[CML 032494] 【琉球新報】自民県連、那覇市議3人除名処分 知事選で翁長氏擁立2014年7月10日+辺野古沖に“ジュゴン”“新種” 「新たな発見」工事中止訴え ほか

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2014年 7月 10日 (木) 11:22:27 JST


自民県連、那覇市議3人除名処分 知事選で翁長氏擁立2014年7月10日  
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-228299-storytopic-3.html

 自民党県連の党紀委員会(新垣良俊委員長)は9日、翁長雄志那覇市長に知事選出馬を要請した那覇市議会自民党新風会の議員らの処分問題で、安慶田光男議長ら中心的な役割を果たした3議員を除名、その他の9議員を離党勧告とする処分を決定した。30日以内の不服申し立て期間など猶予を与えるが、市議らが態度を変えることはないとみられる。市議団は後日、会見などで態度を表明する。

 除名処分となったのは、安慶田氏ほか新風会会派長の金城徹氏と仲松寛氏。仲松氏は、自民党県連事務局長を務めた経歴があることを重く見たという。

 党紀委後に会見した新垣委員長は処分理由として(1)翁長氏への出馬要請をとどまるよう求めた県連の求めに応じず、参加もしくは賛同(2)不参加を求めた建白書島ぐるみ会議への参加、賛同―を挙げ、これらは、党方針を非難するなどの処罰規定に抵触すると説明した。

 安慶田氏は「文書を受け取った後、12人そろって意見を述べたい」と語った。

/////////////////////////////////////////////////////////////////

名護市辺野古で海上抗議デモ 「埋め立て許すな」
http://www.fukuishimbun.co.jp/nationalnews/CO/national/853398.html

(2014年6月28日午後0時20分)
. 
 米軍普天間飛行場の移設に反対し海上デモする地元住民ら=28日午前、沖縄県名護市辺野古沖

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設に反対する地元住民らが28日、辺野古沖に船やカヌー計20隻以上を出して海上抗議デモを展開し、強い日差しが照り付ける中「辺野古の埋め立てを許すな」「基地のない沖縄をつくろう」とシュプレヒコールを上げた。

 約250人が参加。名護市の具志堅徹さん(74)は「この海は宝の海。われわれ日本人が守るのは当然だ」と語気を強めた。カヌーを沖に並べパドルを突き上げた那覇市の北上田毅さん(68)は「とにかく埋め立てを阻止したい」と力説した。

 海上デモ終了後、海岸では抗議集会が開かれた。

////////////////////////////////////////////////////////////////

辺野古の抗議集会 県内外から約300人が参加
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=74639

2014年6月28日 12:52 

キャンプシュワブ(後方)を望む海上で基地建設反対を訴える県選出国会議員や県議ら=28日午前、名護市辺野古沖合

 【名護】米軍普天間飛行場の代替地建設に伴うボーリング調査を前にヘリ基地反対協議会は28日、新基地建設予定地とされる名護市辺野古の海で、ボーリング調査と新基地建設反対の海上デモ・抗議集会を開いた。県内外から約300人が参加し「辺野古の海を守るぞ」と気勢をあげた。 

 県選出国会議員や県議、市民ら約60人が4隻の船と20隻のカヌーに乗って海にこぎ出し、基地建設に反対を訴えてシュプレヒコール。 

 集会で安次富浩共同代表は「政府の制限水域の拡大に法的根拠はなく、われわれの市民運動を弾圧するのが目的だ。高江でもヘリパッド工事が再開する7月は沖縄の大きな節目。持てる力で沖縄の怒りを突きつけよう」と声を張り上げた。 

 参加者は「ジュゴンとサンゴの海を守るぞ」「埋め立ては許さない」と拳を突き上げ、「ガンバロウ」三唱で互いの決意を表明した。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

海上行動で辺野古移設阻止誓う シュワブ沖2014年6月29日 
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-227721-storytopic-1.html

海上パレードでキャンプ・シュワブを背に船上でシュプレヒコールをする参加者=28日午前9時4分、名護市の辺野古沖(仲本文子撮影)

 【名護】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する住民や団体による海上行動と集会(ヘリ基地反対協議会主催)が28日、米軍キャンプ・シュワブ近くの辺野古沖と海岸沿いで行われた。県内外の住民や団体など約300人が集結し、空に拳を突き上げ、政府が進める移設を阻止することを確認した。

