[CML 032509] 『思想の科学』の50年

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 7月 10日 (木) 21:38:23 JST


 坂井貴司です。
 
 1946年から1996年まで、『文藝春秋』、『世界』、『中央公論』とならぶ総合
雑誌がありました。「公園の片隅の砂場」のような雑誌をめざし、
「来る者は拒まず」の編集方針を立てた『思想の科学』です。

 鶴見俊輔、武田清子、小田実らが論客の論文が掲載され、激しい論争が戦われ
た雑誌でした。『世界』と双璧を成した「進歩的文化人」の牙城でした。

 『思想の科学』の創刊から終焉までを関係者が語ります。
 
 NHK教育
 日本人は何をめざしてきたのか
 「第2回 鶴見俊輔と「思想の科学」」
 http://www.nhk.or.jp/postwar/program/schedule/

 放送日:7月12日(土)
 放送時間:午後11時〜翌0時30分
 
 再放送:7月19日(土)午前0時00分〜午前1時30分(金曜深夜)
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。

 


CML メーリングリストの案内