で要員を割く必要が出
た場合、どの部署を対応させるか、足りなくなった場合はどう配置し直すかなどは未検討だった。住民の避難ルートも、複数を設定している自治体はあったが、道路やトンネルや橋
など、具体的にどの地点が寸断される危険性が高いかといったデータは集めておらず、不通にならないことを前提にしていた。避難途中、豪雨に見舞われ、車での避難を続けるのが
困難になる場合もありうるが、無理をしてでも避難するのか、屋内退避に切り替えるのか、その判断をどう住民に伝えるのか検討もされていなかった。各担当者は「本来は複合
災害を想定して計画を練るのが望ましいが、そこまで手が回らない」と口をそろえた。川内原発の避難計画をめぐっては、避難所が放射能汚染で使えなくなった際の代わりの避難所
確保が難航していることも判明している。今秋にも再稼働の可能性が出ている中、住民の安全を確保する面で解決すべき問題は山積している。>

2.<(茨城県)鹿児島・川内原発:九電2基、「再稼働許し難い」 2団体が抗議文 /茨城>毎日新聞 2014年07月10日 地方版
記事全文<原子力規制委員会が九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に事実上の合格証「審査書案」を提示することについて、東海村の住民団体「脱原発とうかい
塾」など2団体は9日、「『防災』にかかわる任務を放棄して再稼働に歩みを進めていることは誠に許し難い」などとする抗議文を東海・大洗原子力規制事務所(東海村舟石川駅東
1)に提出した。規制委は16日にも川内原発の安全対策を妥当とする「審査書案」を提示する見通し。住民団体側は「川内原発立地周辺市町村では避難計画も立てられず、立てて
も非現実的なものになっている」と指摘し、防災対策の必要性を強調している。>
・・・・規制庁の茨城の事務所に対して・・・・。

昨日、2.の記事、こちらの新聞でも、
3.<川内原発 審査大詰め 再稼働の無期限凍結を 原子力市民委員会が見解>しんぶん赤旗7月10日
記事全文<研究者・有識者60人を結集し原発ゼロ社会をめざす政策提言を行ってきた原子力市民委員会(座長・舩橋晴俊法政大教授)は9日、東京都内で記者会見を開き、原子力
規制委員会の審査が大詰めを迎えている九州電力川内原発(鹿児島県)について、再稼働を無期限で凍結するよう求める見解を発表しました。
安全対策の欠陥指摘  見解は、同原発の周辺火山の噴火の影響が慎重に評価されていないなど安全対策の欠陥を指摘、規制委員会の審査を「形式的」と指摘しました。会見では、
重大事故発生時の避難計画を政府・規制委員会がチェックする仕組みがないこと、県の避難計画には風向きによる放射性物質の拡散の想定がなく風下への避難となる可能性が高いこ
と、病院・福祉施設の計画が策定されていないことなど問題点をあげました。安倍晋三首相が規制委の規制基準を「世界最高水準」といい審査に通った原発の再稼働を明言している
ことに、舩橋座長は「(日本の原発は)欧州の最新炉と比べ安全設備は劣っている。世界最高というのは無知か、うそだ」と批判しました。原子力市民委員会のメンバーは見解
を政府審議会でも普及するとしています。>

4.<(佐賀県)(論説)全国知事会議@唐津>佐賀新聞2014年07月10日 07時50分 
http://www.saga-s.co.jp/column/ronsetsu/82416
<佐賀県で初めての開催となる全国知事会議が、週明けの15日から唐津市で始まる。通常は県庁所在地が多いが、今回は第2の都市が会場となる。人口減少に直面する地方都市の
現状、そして原発立地・周辺自治体の苦悩を知る機会となれば、さらに意義深い。全国知事会議は毎年2回開催され、12月は政府予算編成が主題で、7月はブロック持ち回りで地
方自治に関わる国の施策や共通する課題を議論し、方針を決める。47都道府県知事と随行者、報道陣も加えると、500人規模の会議となる。観光・唐津をPRする格好の場にな
るが、議題は例年以上に、重く、切実だ。・・・・・・
さらに東日本大震災・福島第1原発事故を教訓とした原発・エネルギー政策も当然、議題になる。1年前、愛媛県松山市での知事会議は、原子力規制委員会の新基準が施行され、玄
海原発3、4号機をはじめ全国4電力会社が6原発の再稼働を申請するさなかでの開催だった。全体会議では再稼働について「国の責任による判断と前面に立った説明」を求めた。
だが先日の佐賀県議会への資源エネルギー庁の説明がそうだったように、1年たっても手順は曖昧なままだ。こうした課題と現状をみるにつけ、原発から30キロ圏の緊急防護措置
区域で、かつ「第2都市」の唐津市で開くことは意義がある。原発政策では従来、電力消費地が供給地に、つまり、大都市が事故のリスクを背負う地方に思いをはせることは少
なかった。連日報道する避難計画問題についても現実感に大きな違いがあるだろう。また、県庁所在地は公共施設が整い、官公需があれば、支店経済の恩恵もある。だが多くの地方
都市はそうした便益は少ない。知事会議は今回、歓迎イベントや視察は組まれていない。実務中心は大いに歓迎するとして、地方都市、そして原発を抱える地域の今にも目を向けて
ほしい。>

反(脱)原発運動、
5.<(茨城県)東海第2原発:再稼働申請で原電に質問状 反対の23団体 /茨城>毎日新聞 2014年07月10日 地方版
記事全文<日本原子力発電東海第2原発の安全審査(再稼働)申請を巡り、再稼働に反対する県内23の住民団体は9日、申請内容に関連する10項目の公開質問状を日本原電茨城
総合事務所に提出した。質問状では、フィルター付きベント設備の必要性や老朽化の現状、可燃性ケーブルの火災対策などを説明するよう求めている。また、日本原電が始めた東海
村民向けの説明会については「(日本原電施設の)東海テラパークをやめ、住民が出席しやすい会場や時刻を選ぶべきだ」と要求。22日までの回答を求めている。>