 政府は、移設工事を前に辺野古沖で漁業制限区域を拡大し、さらに同範囲を常時立ち入り禁止とする「臨時制限水域」を設定しようとしている。水域拡大は7月2日にも官報に告示される見通し。区域を囲うブイ(浮標)を設置し、移設に反対する住民が立ち入った場合は刑事特別法で取り締まる考えだ。

 午前9時ごろからは、漁船4隻とカヌー17隻が辺野古漁港を出航し、海上行動を展開。海と陸からシュプレヒコールをした。

 海岸で行われた集会では、あらゆる手段で移設を進めようとする政府のやり方を「国家権力の横暴」と批判。集まった人々は「6・28海底ボーリング調査反対集会決議案」を採択し、(1)不法・不当な制限区域拡大を許さない(2)海底ボーリング調査の阻止(3)知事の埋め立て承認撤回(4)安倍政権による暴力的な工事着工を許さない(5)日米両政府は移設を断念せよ-と訴えた。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「辺野古」移設に抗議の海上デモ
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20140630-OYS1T50007.html

2014年06月29日

基地問題 

 沖縄県の米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古沿岸部への移設に反対する地元住民らが28日、埋め立てが予定されている同沿岸部の周辺に船やカヌーを出して、抗議の海上デモを行った。国会議員を含む約70人が計25隻に分乗。埋め立て予定地では、来月にも海底地質を調べるボーリング調査が始まる見通しとなっており、参加者は「埋め立て工事反対」「基地のない沖縄を目指そう」などとシュプレヒコールを上げた。

 海岸で約300人が参加して抗議集会も開かれ、埋め立て承認の撤回などを求めていくことを確認した。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

公明党も賛成!

「集団的自衛権と道の駅では、与党会派に加えて公明会派も提案者に名を連ね、制限水域でも公明は賛成に回った。」

制限水域拡大「撤回求める」名護市議会が決議
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=74347

2014年6月26日 07:30 

 【名護】名護市議会(比嘉祐一議長)は25日の市議会定例会最終本会議で、「日米両政府による辺野古沖立ち入り制限水域拡大合意の撤回を求める」決議と意見書の両案を賛成多数で可決した。宛て先は決議が駐日米大使ら、意見書は首相ら。「集団的自衛権の行使を容認する解釈改憲を行わないことを求める」意見書案も賛成多数、「『道の駅許田』不明金問題の真相解明を求める」決議案は全会一致(2人退席)で可決した。 

 集団的自衛権と道の駅では、与党会派に加えて公明会派も提案者に名を連ね、制限水域でも公明は賛成に回った。 

 制限水域については、日米両政府が20日の日米合同委員会で、米軍普天間飛行場の移設先とされる名護市辺野古沖で、常時立ち入り禁止となる臨時制限区域の設定などに合意している。決議、意見書では「拡大には軍事的な合理性はない」「埋め立てを強行する政治的な狙いがあることは間違いない」などと批判した。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

普天間飛行場移設問題 名護市議会、制限水域拡大「撤回を」 日米に要求決議
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-227597-storytopic-53.html

2014年6月26日 

 【名護】名護市議会(比嘉祐一議長)は25日の本会議で、米軍普天間飛行場の辺野古移設に向けた立ち入り禁止水域や漁業制限水域の拡大に反対する意見書と決議、集団的自衛権行使を可能にする憲法解釈変更に反対する意見書を賛成多数で可決した。「道の駅許田」を運営する市出資の第3セクター、やんばる物産の売上金紛失問題の真相解明を求める決議は全会一致(退席2)で可決した。

 「日米両政府による辺野古沖立ち入り制限水域拡大合意の撤回を求める意見書」は、日米両政府が合意したキャンプ・シュワブ沖の米軍提供水域内の常時立ち入り禁止区域となる「臨時制限区域」の設定や、漁船操業制限法に基づく操業禁止水域の拡大について「市民県民の反対を押し切って埋め立てを強行する政治的狙いがある」と批判。市民の生命・財産を守るべきとして拡大の撤回を求めた。

