[CML 032503] シンポジウムのご紹介

中村 英利子 afc069 at yahoo.co.jp
2014年 7月 10日 (木) 20:47:24 JST


こんばんは、市民シンクタンク まちづくりエンパワメントの中村です。
 
7月に行うシンポジウム2点のご紹介です。
 
-----------------------------------★
 
◆東京7月13日(日)15:00より、TPPの内田聖子、特別秘密保護法の三木由希子、国家戦略特区の奈須りえの3人に八木啓代さんが進行役に加わり、シンポジウムを行います。
 
集団的自衛権が閣議決定されてしまいました。昨年末の秘密保護法も国民の反対を押し切り、勝手に成立しました。
同時に国家戦略特区は秘密保護法の陰に隠れて知らないうちに成立してしまったのです。
TPPは一体どこまで決まっているのか等、一番新しい情報をそれぞれの第一人者として3人の女性と+司法に物申す八木啓代さんも参戦します。最強女性4人がお待ちしています!
 
会場:市ヶ谷ルーテルセンター2F会議室
会費:1,000円
 
詳細はこちらのFacebookからどうぞ。
https://www.facebook.com/events/305641642936628/ 
 
申し込みはメールでお受けします。
お名前、電話番号、メールアドレスをご記入の上、下記にお送りください。
enpawament at gmail.com
 
参加人数の確認上、皆様には事前申し込みをお願いしておりますが、当日参加も可能です。(当日の参加も可能ですが、事前にお申し込み頂いた方者が優先となります。)よろしくおねがいいたします。


 
 
◆大阪7月26日(土)13:00より
 TPP(環太平洋連携協定)は農業だけでなく医療、労働など多岐にわたる領域で例外なき自由化を行なう条約です。TPPに日本が参加すれば、すべての人にとって安心して暮らせる権利が根こそぎ奪われてしまいます。
大幅な規制緩和を行うTPPですが、安倍総理の経済政策では国家戦略特区も表裏一体といえます。国際条約であるTPPに批准しなくとも、国家戦略特区ならTPPに批准したのと同様の状況を作り出すことができるのです。
首都圏、関西圏、福岡など国家戦略特区の指定はGDPの4割を占め、特区の問題にとどまらないことは確かです。しかも、税金、教育、医療など多岐にわたったさらなる規制緩和で外資優遇が行われ、決定権は竹中平蔵氏をはじめとする多くを民間有識者で...占める「国家戦略特別区諮問会議」「同区域会議」にゆだねられます。

このほか、特定秘密保護法、集団的自衛権、大阪市の水道民営化問題など、皆さんの生活に直結する問題を討論する場にいたします。

関西は、大阪は、これによって何が変わるのか。

◆日時          2014年7月26日(土)12:30開場 13:00開始
◆会場        靭(うつぼ)公園テニスコートB1会議室
       大阪市西区靭本町2-1-14  
https://www.facebook.com/pages/うつぼテニスセンター/193079650752779 
地下鉄四ツ橋線「本町」(25)(28)出口        
◆パネリスト    内田聖子 アジア太平洋資料センター事務局長 
           奈須りえ  市民生活アナリスト
           塩見俊次   医師  奈良県医師会長
           杉島幸生   弁護士 自由法曹団
          武田かおり  NPO法人AMネット
◆司会・コーディネーター  中村哲治 元衆議院議員
◆参加費          1,000

★お申し込みはこちらからお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/1gbURbNwC04I_3UcMzib32_AJKi5xKhy4uA4E9WNKCcE/viewform

また、「チケット”入手可能”」をクリックしてもお申し込みは可能です。

★参加人数の確認上、皆様には事前申し込みをお願いしておりますが、当日参加も可能です。(当日の参加も可能ですが、事前にお申し込み頂いた方者が優先となります。)よろしくおねがいいたします。



★ご質問、お問い合わせはこちらのアドレスにお願いいたします。
enpawament at gmail.com


 
 
https://www.facebook.com/events/317234005108160/


CML メーリングリストの案内