6.<(東京)反核の思い胸に代々木公園へ走ろう 都内4カ所から26日号砲>東京新聞2014年7月10日 10時04分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014071090100455.html
<新日本スポーツ連盟都連盟(豊島区東池袋二)は二十六日、走りながら平和への思いをアピールする「反核平和マラソン」を開く。十二日まで参加者を募集している。事務局は
「集団的自衛権の行使容認が閣議決定された今、より強く平和を願う声を上げよう」と呼び掛ける。 ・・・夢の島公園(江東区)と杉並区役所、大田区役所、北区役所の四カ所を
それぞれ午前十時ごろスタートし、十六キロ〜二十キロを走って代々木公園(渋谷区)のゴールを目指す。核廃絶や憲法九条護持を訴えながら、一キロ七、八分のペースでゆっくり
と移動する。連盟は一九六五年に設立され、都内で活動する八百五十のスポーツ団体が加盟する。「スポーツは万人の権利」を掲げ、球技や陸上、水泳の競技会や指導員養成など
を行ってきた。三十三年前に大阪で始まった反核平和マラソンは全国に広がり、東京では今年十九回目を迎える。千葉県や神奈川県でも開催される。・・・二十日には、JR拝島駅
から横田基地の約六キロを歩く「反核平和ウオーキング」を企画している。マラソンの参加費は二千円で、一人につき百円を第五福竜丸平和協会に寄付する。連盟に所属していなく
ても参加できる。申し込み、問い合わせは都連盟=電03(3981)1345、メールnjsf at tokyo.email.ne.jp=へ。>

被災地フクシマ、
7.<(川内村)26日解除政府示す 川内の避難指示解除準備区域 居住制限は準備区域に>福島民報2014/07/10 09:09
http://www.minpo.jp/news/detail/2014071016773
<政府は9日、川内村の避難指示解除準備区域(年間被ばく線量20ミリシーベルト以下)の避難指示を26日に解除し、同時に居住制限区域(同20ミリシーベルト超〜50ミリ
シーベルト以下)を避難指示解除準備区域に区域変更する方針を明らかにした。村議会全員協議会で示した。13、14の両日に開く住民との意見交換会を踏まえて最終判断する。
遠藤雄幸村長は住民の意見を聞いた上で、判断する意向を示した。
非公開の村議会全員協議会終了後、政府の担当者は取材に対し、村内の空間放射線量が全般的に年間20ミリシーベルト以下で、道路などの社会基盤、生活関連サービスがおおむね
復旧しているとの認識を示した。その上で、「国としては、26日で解除する要件は整ったと考えている。国の考え方を個別具体的にしっかり説明し、住民からも具体的な話を聞い
た上で(解除を)判断する」と述べた。・・・・>
・・・・・・・昨日既報(12.の記事)ですが、添付図に驚く、小さな村の中をさらに細かく区分しています。

7’.<川内村民「まだ早い」 解除準備区域、不安と希望が交錯>福島民友(07/10 09:50)
http://www.minyu-net.com/news/news/0710/news5.html
<政府が川内村の避難指示解除準備区域について26日の解除方針を示した9日、住民からは「帰れる環境が整っていない」と不安視する声が上がった。同区域で暮らしていた住民
の中には避難生活を続ける人が多い一方、長期宿泊で自宅に戻った住民もいる。早期解除を望む声も聞こえ、政府の解除方針に複雑な思いが交錯する。・・・(以下、被災者の
声)・・・・>

8.<スイスの脱原発理解 県議会調査団 安全検査局など視察>福島民報2014/07/10 09:42
http://www.minpo.jp/news/detail/2014071016789
<【スイスで紺野正人記者】脱原発・廃炉対策などを調査する県議会の海外行政調査団(A班)は8日、スイスのブルックにある連邦原子力安全検査局(ENSI)を訪れ、東京電
力福島第一原発事故発生後の同国の脱原発の取り組みなどを調査した。 ・・・・・・・・・>

8’.<評価機関の独立性最重要 スイス監督局、調査団に指摘>福島民友(07/10 10:30)
http://www.minyu-net.com/news/news/0710/news8.html
<【チューリヒで桑田広久記者】県議会の海外行政調査団のうち、スイスに滞在している「脱原発・廃炉対策・中間貯蔵施設」調査班は8日(日本時間同日)、北部のアールガウ州
ブルックで核安全監督局を訪問、同国の原子力政策について聞き取り調査を行った。同局側は、原発や放射性廃棄物の安全対策を評価する機関として、関係省庁や電力事業者からの
独立性の担保が最重要と指摘した。スイスは東京電力福島第1原発事故を受け、原発の新設を認めず、段階的に脱原発を目指す方針を決めている。・・・・・・・・>

9.<住宅除染来月末終了 山木屋、環境省自治会に見通し示す>福島民報(07/10 09:42)
記事全文<福島第一原発事故の影響で住民が避難した川俣町山木屋地区の国直轄の住宅除染は、8月末までに終了する見通しになった。環境省福島環境再生事務所が9日、町保健セ
ンターで山木屋地区自治会の役員を対象にした報告会を開き、明らかにした。 同省は夏までの住宅除染の終了を目指しており、ほぼ計画通りに進んでいる。除染対象の民家361戸
のうち、6月26日までに161戸が終了し、完了率は45%。1日当たり約2500人の作業員を投入し、7月末までに220戸、8月末までに359戸を終わらせる。残り2戸
は除染作業に同意していないという。 同省は住民の一時帰宅を促すために住宅除染を優先している。来年12月までに農地や道路の除染を終える方針。> 