 集団的自衛権に関する意見書は、米軍基地を過度に負担する県民は他国の戦争に巻き込まれる不安を抱いていると指摘。国民的な議論もなく「一内閣の政治的判断による憲法解釈の変更は容易に行うべきではない」と安倍政権を批判した。

 水域拡大や集団的自衛権に関する意見書や決議の計3案は賛成16、反対9、欠席1で可決した。

 道の駅許田の決議は1903万円の不明金がありながら被害届を取り下げた対応が極めて不透明として、真相解明へ筆頭株主である市の積極的関与を求めた。採決では2人が退席した。

英文へ→Nago city council asks governments to cancel expanding restricted US-military sea area in Henoko
http://english.ryukyushimpo.jp/2014/07/07/14499/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

水域制限「正当性欠く」 名護市長、解体着手を批判
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-227935-storytopic-53.html

2014年7月3日 

米軍キャンプ・シュワブ内の解体工事着手について「移設進展をアピールするもの」と批判する稲嶺進名護市長=2日、市役所

 【名護】稲嶺進名護市長は2日の定例記者会見で、政府が米軍普天間飛行場の移設を計画する名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ内で、代替基地建設予定地にかかる既存施設の解体工事に着手したことについて「移設進展をアピールするものだ」と批判した。政府が埋め立て工事のために辺野古沖で立ち入りを常時禁止する水域を拡大したことについては「正当性を欠く」と訴えた。

 稲嶺市長は、シュワブ内で既に実施されてきた兵舎立て替え工事も、移設に関連する「一つの流れ」と指摘した上で、これまでの工事は詳細な説明がなかったと説明。今回は情報が明らかにされたことについて「知事の埋め立て承認後、表に出して(計画が)進展していることをアピールしている」といぶかった。

 その上で今後予定される移設の本体工事に関して、法や条例に基づき「肝心なところで止める運動を展開していく」と強調した。

 日米両政府が常時立ち入りを禁止する「臨時制限区域」を設定したことには「提供水域は米軍演習のためのものだ。埋め立てのために拡大するのは正当性を欠く」と指摘した。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

制限水域拡大「正当性欠く」名護市長が批判
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=75210

2014年7月3日 07:03

名護市辺野古沖の臨時制限区域の設定などについて質問に答える稲嶺進市長=2日、同市役所

 【名護】米軍普天間飛行場返還問題で辺野古沖の臨時制限区域が官報で告示されたことを受け、稲嶺進市長は2日の定例会見で、水域は新基地建設に向けた埋め立て工事のために拡大されたとして「本来の提供水域(の趣旨)とは違う。正当性を欠くものだ」と批判した。

 稲嶺市長は、同水域について、米軍が演習で使用するためのものだと指摘。工事目的での拡大は「日米地位協定などで決められたものを超えている」と指摘、日米合意によって「合法の範囲に入れられてしまう」と不快感を示した。

 1日の工事着工については「とても許容されるものではない」と強く批判。その上で、着工されたのは新基地建設の一部だとして、「われわれは肝心のところで(建設を)止める運動を展開していく。行政として条例や法に従って対応していく」と語った。

 11月に投開票される県知事選については、「(普天間飛行場の県外移設を求める)建白書で示された時の、オール沖縄の態勢をつくり上げていけるような候補者が出るならば、私はしっかり応援したい」との考えをあらためて示した。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

岩礁破砕に「反対」 辺野古移設工事で名護市が意見書
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-227632-storytopic-53.html

2014年6月27日 

名護市の職員(左)から岩礁破砕等許可申請書に添付する市の意見書を受け取る沖縄防衛局の職員=26日、名護市役所

 【名護】名護市は26日、米軍普天間飛行場の辺野古移設工事に向けた岩礁破砕について、沖縄防衛局に対し「反対する」との意見書を提出した。市は「岩礁破砕は埋め立て工事の根幹部分だ」とし、仲井真弘多知事の埋め立て承認の不備を反対理由に挙げた。埋め立て承認で仲井真知事が、公有水面埋立法上の基準に適合していると判断した根拠を明確に示していない点や埋め立て承認の際に、漁港漁場整備法に規定されている漁港管理者(名護市長)の同意を得ていない点など5項目6点を提出した書面で指摘している。

