[CML 032500] NHKを含めテレビをどう評価するか

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 7月 10日 (木) 20:04:34 JST


 坂井貴司です。
 
 東本高志@大分さん[cml:032449]が、私が投稿するNHK番組「クローズアッ
プ現代」に対し、
 

「醍醐さんの問題提起はNHK批判にとどまらず、「総体としてのNHKの報道番組
を評価するにあたって欠かせない視点」の問題を提起してNHK視聴者の同局報
道番組の評価姿勢のありかたをも問うものになっています。その醍醐さんの問題
提起は、さらに新聞、雑誌メディアを含むメディア総体に対する読者、視聴者の
評価姿勢のありかたの問題としても敷衍できるものでしょう。大切な視点だと思
います」。

いま「クローズアップ現代」(その他のNHKの番組を含めて)を1本(26分)
の番組の評価だけで「大局観」を欠いたままに評価、拡散することは正しいこと
か? 改めて問題提起しておきます。

と問題提起をされました。

 私はNHKや民放を含めテレビ番組には、「限界」があると突き放して見てい
ます。
 
 「スポンサーのご機嫌を損ねる番組であってはならない」
 
 NHKは建前上は公共放送です。実態は国営テレビです。日本政府を真正面か
ら批判する番組を制作することはありません。
 
 民放は、原子力ムラを始めとする大企業スポンサー(トヨタ、パナソニック、
三菱JUJ銀行、ソニー、メットライフアリコ・・・)を批判する番組を作るこ
とは絶対にありません。
 
 NHKも民放も、中国の軍拡を批判する番組は制作し放送しますが、自衛隊に
「防衛装備品」=武器を納入する三菱重工などを批判する番組は絶対に放送しま
せん。
 
 私が番組案内を送るのは「良い番組だから見て下さい」ではなく、番組を見て、
番組が提起した問題を、どう思い、どう感じるのか、より深く考えてもらいたい、
と思うからです。
 
 「この番組は良かったね」で終わりではなく、番組が提起した問題に対して、
一歩突っ込んで考え、出来れば自分で調べてより深く理解してもらいたいと思い
ます。
 
 私はフェイスブックであるネトウヨと論争をしました。
 
 そのネトウヨは言い切りました。
 
 「インターネットしか信用しない。テレビは見ない。マスゴミは嘘つきだから」
 
と。

 この人が言ったことは半分は正しいと思います。
 
 クローズアップ現代を含め、私はテレビ番組が100%事実を述べているとは
全く考えていません。その番組から切り捨てられた事実が数多くあると思います。
その切り捨てられた事実を見つけて、考えてもらいたいと思います。

 私のマスコミに対する見方は
 
 映画『チョムスキーとメディア』
 http://www.cine.co.jp/media/chomsky.html
 
と共有しています。

 付記
 
 私は民衆自身が所有し運営するテレビ局が必要だと思います。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内