10.<公営住宅若松で起工 県産材7割使用>福島民報(07/10 09:41)
http://www.minpo.jp/news/detail/2014071016787
<福島第一原発事故に伴う避難者向けに県などが会津若松市に整備する災害公営住宅建設工事の安全祈願祭は9日、同市門田町の年貢町団地の予定地で行われた。県発注の木造2階
建て集合住宅2棟で、計8戸が入居できる。県発注の木造災害公営住宅は初で、県産材を約7割使用している。 県有地約1000平方メートルに建設する。1棟に1、2階吹き抜け
型の3LDK1戸、車庫一体型の2LDK3戸を設ける。大熊町民が入居する予定。・・・・> 

11.<(福島県いわき市)中央卸売市場 サンマ初競りにわく>いわき民報7月10日
・・・・こんな記事があるようですが、残念ながら記事が見えません。さんまは東北から北海道沖で獲れるものが全国に回っていきます。

12.<(プロメテウスの罠)4年目の夏:6 「ここで移動教室を」>朝日デジタル2014年7月10日05時00分 有料設定
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11233555.html
<◇No.973 山形県河北町で民宿を営む今田(こんた)とも子(こ)(63)のところに2011年9月、1枚のファクスが届いた。高校時代の同級生の女性からだった。
「ともちゃん、お忙しい中、お世話かけます。福島の吉野さんから電話がいくと思います」
なんだこれ。「吉野さん」って誰だろう。数日後、その「吉野さん」から電話が入った。・・・・・・・・・・「お宅の近くに、子どもたちが泊まれる場所はありませんか」今田は
町内の温泉施設をあげた。すぐに吉野が下見に来た。
しかし温泉の宿泊施設はシングルとツイン、和室に分かれている。吉野は、子どもたちは大部屋に集まって眠った方がいいと思っていた。「20人ほどが雑魚寝できるようなスペー
スはありませんか」思いつかない。でもせっかくだからと、町議に相談に行き、町議が河北町長に説明した。町長は二つ返事で「そういうためなら町のセンターを使っていい」と
いってくれた。そこなら30畳の広さの和室がある。河北町の自然はすばらしかった。水遊びができる川がある。人々は親切だ。吉野は河北町に魅了される。センターのそばには小
学校がある。これなら伊達市の移動教室も受け入れてもらえるのではないか。
吉野はその後ふたたび河北町を訪れた。今田とともに教育委員会に行き、保養とは何か、なぜ保養が必要かを説明した。
町議一人ひとりに、保養の様子のDVDを見せて回った。外で遊ぶという、ただそれだけのことで福島の子どもたちがどれほど元気になるか。そう語っている吉野の目に、涙が浮か
んでいて、今田は驚いた。伊達市立月舘小の河北町での移動教室は、そうして実現した。今年6月26日、今田は朝5時に起床した。月舘小の子どもたちは一昨日着いて町の研修セ
ンターに泊まっている。その朝食をつくるためだ。・・先生の分も入れて24人分だ。・・>

13.<(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)>下野新聞7月10日 17:30
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20140710/1651655
<▼空間放射線量率(10日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

14.<青森への避難者が浅虫で交流 70人楽しむ>河北新報2014年07月10
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140710_23032.html
<東日本大震災で被災し、岩手や宮城、福島の3県から青森県に避難している住民向けの交流会が6日、青森市の浅虫温泉で開かれた。青森、弘前、八戸、十和田の県内4地区のボ
ランティアなど4団体が主催し、約70人が交流を深めた。・・・・・・・・・>

15.<(東京)50年の感謝、フラ披露 東京で記念公演>朝日デジタル2014年7月10日05時46分
http://www.asahi.com/articles/ASG784S04G78UGTB00G.html
<フラガールで有名なスパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市)が9日、フラガール養成50年を記念した公演を東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開いた。炭鉱閉山の
危機をきっかけに生まれ、震災と原発事故後も福島県内外に元気を届けてきたフラガール。50年の感謝をこめた踊りを披露した。・・・・>

原発立地自治体、
16.<(新潟県)知事と自民県連 すきま風強まる 共産集会に異例のメッセージ>新潟日報2014/07/10 10:29
記事全文<泉田裕彦知事が、6月下旬に新潟市で開かれた共産党の集会にメッセージを送り、県議会に波紋が広がっている。共産党が「脱原発へ共闘姿勢を見せた」と歓迎する一
方、泉田知事を約10年間支えてきた自民党県連内では異例の言動に「到底、認められない」と不満が渦巻く。知事は、県議会6月定例会の代表質問でも安定ヨウ素剤未配備問題
で、民主党県議への答弁にだけ「おわび」を入れ、自民党県議に対しては謝罪を盛り込まなかった。自民党内の反発は強まる一方で、知事との間に吹くすきま風は当分、やむ気配は
なさそうだ。
知事のメッセージは6月28日に開かれた共産党県委員会の演説会に送られた。「東京電力は福島第1原発の事故処理などで安全対策が二の次になっている」「柏崎刈羽原発の敷地
内に本社を置くべきだ」などと東電や国を批判する内容で、詰め掛けた約1700人の共産党員らから大きな拍手が起きた。来賓の小池晃参院議員は原発の再稼働を進める自民政権
を批判し、「演説会に知事がメッセージを送る時代になった。知事を再稼働反対の立場に立ち続けさせよう」と訴えた。過去3回の知事選で、自民は一貫して泉田知事を支援してき
た。前回知事選では他の政党も推薦したが、共産は3回とも候補を立ててきた。関係者によると、自民側は演説会前に知事の動きを察知し、思いとどまるよう説得したが不発に
終わったという。星野伊佐夫県連会長は「全国集会でないだけ、ましだ。激励の言葉も入っていないし、知事に他意はないと思う」と冷静な風だが、知事の姿勢を批判する自民県議
は多い。
ある自民県連幹部は「なぜ敵候補の政党におもねるようなことをするのか。理解できない」と首をかしげる。当の知事は取材に対し、「首長が自分に投票してくれた人(のため)だ
けの政治や行政をやるのは適切ではない。共産党には行政の立場としてメッセージを送った。県のスタンスを説明した」と話す。折しもこの集会の前日にあった県議会代表質問で
は、ヨウ素剤問題について知事が民主県議への答弁にだけおわびを入れ、自民県議の間で批判が高まったばかりだった。自民県議団内には「共産党にもいい顔をして、完全なオール
与党体制にしたいのか」といぶかる声もある。自民県連と知事とでは、特に原発への考え方に差があるとされ、安倍政権が原発再稼働にかじを切る中、今後両者の溝は深まる可能
性もある。三富佳一県議団長は「どこに軸足を置いて県政運営に当たるのか注視したい」とけん制する。>