 沖縄防衛局は名護市に申請している辺野古漁港使用許可など4件の手続きで、市の求めに応じて6月初旬に補正資料を提出した。それ以降、今回が初めての市の回答となった。26日、沖縄防衛局の職員が名護市役所を訪れ、意見書を受け取った。沖縄防衛局は「市に照会していた意見書を受け取った。内容を確認の上、適切に対応したい」と答えた。

 辺野古移設に向けた埋め立て承認について市は、県に対して理由の説明を求める文書を3度にわたって郵送しているが、これまで県から回答はないという。

 意見書で市はそのほかの反対理由として、「岩礁破砕によって土砂の堆積など漁港の利用に重大な支障が生じる恐れがあるにもかかわらず漁港管理者と調整してない」「予定水域での文化財調査が実施されていない」「辺野古川河口部が狭くなるなどの影響が及ぶ恐れがあるが、河川管理者と調整されていない」「漁業従事者の操業だけでなく、近隣の海洋レジャーなど市の産業に重大な影響を及ぼす」―を挙げた。

 名護市長意見は、沖縄防衛局が県に岩礁破砕許可を申請するために必要として、市に提出を求めていた。市から申請内容や様式の不備を指摘されたことを受け、防衛局は関連資料などを添付し、補正資料を市に再提出していた。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

岩礁破砕反対 名護市、防衛局照会に回答
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=74470

2014年6月27日 06:27

 【名護】名護市は26日、米軍普天間飛行場の移設先とされる市辺野古への新基地建設工事に伴う手続きで、沖縄防衛局から求められていた岩礁破砕に対する意見照会について、破砕に反対と回答した。防衛局は「内容を確認して適切に対応したい」とコメントした。

 市は回答文書で、計5項目の反対理由を示した。公有水面埋め立てに対する知事承認について、公有水面埋立法上の基準に適合するとの根拠が不明確だと指摘。辺野古川下流は辺野古漁港に隣接しているため、破砕によって川からの土砂が航路上に堆積するなど漁港の利用上重大な支障が生じる恐れがあるが、その対応を漁港管理者(市)と調整していないとした。知事が埋め立て承認の際に、漁港漁場整備法に基づく同意を市から得ていないことも指摘している。

 破砕で辺野古川河口部が狭くなるなど影響が及ぶ恐れがあるが、河川管理者(市)と調整していないとし、漁業従事者の操業や航行のほか、市の産業に重大な影響を及ぼすことや、予定水域の文化財調査が未実施であることも挙げた。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

新基地阻止へたたかう

沖縄・名護 シュワブ前で抗議

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-07-06/2014070601_03_1.html

(写真)「新基地建設を許さない」と抗議集会に集まった人たちと、赤嶺氏(前列中央)=5日、沖縄県名護市・米軍キャンプ・シュワブ前

 防衛省が米軍新基地建設に向けた工事を沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ内で開始する中、新基地阻止へ座り込みを続けるヘリ基地反対協議会は5日、資材搬入路となるシュワブのゲート前で抗議集会を開きました。

 猛暑の中、警察などの監視の下で緊迫するゲート前には地元・辺野古区の住民をはじめ県内から約150人が集まりました。

 日本共産党の赤嶺政賢衆院議員は、政府が刑事特別法による住民の抗議運動弾圧を示唆していることにふれ、「県民の世論を抑え込もうとしているが、集団的自衛権行使反対のたたかいが安倍政権を追い詰めている」と強調。現地・辺野古でのたたかいが平和と民主主義を守る全国の運動を励ましているとのべ、「県民の団結で新基地を許さない世論を大きく広げよう」と呼びかけました。

 この日、東村高江への米軍ヘリ着陸帯建設を許さないと、座り込みの支援に訪れた、うるま市の具志川九条の会の会員40人以上も辺野古に駆け付けました。

 ヘリ基地反対協は、防衛省が早期強行しようとしている埋め立てに向けた海底ボーリング(掘削)調査を阻止するため、7日午前8時からゲート前・海上での連日の監視・抗議行動を始めます。県内外に行動参加と支援を呼びかけています。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

