[CML 032511] 海鳴りの果てに

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 7月 10日 (木) 22:00:16 JST


 坂井貴司です。
 
ネトウヨや在特会が見ても理解できない番組です。

 『新潟』、『猪飼野詩集』、『光州詩片』などの詩を「外国語」である
日本語で書いた在日コリアンの詩人、金時鐘(キム・シジョン)さんが語ります。

 少年時代、「国語」として日本語をたたき込まれた金時鐘(キム・シジョン)
さんの言葉は、朝鮮語と日本語の間で揺れてきました。

 1948年、故郷の済州島で遭遇した4・3事件による虐殺から逃れるため、大阪生
野区、旧猪飼野へ渡りました。以後、強制送還におびえながら「自分の中に巣く
う日本語に報復する」思いで、日本語で詩を書きました。
 
 金さんが政治に翻弄された人生を語ります。

 NHK教育
 こころの時代〜宗教・人生
「海鳴りの果てに〜言葉・祈り・死者たち〜」
http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2014-07-12/31/11425/

放送日:7月12日(土)
放送時間:午後1:00〜午後2:00 

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


CML メーリングリストの案内