17.<(新潟)柏崎原発「再稼働時期見通せず」 東電所長会見>新潟日報2014/07/10 20:55
記事全文、東京電力柏崎刈羽原発の横村忠幸所長は10日の定例会見で、東電の特別総合事業計画(再建計画)で7月としている同原発の再稼働について、「全く見通せていない」と
の認識を示した。原子力規制委員会の指示で行っている断層追加調査の終了が未定であることや、県技術委員会でのフィルター付きベントの性能評価の議論が途上にあることなどを
理由に挙げた。3月から本格的に始まった敷地内外の断層調査では、約70本のボーリング調査の約8割が終了。地下構造の調査は今月中に終わる見込み。ただ敷地内4カ所で行う立
て坑調査のうち、1〜4号機側の1本は9日に掘削が始まったばかり。横村所長は「地下50メートルまで掘るため相当な時間がかかる。(当初3〜6カ月としていた調査期間につ
いては)6カ月に近くなる」と述べた。過酷事故に備えるフィルター付きベントは7号機で設置が完了。6号機も18日に最終試験が行われる。県技術委では事故時にベントを始める
までの時間想定などを議論しているが、住民避難計画の基になる拡散予測の分析については「見通せていない」(横村所長)のが現状だ。>

18.<(島根県)原子力災害広域避難計画:松江市、説明会 順次全29地区で /島根毎日新聞 2014年07月10日 地方版
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20140710ddlk32010606000c.html
<松江市は8日夜、鹿島地区の住民を対象にした原子力災害広域避難計画の説明会を鹿島文化ホール(同市鹿島町)で開いた。島根原発(同)で重大事故があった際の避難手順など
を市民に示すもので、地区対象の説明会は初めて。9月までに市内全29地区で開く。広域避難計画は市内の公民館ごとにそれぞれの避難先を決めており、市民約20万6000人
が島根、広島、岡山3県の29市町に避難する。説明会には住民約120人が出席。・・・・・・>
<島根原発:核燃料税、出力割に 知事、来年4月導入へ /島根>毎日新聞 2014年07月10日 地方版
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20140710ddlk32040602000c.html
<溝口善兵衛知事は9日の定例記者会見で、県が中国電力に課している島根原発(松江市)の核燃料税について、運転停止中も課税ができるよう算出法を切り替える方針を示した。
県はこれまで原子炉に新たに装荷された燃料の価格に対して課税(現在は税率13%)していたが、原子炉の熱出力能力に応じた「出力割」に変更する。・・・・>

原発を拒否した町、
19.<(三重)「50年の歴史から学ぶこと」津で芦浜イベント>朝日デジタル2014年7月10日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG773PLDG77ONFB00D.html
<現在の南伊勢町と大紀町で半世紀以上前に計画され、2000年に計画が白紙撤回された中部電力・芦浜原発について、住民の闘争の歴史を知ってもらおうという催し「芦浜原発
を止めた町 50年の歴史から知ること学ぶこと」が13日午後1時半から、津市の県総合文化センターである。
脱原発を訴える「原発おことわり三重の会」が主催し、当時の反対運動に関わった住民や「海の博物館」の石原義剛館長らが当時を振り返る。紙芝居による歴史紹介や歌の披露もあ
る。メーンの講演では、芦浜を題材に学生や海外の人向けのフィールド研究をしてきた吉井美知子・元三重大教授(現・沖縄大教授)が話す。発起人の久野宏仁さん(54)は「少
しでも多く、若い人に足を向けてもらいたい」と話している。参加は前売り600円、当日千円。問い合わせは久野さん・・・・>

電力会社、
20.<(関西電力)原発ゼロ暑い夏しのぐ中央給電指令所を報道公開毎日新聞?7月10日(木)19時4分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00000081-mai-soci
<関西電力は10日、大阪市内にある中央給電指令所を報道陣に公開した。同指令所は、管内の電力使用量の増減に応じ火力発電所などの出力を調整する「電力供給の司令塔」。原
発ゼロの今夏は厳しい需給が予想される中、担当する社員は日々緊張感を持って業務に当たっている。・・・・・・・・>