辺野古:ジュゴンの餌場? 環境NGO食跡110カ所発見

毎日新聞 2014年07月09日 19時28分(最終更新 07月09日 20時24分)
http://mainichi.jp/feature/news/20140710k0000m040042000c.html

沖縄県名護市辺野古沿岸の海草藻場。ジュゴンが食べた跡が白っぽい筋になっている=日本自然保護協会提供

 環境NGO(非政府組織)「日本自然保護協会」は9日、米軍普天間飛行場(沖縄県)の移設予定地になっている名護市辺野古沿岸とその周辺で、絶滅が懸念されているジュゴンの海草を食べた跡が多数見つかったと発表した。沖縄防衛局はジュゴンが同沿岸をほとんど利用していないと主張しているが、餌場にしている可能性が高まった。

 調査は5月16日〜7月5日に実施。海草が生えた藻場に、ジュゴンが泳ぎながら食べた跡が110カ所以上見つかり、その跡が複数の筋となっていた。また、従来は浅瀬のみを利用していると考えられていたが、水深約20メートルの藻場でも跡が見つかった。

 さらに、辺野古沖1キロの洞窟内でサンゴの破片が付着して成長した鍾乳石が見つかった。国内で報告例がないといい、同協会は「埋め立て工事で潮流が変化すれば保存が難しくなる」と指摘した。

 沖縄防衛局は2012年に作成した環境影響評価書で「埋め立て予定地でジュゴンの活動は観察されず、埋め立てても直接的な影響はない」と結論付けた。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

辺野古沖に“ジュゴン”“新種” 「新たな発見」工事中止訴え
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2245053.html

 アメリカ軍・普天間基地の移設先とされている沖縄県辺野古沖の海の中。ここで新たに、ジュゴンの生息を示す痕や、新種とみられる生き物などが見つかったとして、日本自然保護協会が埋め立て工事の中止を訴えました。

 太陽の光を浴びて、サンゴが輝き、その周りを魚の群れが悠々と泳ぎます。先週金曜日、沖縄県名護市の東側にある大浦湾にJNNの水中カメラが入りました。この大浦湾は、米軍・普天間基地の移設先として計画されている辺野古に隣接しています。

 辺野古への移設をめぐっては去年12月、沖縄県の仲井真知事が埋め立てを承認しましたが、翌月の名護市長選で移設反対を主張する稲嶺市長が再選されました。しかし、政府は早期の移設を目指す姿勢を崩さず、今月1日から海岸付近での工事を始めました。

 埋め立てによる周辺の環境の影響を調べるため、NGO団体「日本自然保護協会」は、今年5月から辺野古沖合いの海域などで独自の調査を実施。その結果、新たな発見があったと、9日、発表しました。

 これは米軍キャンプシュワブからわずか50メートルの海底の様子です。海草には、国の天然記念物、ジュゴンが食べた痕が見つかりました。

 「(ジュゴンは)環境アセスメントでは、この海域の利用は少ないと予測されていた。アセスメントの調査が不十分だったということに尽きる」(日本自然保護協会 亀山章理事長)
 こちらは、辺野古の沖合い1キロほどにある島で見つかった鍾乳洞です。このようにサンゴのかけらが付着して成長した鍾乳洞は日本では他に例がないとしています。
 「非常に価値のある基礎データを提供してくれる場所ではないか。埋め立てを中止して、学術的に調査し、世界に発信することが非常に重要なことではないか」(日本自然保護協会 辻村千尋主任)

 地元でダイビングチームの代表を務める西平伸さん。10年以上、辺野古周辺での観察を続けてきました。

 「ここで何十という未記載種がいるという現実があっても、埋め立てには全く歯止めがかからないということはとても悲しい」(地元のダイビングチーム代表 西平伸さん)
 自然保護協会の9日の会見でも、新種とみられる生物が数多く見つかったことが発表されました。

 「この海をもっと豊かにしようとか、もっときれいにしようとか、そんなことは全くなくて、このままそっとしてもらえないかと。望むのはそれだけだね」(地元のダイビングチーム代表 西平伸さん)
 西平さんらの思いをよそに、政府は、準備が整い次第、埋め立て工事に向けて海底でのボーリング調査に乗り出す方針で、辺野古への移設事業が本格化します。(09日16:29)

 		 	   		  


CML メーリングリストの案内