20’.<関電、割引クーポンで外出促す 「暑い日はお店で涼んで」>西日本電子版2014年07月10日 20時53分 更新
http://qbiz.jp/article/41698/1/
<関西電力は10日、今夏の新たな節電促進策として、電力需給の逼迫が予想される日に限り買い物の割引などに使えるクーポンを発行する取り組みを、22日から始めると発表し
た。暑い昼間の外出を促すことで家庭の冷房使用を減らすのが狙い。対象となるのは、関電が無料で実施している家庭向け電気使用量照会サービス「はぴeみる電」に登録している
近畿2府4県と三重県の会員。クーポンは同エリアにあるスーパーのイオンや家電量販店のエディオン、上新電機の計320店で使え、商品の割引などの特典が受けられる。クーポ
ンは、関電の電力供給力に占める需要の割合を示す使用率が97%を超える見通しになった場合、前日の午後6時か当日朝8時をめどに会員にメールで送信する。需要がピーク
を迎える午後1?4時に限り各店で使用できる。期間は9月30日まで。・・・・・・・>

21.<Jパワーが徳島の橘湾火力1号機を停止>産経新聞?7月10日(木)12時42分配信 
記事全文<電源開発(Jパワー)は10日、関西、中国、四国、九州の4電力に電力を供給する橘湾火力発電所1号機(徳島県、105万キロワット)を停止したと発表した。ボイ
ラー上部で蒸気もれを確認した。復旧の見通しは立っていない。Jパワーは中国、四国、九州に電力を供給する松浦火力2号機(長崎県、100万キロワット)がタービン損傷事故
で停止中。稼働する原子力発電所がゼロのため、関西電力と九州電力は今夏、電力需要のピークに対する供給余力(予備率)が最低限必要とされる3%にとどまる。原発を代替する
火力発電所の相次ぐトラブルで、電力不足が深刻化する可能性がある。>

エネルギー、
22.<出光がインドネシア石炭会社の株式12%取得 日本向け確保へ>産経新聞?7月10日(木)19時11分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00000579-san-bus_all
<出光興産は10日、インドネシアの石炭生産会社、ミトラバラ・アディプルダナ(MA)の株式の12%を取得したと発表した。取得額は非公表。出資によって、エネルギー需要
が拡大し、石炭火力発電所の新設が相次ぐアジアや原子力発電所の再稼働が不透明な日本への石炭販売を強化する。すでに出光はMAが保有する北カリマンタン州の石炭鉱山から産
出する石炭をアジアや日本向けに石炭を販売。生産量は年250万トンだが、2015年以降は400万トンにまで増産する予定だ。出光は15年度の販売量を前年度の70万トン
から120万トンに拡大する。>

政府は、
23.<日本「韓国提訴」排除せず=水産物禁輸に懸念表明−WTO>時事通信2014/07/10-07:32
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201407/2014071000111&g=soc
<【ジュネーブ時事】日本政府は9日、世界貿易機関(WTO)の衛生植物検疫措置に関する委員会で、東京電力福島第1原発事故の汚染水漏れを理由に、韓国が宮城や福島など8
県からの水産物の輸入を全面的に禁止していることに懸念を表明、措置の撤廃を求めた。韓国への要請は昨年10月以来3回目。日本政府関係者は「紛争処理に移る可能性もある」
と説明。事態が長期化する場合の対応として、WTO提訴も選択肢に残す考えを明らかにした。韓国は昨年9月以降、原発事故後の汚染水漏れを理由に青森、岩手、宮城、福島、茨
城、群馬、栃木、千葉の8県の水産物を全面禁輸。その他の産地についても、韓国産よりも厳しい放射性物質の検出検査を課しており、日本側は約20億円の損害を被っている
という>
・・・・本当のことを言わずに相手を責める日本政府の身勝手!!

参考記事、
24.<(日本学術会議)暫定保管、数百年超は困難 核のごみの報告書案>【共同通信】2014/07/10 17:27?? 記事全文<原発から出る「核のごみ」の最終処分に関する日本学術会
議の検討委員会分科会は10日、国に提言した「暫定保管」の技術的な課題を整理した報告書案をまとめた。自然災害のリスクなどを考慮すると、数百年を超える保管施設の安全確
保は困難としており、9月までに正式決定する。学術会議は2012年、高レベル放射性廃棄物は取り出し可能な場所で暫定保管し、その間に最終処分の進め方で国民の合意を得る
べきだと国に提言した。だが保管期間は「数十年から数百年」と抽象的だったため、実現可能性を検討した。>

25.<中国紙・原爆イラスト問題に長崎は 長崎県議会 データ・マックス長崎物語2014年7月10日 11:19
http://www.data-max.co.jp/2014/07/10/post_16457_dm1718.html
<国重慶市の週刊紙「重慶青年報」が、広島と長崎にキノコ雲を描いた日本地図のイラストを掲載していた問題について、9日、長崎県議会でも抗議を求める声があがった。イラス
トは、「日本は再び戦争をしたがっている」として、安倍政権の集団的自衛権の行使容認を批判する記事の一部分。同紙は、中国共産党の青年組織・共産主義青年団系の新聞とされ
ている。長崎県議会文教厚生委員会の委員・山田博司県議(改革21・五島)は、問題のイラストの写し(画像)を同委員会内で配布。「イラストを見た五島の被爆者は泣いていた」
と被爆者が受けた精神的ダメージを説明。県によると、同様のケースは「前例がない」という。山田県議は、県および県議会からの抗議を行うべきと主張。県側は「極めて遺憾
」とした上で、現地調査を行った後、対応を協議すると説明した。一方、同委員会では「日中関係を考慮して慎重を期すべき」との意見があった。この問題については7日頃からさ
まざまなメディアで報道されており、日本政府レベルで同紙の編集責任者や中国政府に対する抗議を行っている。その事実をふまえてもやっと、「広島県議会の対応も確認して検討
する」というレベルに留まった。来年(2015年)は被爆70周年という節目の年。長崎県内の被爆者手帳保持者は約5万人。その約54%が80歳以上の高齢者となっている。記憶の風化
が懸念されるなか、同問題に対する長崎の対応に注目が寄せられる。>

今日届いた西日本新聞夕刊では、次のような特集が続いています、
<全電源喪失 福島第一原発「1号機爆発」 頭をさげる当直長 命がけの「残ってくれ」>
今晩は、以上です。(7.10.22:21)
※この新聞記事紹介は次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu?ref=tn_tnmn

おはようございます。
昨夜、ネット上での検索結果はすでに送付していますが、一件新たに九州関連の記事が追加されていますので紹介します。

1.<(佐賀)原発避難計画大丈夫 あいまいな点多く>朝日デジタル2014年7月11日03時00分   (添付地図があります)
http://digital.asahi.com/articles/ASG794TGPG79TTHB00N.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG794TGPG79TTHB00N
<県が8日に発表した、九州電力玄海原発(玄海町)から30キロ圏内の社会福祉施設や医療機関計241施設8028人の原発災害時の避難計画。九電が渇望する早期再稼働に対
し、お年寄りや体が不自由な人(要援護者)を原発事故から守る重要な防災対策だが、実効性があるのかどうか、あいまいな点が多い。 
 県は「一番大事なのは避難先を決めること」とする。今回、全241施設の避難先のうち、認知症グループホーム(48施設574人)、有料老人ホーム(26施設941人)、
地域共生ステーション(51施設630人)の3種計125施設2145人の避難先は、体育館のような通常の広域避難所か、バリアフリー型の福祉避難所で、同水準の施設ではな
かった。県は、同種の施設に避難する特養ホームなどに比べ「入所者の介護度が比較的低く、在宅に近いため」と説明する。しかし、原発事故による避難は、長期間に及ぶ可能性が
ある。介護度が低いとはいえ、一定のケアを継続的に担う人材が避難先に確保できるのかは、はっきりしない。 
■避難対象十分か  今回、県は、東京電力福島第一原発事故の場合のSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)による推定線量を援用し、玄海原発事故時
にあてはめた「1日以内の避難に備える範囲の目安」を出した。県の設定は8等分した区域の一つ。これに5キロ圏内を加えると、すぐに避難が必要な対象は60施設1887人と
なる。30キロ圏内全体の4分の1程度だ。このうち、施設側が用意できる避難車両は722人分までで、残り1165人分は県の災害対策本部が対応しなければならない。県の担
当者は「バス・タクシー協会や消防機関、自衛隊に支援をお願いする。このぐらいの数字だったら何とかなるのでは」。ただ、風向きは刻々と変わる恐れがある。30キロ圏内
の施設の人々が一斉に避難する想定ではないため、避難対象が広がれば、想定している車両確保では間に合わない可能性がある。だが、県は一斉避難について「今、何とかしないと
いけないとは感じていない」。 
■詳細いつ詰める  県は施設側に対し、6月末までの避難計画づくりを求めていた。今度は県側が計画のあいまいな点を詰める番だ。東日本大震災発生時に米政府の原子力規制委
員長だったグレゴリー・ヤツコ氏は「避難計画が不十分なら、米国では原子力規制委が原発停止を指示するだろう」と指摘している。だが、県は詳細を詰める期限は特に設定してい
ない。そもそも、肝心の古川康知事は、基盤となる原発防災計画がすでにあるので、福祉施設・医療機関の避難計画の「完成度」は「原発再稼働とリンクするものではない」との立
場だ。8日の記者会見でも、今回の計画を絵画に例え、「完成品かと言われれば、画家としてはもっと手を入れたい要素は残っている」としつつも、「スケッチでもなければ下
絵でもなく、きっちりした絵が入っている」。つまりは再稼働の判断の妨げにはならないという考えを改めて示した。>
・・・・知事の姿勢は鹿児島県知事と変わりない。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面の九州経済欄に2つの記事がありました、
32面九州経済欄に
2.<「九州での再稼働」に前向き44% 企業の原発意識調査 容認傾向が全国を5ポイント上回る>西日本電子版2014年07月11日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/41689/1/
記事全文<帝国データバンクが企業に実施した、原発の再稼働についての調査で、九州(沖縄含む)は、すぐに再稼働すべき」「安全確認できたものから再稼働すべき」とする回答
が計44・6%で、全国平均を5・1ポイント上回った。逆に「すぐに廃止すべき」「徐々に廃止すべき」の合計は九州30・0%、全国34・0%。企業経営の立場では、原発に
対する見方は「再稼働」と「廃止」で分かれているが、九州は比較的、原発の再稼働を容認する傾向が強いことを示す結果となった。
九州は、原発事故を起こした東京電力福島第1原発から遠いことや、九州電力の川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)が原子力規制委員会の優先審査を受け、再稼働への準備
が進んでいることも影響しているとみられる。帝国データバンク福岡支店は「原発の停止による電気料金の値上げで業績に悪影響が及び、現実的な選択として再稼働はやむを得ない
と考える企業も多い」と分析した。
調査は5月に全国で実施し、有効回答は全国1万398社(回答率44・5%)、九州813社(39・7%)。県別で、「すぐに」「順次」再稼働を求める回答が多いのは、佐賀
(52・0%)、福岡(50・4%)、大分(47・4%)、鹿児島(46・6%)の順。原発立地県の佐賀がトップだったが、佐賀は「すぐに」「徐々に」原発廃止を求める回答
も32・0%と九州全体より高かった。
今後重要性を増すと思うエネルギー(複数回答)を尋ねた設問では、九州の上位5位は太陽光(68・5%)、天然ガス(LNG)火力(39・9%)、風力(36・2%)、原子
力(27・1%)、地熱(26・1%)。全国でも3位までの順番は同じだが、4位に地熱が入り、原子力は5番目だった。>
・・・・・添付のグラフがあります。

3.<九電、社債200億円を発行へ>西日本電子版2014年07月11日 03時00分 更新
記事全文<九州電力は10日、機関投資家向けに200億円の社債を発行すると発表した。償還期間は10年で、発行は16日。調達した資金は借入金返済、社債償還、設備費用に
充てる。利率は0・936%で、国債利回りへの上乗せ幅は0・390%。主幹事はみずほ証券、野村証券、SMBC日興証券。2014年度は2回目の社債発行で、発行額は計
600億円となる。14年度は発行限度額を1500億円に設定している。>
今朝は以上です。(7.11.4:25)

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2221】
2014年7月10日(木)地震と原発事故情報−一部転載
━━━━━━━
☆1.川内原発再稼働をやめろ!
   規制委抗議行動 第3波(全国行動)
   7月16日(水)11時から12時30分 東京・原子力規制委員会前へ
   川内原発審査書(合格証)案を決めるな!
               再稼働阻止全国ネットワーク
☆2.短信
   7月9日(水)
   川内原発再稼働をやめろ!全国一斉規制委抗議行動第2波の報告
                       木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
☆3.「福島民友新聞の記事への抗議申し入れ」
   首都圏反原発連合のプレスリリース
━━━━━━━
※永遠に原発ゼロに! 再稼働反対!
 7/11(金)第109回首相官邸前・国会議事堂周辺抗議にご参加を!
 日時:7月11(金)18:00〜20:00
 主催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も参加・構成団体)
    当日の詳細は http://coalitionagainstnukes.jp/ を参照
    台風による大雨が予想されますが、上記HPでご確認下さい。
○たんぽぽ舎はいつものように13:00集合、ビラ折りやプラカードづくりの作業、たんぽぽ舎16:20出発、17:00頃、関西電力東京支店(富国生命ビル9F)前で短時間の抗議コー
ル。17:15「経産省前テントひろば」集合。
 1〜5班にわかれて17:30官邸前へ、国会前へ出発。20:20経産省前テントヨコでまとめの集会と東電抗議の際の楽器練習(短時間)。参加歓迎!
━━━━━━━

┏┓
┗■1.川内原発再稼働をやめろ!
 |  規制委抗議行動 第3波(全国行動)
 |  7月16日(水)11時から12時30分 東京・原子力規制委員会前へ
 |  川内原発審査書(合格証)案を決めるな!
 └──── 再稼働阻止全国ネットワーク

  川内原発再稼働をやめろ!全国一斉規制委抗議行動 第3波

日時:7月16日(水)11時〜12時半(注意)開始・終了時刻を変更しています
     (原発立地の行動は7月7日〜18日の期間にお願いしています)
場所:原子力規制委員会前(六本木ファーストビル)
      (http://www.nsr.go.jp/nra/map.html )
        港区六本木1丁目9番9号 TEL:03-3581-3352(規制庁)
         東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」から徒歩4分
              日比谷線「神谷町駅」徒歩8分
主催:再稼働阻止全国ネットワーク
        http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/inquiry  
     メール  info at saikadososhinet.sakura.ne.jp
         TEL 070-6650-5549
         FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛と明記)
   (東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5Fたんぽぽ舎気付)

○ 東電福島第一原発(イチエフ)の放射能汚染水対策も廃炉への道も見えず、コントロールもブロックもできていない中で、原子力規制委員会の再稼働容認は許せません。まし
て、イチエフ事故を踏まえていない新規制基準で、地震対策も火山噴火対策もプラント評価も全く不十分なままで、また避難対策も住民理解も得られないままで、再稼働などあり得
ません。
 私たちは、再稼働ありきの「新規制基準」施行(7月8日)から2年目に入る9日(水)に、「全国一斉規制委抗議行動」第2波として、鹿児島から福島から急遽駆けつけた仲間や
広瀬隆さんとともに計102人が集まって川内原発再稼働反対の声を原子力規制委委員会にぶつけ、全国の原発立地からの声を届けました。
○ 残念ながら、原子力規制委委員会は私たちの抗議の声を無視して、審査書(合格証)案を16日に決定する見込みと報道されています。九電から6月24日に8600ページもの再補正
申請書が出たあと、島崎委員、更田委員のそれぞれの検討チームの会合を一度も開かずに、いきなり規制委委員会で審査書案を決定するとはひどいものです。
 原子力規制委員会(六本木一丁目)のみならず全国の規制庁現地事務所に対して抗議したいと思います。
 首都圏及び原発現地・周辺の方々の一斉行動への参加を呼びかけます。

┏┓
┗■2.短信
 |  7月9日(水)
 |  川内原発再稼働をやめろ!全国一斉規制委抗議行動第2波の報告
 └──── 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

 7月9日(水)の川内原発再稼働をやめろ!全国一斉規制委抗議行動第2波は、雨の中、合計102名でしっかり抗議・申入れ行動ができたと思います。
広瀬隆さんにもアピールしていただきました。
かごしま、福島原発事故緊急会議、阻止ネット、反原発自治体議員・市民連盟から、声明・申入書を提出するとともに、8日中に入手できた福島、柏崎刈羽、島根、玄海の申入書も
当日朝印刷して参加者に配り、現地規制事務所に提出されることを告げながら規制庁広報の担当にも手渡しました。
みなさん、ご協力をありがとうございました。

┏┓
┗■3.「福島民友新聞の記事への抗議申し入れ」
 |  首都圏反原発連合のプレスリリース
 └──── 
 2014年7月2日の福島民友新聞に掲載された
【原発震災「復興」の影 ■今を問う4】という記事の内容に関して、「公正性と情報の精密さの欠如(偏向報道である)」「取材の信頼性の欠如」「金曜官邸前抗議に関する風評被
害の発生」があるため、福島民友新聞社に対し抗議しました。記事が掲載された当日、電話にて、取材した記者と編集局次長に抗議をしましたが解決の道筋がつかず、公式に福島民
友新聞社に対し以下の抗議申し入れをしましたので、ここにご報告いたします。
(本件についての公表URL→http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4870)

 坂井貴司です。
 日本人として初めてノーベル賞を受賞し、日本国民に希望と誇りを与えた「偉
人」として顕彰される物理学者の湯川秀樹。
 しかしあまり知られていないことがあります。湯川は太平洋戦争中、原子爆弾
開発に関わりました。彼のノーベル賞受賞は、原爆開発研究が基礎となっていま
した。
 戦後、湯川は共同研究者の武谷三男とともに「科学者の社会的責任」を唱え、
原子力の平和利用のあり方を模索しました。武谷は原子力研究の「自主」「民主」
「公開」の三原則を主張しました。
 1956年に原子力委員会の委員となった湯川は、海外からの原発の早期導入を進
める方針に対し、自主的な基礎研究を重視するよう主張し、辞任しました。そし
て晩年まで核兵器の廃絶を訴えました。
 湯川と武谷の二人は「原子力」とどう向き合ったかを追います。
 再放送です。 NHK教育
 日本人は何をめざしてきたのか
 「第1回 湯川秀樹と武谷三男」
 http://www.nhk.or.jp/postwar/program/schedule/
 放送日:7月12日(土) 放送時間:午前0時00分〜午前1時30分(金曜深夜) 

★ 井上澄夫 さんから:
●記事冒頭に7・10付琉球新報・社説「海自強襲揚陸艦 離島防衛に不要な計画だ」を置きます。米国から強襲揚陸艦を購入するのも安倍軍拡の一環で、集団的自衛権行使の準備
です。
●ジュゴン関連の報道が多数ありますが、7・9付TBS記事「辺野古沖に“ジュゴン”“新種” 「新たな発見」工事中止訴え」に、地元でダイビングチームの代表を務める西平伸
さんの発言が紹介されています。
 〈ここで何十という未記載種がいるという現実があっても、埋め立てには全く歯止めがかからないということはとても悲しい。
 この海をもっと豊かにしようとか、もっときれいにしようとか、そんなことは全くなくて、このままそっとしてもらえないかと。望むのはそれだけだね〉

 仲井真知事の要望に応え、全力を「負担軽減」に注ぐという名目で、安倍は日米軍事一体化・密接化を進め、日米共同戦争の準備に余念がありません。

●高江で工事が再開されます。7・10付沖縄タイムス記事「北部訓練場N−1地区 ヘリパッド着工へ」から。
 〈北部訓練場の一部返還に伴うヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設工事で、沖縄防衛局が県赤土等流出防止条例に基づき提出した国頭村での新たな事業行為通知書につい
て、沖縄県は早ければ10日にも確認済通知書を送ることが分かった。これを受け、防衛局は工事を本格的に開始する見通し。〉 

●7・10付QABのルポ「検証動かぬ基地 vol.136 座り込み7年 高江の今」は動画でもどうぞ。心に沁みます。
 先の「座り込み7年報告会」に辺野古から参加した高齢女性はこう語りました。
 〈私も戦争の生き残りです。だから後世に残すのって何ねって。いま正念場なのに、ぼんやりしておられないさ。
 掴まえるなら、捕まえなさい。みんな一緒にね。みんなが(刑務所)行ってからさ、ごはんも3食、食べて、あっちで大入り満員して身動きできないほど行ったらね、いいんじゃな
いかねと思う。そのくらいしないとね、勝ち目がない。こっちもね、どういう風にしたら、政府のばかやろうたちをね、ねじ伏せるかと考えているから。簡単に引き下がったらダメ
だよ。〉
 「みんなで一緒に捕まろう」は、米軍統治下で何度も逮捕されながら不屈の抵抗を続けた故瀬長亀次郎が語った言葉でもあります。

●自民党県連が那覇市議12人を処分しました。自民党本部の恫喝に屈して勝手に県民を裏切った者たちが公約を守り筋を通している党員を処分するとは!
 話があべこべの居直り強盗劇ですが、それを県民がどう観ているかには気が回らないようです。

  −−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●<1000日目記念冊子希望先●
※<福岡・九州集会>反原発運動1000日の激動の歴史。
一冊 ワンコインカンパで500円です。
送料は何冊でも無料です。
冊子ご希望の方は、〒住所氏名電話番号、冊数を
青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp まで。

●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

● 「原発いらない!8.31九州・川内行動」(仮)● 
-- 鹿児島・川内原発再稼動を止めることが全国の原発再稼動を阻止する--
   8/31 川内に行こう! 全九州、日本、韓国・台湾から 結集!
日 時:8月31日(日)13:00 集い
向田公園(むこうだこうえん):薩摩川内市神田町151
http://tinyurl.com/ms6jkb8

● 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)さん講演会 ●
日時: 9月26日(金)開場18:00 / 開始18:30
場所: 福岡市立中央市民センターホール 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
主 催:さよなら原発!福岡
共 催:原発とめよう!九電本店前ひろば
   「原発なくそう!九州玄海訴訟」福岡地区原告団・弁護団
参加費:800円、避難者の参加費は400円。
連絡先:原発とめよう!九電本店前ひろば(090-6420-6211・青柳)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
       <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内